橘家圓蔵 (7代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月
7代目 橘家 圓蔵たちばなや えんぞう
本名 市川 虎之助
生年月日 1902年3月23日
没年月日 (1980-05-11) 1980年5月11日(78歳没)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
師匠 8代目桂文楽
7代目林家正蔵
名跡 1. 桂文雀(1923年 - 1924年)
2. 柳家治助(1924年 - ?)
3. 桜川三平(時期不明)
4. 4代目月の家圓鏡(1946年 - 1953年)
5. 7代目橘家圓蔵(1953年 - 1980年)
出囃子 お江戸日本橋
活動期間 1923年 - 1980年
活動内容 落語
幇間
所属 落語協会(1923年 - 1978年)
落語三遊協会(1978年)
落語協会(1978年 - 1980年)

7代目 橘家 圓蔵(たちばなや えんぞう、1902年3月23日 - 1980年5月11日)は、落語家。生前は落語協会所属。本名・市川虎之助。出囃子は「お江戸日本橋」。

通称「明舟町の圓蔵」。

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市生まれ。4歳で父が亡くなりはその後はあちこちを転々とした。1912年に奉公したのち職を次々と変えた。吉原の牛太郎や、外国航路船のコックをしていたこともある。

1923年7月に8代目桂文楽に入門し桂文雀を名乗る。入門してすぐの9月に関東大震災が発生し関東の寄席や仕事が文楽とともに激減、仕方なく文楽一門ですいとん屋を営んだが『すいとん屋やるために噺家になったわけじゃない』と意見したために破門になるも震災で行く当てもなく謝罪し復帰、その後も師匠文楽の金を日常的に盗んでいたことと、落語家達の間で広まっていた文楽の妻の悪い噂を文楽に伝えたことから破門を繰り返し、1924年から1925年ころに4代目鈴々舎馬風の紹介で7代目柳家小三治(後の7代目林家正蔵)一門に移籍し柳家治助を名乗るが、師匠小三治に冷遇され、2年後に破門され、一時噺家を辞め、寄席奇術の手伝いや吉原名古屋大阪幇間などさまざまな職に就いた。1930年ころに再び噺家に戻り、文楽一門に復帰した。その後、再び名古屋で桜川三平として幇間をしたが戦争で幇間が出来なくなり1941年に二つ目として三度文楽一門で出直した。

1946年3月に4代目月の家圓鏡を襲名し、真打昇進。1953年3月に7代目橘家圓蔵襲名。この7代目圓蔵襲名に際しては6代目三遊亭圓生から『一代限り』の約束で圓蔵の名跡を借りていたという[1][2]

1978年5月、6代目三遊亭圓生が引き起こした落語協会分裂騒動で圓生一門、3代目古今亭志ん朝一門と圓蔵一門と弟子5代目月の家圓鏡(8代目橘家圓蔵)一門と共に落語協会を脱退するが、後に圓生一門を除いて落語協会に復帰した。

7代目林家正蔵に冷遇されていたことを強く恨んでいたため、正蔵没後に圓蔵一門に移籍してきた正蔵の実子初代林家三平が、東宝名人会で二つ目昇進していたにも関わらず、圓蔵は三平を落語協会の前座から再度やり直しさせるなど、三平はかなり冷遇されることになった。だが、文楽の縁から三平がテレビに出演する機会を得てたちまち大スターになると、今度は三平を橘家のホープ扱いして、真打昇進に際して自らの前名である「月の家圓鏡」を名乗らせようと画策するなどした。

三遊亭圓丈によると楽屋で後輩を捕まえては『あのね〜お前ダメだよ』などと小言を言っていたため、楽屋内では「あのねの圓蔵」と呼ばれていたという。

1980年5月11日に死去。78歳没。同年9月には三平も癌で急死。

その死没の2年後には早くも5代目圓鏡が8代目圓蔵を襲名する[1][2]

著書に「てんてん人生 伝記・橘家円蔵」がある。

演目[編集]

得意演目は圓鏡時代は新作落語主体で、『女中志願』『国訛り』など。

圓蔵時代は大ネタの『芝浜』『子別れ』を演じた。

一門弟子[編集]

演じた俳優[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “〈レクイエム2015〉 5人の「若手四天王」落語家・橘家圓蔵さん”. 毎日新聞. 毎日新聞社. (2015年12月9日). http://mainichi.jp/articles/20151209/org/00m/040/032000c 2017年2月11日閲覧。 
  2. ^ a b 『月の家円鏡 八代目円蔵を襲名 師匠のあと継いで「面白さで大成目ざします」』毎日新聞 1982年6月28日東京本社版夕刊9面