岩手町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いわてまち
岩手町
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
岩手郡
団体コード 03303-1
法人番号 7000020033031
面積 360.46 km²
総人口 13,281
推計人口、2017年5月1日)
人口密度 36.8人/km²
隣接自治体 盛岡市八幡平市
二戸郡一戸町岩手郡葛巻町
町の木 御堂松
町の花 リンドウ
町の鳥 キジ
岩手町役場
所在地 028-4395
岩手県岩手郡岩手町大字五日市第10地割44番地
北緯39度58分22秒東経141度12分43.8秒
Iwate town hall.JPG
外部リンク 岩手町

岩手町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
正覚院

岩手町(いわてまち)は、岩手県の中部から北部に位置する、岩手郡に所在する町である。キャッチフレーズは、「豊かな自然と調和した、希望と安心が実感できる、交流と健康福祉のまち」。町中心部には東北新幹線いわて沼宮内駅がある。人工芝ホッケー競技場を中心としたホッケーと、石神の丘美術館を中心にした彫刻に力を入れている。

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制が施行される。
    • 沼宮内村の一部と江刈内村の一部が合併し、北岩手郡沼宮内町が成立。
    • 川口村が単独で村制施行し、北岩手郡川口村が成立。
    • 旧・一方井村、坊村、葉木田村、土川村、黒内村、黒石村が合併し、北岩手郡一方井村が成立。
    • 旧・御堂村、小抱村、五日市村、久保村、大坊村、沼宮内村の一部、江刈内村の一部が合併し、北岩手郡御堂村が成立。
  • 1896年(明治29年)3月29日 - 北岩手郡と南岩手郡が合併し、岩手郡となる。
  • 1955年昭和30年)7月21日 - 沼宮内町、川口村、御堂村、一方井村が合併し、岩手郡岩手町となる。

行政[編集]

姉妹都市[編集]

  • 姉妹都市提携等を結んでいる市町村は存在しない。

地域[編集]

TVチャンネル・ラジオ周波数[編集]

岩手町内のテレビ中継局
石神の丘美術館敷地内にあり、紫波新山(盛岡親局)からの電波が届きにくい当町中心部と御堂地区の一部をカバー。
国道281号城山トンネルの真上に存在し、大坊・江刈内地区の一部をカバー。ただしMITIATは当地に中継局未設置(地デジについてもMIT・IATは現在のところ当地に中継局設置予定無し)。
  • 川口・久保・子抱地区と御堂地区北部は盛岡親局を、一方井・土川地区の一部は西根松尾中継局を各々受信している。
  • ラジオはAM・FM共に盛岡親局を受信。

健康[編集]

郵便局[編集]

  • 沼宮内郵便局(集配局、〒028-43xx地域を管轄)
  • 川口郵便局(集配局、〒028-42xx地域を管轄)
  • 一方井郵便局
  • いわて沼宮内駅前郵便局
  • 北山形簡易郵便局

人口[編集]

Demography03303.svg
岩手町と全国の年齢別人口分布(2005年) 岩手町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 岩手町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
岩手町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 21,725人
1975年 20,832人
1980年 20,350人
1985年 19,885人
1990年 19,141人
1995年 18,264人
2000年 17,372人
2005年 16,254人
2010年 14,984人
2015年 13,692人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • 岩手町立川口中学校
  • 岩手町立一方井中学校
  • 岩手町立沼宮内中学校

小学校[編集]

  • 岩手町立沼宮内小学校
  • 岩手町立川口小学校
  • 岩手町立一方井小学校
  • 岩手町立水堀小学校
  • 岩手町立久保小学校

交通[編集]

いわて沼宮内駅

鉄道路線[編集]

バス[編集]

道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

主要地方道[編集]
一般県道[編集]

自動車教習所[編集]

  • 岩手中央自動車学校(川口49地割)
    • 八幡平市、岩手郡葛巻町、盛岡市玉山地区、一戸町奥中山方面へも送迎バスを運行。

ゆかりの有名人[編集]

出身有名人[編集]

外部リンク[編集]