田野畑村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たのはたむら
田野畑村
Kitayamasaki.jpg
北山崎断崖の絶景
村庁舎位置
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
下閉伊郡
市町村コード 03484-3
法人番号 2000020034843 ウィキデータを編集
面積 156.19km2
総人口 3,140[編集]
推計人口、2019年10月1日)
人口密度 20.1人/km2
隣接自治体 下閉伊郡岩泉町普代村
村の木 キリ
村の花 シロバナシャクナゲ
村の鳥 ヤマドリ
田野畑村役場
村長 石原弘
所在地 028-8407
岩手県下閉伊郡田野畑村田野畑143番地1
北緯39度55分49.7秒東経141度53分20.1秒
Tanohata village hall.JPG
外部リンク 田野畑村
 表示 ウィキプロジェクト
田野畑村海岸部周辺の空中写真。画像上方(北)から、羅賀、平井賀、島越地区。海岸沿いは断崖が続き平地はほとんどない。村役場は画像左側(西方向)の台地上に位置している。1977年撮影の4枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

田野畑村(たのはたむら)は、日本岩手県下閉伊郡にある、太平洋に面したである。

地理[編集]

自然[編集]

隣接する市町村[編集]

参照 岩手県の市町村全図[1]

歴史[編集]

行政区域の変遷(市町村制施行以後)[編集]

行政[編集]

  • 村長 :石原弘(いしはら ひろし 2013年8月21日就任)

姉妹都市・友好都市[編集]

日本の旗深谷市埼玉県) :1997年(平成9年)2月、旧・川本町友好町村提携。

地域[編集]

人口[編集]

Demography03484.svg
田野畑村と全国の年齢別人口分布(2005年) 田野畑村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 田野畑村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

田野畑村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

平成27年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、9.81%減の3,466人であり、増減率は県下33市町村中26位。

教育[編集]

小学校[編集]

  • 田野畑村立田野畑小学校

中学校[編集]

  • 田野畑村立田野畑中学校

産業[編集]

島越港にある北山崎めぐり観光船発着所(2007年撮影)

農林・水産業や、酪農などの第一次産業が主産業である。特産品としてウニ、アワビ、ワカメ、マツタケ、山ぶどうなどのほか、牛乳、ヨーグルト、アイスクリームなどの乳製品がある。また漁船や観光船によるクルーズや海釣り、海水浴、ダイビング、キャンプ、トレッキング、収穫体験といった、体験型観光にも力を入れている。

水産業[編集]

  • 北山漁港
  • 机漁港
  • 平井賀漁港
  • 島の越漁港
  • 槇木沢漁港

郵便局[編集]

  • 田野畑郵便局(集配局)
  • 沼袋郵便局
  • 島越郵便局(津波被災閉鎖中)
  • 平井賀郵便局(津波被災閉鎖中・近くの旧羅賀小学校に臨時窓口を設置)

交通[編集]

三陸鉄道田野畑駅(2013年5月10日)
道の駅たのはた(2012年8月31日)
三陸北縦貫道・鵜の巣断崖IC

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

地域高規格道路[編集]

  • E45 三陸北縦貫道路

一般国道[編集]

道の駅[編集]

県道[編集]

主要地方道[編集]
一般県道[編集]

名所・旧跡・観光[編集]

ホテル羅賀荘(2009年)。羅賀荘は津波で被害を受けたが、2012年11月21日に改修の上営業を再開した
  • 三陸復興国立公園
  • 平井賀浜海水浴場
  • 島越海水浴場
  • 机浜番屋群未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選に選定されている。
  • 津波石
  • 畠山神社 - 源義経の討伐に差し向けられた畠山重忠の愛馬がこの地で脚を折って倒れ、それを祀った神社とされる。重忠のものとされるが奉納されていた(現在は田野畑村民俗資料館に保管)[10]。祭神は鍬形八幡大明神。御神体がであることから鍬形神社とも呼ばれ、農家の嫁に巻き付いた大蛇を鍬で打ち殺し、その鍬を祀るために神社を創建したという伝説もある[11]
  • 菅窪鹿踊・剣舞(県指定無形民俗文化財)- 伝承では、畠山重忠が田野畑村大芦に畠山神社を建立し、守護神「鍬形八幡大明神」を勧請するとともに鹿踊りを伝えたのが始まりで、数百年のちの嘉永5年(1852年)、大芦の一番の踊り手であった大工・常五郎が菅窪に移住して菅窪鹿踊を創始し、雷電神社別当を代々務めた常五郎一族によって神社に奉納されるようになったという[11]。菅窪鹿踊の鹿頭は野生鹿を象っており、この特徴は田野畑村と四国宇和島だけと言われる。また、菅窪流は同一の踊組が鹿踊りから早替わりして剣舞を踊るという珍しい芸態をもっている[12]

ギャラリー[編集]

その他の関連事象[編集]

出身・ゆかりのある人物[編集]

有芸出身で、田野畑村役場に勤務した。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 県内各市町村”. (公式ウェブサイト). 岩手県 (2018年10月1日). 2019年10月6日閲覧。
  2. ^ a b c “明治三陸津波で打ち上げられた津波石「本当だった」”. KoLnet(ウェブサイト) (河北新報社). (2011年4月13日). オリジナルの2011年4月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110416053815/www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110413t33040.htm 2011年4月15日閲覧。 
  3. ^ 震度データベース検索”. (公式ウェブサイト). 気象庁 (2011年3月11日). 2011年4月16日閲覧。
  4. ^ 1人でも救いたかった…岩手派遣の県警援助隊が会見”. asahi.com(ウェブサイト). 朝日新聞社 (2011年3月19日). 2011年3月21日閲覧。
  5. ^ cf. “岩手県内の被災状況(県と県警まとめ)”. 岩手日報WebNews (岩手日報). (2011年4月xx日). http://www.iwate-np.co.jp/index.html 2011年4月19日閲覧。 
  6. ^ “三陸鉄道「国の支援なければ、もはや何も…」”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2011年4月5日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866918/news/20110405-OYT1T00559.htm 2011年4月5日閲覧。 
  7. ^ “東日本大震災:零細漁村、復興への道筋見えず 高齢化、膨大な費用 - 岩手・田野畑”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年4月21日). オリジナルの2012年7月11日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/fabu 2011年4月21日閲覧。 
  8. ^ “東日本大震災 図説集”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年4月10日). オリジナルの2012年7月10日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/eeRn 2011年4月17日閲覧。 :被災状況全図。
  9. ^ cf. 田野畑村(岩手県)の住所・地名の読み仮名”. 市町村.com. 2011年4月20日閲覧。
  10. ^ 畠山神社田野畑村
  11. ^ a b 鹿踊りの起源をめぐる伝説について : 宮沢賢治を超えて 井上孝夫、千葉大学教育学部研究紀要 Vol.53 page.223-227 (20050228)
  12. ^ 第12回地域伝統芸能まつり 菅窪鹿踊・剣舞 (岩手県 田野畑村)一般財団法人 地域創造、2012

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]