大東諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界 > アジア > 東アジア > 日本 > 南西諸島 > 大東諸島
大東諸島
Minamidaito-63.jpg
断崖で囲まれた南大東島海岸
大東諸島の位置(南西諸島内)
大東諸島
沖大東島
沖大東島
南大東島
南大東島
那覇市
那覇市
大東諸島 (南西諸島)
地理
場所 太平洋
座標 北緯24度30分 - 26度00分
東経131度00分 - 131度30分
諸島 南西諸島
島数 5島(その内、沖大東島、西南西小島、南西小島は無人島)
主要な島 北大東島南大東島
面積 43.67 km2 (16.86 sq mi)
国土地理院、2011年10月1日現在)[1]
最高標高 75 m (246 ft)[2]
最高峰 南大東島(座標
所属国
都道府県 沖縄県
市町村 島尻郡北大東村南大東村
最大都市 南大東村(人口1,442人[3]
人口統計
人口 2,107人
国勢調査、2010年10月1日現在)[3]
人口密度 48.2 /km2 (124.8 /sq mi)
(面積[4]、人口[3]共に2010年10月1日現在の数値を基に算出)
テンプレートを表示

大東諸島(だいとうしょとう)は、沖縄諸島の東部にある島嶼群。北大東島南大東島および無人島沖大東島とその付近の西南西小島南西小島から成る。行政区分は、北大東島及び沖大東島が沖縄県島尻郡北大東村、南大東島が同郡南大東村である。

明治時代に八丈島からの開拓団が入植するまでは、全島が無人島であった。即ち、現在沖縄県に属す島でありながら、琉球王国には属していたことはなく、明治以前に琉球文化が伝えるられることもなかった。歴史については、上記各島及び両村の記事を参照。

地理[編集]

大東諸島

沖縄本島の東、約340kmの太平洋上に存在する。およそ100万年前から20万年前、珊瑚礁の数回にわたる隆起によって形成された海洋島である。島を形成する珊瑚礁の厚みは数百mから数千mに達する。島の面積は南大東島が約30.6km2、北大東島が約12.71km2、沖大東島が1.147km2。人口は南大東島が約1,400人、北大東島が約700人、沖大東島は2013年10月現在、無人である。各々の島には洞窟鍾乳洞)が多く、地質学的に大陸日本列島と一度も繋がったことがない。

2007年、「大東隆起環礁」が日本の地質百選に選定された。

島々[編集]

写真 名前 範囲
[km²]
人口 山頂
メーター
山頂名 座標
Minami Daito Jima ISS002.jpg 南大東島 30.57 1,442(2010年)[5] 78 北緯25度50分45秒 東経131度14分30秒 / 北緯25.84583度 東経131.24167度 / 25.84583; 131.24167 (Minamidaitō)
Kita Daito Jima ISS.jpg 北大東島 11.94 665 (2010年)[5] 75 北緯25度57分 東経131度18分 / 北緯25.950度 東経131.300度 / 25.950; 131.300 (Kitadaitō)
Okidaitojima mlit1978.jpg 沖大東島 1.15 無人 北緯24度28分 東経131度11分 / 北緯24.467度 東経131.183度 / 24.467; 131.183 (Oki Daitō)

歴史[編集]

古くは「ウフアガリの島」と呼ばれ、はるか東にある無人島として古くから知られていた。「ウフアガリ」とは琉球語で「東の涯て」を意味し、「大東」の漢字表記は「ウフアガリ」に該当する意味の漢字を当てたものである(これを音読みにして「だいとう」)。ニューギニア近海にあった島が徐々に移動し、現在の位置まで移動してきたと考えられている。2013年10月現在でも年間に約7cm北東に移動していることが確認されている。

緯度・経度が計測されて国際的な海図に掲載されるのは、1820年にロシアの帆船「ボロジノ」が付近を通過して、諸島を「ボロジノ諸島」と名付けたことがきっかけとなった[6]。これにちなんで、島内には「ボロジノ」の名を冠した事物が存在する(ボロジノ娘など)。

1885年には北大東島と南大東島、1900年には沖大東島につき、それぞれ日本が領有を諸外国に宣言し沖縄県に編入される。

1900年代以降には、玉置半右衛門を中心とする開拓団による入植が始まり、北大東島と南大東島は玉置商会(後に事業が売却され、最終的には大日本製糖)が、沖大東島はラサ工業が島全体を支配し、行政機能すらもこれらの私企業によって行われていた。

戦後になって沖縄県全体にアメリカ軍政が敷かれると、初めて大東諸島にも村制が施行され、北大東村南大東村が誕生した。

諸島初の郵便局の設置もアメリカ統治下の1946年(昭和21年)である(南大東郵便局)[7]

年表[編集]

  • 1543年 沖大東島をスペイン人が発見、マル・アブリゴ(Mal Abrigo)と命名[8][9]
  • 1630年頃 オランダ人の手による欧製地図にて大東諸島が「Amsterdam」という名にて登場。
  • 1807年 フランスの軍艦カノニエル号が沖大東島を「ラサ島」と命名
  • 1820年 ロシア人、ポナフィディンが大東諸島を発見、「ボロジノ諸島」と名付けられる(この頃から欧米地図では「ボロジノ諸島」とされる)。
  • 1853年 - マシュー・ペリー小笠原からの帰途、南・北大東島を「ボロジノ諸島」と確認、「無人島と推察される」と記している[10]
  • 1885年
    • 沖縄県令西村捨三内務省の命を受け、大東島を領土に組み入れる調査を開始。8月31日、調査を終え国標を建てて両島を「大東諸島」と公称[11]
    • これにより日本が南北大東島の領有を諸外国に宣言。沖縄県に編入される[11]
  • 1892年 沖大東島(ラサ島)に軍艦派遣、調査に着手。
  • 1900年
    • 玉置半右衛門を中心とした八丈島からの開拓団により、大東諸島の開拓が開始(1903年に北大東島から)。
    • これ以降、玉置商会→東洋製糖→大日本製糖(現在の大日本明治製糖の前身)が諸島の各島全体を所有する「社有島」であった。
    • 同年、沖大東島を沖縄県に編入。
  • 1917年 諸島初の公衆電信所開設。
  • 1938年 南大東島・沖大東島に気象観測所が設置。
  • 1942年 日本軍駐屯開始。
  • 1944年
    • 戦況悪化のため、南北大東島の島民は八丈島や九州、沖縄本島へ強制疎開を命じられる。
    • 防衛のため歩兵連隊の大中隊が南北・沖大東島に配置さる。
  • 1945年
    • 1月 沖大東島のラサ鉱業所従業員が離島、閉山。
    • 2月から6月にかけてアメリカ軍の激しい空爆に晒される
    • 4月1日、南大東島・大東寺焼失。
  • 1946年
    • 沖縄のアメリカ軍政開始により、製糖会社による島の支配から脱する。南北大東島に村制が施行され、それぞれ南大東村北大東村が成立。
    • 諸島初の郵便局の設置(南大東郵便局)
  • 1949年 公衆向け電報取扱い開始。
  • 1953 - 1954年頃 ラジオ共同受信施設の運用開始。
  • 1959年 那覇との間に無線電話設備が開設。
  • 1961年 琉球電信電話公社が島内電話を開設。
  • 1972年 沖縄返還に伴い日本に復帰。島外電話が開通。
  • 1974年 南大東島にケーブルテレビ局が開局。
  • 1979年 電話がダイヤル自動化され、交換手を通さず通話可能になる。(通信衛星を使用。市外局番は09802)
  • 1984年 日本放送協会 (NHK) が「ゆり2号a」による衛星試験放送を開始。これに伴い、諸島内初の同時テレビ放送が開始。
  • 1998年 地上波のアナログ放送テレビ放送が開始。小笠原諸島向けの衛星中継通信を利用のため、局はNHK東京と、沖縄県内に系列局がある民放キー局TBSテレビフジテレビテレビ朝日の放送がそのまま流された。
  • 2011年
    • 沖縄本島と南大東島との間に海底光ケーブルが敷設、運用開始。これにより諸島内の通信環境が大幅に改善される。
    • これと併せて、地上波デジタル放送も開始。沖縄県域テレビ放送局(本島)からの直接同時配信となった。

生物・自然[編集]

大東諸島は、最も近い沖縄諸島からでも300km以上離れており、沖縄県の中でも孤立した島嶼群であり、海洋島であることから、多くの固有の生物が生育・生息している。また、ハブは生息していない。北大東島と南大東島の全域は、国指定大東諸島鳥獣保護区(希少鳥獣生息地)に指定されている(面積4,251ha、うち特別保護地区は234ha)。これは、両島がダイトウオオコウモリダイトウノスリなどの固有種・固有亜種の生息地となっており、コアホウドリセイタカシギなどの繁殖地となっていることが理由である。少数のザトウクジラも、大東諸島を越冬地として利用している。[12]

沖大東島は、長年の燐鉱採掘とその後の米軍による射爆撃訓練により、沿岸部を除き、多くの生物が喪失されたと見られている。

「ダイトウ」の名の付く生物

医療[編集]

大東諸島には2013年10月現在、南大東島、北大東島それぞれに県立病院付属診療所と村立の歯科診療所がある。北大東歯科診療所は琉球大学口腔外科、南大東歯科診療所は医療法人恵歯会(山口県周南市)による委託運営となっている。

診療所の手に負えない患者が出た場合は、沖縄本島に急患輸送を行う。運良く琉球エアーコミューターのフライトスケジュールに間に合う時は、琉球エアーコミューター機に1席確保してある「村長席」を利用して移動する。夜間などこれ以外の場合は、沖縄県知事を通じて陸上自衛隊第15旅団第15飛行隊那覇飛行場駐屯)に災害派遣要請を行い、LR-2 連絡偵察機UH-60J/A ヘリコプターによって緊急搬送される。

教育・メディア[編集]

新聞・雑誌[編集]

かつては沖縄本島の地方紙新聞が1月程度をまとめて諸島まで輸送されていたが、1960年代から飛行機便のスケジュールで配送されるようになっている。このため、本島から数時間以上遅れての配達となる[7]

電話・通信[編集]

電信・電報・電話[編集]

大東諸島に初めて電信が導入されたのは、1917年(大正6年)の事である。東洋精糖が無線電信の取扱所を設置し、初めて公衆の通信が可能となった。諸島初の郵便局の設置はアメリカ統治下の1946年(昭和21年)である(南大東郵便局)。公衆電報取扱は1949年(昭和24年)開始[7]

電話設備は製糖会社の私設電話だけであったが、1959年(昭和34年)に那覇との間に無線電話設備が開設。復帰前の琉球電信電話公社が1961年(昭和36年)に島内の電話を開設。さらに沖縄復帰後の1972年に島外電話が開通した[7]

長らく、大東諸島と島外との間の市外・市内通話は、北大東島と南大東島それぞれ1基あるNTT無線中継所から、スカパーJSATが運用する通信衛星JSATJCSATを経由して電話網に接続されていた。なお、自動ダイヤル化は1979年と、竹富町と並んで日本国内で最も遅い時期だった。衛星経由であるため、掛け方は普通の電話と変わらないが、多少のタイムラグが発生していた。JSATの運用は1989年頃からの開始でありそれ以前の当該通信状況は不詳。

2011年に地上デジタル放送の放送開始にともない、沖縄本島 - 南大東島間に海底ケーブルが敷設されたため、衛星経由の通信の特性は解消された。なお、南大東島 - 北大東島間には深い海溝があり海底ケーブルを配するのがコスト上困難なため、島間無線で接続されている。

市外局番は09802、市内局番は南大東が2、北大東が3である。市外通話料金は沖縄県内なら隣接扱いとなる。携帯電話は、NTTドコモに加えて2007年からau沖縄セルラー電話)も使用可能になった。ソフトバンクは2014年7月現在、北大東島南大東島共に3G・プラチナバンド基地局の設置工事を終えた為に[13]、使用可能となった。

なお2019年、耐障害性を高めるため沖縄本島 - 北大東島の海底光ケーブル敷設計画に向けて調査が始まっている。

携帯電話・通信[編集]

携帯電話は1999年9月にNTTドコモが諸島初のサービスを開始[7]

インターネットは、NTTISDNを用いてのダイアルアップ接続(64Kbps) やNTTドコモ、au、ソフトバンクのパケット通信での接続が可能である。

前述のとおり、2011年にようやく沖縄本島 - 南大東島間に海底ケーブルが敷設され、FOMAやLTEなどの高速通信が2014年頃から利用可能となっている。テザリング機能を利用することにより、定額制ではないが大東諸島でもブロードバンド接続が利用できる。フレッツADSL、フレッツ光等はサービスエリア外である。

放送[編集]

日本国内向けの衛星放送(BS・CS放送)の視聴には、サービス開始以来、他の地域と比べても特に差異などの問題はない。本稿では地上系による放送について記述する。

テレビ放送[編集]

1975年まで地上系テレビ放送の中継局が島内に無く、テレビ放送を見る環境が存在しなかった(ただし、1974年に南大東島にケーブルテレビ局が開局した。放送ではなく一般のVTR装置等を購入して視聴する家庭もあった:後述)。1975年NHK沖縄放送局が、本土のテレビ番組を再編集して、南大東島役場を通して2時間程度のテープネットで時差編成を行ったほか、1976年から1987年ケーブルテレビの南大東有線テレビ共同センターも加えてテープネットの配信が実施されていた(現在は廃止)[7]。このような状況から、諸島内では沖縄県平均よりもVTRの普及率が高く、沖縄本島や県外の親類から録画してもらったテープを送付してもらい、デッキで視聴すると言う事も行われていた[7]。本土および本島からも長らく隔絶し続けていた離島のため諸島民のテレビメディアに対する情熱は並々ならぬものがあり、後述の1984年のBS放送開始・初の同時放送受信環境の実現時には、当時の村長と多くの村民が集って式典を挙げたほどである[7]

地上波沖縄県域局の中継局の設置とそのケーブルテレビによる再放送[注釈 1]は、各放送局の本部(親局)・那覇市のある沖縄本島から距離が離れており、技術上・コスト上の問題のため実施されなかった[7]。この状況を補完するため、まず1984 - 1986年よりNHKがBSアナログ放送(NHK BS1及びNHK BS2)の放送を受信し、地上波(VHF)に変換して放送していた[7]

1998年から地上波のアナログ放送も開始された。そのときは東京都江東区青海テレコムセンターから小笠原諸島(東京都)向けに送信している在京各社の中継波・難視聴対策用衛星中継回線を受信して中継する方法が採られていた。[注釈 2]

民放については沖縄県域局の中継局の代替措置として、県内に系列局があるTBSテレビフジテレビテレビ朝日の3波のみが中継され、日本テレビテレビ東京の番組は見ることができなかった[注釈 3]

またこれらはいずれも通信衛星を用いるため、大雨などの際に雨滴による電波減衰で受信障害が発生していた。大東諸島に気象警報などが発表された際は、アナログ放送では、NHKにテロップを差し込んで気象情報を流すという形で島民向けの便宜を図っていた。また、県内のニュースは、電話回線を使い文字情報として提供されていた。

2011年7月22日に在那局の北大東中継局、南大東中継局がデジタル新局として同時開局した。沖縄本島から大東諸島への地上デジタル放送の伝送路は、先島諸島と同様に海底光ファイバーケーブルが使用されている(沖縄本島側の陸揚局は宮古島中継局への伝送と同じく糸満市米須に設置されている)。

また、デジタル中継局は沖縄県域局が放送するため、沖縄県域のローカル放送に加え、沖縄県に系列局の無い日本テレビ系列・テレビ東京系列[注釈 4]の番組でも沖縄県域局で放送される場合は視聴できるようになる。

在那中継局(デジタル)の
チャンネル一覧
局名 ID 南大東 北大東
NHK沖縄総合 1 32 42
NHK沖縄教育 2 27 40
琉球放送 3 34 44
琉球朝日放送 5 38 48
沖縄テレビ 8 36 46
(参考)アナログ放送時代の在京キー・中継局のチャンネル一覧
局名 北大東 南大東 本来の放送局
NHK BS1 - 4 -
NHK BS2 - 6 -
NHK東京教育 40 52 NHK沖縄教育
NHK東京総合 42 54 NHK沖縄総合
TBSテレビ 44 56 RBCテレビ
フジテレビ 46 58 沖縄テレビ
テレビ朝日 48 60 琉球朝日放送

ラジオ放送[編集]

1953 - 1954年頃にラジオ共同受信施設(各島の集中受信施設で無線放送を受信し、各家庭に有線スピーカーで再配信する方式)が開始された[7]

2007年4月1日、沖縄県のAM局(中波)3社の中継局が開局した。ただAMは、外国局との混信により受信状態が良好とは言えず、送信設備が大がかりになる[注釈 5]ため、大東諸島ではFMで送信している(沖縄本島以外の県内中継局も同様)。

局名 南大東
NHK沖縄第1 83.5MHz
琉球放送 81.4MHz
ラジオ沖縄 79.6MHz

いずれも本来はAM局だが、夜間における外国波との混信を避けるため、FMに変換して放送している。2013年10月現在、沖縄本島からラジオ南大東中継局への伝送には通信衛星が用いられているが、通信衛星は豪雨や台風などの悪天候に弱い欠点がある。

本来のFMラジオ局であるNHK-FMFM沖縄は中継局を設置していないため、スポラディックE層が発生しない限り受信不可能。2011年の地上デジタル放送の開始にあわせ、沖縄本島と南大東島の間に、放送・通信の伝送に用いられる海底光ケーブルが敷設されたため、技術的には設置が可能ではある[注釈 6]が、開局時期は未定である。なお、NHK-FMは2012年度に2か所の中継局を設置したが、開局したのは小笠原諸島父島母島の両中継局であり、南大東中継局では同年度の開局に含まれておらず、全国で唯一NHK-FMが直接受信できない地域として残ることになる。

NHKラジオ第2放送は全国同一内容の番組編成で、日中は沖縄本島(那覇本局 1125kHz)から、夜間は本土の大電力局(特に東京大阪熊本)からそれぞれ受信可能であるため、設置されていない。こちらも2012年度に小笠原諸島の父島・母島両地区にラジオ第2放送の中継局を設置したが、南大東中継局は今回の開局に含まれていない。radikoは2018年度の試験配信のみ東京放送センターから配信されたが、2019年度からの正式配信は対象外であるので、聴取出来ない。

ラジオのサイマル配信サービス[編集]

以上のように電波受信によるラジオ放送環境は、本土・本島と若干の差異があるものの、インターネットラジオによるサイマル配信サービスである「NHKネットラジオ らじる★らじる」、「radiko.jp」などが利用可能となっている。このため、権利処理の関係でサイマル配信サービスで放送されないごく一部の番組や楽曲などを除き、諸島でも沖縄県域の各ラジオ局(ただしNHK局の沖縄県ローカル放送はサイマル配信サービスで現在聴取できない)[注釈 7]、全国主要8都市版のNHKラジオ各局(第1、第2、FM)、さらに有料で日本全国の民放ラジオを聴取可能となっている。

交通[編集]

航空[編集]

南大東空港に到着したRAC便

北大東空港南大東空港がそれぞれあり、琉球エアーコミューターにより那覇空港との間を結んでいる。両空港ともコミューター機による運航になる。350kmにも及ぶ飛行距離は、コミューター路線としては日本最長である。所要時間は約1時間。逆に、北大東島と南大東島間の飛行は、20kmであり、所要時間10分。こちらは世界でも最短クラスの航空路線である。1997年に、両空港の滑走路が1,500mに延長され、絶海の孤島に800 m滑走路しかなかったことによる航空輸送体制の不備が、大きく解消した。

船舶[編集]

船舶は、那覇泊埠頭から大東海運貨客船だいとう」が、週に1便程度の運航を行っている。北大東島、南大東島とも、断崖絶壁で囲まれた島であり、普通の港湾が存在しない。島内にいくつか港と呼ばれる場所が存在するが、埠頭があるわけではなく、港に設置されているクレーンによって漁船を崖の上から海面まで吊り下げるという珍しい形態の港である。大東海運も、港と呼ばれる場所の近くに錨泊し、人や荷物は、に入れられてクレーンで島から船に移される。

南大東島においては、2000年11月になって同島北部の沿岸を掘削して人工の入り江を構築した南大東漁港が建設されており、漁船の係留は可能となっている。また、同様の施設が北大東島にも建設され、2019年2月に完成している[14]

周辺海域は荒れやすく、台風の通り道にもなっているため、欠航が非常に多い。台風シーズンになると、毎年のように数週間以上船が動かせなくなることもある。そのため島民は生活の術として大型冷蔵庫を複数台所有するなど、どこよりも備蓄の習慣が身についていると言われている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同一県内であるため、区域外再放送ではない
  2. ^ 小笠原諸島についてはアナログ終了とともに、在京局の中継局も廃止され、デジタルへの移行後は八丈島にある八丈中継局を経由して、小笠原村ケーブルテレビを通しての再放送に移行されている
  3. ^ デジタル難視聴対策における衛星によるセーフティネットとほぼ同義。
  4. ^ なお日テレ系の番組はスカパー!初期のころのCS★日テレで地上波・関東向けの内容の一部を同時放送で視聴できる番組が存在した。テレ東系については、BSテレ東(他に有料であるが報道の一部は日経CNBC、アニメについてはアニメシアターXも)で視聴可能
  5. ^ AMの送信設備はテレビやFMに比べ、数倍以上の広さが必要となる。
  6. ^ 離島間の海底ケーブルでは一般にテレビ放送、通信(電話など)のほか、ラジオ放送も伝送される
  7. ^ 2016年8月現在では東京のほか、仙台、名古屋、大阪のローカル放送も聴取でき、2016年9月にはこれに札幌、広島、松山、福岡の全国主要基幹都市8か所の放送が聴取できるようになり、福岡発の「九州・沖縄向け」番組も聴取可能であるが、沖縄単県でのローカルは引き続き聴取できない

出典[編集]

  1. ^ 平成23年 全国都道府県市区町村別面積調 沖縄県 (PDF)”. 国土地理院 (2011年10月1日). 2012年10月21日閲覧。 - 北大東村と南大東村の面積の合計。
  2. ^ 沖縄県市町村別最高点一覧”. 沖縄県企画部土地対策課 (2004年10月). 2012年8月1日閲覧。
  3. ^ a b c 平成22年国勢調査確報値 沖縄県の人口、世帯、住居 (PDF)”. 沖縄県企画部統計課 (2011年10月28日). 2012年8月1日閲覧。 - 北大東村と南大東村の人口の合計。
  4. ^ 平成22年 全国都道府県市区町村別面積調 (PDF)”. 国土地理院 (2010年10月1日). 2012年10月21日閲覧。 - 北大東村と南大東村の人口の合計。
  5. ^ a b 平成22年国勢調査 人口等基本集計(男女・年齢・配偶関係,世帯の構成,住居の状態など) 都道府県結果 47沖縄県 Okinawa 2010 census
  6. ^ 木村崇「もとの名は『ボロジノ』? -境界の島の呼称変遷を検証する-」北海道大学グローバルCEOプログラム[1]
  7. ^ a b c d e f g h i j k 参考文献・社会関係研究 第10巻 第1号 2004年12月「沖縄県南大東村、北大東村の地上波テレビ導入にともなう住民の情報意識の変化⑴・地上波テレビ導入政策の展開と導入前調査の住民の情報意識・メディア行動」
  8. ^ 平岡(1992)、pp.432-433.
  9. ^ 北大東村誌編集委員会(2017)、p.629.
  10. ^ 島の歴史”. 北大東村. 2016年8月17日閲覧。
  11. ^ a b 島の歴史”. 北大東村. 2016年8月17日閲覧。
  12. ^ 琉球新報, 1997年, 南大東島沖にザトウクジラ
  13. ^ サービスエリア|ソフトバンク - ピンポイント検索内の工事進展状況による情報
  14. ^ 漁船をクレーンで上げる風物詩「苦労だった」 北大東の漁港あす2日開港 島にIターンする若者も | 沖縄タイムス+プラス ニュース”. 沖縄タイムス+プラス. 2019年4月8日閲覧。

関連項目[編集]

沖縄県に属する諸島

外部リンク[編集]