ディア・フレンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディア・フレンズ
ジャンル トーク番組
放送方式 録音
放送期間 1995年4月3日 - 現在
放送時間 月曜 - 木曜 11:00 - 11:30
放送局 TOKYO FM
ネットワーク JFN
パーソナリティ 坂本美雨
テンプレートを表示

ディア・フレンズ』(Dear Friends)は、TOKYO FMキー局とする全国のJFN加盟のFM局38局で月 - 木曜日の11:00 - 11:30 (JST) に放送されているトーク番組。一部の局では自社制作番組に内包される形で放送される。毎回、ゲストを迎えて放送している。金曜に放送されていた時期もある。前身は『コーヒータイム』。

パーソナリティの歴史[編集]

  • 初代:飯星景子(1995年4月 - 1997年3月)
    • 『ディア・フレンズ』の番組名は飯星の発案によるもの[1]
  • 2代目:坂上みき(1997年4月 - 1998年9月)
    • 坂上は当時TOKYO FMの平日午前ワイド『FMソフィア』のパーソナリティをしており、同局ではその中の1コーナーだった。なお、前身の『コーヒータイム』でも末期に金曜日のパーソナリティだったことがある。その後は、『坂上みきのBeautiful』や『ENTERMAX』(2006年4月 - 2008年3月)のパーソナリティをしていた。
  • 3代目:石井竜也(1998年10月 - 1999年12月、2011年2月 - 12月)
    • 石井が担当していた時は毎週金曜日にはゲストを呼ばず、リスナーからのお便りを紹介する日となっていた。石井はこの番組降板後、日曜午後の『ASAHI SUPER DRY MUSIC ALIVE』(2007年3月まで)、土曜深夜の『石井週一』(2007年4月 - 2008年3月)のパーソナリティをしていた。
    • 2011年2月18日から、『石井竜也のディア・フレンズ CASIO 〜Mind Frame〜』(毎週金曜日)を担当、番組パーソナリティとして約14年ぶりに復帰する。
  • 4代目:恵俊彰(2000年1月 - 2006年3月)
    • 恵は2005年4月からTBSテレビで『きょう発プラス!』の司会を担当していたが、この番組のパーソナリティはそのまま継続。
    • この時代のテーマソングはSMAPPIESによるRhythmsticks「Working People」[2]
  • 5代目:赤坂泰彦(2006年4月 - 2011年9月)
    • 担当開始当初は恵との差別化のためか、ゲストはほぼすべてアーティストだったが、2006年10月頃から文化人も増えた。同一ゲストが2日続けて登場することも多い。2010年10月からは、ゲストとのトークの前に女性の声でゲストのプロフィールを紹介することになった。
  • 6代目(現在):坂本美雨(2011年10月 - )
    • 坂本が担当してからは、ゲスト出演前に「ディアペディア」(ウィキペディアのディア・フレンズ版)というプロフィール紹介と、番組終了前に今日印象に残った一言をゲストとのやり取りで振り返る試みが導入された。
    • 2015年4月に放送開始20周年を迎え、第3週に歴代パーソナリティである飯星、石井、赤坂、坂上(出演順)をゲストに迎える企画が行われた(放送時同時間帯の『ひるおび!』に出演していた恵は登場せず)[1]
    • なお、先代の赤坂までは「○○のディア・フレンズ」という冠番組であったが、坂本の代から冠は廃止された。だがOPのタイトルコールと一部のジングルのみ冠はついたままである。
    • テーマ曲はLUSRICA「Memory Lane Follows」。

ディア・フレンズ金曜版[編集]

  • 2009年10月の改編から、『赤坂泰彦のディア・フレンズ』の放送は月 - 木に短縮され、代わって金曜日の同枠で『ディア・フレンズ・フライデー』がスタートした。パーソナリティは小松成美。なお、2010年6月25日で終了した。
  • 2010年7月からは、コブクロがパーソナリティとなり、3か月限定の番組『コブクロ Dear Songs』(コブクロディアソングス)を放送。同年8月25日に発売されたアルバム『ALL COVERS BEST』に収録された楽曲を基にしたトークを行った。また、アルバム発売前日には、『コブクロ Dear Songs』の公開放送の収録を兼ねたイベントが行われた[3]
  • 2010年10月の改編から、『赤坂泰彦のディア・フレンズ』が1年ぶりに金曜日にも放送を開始。2011年2月4日に終了(翌週11日はBig America 2 Radio Special Program!第2弾を放送するため休止)
  • 2011年2月18日から同年12月30日にかけて、金曜日は約14年ぶりに復帰する石井竜也が『石井竜也のディア・フレンズ CASIO 〜Mind Frame〜』(いしいたつやのディアフレンズカシオマインドフレーム)を担当した。これをもって一旦金曜のディア・フレンズは終了。
  • 2012年1月6日からの金曜日同時間帯は『松任谷由実のYuming Chord』を放送中。

ピンチヒッター[編集]

  • ルーシー・ケント - 2007年9月3日 - 9月7日
  • 土岐麻子 - 2015年7月27日 - 9月30日 坂本美雨が産休に入ったため、坂本の友人である土岐が代理を務めた[4][5]。坂本が復帰した10月1日にはゲストとして登場した。

主なコーナー[編集]

現在[編集]

2015年現在、番組内で名称を伴ったコーナーは存在しない。

過去[編集]

ニチイ Everyday Thanks
2010年1月4日放送分から開始した番組後半のコーナーで(放送は月曜 - 木曜)、ニチイ学館がスポンサーとなっている。ゲストが「ありがとう」を伝えたい人への思いを語る。また、リスナーからのメッセージも紹介している。
Dear My Dream
2010年11月26日放送分から12月31日まで放送したコーナーで(放送は金曜)、ゲストの「夢」を語る。また、リスナーからの夢にちなんだメッセージも紹介しており、コーナーの最後には宝くじの発売情報も伝えていた。
The IMPRESSION
番組前半の、ゲストへのインタビューコーナー。スポンサーはサカタのタネ。2009年3月31日まではDHCがスポンサーで、DHCの冠が付けられていた。
SOUND PORTRAIT
2009年12月31日まで番組後半に放送されていたコーナーで、ゲストが選曲したドライビングソングを紹介する。2009年3月31日まではトヨタ自動車、それ以前は日本たばこ産業がスポンサーで、それぞれTOYOTA、JTの冠が付けられていた。
CASIO the focus
2011年2月1日から同年12月まで放送されていたコーナー(放送は月曜 - 木曜が番組前半、金曜はカシオが番組全体のスポンサーなのでコーナーとしての区切りはなく、番組後半に同内容の構成がなされている)。内容は過去のthe IMPRESSIONに似ているが、ゲストのお気に入りの一品をカメラに収め、サイト「IMAGING SQUARE」で加工したものを番組サイトにアップしている。、リスナーからも募集しており、毎月最優秀作品一作品(The Focus賞)を選び、こちらも番組サイトにアップされた。同年6月30日をもって月曜 - 木曜の放送は終了し、金曜のみに縮小して続けられた。

ネット局[編集]

放送地域 放送局 備考
東京都 TOKYO FM ※制作局
北海道 AIR-G'
青森県 AFB
岩手県 FM IWATE
宮城県 Date fm
秋田県 AFM
山形県 Rhythm station
福島県 ふくしまFM 1995年10月開局から。
栃木県 RADIO BERRY
群馬県 FMぐんま
新潟県 FM-NIIGATA
富山県 FMとやま
石川県 HELLO FIVE
福井県 FM福井
長野県 FM長野
岐阜県 FM GIFU 2001年4月開局から。
静岡県 K-mix
愛知県 @FM
三重県 レディオキューブ FM三重
放送地域 放送局 備考
滋賀県 e-radio 1996年12月開局から。
大阪府 FM OH!
兵庫県 Kiss FM KOBE[6] JFNに加盟した2003年4月から。[7]
鳥取県・島根県 V-air
岡山県 FM岡山 1999年4月開局から。
広島県 HFM
山口県 FMY
香川県 FM香川
徳島県 FM徳島
愛媛県 JOEU-FM
高知県 Hi-Six
福岡県 FM FUKUOKA
佐賀県 FMS
長崎県 FM Nagasaki
熊本県 FMK
大分県 Air-Radio FM88
宮崎県 JOY FM
鹿児島県 μFM
沖縄県 FM沖縄

イベント[編集]

坂本美雨が担当するようになってから、公開収録を兼ねたゲストと坂本が共演するライブ「ディア・フレンズLIVE」が行われるようになった。

  • 「ディア・フレンズLIVE Vol.1 Welcomes THE BOOM supported by あ・う・て」(2013年6月14日)[8]
  • 「ディア・フレンズLIVE Vol.2 Welcomes 小室哲哉 supported by あ・う・て」(2014年4月5日)[9]
  • 「ディア・フレンズLIVE Vol.3 Welcomes 平原綾香 supported by あ・う・て」(2014年11月19日)[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b On Air Report ゲストは・・・飯星景子さん
  2. ^ SMAPの「働く人々」のベースの曲
  3. ^ コブクロ、カバー盤の発売記念イベント - サンケイスポーツ 2010年8月25日
  4. ^ 坂本美雨、産休へ...パーソナリティを“リアルフレンド”にバトンタッチ! 『ディア・フレンズ』代演に土岐麻子!(TOKYO FMプレスリリース 20150年7月16日 PDF)
  5. ^ 土岐麻子、“ディアフレンズ”坂本美雨の代演務める(ナタリー 20150年7月16日)
  6. ^ かつては独立放送局
  7. ^ JFN2010年4月30日付けで除名され、また同年5月31日をもってJFNからの番組供給が停止される予定だったが、9月まで供給延長が決まり、続行されることになった。更に、9月28日に供給延長が再び決まり、11月4日の新規加盟まで続行された。なお、2010年9月30日までの社名は「株式会社Kiss-FM KOBE」であった。
  8. ^ ディアフレンズライブvol.1 welcomes THE BOOM(番組公式サイト)
  9. ^ ディアフレンズライブvol.2 welcomes 小室哲哉(番組公式サイト)
  10. ^ ディアフレンズライブvol.3 welcomes 平原綾香(番組公式サイト)

外部リンク[編集]

TOKYO FM・JFN系列 月曜日 - 木曜日 11:00 - 11:30
前番組 番組名 次番組
ディア・フレンズ
-
TOKYO FM・JFN系列 金曜日 11:00 - 11:30
コーヒータイム
飯星景子のディア・フレンズ

坂上みきのディア・フレンズ

石井竜也のディア・フレンズ(1期)

恵俊彰のディア・フレンズ

赤坂泰彦のディア・フレンズ(1期)

ディア・フレンズフライデー

コブクロDearSongs

赤坂泰彦のディア・フレンズ(2期)

石井竜也のディア・フレンズ(2期)
CASIO〜MindFrime〜