エフエム岩手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社エフエム岩手
FM IWATE BROADCASTING COMPANY
TelevisionIwate-FMIwate.jpg
本社が入居するテレビ岩手本社ビル(2007年8月)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
020-8512
岩手県盛岡市内丸2-10
テレビ岩手本社ビル7階
設立 1984年9月14日
業種 情報・通信業
事業内容 放送法によるラジオ放送
代表者 取締役会長:佐藤義正
代表取締役社長:村田憲正
資本金 9000万円
売上高 7億2916万円(2014年度)
営業利益 5178万円(2014年度)
経常利益 5498万円(2014年度)
純利益 5272万円(2014年度)
総資産 6億6029万円(2014年度)
従業員数 11名
主要株主 読売新聞東京本社
外部リンク http://www.fmii.co.jp/
テンプレートを表示
エフエム岩手
FM IWATE BROADCASTING COMPANY
放送対象地域 岩手県
系列 JFN
略称 FMI
愛称 なし
コールサイン JOQU-FM
開局日 1985年10月1日
本社 〒020-8512
岩手県盛岡市内丸2-10
演奏所 本社と同じ
親局 / 出力 盛岡 76.1MHz / 1kW
主な中継局 釜石 79.2MHz
二戸 82.2MHz
宮古 89.3MHz
一関 80.3MHz
公式サイト http://www.fmii.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社エフエム岩手(エフエムいわて、FM IWATE BROADCASTING COMPANY)は、岩手県放送対象地域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。

JFN系列局。コールサインはJOQU-FM。

概要[編集]

1984年9月に岩手県岩手日報社他が出資し株式会社エフエム岩手設立。初代代表取締役社長には岩手県教育長・出納長を歴任した畑山新信が就任した。「心、今リズミック。」をキャッチフレーズに1985年10月1日開局。

岩手県内では唯一の民放FMラジオ放送局である。JFNに属しており、いわゆるBライン番組も多く放送している。『アクセル』、『Posh!』、『ふるさと元気隊』など、自社制作にも積極的に取り組んでいる。また、岩手県知事がDJを務める行政番組や、NHK-FM及びAMラジオとの共同同時生放送など、新しい試みも行っている。さらに、マラソン大会やソフトバレーボール大会、スタンプラリーを主催するなど、地元密着型のイベントにも力を入れている。

東日本大震災[編集]

生放送中に東北地方太平洋沖地震が発災し、ラジオでの「緊急地震警報」を待たずに「大津波警報」の発令を伝えた。以後、数週間にわたり安否情報・避難情報・インフラ復旧状況が放送されたほか、救援物資搬送の円滑化・ガソリン不足に対する自家用車使用の自粛呼びかけ、節電の呼びかけCMなどが放送された。

他媒体との関係[編集]

FM岩手ニュース』は、読売新聞朝日新聞岩手日報の三新聞社により曜日、あるいは時間ごとに担当分けされていたが、2007年4月から朝日新聞に代わり、テレビ岩手 (NNN) が担当社となった。開局から2001年3月まで『JFNニュース』は一切ネットされていなかったが、同年4月から平日の21:55 - (土曜は22:55 - 、日曜は20:55 - )のみネットを開始した。現在は土日のニュースは原則的に『JFNニュース』が放送されるようになっている。

2006年にはテレビ岩手(TVI)本社ビル7階へ社屋を移転。テレビ岩手のアナウンサーがラジオ番組に出演するなどの番組も放送されている。JFN系の衛星デジタルラジオ「ミュージックバード」が放送されている他、かつてはIBC岩手放送のテレビCMが同局のアナウンサーの声で放送される事があった。また、岩手めんこいテレビ(mit)が同タイトルの連動番組『勝ちそー』を放送していたがエフエム岩手にのみ残され、2010年に再び「勝ちそー」を謳うテレビ番組が復活した。岩手朝日テレビ(IAT)との生放送番組も放送されたことがある。

イメージキャラクター[編集]

キャラクターは「ケンタくん」で、岩手県鳥であるキジをモチーフとしている。デザインは、岩手県出身・在住の漫画家「池野恋」。ケンタくんの名称は一般公募で開局翌年に決定された。

ウェブサイト[編集]

  • 独自ドメインは局の略称「fmi」と異なり「fmii」だが、これは「Friendly Media in Iwate」の略である。
  • 2000年頃までのドメイン名は「fm-iwate」だった。

資本構成[編集]

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[1][2][3]

2015年3月31日[編集]

資本金 授権資本 発行済株式総数 株主数
9000万円 19億2000万円 14,400株 57
株主 株式数 比率
テレビ岩手 1,524株 10.58%
読売新聞東京本社 1,424株 09.88%
みちのくコカ・コーラボトリング 1,008株 07.00%
岩手日報社 0,942株 06.54%
IBC岩手放送 0,852株 05.91%
ジャパンエフエムネットワーク 0,833株 05.78%
東北銀行 0,688株 04.77%
岩手めんこいテレビ 0,482株 03.34%
岩手銀行 0,482株 03.34%

2003年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
7億2000万円 19億2000万円 5万円 14,400株 67
株主 株式数 比率
テレビ岩手 1,436株 9.97%
読売新聞東京本社 1,424株 9.88%
岩手日報社 0,882株 6.12%
IBC岩手放送 0,852株 5.91%
朝日新聞社 0,833株 5.78%
佐藤義正 0,564株 3.91%
岩手銀行 0,482株 3.34%

1992年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
7億2000万円 19億2000万円 5万円 14,400株 84
株主 株式数 比率
岩手県 720株 5.00%
菊地利典 [4] 720株 5.00%
岩手日報社 682株 4.73%
川村弘志 [5] 576株 4.00%
佐藤實 [6] 576株 4.00%
岩手銀行 432株 3.00%
佐藤文夫 432株 3.00%

沿革[編集]

  • 1984年9月14日 - 株式会社エフエム岩手設立(開設準備室は岩手日報社内にあった。)
  • 1985年10月1日 - 全国17番目(エフエム群馬と同日)にエフエム本放送を開始(この日を開局記念日としている。)。
  • 1995年4月1日 - 文字多重放送(見えるラジオ)開始。コールサインはJOQU-FCM。
  • 2006年10月1日 - 本社を「小岩井明生ビル」(現在の小岩井・明治安田ビル、盛岡市盛岡駅前通8-17)から、テレビ岩手本社7階(盛岡市内丸2-10)に移転。放送機器をデジタル対応に更新。10月2日より新本社での放送を開始。この頃から、英文表記が「Iwate FM Broadcasting Co,. Ltd.」から「FM IWATE BROADCASTING COMPANY」に変わっている。
  • 2011年
    • 1月26日 - KDDIauスマートフォン・携帯電話向けの民放FM52局ストリーミング配信サービス「LISMO WAVE」にて全国配信を開始。
    • 3月11日 - 東北地方太平洋沖地震東日本大震災)が発生。
    • 3月15日 - 東日本大震災に伴う災害情報提供のため、TOKYO FMと東北地方のJFN加盟6社が「LISMO WAVE」のサービスを利用したインターネットによる全国配信を開始(同年4月30日まで実施)。
    • 3月25日 - 地震から2週間。特別番組「Pray for Iwate 〜心をひとつに〜」を放送。
    • 4月28日 - 同日12時から、岩手・宮城・福島・茨城の民放ラジオ7局がIPサイマルラジオ「radiko」による全国配信を期間限定で開始[7](2012年3月31日まで実施)。
    • 12月5日 - AndroidiOS向けのJFN系FM局ストリーミング配信サービス「ドコデモFM」にて全国配信を開始。
  • 2014年
    • 3月31日 - 文字多重放送廃止。
    • 4月1日 - 釜石支局にて「かまいしさいがいエフエム」の運営を受託。
    • 12月4日 - FM岩手初の試みとなる地域限定番組「くじなのだ」が野田中継局エリア限定で放送開始。
    • 12月19日 - 開局後初の新規中継局となる岩泉中継局が完成し、試験放送開始(運用開始は12月26日)。
  • 2015年
    • 3月20日 - 山田中継局が完成し、試験放送開始(運用開始は3月29日)。
    • 9月30日 - IPサイマルラジオ「radiko」による岩手県内の無料配信と、「radiko.jpプレミアム」による全国配信を開始[8]
  • 2016年12月23日 - 大槌中継局が完成し、運用開始。

支社・支局[編集]

ふるさと元気隊[編集]

  • 久慈支局:久慈市中央2-14 2階(〒028-0061) - ふるさと元気隊創設時に開局
  • 釜石支局:釜石市鈴子町2-1 サンフィッシュ釜石内(〒026-0031) - 2011年4月開局
    • 2014年4月より、かまいしさいがいエフエムの運営を受託。それ以前も同エフエムの開局以来、技術支援を行っていた。
    • 2016年3月を以って番組終了したが、上記のさいがいエフエム受託が継続となったため、支局も継続。
  • 一戸支局:二戸郡一戸町西法寺字稲荷 IGR一戸駅2F(〒028-5301) - 2013年7月開局
  • 岩泉支局:下閉伊郡岩泉町小本字家の向52-1 小本生活改善センター2F(〒027-0421) - 2014年6月開局[9]
  • 九戸支局:九戸郡九戸村大字伊保内11-47-1 街の駅まさざね館2F(〒028-6502) - 2014年6月開局[10]

閉鎖された支局[編集]

  • 遠野支局 :遠野市中央通り11-1(〒028-0523) - ふるさと元気隊創設時に開局、2015年3月を以って閉鎖。
  • 八幡平支局:八幡平市大更24-22-5(〒028-7111) - ふるさと元気隊創設時に開局、2015年3月を以って閉鎖。
  • 紫波支局 :盛岡市内丸2-10 7階(〒020-8512) - 2011年4月に開局、2015年3月を以って閉鎖。本社内に併設されていた。
  • 盛岡支局:盛岡市内丸2-10 7階(本社内 / 〒020-8512) - 2011年に開局、2016年3月を以って閉鎖。末期は本社内に併設。
    • 2011年の開局より2013年3月までは本社向かいのもりおか復興支援センター3Fに、2013年3月 - 2015年3月までは肴町商店街振興組合事務所1Fに所在していた。
  • 平泉支局:西磐井郡平泉町坂下6(〒021-0893) - 2012年4月開局、 2016年3月を以って閉鎖。
  • 北上支局:北上市新穀町1-3-24(〒024-0092) - 2012年4月開局 - 2016年3月を以って閉鎖。

周波数・出力[編集]

テレビ岩手と共用する新山送信所の送信塔。
緑色に塗られているのがエフエム岩手のアンテナ。
親局 周波数 空中線電力 ERP 備考
盛岡 76.1MHz 1kW 4.7kw TVIの鉄塔使用
中継局 周波数 空中線電力 ERP 備考
釜石 79.2MHz 200W 500W TVIの鉄塔使用
宮古 89.3MHz 100W 81W
二戸 82.2MHz 170W 民放デジタル鉄塔(元TVI・mit・IATアナログ)使用
旧・福岡中継局。
大船渡 79.7MHz 10W 11.5W IBCの鉄塔使用
陸前高田 85.9MHz 38W TVIの鉄塔使用
一関 80.3MHz 17W
遠野 80.7MHz 20W 20W
野田 77.0MHz 100W 190W NHKの空中線を共用
岩泉 78.3MHz 30W 31W
山田 82.0MHz 10W 12.5W
大槌 78.4MHz 20W 100W

スタジオ[編集]

  • 第1スタジオ
  • 第2スタジオ
  • ニューススタジオ

サテライトスタジオ[編集]

  • MJスタジオ(北上市、アメリカンワールド内)
    ※現在FM岩手は日曜祝日などに公開放送(生放送、収録とも)で不定期に使用する程度だが、それ以外はアメリカンワールド主催でイベント会場として使われている。
  • さくらホールスタジオ(北上市、さくらホール内)
    ※「モコの夜はこれから!」「スタジオさくらーと」「ふるさと元気隊Monday 北上さくら咲クラジオ」で使用。
  • 釜石支局サテライトスタジオ(釜石市サン・フィッシュ釜石内)
    東日本大震災直後の2011年3月28日にTOKYO FMの技術協力で設置された。「ふるさと元気隊Wednesday 釜石やっぺしFM」は同年1月の放送開始からスタジオ開設までの間は、本社から放送していた。
    • かまいしさいがいエフエムの運営受託を行っており、ここから放送している。
  • くんのこスタジオ(久慈市やませ土風館多目的ホール内)
    ※2012年4月2日開設。「ふるさと元気隊Monday くじぃくじーく」放送開始からスタジオ開設までの間は、本社から放送していた。
  • 花の丘スタジオ(一戸町、イコオショッピングセンター内)
    ※「ふるさと元気隊Friday いちのへドッキドキFM」放送に伴い開設。2013年7月19日放送開始。
  • がったんごっとんスタジオ(久慈市道の駅白樺の里やまがた内)
    ※「ふるさと元気隊Monday くじぃくじーく」にて、毎月最終月曜日に旧山形村エリアの情報を伝えるコーナーで使用。2013年8月26日放送開始。
  • 岩泉小本スタジオ(岩泉町、小本生活改善センター2F)
    ※「ふるさと元気隊Tuesday 岩泉龍泉洞FM」放送に伴い開設。2014年7月1日放送開始。
  • どでんスタジオ(九戸村道の駅おりつめオドデ館内)
    ※「ふるさと元気隊Wednesday 政実くのへFM」放送に伴い開設。2014年7月2日放送開始。

過去にあったサテライトスタジオ[編集]

  • FAスタジオ(アネックスカワトク1階)
  • 公園通りスタジオ(パルクアベニューカワトク1階)
  • KaDaRuスタジオ(盛岡駅前通、2005年3月 - 2009年9月)
  • カッパスタジオ(遠野市、遠野支局内、2010年10月 - 2015年3月)
    ※「ふるさと元気隊Wednesday 遠野ずもなFM」放送に伴い開設。
  • さっこらスタジオ(盛岡市、肴町商店街振興組合事務局1F)
    ※「ふるさと元気隊Thursday 盛岡さんさFM」放送に伴い、当時支局が入居していたもりおか復興支援センター(FM岩手本社向かい)に開設。2013年4月に支局とともに肴町に移転。支局の本社内移転に伴い、2015年3月を以って閉鎖。[11]
  • 月見坂スタジオ(平泉町、平泉支局内、2012年4月 - 2016年3月)
    ※「ふるさと元気隊Thursday 平泉ひかるFM」放送に伴い開設。

放送時間[編集]

放送時間は日曜日の深夜を除き、朝5時を起点とし24時間放送している。

日曜深夜1時 - 翌月曜朝5時までは放送設備の点検のため休止する。クロージングは1時の時報が鳴るとすぐ始まり、加藤裕アナの声で「JOQU-FM JOQU-FM こちらはエフエム岩手です。只今を持ちまして本日の放送を終了致します。」と言い、中継局の周波数を読み上げてから、「どちら様も、火の元、戸締まりを十分お確かめの上お休み下さい。」と言い、「FM IWATE」のコールがかかり、音楽がフェードアウトしていき停波する(停波中は無音かビープ音が掛かることもある)。
開局30周年を機に変更された。BGMは『Forever Friends/REMEDIOS』(映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌)となり、女性アナウンサーによる「JOQU-FM お聴きの放送はエフエム岩手です。只今を持ちまして本日の放送を終了致します。」と言い、中継局の周波数を読み上げてから、「以上の周波数でお送りしました。」のコールがかかり、音楽がフェードアウトののち停波。

朝4時59分になると、ジングルでもよく使われるテーマが始まり、加藤アナが「JOQU-FM JOQU-FM こちらはエフエム岩手です。只今から本日の放送を開始致します。」と言い、中継局の周波数を言ってから「以上の周波数でお送りします」と言い、ジングルのコーラス部分が流れ時報CM - 時報となる。

主な自社番組[編集]

  • アクセル (月 - 金 7:30 - 8:45 2010年4月 -)
  • ふるさと元気隊(放送日時・時間は当該項参照)
  • Prism~ココロ・イロドル・プログラム~(木 11:30 - 12:55)
  • Posh! (月 - 金 16:00 - 18:55、 2010年5月 -)
  • Sound Salon SHICHIFUKUJIN(月 19:00 - 19:30)
  • モコの夜はこれから!(火 19:00 - 19:55)
    北上市北上市文化交流センター さくらホールからの生放送。
  • うさぎの悪あがき(水 19:00 - 19:25)
  • 松本哲也 NEXT STAGE(水 19:30 - 19:55)
  • わん(こ)らじお -2nd Season-(木 19:00 - 19:30)
  • Hiking レディオ(金 13:00 - 13:30 川村龍雄、中村ひろこ、東出雅子、古山そのみ)
    県北部にある八幡平市岩手町葛巻町の情報番組。「Hiking」とは、八幡平市の頭文字「H」、岩手町の「I」、葛巻町の「K」に「ing」を足したもの[12]
  • KAWATOKU presents ROCK ON THE FM! (金 13:00 - 14:55)
    音楽専門番組。2008年4月スタート(2009年3月までは月一回木曜日11:30 - 15:55、2012年3月までは月に一回木曜日の9:00-14:55に放送され、月ごとにパーソナリティが変わりテーマを設定していた)
  • MUSIC FOREVER(金 15:00 - 15:55 2010年4月 -)
  • ふじポン・アンダーエイジの花金ラジオ(金 19:00 - 19:30)
  • スタジオさくらーと(金 19:30 - 19:55)
    北上市の北上市文化交流センターさくらホールから生放送。
  • BRA-BAN! (金 21:00 - 21:30)
  • いーはとーぶトーク(土 7:30 - 8:00)
  • Driving Pleasure(土 11:00 - 11:55 山本大一)
  • 週刊MUSIC PUNCH!(土 21:00 - 21:55)
    東北各県(福島を除く)で放送。以前はKiss-FM KOBERADIO BERRYでも放送していた。パーソナリティは佐藤健一樋口了一馬場俊英のコーナーもある。
  • 岩手医科大学~いのちから~(日 9:30 - 9:55 小田加代子)
  • ビッキー吉田の「フォークケロケロ」(日 18:00 - 18:30 ビッキー吉田・阿部沙織)

期間限定の自社番組[編集]

  • APPI SNOW STYLE(冬季限定)
  • APPI SNOW GATE(冬季限定)
    • 2008年まで放送されていた安比高原スキー場の情報番組。エフエム青森Date fmの3局ネット放送。
  • APPI 夏の想い出学校(夏季限定)
    • 安比高原の情報番組。
  • 行くJ!グルージャ(月 19:30 - 19:55)

終了した自社番組[編集]

  • 朝のペパーミントタイム (月 - 金 7:30 - 9:00、1985年10月 - 2010年3月)
    エフエム岩手の開局時から続いていた同局を代表する早朝帯番組。当初は番組名の頭に「モーニングダイヤル」がついていて9:50までの放送だった。
  • ひるは虹色リクエスト(月 - 金 12:00 - 12:55)
  • イブニングダイヤル -街はトワイライト-(月 - 金 17:00 - 18:55)
  • サタデークルージングタイム(1985年10月 - 2007年3月、土 9:00 - 10:00※放送開始時刻と放送時間は数回変動していた)
    2000年9月までは録音放送だったが(生放送の時期もあり)、同年10月から生放送へ移行。
    パーソナリティ
    吉岡妙子(1985年10月 - 2000年9月)
    ※吉岡時代の初期にはナビゲーターと称してFM岩手のアナウンサー(渡辺美佐子→藤村はるみ)と2人での放送だった。(吉岡自身はその当時はドライバーの設定で、単独になってからはナビゲーター)
    村上まゆこ(2000年10月 - 2007年3月)
  • ほほえみワンダーランド
  • 70's MEMORY(土 10:30 - 10:55)
    この番組が放送されていた当時、他のJFN局ではこの時間「オートラマときめきのウイークエンド」(DJ・尾崎亜美)が放送されていたが、岩手県には当時オートラマ店がなかったためネットされなかった。なお、この番組はいったん終了後、数年後に「OLDIES MEMORY」としてリメイクされ、2010年3月まで放送された。
  • JOQUアルバムTOP10(土 18:00 - 19:55 1988年10月 - )
  • フライデーリクエスト サウンドエモーション
  • フライデーMUSICパーティー
  • MJ WAVE(金 19:00 - 19:55 北上市のMJスタジオから生放送)
  • タケダスポーツスーパーQステーション→T's MUSIC POWER 
    タケダスポーツが店舗を展開している青森、秋田、山形でも放送された。
  • That's Live Super Edition
  • SOUND AQUARIUM(「ひるラジ・クロスストリート」の前身)
  • 吉田朋代フロム・ザ・ハート
  • スーパーサタデーウイークリーホットチャート
    アネックスカワトク「FA Studio」から生放送されていた。「club F」の前身。
  • JOQUレディオα(WAVE SCAPEの前身)
  • 岩手高原サウンドシュプール(冬季のみ)
  • LIVE GENERATION
  • それでも皆 これでもか これでもか(日 25:30 - 26:00)
  • スマイリング・ハート→Kawatoku Smiling Heart( - 2008年3月)
    盛岡市内の百貨店・川徳1階のブース状サテライトスタジオ「公園通りスタジオ」より放送されていた。
  • ひるラジ・クロスストリート( - 2004年9月)
    平日の12:00 - 13:00(一時期11:30 - )、「公園通りスタジオ」から放送されていた。
  • BEAT PANIC(2001年 - 2008年3月29日)
    土曜夕方に放送された音楽チャート番組。パーソナリティは加藤裕。地元のヘアメイク専門学校生がアシスタントとして出演していた時期があった。
  • Hyper Countdown Radio「club F」
    フェザン「出逢いの広場」から生放送されていた。「Beat Panic」の前身。
  • Goody Friday Heart Beat Cafe( - 2002年9月、毎週金曜日放送)
    パーソナリティは鈴木智恵。開始時間は12:00(一時期9:00または10:00)、終了時間が14:00、14:25、14:55と変更された。2002年4月からは13:00 - 14:55。
  • Vitamin House(2002年10月 - 2005年9月、金 13:00 - 14:55)
    パーソナリティ:古賀徹(一時期)、木村雅子
  • GOTTA FRIDAY(2005年10月 - 2009年3月)
  • LEAP NIGHT 楽音百貨店(2000年4月 - 2001年3月、月 - 木 21:00 - 21:55)
    「勝ちそー」はLEAP NIGHTの金曜版としてスタートした。
  • 魁!ミュー塾 (2005年3月 - 2009年3月)
  • HEAVY SOUND JERKY(2008年4月 - 2009年3月、火 19:00 - 19:55)
    パーソナリティ:古賀徹
  • OLDIES MEMORY(金 15:00 - 15:55)
    パーソナリティ:川村龍雄(1996年4月 - 2009年12月)、古山そのみ(2010年1月 - 2010年3月)
  • 中津川テレビ☆わんだアナ!(- 2010年9月 火 11:30 - 11:55)
    テレビ岩手のアナウンサーが週替わりでパーソナリティを担当。
  • ALL THAT JAZZ(第2、4日曜 20:00 - 20:55)
    開局以来続いていた番組。
  • MAX WAVESCAPE ( - 2011年4月29日、月 - 金 16:00 - 18:55)
    夕方の大型情報番組。開始当初の数年は「WAVE SCAPE」のタイトルで17:00 - 18:55の放送だったが、2003年4月に開始時間繰り上げによる放送枠拡大により番組タイトルが変更された。
  • 野遊び倶楽部 イーハトーヴ(金 19:00 - 19:30)
  • 松本哲也 Second Street(木 20:00 - 20:55)
  • らじポン(月 19:00 - 19:55)
  • ゲンちゃんの朝めし前だよっ!(日 7:00 - 7:30)
    当初は帯番組で月 - 土の5:45 - 6:00に放送していた。番組開始から長いこと川村龍雄が担当していたが、末期は佐野よりこが担当していた。
  • 熱血!ゴールデンスタジアム(水 19:30 - 19:55)
  • キラキラ☆Rankin(金 10:00 - 10:55 2010年4月 -)
  • Do You!?(金 11:30 - 14:55)
  • イオン盛岡南ショッピングセンタープレゼンツ・I LOVE MY TOWN(土 11:00 - 11:55)
    当初は「HAPPY MY TOWN」のタイトルで放送されていた。
  • 勝ちそー→勝ちそー研究室→勝ちそーラジオ(金 20:00 - 20:55)
  • 開運!乙女塾(土 18:00 - 18:30)
  • くじなのだ(2014年12月4日 - 2015年2月26日 木 20:00-20:55)
  • コーク・サウンド・シャッフル(水 19:00 - 19:30)
    パーソナリティは歌手のさわち美欧みちのくコカ・コーラ提供で、同社担当エリア内のエフエム青森エフエム秋田でも放送されていた。2015年3月を以って終了。
  • 七瀬龍一のミュージックファクトリー(日 18:30 - 18:55)

Reputation Cuts[編集]

  • エフエム岩手のパワープレイプログラム。月替わりで邦楽3曲、洋楽2曲を選定。
    以前は「FM岩手 ブランニューボム」といって月替わりで邦楽、洋楽各2曲を選定していた。

主催イベント[編集]

  • 宮古サーモンハーフマラソン
    毎年11月第2土曜日、宮古市のシーサイド公認コース(日本陸連)で開催。
  • エフエム岩手杯ソフトバレーボール大会
    毎年10月、盛岡市または滝沢村で開催。
  • 歳末チャリティーオークション
    毎年12月後半、盛岡駅ビル「フェザン」で開催。収益金は岩手県共同募金会へ寄付。

アナウンサー[編集]

元アナウンサー[編集]

パーソナリティ[編集]

過去に出演していたパーソナリティ[編集]

  • 吉岡妙子
  • 佐藤千代子(現在はラヂオもりおかDJ)
  • 田沼早苗(現在はラヂオもりおかDJ)
  • 菅原直子
  • アンディ小山(元シャープ・ホークス。現在もIBC岩手放送などに出演)
  • 秋元みゆき
  • 井上恭子
  • 黒崎美香
  • 藤原眞美(奥州エフエムDJ→FMあすもDJ)
  • 味園史湖(みその・ふみこ。現在はFM OneDJ)
  • 村上まゆこ
  • 斉藤光子
  • 大泉忍
  • 大橋都希子
  • 今入亜希子(元青森朝日放送アナウンサー。FM岩手では「AKIKO」名義でも番組を担当していた)
  • 河合純子(現在はFMあすもDJ)
  • 番井奈歩
  • 東出雅子(元FM青森アナウンサー)- ふるさと元気隊久慈支局・八幡平支局に支局員として勤務したこともある。
  • 松本ともこ(元TOKYO FMアナウンサー)
  • 加藤裕(元エフエム岩手アナウンサー→フリー) - FM岩手退職後もしばらくの間、フリーとして継続して番組出演していた。
  • 古賀徹(元エフエム岩手アナウンサー→エフエム戸塚放送局長兼パーソナリティー→エフエム福島ディレクター→フリー→エフエム福島アナウンサー兼編成制作部長)
    • フリー期間中に「元気総研」等のパーソナリティを務めた。
  • 沼田智香子 - パネット所属。ニュースやスポット番組等を主に担当していたが、2015年3月に急逝。
  • 千葉絢子(元岩手めんこいテレビアナウンサー) - 2015年3月を以ってMITを退職し、フリーとなる。4月6日 - 5月18日の短期間、「Posh!」月曜日担当。

備考[編集]

  • コールサインのJOQUは、1958年(昭和33年)3月までNHK盛岡放送局ラジオ第2宮古ラジオ中継局に指定されていた。
  • 開局の際、技術面でサポートしたのが高橋琢二である。高橋はニッポン放送で木更津送信所移転に関わり中波放送局のプリエンファシスの普及やAMステレオ放送の啓蒙に努めた技術者である。FM岩手の後にはJ-WAVEの立ち上げに関わってもいた。
  • 開局当時のコンパクトディスク(CD)の保有数は世界一だった[要出典]
  • 社屋移転前は、一部スタジオが本社ロビーからガラス越しに見ることができる構造だったため、番組オンエア中の様子を一般客が観覧可能であった。アーティストなどがゲストとして番組に生出演する際も、比較的自由に観覧することができた。移転後は、社屋がテレビ局の上層階ということもあり一般客の立ち入りができなくなった。
  • 二戸中継局は開局当初から1990年代後期あたりまで「福岡中継局」という名称だった。(ちなみに八戸市を拠点にする地方紙「デーリー東北」のラジオ欄の二戸局は「北福岡」と表記されていた時期があった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、230頁。
  2. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、187頁。
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、184頁。
  4. ^ エフエム岩手 専務取締役
  5. ^ エフエム岩手 取締役
  6. ^ エフエム岩手 非常勤取締役
  7. ^ 『radiko.jp』復興支援プロジェクトとして復興支援サイトを開設 (PDF) - radikoプレスリリース 2011年4月27日
  8. ^ http://www.fmii.co.jp/what_radiko/index.html
  9. ^ 2014年6月24日に開所式を行い、7月1日より放送開始。
  10. ^ 2014年6月30日に開所式を行い、7月2日より放送開始。
  11. ^ その後、2016年3月を以って支局も閉鎖。
  12. ^ Hikingレディオ公式サイト
  13. ^ http://mytown.asahi.com/areanews/fukushima/TKY201105280456.html
  14. ^ http://odagaisama.com/paper/043-01.pdf

関連項目[編集]

外部リンク[編集]