いわて沼宮内駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いわて沼宮内駅
Tohokuhonsen IwatenumakunaiEkisya.JPG
西口(2006年2月)
いわてぬまくない
Iwate-Numakunai
所在地 岩手県岩手郡岩手町大字江刈内
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
IGRいわて銀河鉄道駅詳細
テンプレートを表示
東口(2018年5月)

いわて沼宮内駅(いわてぬまくないえき)は、岩手県岩手郡岩手町大字江刈内(えかりない)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・IGRいわて銀河鉄道である。

概要[編集]

1891年明治24年)9月1日日本鉄道沼宮内駅(ぬまくないえき)として開業した。1906年(明治39年)11月1日に日本鉄道が国有化され、官設鉄道の駅となった。

かつては東北本線の途中駅であり、特急はつかり」の他にも、急行「八甲田」・「くりこま」などの優等列車が停車していた。東北本線が非電化だった当時は一戸機関区の支区があり、十三本木峠越えに備えて補助機関車の連結や解結を当駅で行っていた[1]

1993年平成5年)以降は定期優等列車の停車がなくなり、普通列車のみ停車していたが、2002年(平成14年)12月1日に東北新幹線八戸駅まで延伸開業したことに伴い、新幹線の停車駅となり、岩手町の代表駅であることを強調するため、いわて沼宮内駅に改称された[2]。同時に、並行在来線であった東北本線の一部がIGRに転換されたため、当駅は東北新幹線といわて銀河鉄道線の接続駅となっている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

現駅舎は岩手町の施設である岩手広域交流センター「プラザあい」に併設されており[8]、JR・IGR各線改札口のコンコースが駅西口の「プラザあい」3階と東口を結んでいる[5]

JR東日本[編集]

JR いわて沼宮内駅*
JR East Iwate-Numakunai Station.jpg
改札口(2018年5月)
いわてぬまくない
Iwate-Numakunai
盛岡 (31.1 km)
(34.6 km) 二戸
所在地 岩手県岩手郡岩手町大字江刈内7-9
北緯39度57分39秒 東経141度13分3.55秒 / 北緯39.96083度 東経141.2176528度 / 39.96083; 141.2176528 (JR いわて沼宮内駅)座標: 北緯39度57分39秒 東経141度13分3.55秒 / 北緯39.96083度 東経141.2176528度 / 39.96083; 141.2176528 (JR いわて沼宮内駅)
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北新幹線
キロ程 566.4 km(東京起点)
電報略号 イヌ[注釈 2]
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
38[備考 1]人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 1891年明治24年)9月1日
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* 2002年に沼宮内駅から改称。
テンプレートを表示

駅舎4階部分に相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。通過線がなく、安全のために可動式安全柵が設置されている。当駅・二戸駅・八戸駅の東北新幹線ホーム有効長は「12両」となっている。これは利用客・沿線人口・運転本数が少ないため、16両編成の列車が乗り入れる必要はないとの判断による。定期列車8往復(東京駅発着の「はやぶさ」が7往復、仙台駅発着の「はやぶさ」が1往復)が停車する。

事務管コードは、国鉄時代以来の旧沼宮内駅のコードを継承した▲211031[9]

駅舎3階に改札口(自動改札機設置)、みどりの窓口(営業時間:7時 - 22時50分・途中で営業を休止する時間帯あり)、指定席券売機(2台)設置。開業当初はそば屋 (NRE)、キヨスクもあったが、現在は閉店している。

直営駅駅長助役配置)である。管理駅でもあるが、当駅は自駅のみの単駅管理となっている。新幹線ホームの運転扱いは基本的に当務駅長(当直助役)が上下ホームとも行うが、列車遅延時の対応のため出札担当も運転取扱いが可能な社員を配置している。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 ■ 東北・北海道新幹線 下り 新青森新函館北斗方面
2 ■ 東北新幹線 上り 盛岡仙台東京方面

(出典:JR東日本:駅構内図

ホーム

IGRいわて銀河鉄道[編集]

IGR いわて沼宮内駅
IGR Iwate Galaxy Railway Iwate-Numakunai Station.jpg
改札口(2018年5月)
いわてぬまくない
Iwate-numakunai
岩手川口 (5.1 km)
(5.3 km) 御堂
所在地 岩手県岩手郡岩手町大字江刈内6-1-4
所属事業者 IGRいわて銀河鉄道
所属路線 いわて銀河鉄道線
キロ程 32.0 km(盛岡起点)
東京から567.3 km
電報略号 ヌマ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
[IGR 1]724人/日
-2021年-
開業年月日 2002年平成14年)12月1日*
備考 直営駅
* 東北新幹線開業による並行在来線の経営分離による。
テンプレートを表示

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを有する地上駅である。互いのホームは跨線橋で連絡している。IGR開業に合わせて2番線・3番線ホームにエレベーターが設置された。

盛岡駅管理の直営駅で、早朝夜間は駅員が不在となる。3階の駅舎には改札口と出札窓口(営業時間:7時 - 17時、閉鎖時間帯あり)・自動券売機がある。IGR開業当時は管理駅として、岩手川口 - 奥中山高原間の各駅を管理下に置いていた。

当駅より八戸方面に向かう列車は全体の半分程度であり、盛岡方面からの列車の約半分が当駅で折り返す。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 いわて銀河鉄道線 下り 八戸方面[10]
2 上り 盛岡方面[10]
3
  • 夜間留置はなく、朝晩に盛岡駅 - 当駅間の回送列車が設定されている。
ホーム

利用状況[編集]

  • JR東日本 - 2021年度(令和3年度)の1日平均乗車人員は38人である[JR 1][備考 1]。これは東北新幹線のみならずJR東日本の新幹線停車駅では最も乗車人員が少ない。2016年3月26日に北海道新幹線が開業するまでは当駅が全国で最も乗車人員が少ない新幹線駅であり、現在では奥津軽いまべつ駅木古内駅に次いで3番目に少ない。
  • IGRいわて銀河鉄道 - 2021年度(令和3年度)の1日平均乗降人員は724人である[IGR 1]。盛岡方面への通勤通学も多く、朝や夕方には駅付近が混雑している。
年度 乗車人員・乗降人員(*1)の推移(1日平均)
JR(乗車人員) IGR(乗降人員)
2000年(平成12年) 765(*2)[注釈 3][JR 2]  
2001年(平成13年) 725(*2)[注釈 3][JR 3]  
2002年(平成14年) 516(*2)[JR 4] 1,280[IGR 2]
2003年(平成15年) 101[JR 5] 1,204[IGR 3]
2004年(平成16年) 98[JR 6] 1,101[IGR 4]
2005年(平成17年) 100[JR 7] 1,055[IGR 5]
2006年(平成18年) 110[JR 8] 1,044[IGR 6]
2007年(平成19年) 115[JR 9] 1,087[IGR 7]
2008年(平成20年) 119[JR 10] 1,054[IGR 8]
2009年(平成21年) 117[JR 11] 1,014[IGR 9]
2010年(平成22年) 102[JR 12] 1,012[IGR 10]
2011年(平成23年) 78[JR 13] 969[IGR 11]
2012年(平成24年) 88[JR 14][備考 2] 937[IGR 12]
2013年(平成25年) 88[JR 16][備考 3] 960[IGR 13]
2014年(平成26年) 80[JR 18] 989[IGR 14]
2015年(平成27年) 85[JR 19][備考 4] 942[IGR 15]
2016年(平成28年) 85[JR 21][備考 5] 920[IGR 16]
2017年(平成29年) 83[JR 23][備考 6] 895[IGR 17]
2018年(平成30年) 83[JR 25][備考 7] 869[IGR 18]
2019年(令和元年) 78[JR 27][備考 8] 850[IGR 19]
2020年(令和02年) 32[JR 29][備考 9] 727[IGR 20]
2021年(令和03年) 38[JR 1][備考 1] 724[IGR 1]
  • 1 乗降人員は乗車人員の約2倍の値
  • 2 JR在来線時代の乗車人員
備考
  1. ^ a b c JR東日本集計の「各駅の乗車人員(2021年度)」では、39人と記載されている[JR 31]
  2. ^ JR東日本集計の「各駅の乗車人員(2012年度)」では、84人と記載されている[JR 15]
  3. ^ JR東日本集計の「各駅の乗車人員(2013年度)」では、85人と記載されている[JR 17]
  4. ^ JR東日本集計の「各駅の乗車人員(2015年度)」では、82人と記載されている[JR 20]
  5. ^ JR東日本集計の「各駅の乗車人員(2016年度)」では、82人と記載されている[JR 22]
  6. ^ JR東日本集計の「各駅の乗車人員(2017年度)」では、80人と記載されている[JR 24]
  7. ^ JR東日本集計の「各駅の乗車人員(2018年度)」では、80人と記載されている[JR 26]
  8. ^ JR東日本集計の「各駅の乗車人員(2019年度)」では、76人と記載されている[JR 28]
  9. ^ JR東日本集計の「各駅の乗車人員(2020年度)」では、33人と記載されている[JR 30]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

1番のりば
2番のりば
3番のりば
4番のりば
  • 貸切バス乗降専用

JRバス東北岩手支所があった頃は、白樺号の乗務員交代も当駅で行っていた。岩手県北バスの路線は、2012年10月15日から経路番号が表記されるようになった[11]

旧駅舎だった頃は、駅構内の路線バスの乗り入れは国鉄バス→JRバスの路線バスしか乗り入れが認められず、そのため岩手県北バスの路線バスは、現在の駅舎が完成してバス乗り場が整備されるまでは駅前の町道から発着していた。また同駅を始終着とする便は1つ南の末代橋発着とし、同停留所の転回場で折り返していた。

その他[編集]

食べ物がおいしくないとき、「うまくない」とかけて「沼宮内」と言う古い洒落がある。落語のネタとしても使われ、7代目橘家圓蔵が「地噺」としてよく演じたとされる[12]。駅弁売りが「弁当、弁当」と呼びかけると駅のアナウンスが「ぬ(う)まくない」と続くという形である[12][13]。その当時は実際に沼宮内駅で駅弁が売られていたが、東北本線の電化によって補助機関車連結のための優等列車停車が不要となったため、販売は中断された。さらにその後、東北新幹線が停車するようになったため、駅弁は再び販売されるようになった。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
■ 東北・北海道新幹線
盛岡駅 - いわて沼宮内駅 - 二戸駅
IGRいわて銀河鉄道
いわて銀河鉄道線
岩手川口駅 - いわて沼宮内駅 - 御堂駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 盛岡駅 - 新青森駅間で、特定特急券扱いを使って空いている普通車指定席を利用する場合に限る[7]
  2. ^ 改称前はヌマ
  3. ^ a b 算出時、駅名は沼宮内であった。

出典[編集]

  1. ^ ネコ・パブリッシング社公式サイト内「鉄道ホビダス」編集長敬白 2010年9月29日「『国鉄時代』vol.23「みちのくの峠道」好評発売中。
  2. ^ a b 「鉄道記録帳2002年12月」『RAIL FAN』第50巻第2号、鉄道友の会、2003年3月1日、 24頁。
  3. ^ a b c d e 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、414頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  4. ^ 青森県庁公式サイト 「平成21年度版 よくわかる青森県」第2部 4 東北新幹線全線開業への道のり
  5. ^ a b “東北新幹線・いわて沼宮内駅に交流センター完成”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 35(東京地方版/岩手). (2002年10月1日) 
  6. ^ “「新幹線eチケットサービス」が始まります!” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道、北海道旅客鉄道、西日本旅客鉄道, (2020年2月4日), オリジナルの2020年2月26日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200226110513/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20200204_ho01.pdf 2020年5月25日閲覧。 
  7. ^ a b “タッチでGo!新幹線 サービスエリア拡大について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2020年11月12日), オリジナルの2020年11月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201113025314/https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201112_ho01.pdf 2020年11月13日閲覧。 
  8. ^ 岩手広域交流センター「プラザあい」 岩手町公式ウェブサイト、2018年9月8日閲覧。
  9. ^ 日本国有鉄道旅客局 (1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』
  10. ^ a b いわて沼宮内駅”. IGRいわて銀河鉄道. 2021年4月11日閲覧。
  11. ^ 経路番号の表記一覧表 岩手県北バス
  12. ^ a b 望月崇史 (2016年8月18日). “沼宮内(ぬまくない)の駅弁は「うまい」!~いわて沼宮内駅「岩手短角牛やわらか煮弁当」(1,500円) 【ライター望月の駅弁膝栗毛】”. ニッポン放送. 2022年9月4日閲覧。
  13. ^ 「いわて沼宮内」駅周辺を歩いた(MSN産経ニュース2012年5月25日)2012年5月27日閲覧[リンク切れ]

利用状況[編集]

JR東日本[編集]

  1. ^ a b 新幹線駅別乗車人員(2021年度)”. 東日本旅客鉄道. 2022年8月2日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  14. ^ 新幹線駅別乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月11日閲覧。
  16. ^ 新幹線駅別乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月11日閲覧。
  18. ^ 新幹線駅別乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  19. ^ 新幹線駅別乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月11日閲覧。
  21. ^ 新幹線駅別乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2018年4月25日閲覧。
  22. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月11日閲覧。
  23. ^ 新幹線駅別乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月3日閲覧。
  24. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月11日閲覧。
  25. ^ 新幹線駅別乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月8日閲覧。
  26. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月11日閲覧。
  27. ^ 新幹線駅別乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月11日閲覧。
  28. ^ 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月11日閲覧。
  29. ^ 新幹線駅別乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月11日閲覧。
  30. ^ 各駅の乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月11日閲覧。
  31. ^ 各駅の乗車人員(2021年度)”. 東日本旅客鉄道. 2022年8月2日閲覧。

IGRいわて銀河鉄道[編集]

  1. ^ a b c 2021年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2022年8月26日閲覧。
  2. ^ 平成14年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  3. ^ 平成15年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  4. ^ 平成16年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  5. ^ 平成17年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  6. ^ 平成18年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  7. ^ 平成19年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  8. ^ 平成20年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  9. ^ 平成21年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  10. ^ 平成22年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  11. ^ 平成23年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  12. ^ 平成24年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  13. ^ 平成25年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  14. ^ 平成26年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  15. ^ 平成27年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  16. ^ 平成28年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  17. ^ 平成29年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  18. ^ 平成30年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月8日閲覧。
  19. ^ 令和元年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2020年8月9日閲覧。
  20. ^ 令和2年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2021年7月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]