エフエム沖縄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エフエム沖縄
FM Okinawa, Inc.
放送対象地域 沖縄県
系列 JFN
略称 なし
愛称 FM沖縄
コールサイン JOIU-FM
開局日 1984年9月1日
本社 〒901-2525
沖縄県浦添市小湾40
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 那覇 87.3MHz / 1kW
主な中継局 今帰仁 83.7MHz
株主 学校法人明星学苑(22.22%)
長濱文子(19.98%)
長濱弘真(15.64%)
株式会社エフエム東京(11.11%)
沖縄ユアサ電池販売株式会社(10.25%)
公式サイト http://www.fmokinawa.co.jp/
特記事項:県内の離島には中継局が存在しない。
テンプレートを表示

株式会社エフエム沖縄(エフエムおきなわ、FM Okinawa, Inc.)は、沖縄県放送対象地域とする超短波放送(FM放送)事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。

コールサインJOIU-FM(那覇 87.3MHz)。JFN系列。

概要[編集]

キャッチフレーズは「いつも心は南向き~Southern Station FM OKINAWA」(サザンステーション・エフエム・オキナワ)。

1984年8月までの社名は株式会社極東放送で、中波放送(AM放送)呼出符号:JOTF、1251kHz、5kW)を行っていた。しかし、同一周波数で1MW(=1000kW)もの超大出力により放送を行っていたモスクワ放送(当時)の混信に悩まされたこともあり、AMでの放送継続を断念。一方、1973年から業務提携関係にあったTOKYO FMが4大都府県以外にも系列局を広げ始めていた事から、AMとFMの免許を入れ替え、1984年9月1日に社名変更し再出発した。1972年の沖縄返還後、テレビ・ラジオを通して初めての新設放送局となった。

  • この際、極東放送以外にも4件がFM放送局の免許申請をしたが、極東放送認可と共に却下されている。既存の放送局の枠組みを利用するやり方は、本土復帰後に経済力が乏しく、民放を新規に立ち上げることが容易でなかった沖縄県にとって有効なことが、11年後の琉球朝日放送の開局(琉球放送が全面支援)と、その後の南西放送計画破綻によって、図らずも証明された。
  • 日本国内において、混信対策や防災目的にFM補完局が各地に増えた現時点でも、AMでの放送そのものをやめた放送局は唯一ここだけである。

会社基礎情報[編集]

2005年3月31日現在
  • 本社所在地:沖縄県浦添市字小湾40(本社・演奏所)郵便番号901-2525
  • 支社:東京都千代田区麹町一丁目8 JFNセンター8階
  • 資本金: 4億5000万円
  • 総資産: 13億1652万7000円
  • 売上高: 9億6196万1000円(2005年3月期)
  • 代表取締役社長 長濱弘真
  • 従業員: 22人

かつては長濱弘(2006年8月31日死去)が経営していた琉球バス(現琉球バス交通)が54.45%を保有する大株主であった。琉球バス破綻及び弘の死後は妻の長濱文子が同数の54.45%保有していたが現在は19.98% 息子の長濱弘真が15.64%を保有している[1]

その他の大株主としては明星学苑22.22%、エフエム東京11.11%、沖縄ユアサ電池販売が10.25%、学校法人東海大学6.7%、国際興業3.3%となっている。

FM沖縄本社

番組編成の特徴[編集]

  • JFN加盟局の中でも老舗に該当し(FM局では11番目の開局)、極東放送時代から数えると4大都市圏のFM局(TOKYO FM@ FMFM OH!851FM FUKUOKA)より長い歴史がある。そのため番組編成も独自色が強く、平日は7:30 - 22:00(一部を除く)、土曜の日中・日曜早朝と週末夕方 - 夜間の一部を自社制作番組で編成されている。
  • 一方TFM製作番組を含むJFNCからのネット受け番組は主として週末、深夜、早朝に放送されている。ちなみに、当局が最初の供給局の第1号である。
  • 高聴取率を上げている番組も多く、改編期の改編率は低い。FM局に多い金曜編成の番組が少なく、平日の週5回放送の番組となっているものも多い。
  • 開局当初は前身の極東放送時代の番組が存在していて、現在放送されている『スクリーンへの招待』も極東放送時代から放送されている。

資本構成[編集]

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[2][3][4]

2015年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
4億5000万円 10億円 1000円 450,000株 8
株主 株式数 比率
学校法人明星学苑 100,000株 22.22%
長濱文子 [5] 089,903株 19.97%
長濱弘真 [6] 070,360株 15.63%
エフエム東京 050,000株 11.11%
沖縄ユアサ電池販売 046,116株 10.24%
丸長車体 038,621株 08.58%
学校法人東海大学 030,000株 06.66%
国際興業 015,000株 03.33%

過去の資本構成[編集]

沿革[編集]

以下は、極東放送時代も含む。

  • 1957年2月 - 極東放送(FEBC)内に沖縄放送局設置準備委員会設置。
  • 1958年2月 - 英語放送開始(呼出符号KSAB・周波数1020kc・出力1kW。6時から8時までと21時から23時までは日本語番組)。
  • 1959年3月 - 日本語専用局放送開始(呼出符号KSDX・周波数1250kc・周波数5kW)。KSABは英語専用局に。
  • 1960年6月 - 放送局が火災に遭う。
  • 1970年11月28日 - 財団法人極東放送(設立申請中)、琉球政府に放送局(日本語・英語の2局)の免許申請。
  • 1972年5月15日 - 本土復帰に伴い、中国語放送廃止。経過措置として英語放送は米国法人のままで5年間の継続を認め(呼出符号JOFF、1020kc・1kW)、日本語放送は日本法人としての財団法人設立まで1年間の仮放送を認める(呼出符号JOTF、1250kc・5kW)。
  • 1978年4月25日 - 極東放送、財団法人から株式会社組織に移行。株式会社極東放送として放送開始(JOTF、1250kHz、5kW。周波数は同年11月23日より1251kHz)。
  • 1983年9月19日 - 郵政省、極東放送に中波局の廃止を条件にFM局の予備免許。
  • 1984年9月1日 - 極東放送(中波局)廃止。FM沖縄としてFMでは全国11番目に開局(最初の番組はJET STREAM)。それに伴い社名を「エフエム沖縄」に変更。
  • 1995年10月2日 - 24時間放送再開(日曜深夜を除く、FM沖縄開局直後を最後に中止していた)。
  • 1996年 - 文字多重放送(見えるラジオ)開始。コールサインはJOIU-FCM。
  • 2001年4月1日 - 現在の社屋が隣接地に完成。波乱の歴史を歩んだ旧社屋に幕(通信タワーは旧社屋の一部を残している)。
  • 2006年秋 - 平日昼間と土・日夜間の各一部時間帯に限り宮古島のコミュニティFM局であるFMみやこへネット開始(宮古島には中継局がないため)。
  • 2014年3月31日 - 文字多重放送廃止。
  • 2017年10月2日 - radikoの配信開始。同時にエリアフリー聴取サービス「radiko.jpプレミアム」にも参加[14]

放送データ[編集]

FM沖縄新川放送所

周波数・出力[編集]

親局 周波数 空中線電力 ERP 備考
那覇 87.3MHz 1kW 8.5kW
中継局 周波数 空中線電力 ERP 備考
今帰仁 83.7MHz 100W 340W RBC・QABと共同使用

放送エリア[編集]

沖縄本島及び周辺離島。

先島諸島宮古島石垣島、及び大東諸島北大東島南大東島については中継局が整備されていない(今後も中継局開設予定もめどが立っていない)ため、夏場のEスポの異常伝播が発生しない限り直接受信をすることができないが、宮古島では平日昼間(11:30 - 15:50)と土曜・日曜夜間(19:00 - 21:00)の各一部時間帯でエフエム沖縄の番組が同島のコミュニティFMであるFMみやこ(76.5MHz)で放送されている。

インターネットラジオでは、LISMO WAVE、またはドコデモFM(何れも有料会員制)での配信のみ利用することが可能である。 これまで無料版・会員制有料版(エリアフリー)とも参加していなかったradikoについて、2017年10月2日からラジオ沖縄と共に参入することとなった。[15][16]

放送時間[編集]

毎日 5:00を起点にした24時間放送。ただし、毎週日曜深夜(月曜未明)は1:00 - 5:00にメンテナンスタイムのため休止(台風の場合を除く)。月曜 5:00の開始時、日曜深夜(月曜)1:00の終了時には「沖縄県浦添市小湾のスタジオから番組を行っている」との旨の説明があり、これは極東放送の時代から続いている。なお、放送開始・終了は開局以来変わっていない(試験放送中の時のアナウンサーの声が同じである[17])。

アナウンサー[編集]

男性[編集]

女性[編集]

かつて在籍したアナウンサー[編集]

  • 垣花勝也(極東放送時代から在籍。現在 エフエム沖縄専務取締役)
  • 和気徹児(現在秋田朝日放送アナウンサー)
  • 渡嘉敷良

パーソナリティ[編集]

男性[編集]

女性[編集]

  • 糸数美樹
  • 菊池のり子
  • 高英子
  • 田中真理子
  • 中村一枝
  • 野底美智代
  • タグチマミ
  • 伊良皆善子
  • 松田礼奈
  • 山田真理子
  • NANA

主な自社制作番組[編集]

★印はFMみやこへ同時ネット

現在[編集]

平日

  • Fine!(月曜 - 金曜 7:30 - 10:25)
  • 沖縄海邦銀行プレゼンツ はいたーい ここなだよ〜(月曜 - 金曜 10:25 - 10:30)
  • 人間大好きリレージョッキー(月曜 - 金曜 10:30 - 10:40)
  • blank.(月曜・水曜 10:40 - 10:55)
  • 第7回沖縄国際映画祭応援団 島ぜんぶでお~きなこと!(火曜 10:40 - 10:55)
  • 日進deスマートライフ(木曜 10:40 - 10:55)
  • blank_j(金曜 10:40 - 10:55)
  • 沖縄中央病院~こころのかけ橋~(月曜 - 金曜 10:55 - 11:00)
  • ハッピーアイランド(月曜 - 金曜 11:30 - 13:55)★
  • ゴールデンアワー(月曜 - 金曜 14:00 - 15:50)★
    • プロのこだわり飯(木曜 14:50 - 14:55)
    • ジスタス フライデー フィットネス(金曜 14:50 - 14:55)
    • 沖縄ちゅらさんぽ(金曜 14:55 - 15:00)
  • For PM(月曜 - 金曜 16:00 - 17:20)★(エフエムみやこは16時台のみネット)
    • JOINT TIME(金曜 16:25 - 16:30)
    • アスクルプレゼンツ りぃ、すばかでぃく(月曜 - 金曜 16:55 - 17:00)
  • ジャンボのゆかいな旅トーク (金曜 17:20 - 17:30)
  • Now Tasty Time(月曜 - 金曜 17:30 - 17:45)
  • オッディの三割モノマネ~沖縄珍道中~(月曜 - 金曜 17:45 - 17:50)
  • 琉球日産 presents JOY OF LIFE(月曜 - 金曜 17:50 - 17:55)
  • U COOL LAB(月曜 - 金曜 18:00 - 19:55)
  • Radio dub(月曜 - 木曜 20:00 - 21:45、金曜 20:00 - 21:55)
  • インフォ・ミュージック(月曜 - 金曜 22:55 - 23:00)

土曜・日曜

  • サンエー宜野湾コンベンションシティpresents ハッピーモーニング~心地いい波~(土曜 9:00 - 9:30)
  • HYのてぃーちなぁ×2(土曜 11:00 - 11:25)※JFN15局ネット
  • KFC presents Movie なう(土曜 11:25 - 11:30)
  • ARIAのぽかぽか気分でFUN×3(土曜 11:30 - 11:55)
  • スズキ前向きドライブ(土曜 12:00 - 12:25)
  • 島袋寛子の「いいね!OKINAWA!」(土曜 12:25 - 12:55)
  • 青い海ソルティーロード(土曜 12:55 - 13:00)
  • ルネッサンス プレゼンツ My Premier Dish(土曜 16:55 - 17:00)
  • サンエー那覇メインプレイス プレゼンツ LIVE pleasure(土曜 18:00 - 18:55)
  • TEAM SPOT JUMBLE の今夜もゲネプロ~緞帳あがります!~(日曜 19:00 - 20:00 → 土曜 19:00 - 20:00)
  • TommyのぬちぐすいNIGHT(土曜 20:00 - 20:25)
  • 土曜のうちなーバル‘PAIMUSICA’(土曜 21:00 - 21:30)
  • オキアニブレイク(土曜 24:00 - 24:30)
  • Sunday Trip(日曜 8:15 - 8:30)
  • EPO 風と海と空と(日曜 9:30 - 10:00)
  • Wonderful World(日曜 18:00 - 18:55)
  • プレミアムテラス(日曜 19:00 - 19:25)
  • スクリーンへの招待(日曜 20:00 - 20:55)★
  • エンジョイOライフ(日曜 22:30 - 23:00)

過去[編集]

  • カヌチャ倶楽部(日曜 18:00 - 18:55)
  • OKINAWA MUSIC STREAM(土曜 25:00 - 26:00)
  • Georgia Weekday PopJam(月曜 - 金曜 15:40 - 15:45)
  • Georgia Break Time(?~2009年9月、月曜 - 金曜 15:40 - 15:45)
  • サザンステーション(1984年9月1日 - 2009年12月31日、月曜 - 金曜 14:00 - 15:40)★
  • 下地勇のぴっチャージタイム(日曜 19:00 - 19:30)
  • Kuwacheee Rich!(月曜 - 金曜 10:55 - 11:00)
  • 35 COFFEE Drip of VOICE(月曜 - 金曜 15:45 - 15:50)
  • モーニングビュー サンデーフラッシュ(日曜 8:00 - 9:00)
  • FMモーニングビュー(月曜 - 金曜 7:30 - 9:00)
  • Hello Good Day(月曜 - 金曜 9:00 - 10:30)
  • JAおきなわ ラブまーる(月曜 - 金曜 14:50 - 14:55)
  • ANAグループpresents エモーショナル・エイジ(月曜 - 金曜 10:40 - 10:55)
  • 金秀グループpresents FREESY STYLE(月曜 - 金曜 10:40 - 10:55)
  • ゆいまーる金沢(月曜 - 金曜 16:55 - 17:00、エフエム石川との共同制作)
  • マクドナルドpresents「For You」(月曜 - 金曜 14:45 - 14:50)
  • Repose After Hours(月曜 - 金曜 18:00 - 19:55)
  • GRAND MER HOSPITALITY MIND (金曜 14:50 - 14:55)
  • 一枝のウェディングトーク(金曜 18:50 - 18:55)
  • Radio Job(土曜 21:00 - 21:30)
  • au新機種さっそく試しちゃいました(月曜 14:50 - 14:55)
  • カンパイ!きりんちゅ(木曜 14:50 - 14:55)
  • トラコレ沖縄 Beauty Talk(火曜 10:40 - 10:55)
  • めんそ〜れ ナシ婚さん(水曜 10:40 - 10:55)
  • ひーぷーまりこのE!E!E!(月曜 - 金曜 16:55 - 17:00)
  • Suzuのstep by step(日曜 22:00 - 22:30)
  • レキオス倶楽部プレゼンツ 心の交差点(土曜 17:55 - 18:00)
  • ブライダルハウスチュチュ沖縄 presents レディコン(土曜 15:55 - 16:00)
  • CUE! BIG room(水曜 14:50 - 14:55)
  • L組(金曜 10:40 - 10:55)
    • コムるの青い部屋~悩めるキミへ~(水曜 14:50 - 14:55 → 金曜 10:45 - 10:50 L組に内包)
  • Gut's Cafe(金曜 10:40 - 10:55)
  • サタデーナイトは土〜するべき!?(土曜 19:00 - 20:00)★
  • むとうありさの日々つらら(土曜 24:00 - 24:30)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地上系放送事業者 マスメディア集中排除原則について(総務省電波利用ホームページ)
  2. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、468頁。
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、468頁。
  4. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、503頁。
  5. ^ エフエム沖縄 社外取締役
  6. ^ a b c エフエム沖縄 代表取締役社長
  7. ^ a b エフエム沖縄 代表取締役会長
  8. ^ a b エフエム沖縄 専務取締役
  9. ^ a b エフエム沖縄 常務取締役
  10. ^ a b c d エフエム沖縄 監査役
  11. ^ a b c エフエム沖縄 非常勤取締役
  12. ^ a b エフエム沖縄 取締役
  13. ^ エフエム東京 代表取締役社長
  14. ^ “10月2日(月)12時頃より、ラジオ沖縄が配信を開始” (プレスリリース), radiko.jp, (2017年9月25日), http://radiko.jp/#!/info/2317 2017年9月25日閲覧。 
  15. ^ 沖縄県内においては2013年1月11日から琉球放送(RBCiラジオ)が参入している。
  16. ^ FM沖縄がradikoで聴ける!FM沖縄ホームページ、2017年9月25日閲覧
  17. ^ http://www.youtube.com/watch?v=kDyB9_CuuOw

関連項目[編集]

  • 琉球バス交通(社長が前身の琉球バス時代に社長を兼務、父である会長も社長を歴任)

外部リンク[編集]