大槌中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大槌中継局(おおつちちゅうけいきょく)は、岩手県上閉伊郡大槌町に置かれているテレビFM放送中継局である。なお、ここでは同町内に置かれている大槌桜木テレビ中継局についても記述する。

概要[編集]

大槌テレビ・FM中継局[編集]

デジタルテレビ放送[編集]

リモコン
番号
[1]
放送局名 チャンネル
番号
[2][1][3][4]
空中線
電力
[2][1][3][4]
ERP 偏波面[4] 放送対象地域 放送区域
内世帯数[2][3]
運用開始日[3][4][5]
1 NHK
盛岡総合
14 1W 3.7W 水平偏波 岩手県 約4,900世帯 2008年
11月10日
2 NHK
盛岡教育
13 3.6W 全国
4 TVI
テレビ岩手
17 3.7W 岩手県
5 IAT
岩手朝日テレビ
18 3.8W
6 IBC
岩手放送
15 3.7W
8 mit
岩手めんこいテレビ
16

アナログテレビ放送[編集]

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
4 NHK
盛岡総合
映像3W/
音声750mW
映像3.8W/
音声940mW
水平偏波 岩手県 4689世帯[8] 1965年
8月30日[9]
6 IBC
岩手放送
映像4W/
音声990mW
4180世帯[8] 1965年
10月28日[8]
8 NHK
盛岡教育
映像3.7W/
音声920mW
全国 4689世帯[8] 1965年
8月30日[9]
33 TVI
テレビ岩手
映像10W/
音声2.5W
映像48W/
音声12W
岩手県 5850世帯[8] 1974年
6月28日[8]
35 mit
岩手めんこいテレビ
1991年
12月19日[8]
37 IAT
岩手朝日テレビ
5807世帯[8] 1998年
12月24日[8]

FMラジオ放送[編集]

周波数 放送局名 空中線
電力
実効輻射電力 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
78.4MHz FMI
エフエム岩手
20W[10] 100W[10] 岩手県 5,768世帯[10] 2016年
12月23日[11]
80.5MHz IBC
IBC岩手放送
83.6MHz NHK
盛岡FM
1W[12] 1.55W[12] 4683世帯[13] 1970年
2月6日[14]
  • 所在地: デジタルテレビ放送に同じ[要出典]

IBC岩手放送とエフエム岩手は大槌町の高台移転地区のラジオ難聴を解消のため、2016年10月6日に総務省東北総合通信局より予備免許が交付され[15]12月22日に本免許が交付、12月23日に運用開始した[16][11][17]。IBC岩手放送とエフエム岩手の中継局は大槌町が総務省の「平成27年度復興街づくりICT基盤整備事業(地上ラジオ放送受信環境整備事業)」の補助金交付を受け公設民営型で運用する予定である[15]

大槌桜木テレビ中継局[編集]

デジタルテレビ放送[編集]

リモコン
番号[18]
放送局名 チャンネル
番号[18][4]
空中線
電力[18][4]
ERP 偏波面[4] 放送対象地域 放送区域
内世帯数[18]
運用開始日[4]
1 NHK
盛岡総合
39 10mW 59mW 水平偏波 岩手県 約900世帯 2010年
2月19日
2 NHK
盛岡教育
40 全国
4 TVI
テレビ岩手
42 岩手県
5 IAT
岩手朝日テレビ
44
6 IBC
岩手放送
41
8 mit
岩手めんこいテレビ
43
  • 所在地: 上閉伊郡大槌町小槌
  • 放送区域: 大槌町の一部
  • 2009年11月25日に予備免許交付[19]、2010年2月17日に本免許が交付され[4]2月19日に本放送を開始した[4]。当初は3月下旬の本放送開始予定だった[18]

アナログテレビ放送[編集]

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
51 IAT
岩手朝日テレビ
映像100mW/
音声25mW
映像500mW/
音声125mW
水平偏波 岩手県 560世帯[20] 1999年
11月26日[20]
53 mit
岩手めんこいテレビ
1992年
11月26日[20]
55 IBC
岩手放送
1983年
7月20日[20][21]
57 TVI
テレビ岩手
59 NHK
盛岡総合
562世帯[20]
61 NHK
盛岡教育
全国
  • 所在地: デジタルテレビ放送に同じ
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止される予定だったが、3月11日に発生した東日本大震災の影響により、廃止が2012年3月31日まで延期された。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 大槌中継局(地上デジタルテレビ放送)のエリア(報道資料2008年7月24日) (PDF) (総務省東北総合通信局)
  2. ^ a b c d e 予備免許された各中継局の概要<岩手県>(報道資料2008年7月24日) (PDF) (総務省東北総合通信局)
  3. ^ a b c d e f 免許された各中継局の概要<岩手県>(報道資料2008年11月6日)(総務省東北総合通信局)
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 岩手県(2013年12月19日現在)免許情報”. 総務省、東北総合通信局. 2019年5月20日閲覧。
  5. ^ a b 地上デジタルテレビジョン中継放送局の開局について(NHK第1092回経営委員会(2009年4月14日開催)資料) (PDF) (日本放送協会)
  6. ^ 地上デジタルテレビジョン放送局(中継局)に予備免許 - 東北地域の地上デジタルテレビジョン放送の視聴エリアが拡大します(報道資料2008年7月24日)(総務省東北総合通信局)
  7. ^ 地上デジタルテレビジョン放送局(中継局)に免許 - 東北地域の地上デジタルテレビジョン放送の視聴エリアが拡大します(報道資料2008年11月6日)(総務省東北総合通信局)
  8. ^ a b c d e f g h i NHKアイテック/編集; 日本放送協会/監修; 日本民間放送連盟/監修 『全国テレビジョン・FM・ラジオ放送局一覧 2004』 NHKアイテック、2004年、130頁。 
  9. ^ a b 日本放送協会 編 『NHK年鑑'66』 日本放送出版協会、1966年、199頁。 
  10. ^ a b c 予備免許の概要(総務省東北総合通信局) (PDF)
  11. ^ a b 免許の概要(総務省東北通信局2016年12月22日) (PDF)
  12. ^ a b 無線局免許状等情報(NHK-FM(総務省)
  13. ^ NHKアイテック/編集; 日本放送協会/監修; 日本民間放送連盟/監修 『全国テレビジョン・FM・ラジオ放送局一覧 2004』 NHKアイテック、2004年、1031頁。 
  14. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'70』 日本放送出版協会、1970年、317頁。 
  15. ^ a b 株式会社アイビーシー岩手放送及び株式会社エフエム岩手のFM中継局に予備免許(総務省東北総合通信局)
  16. ^ 株式会社アイビーシー岩手放送及び株式会社エフエム岩手のFM中継局に免許(総務省東北通信局2016年12月22日)
  17. ^ FM補完中継局の開局状況(東北管内)総務省東北総合通信局参考資料 (PDF)
  18. ^ a b c d e 大槌桜木中継局(地上デジタルテレビ放送)の概要及び放送エリア図(報道資料2009年11月25日) (PDF) (総務省東北総合通信局)
  19. ^ 地上デジタルテレビジョン放送局(中継局)に予備免許 - 東北地域の地上デジタルテレビジョン放送の視聴エリアが拡大します(報道資料2009年11月25日)(総務省東北総合通信局)
  20. ^ a b c d e NHKアイテック/編集; 日本放送協会/監修; 日本民間放送連盟/監修 『全国テレビジョン・FM・ラジオ放送局一覧 2004』 NHKアイテック、2004年、152頁。 
  21. ^ 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'84』 日本放送出版協会、1984年、441頁。 

関連項目[編集]