三陸鉄道北リアス線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北リアス線
Sirai36.jpg
白井海岸駅に到着する列車
(2008年5月3日)
概要
起終点 起点:宮古駅
終点:久慈駅
駅数 17駅
運営
開業 1972年2月27日 (1972-02-27)
三セク転換 1984年4月1日
所有者 Japanese National Railway logo.svg 日本国有鉄道(国鉄)→
三陸鉄道
使用車両 三陸鉄道#車両を参照
路線諸元
路線総延長 71.0 km (44.1 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
路線図
三陸鉄道路線図
赤色が北リアス線、青色が南リアス線
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
STR
JR東山田線
BHF
0.0 宮古駅
ABZlf
JR東:山田線→
TUNNEL2
長根トンネル 562m
BHF
1.6 山口団地駅
TUNNEL2
第一山口トンネル 137m
TUNNEL2
第二山口トンネル 213m
TUNNEL1
猿峠トンネル 2,870m
BHF
6.2 一の渡駅
TUNNEL1
一の渡トンネル 2,245m
TUNNEL2
第一佐羽根トンネル 62m
BHF
9.1 佐羽根駅
TUNNEL2
第二佐羽根トンネル 308m
TUNNEL2
堀野トンネル 35m
TUNNEL2
第一庄転トンネル 43m
TUNNEL2
第二庄転トンネル 169m
TUNNEL2
逢の山トンネル 489m
BHF
12.7 田老駅
TUNNEL2
第一田老トンネル 55m
TUNNEL2
第二田老トンネル 255m
TUNNEL2
第三田老トンネル 357m
TUNNEL1
真崎トンネル 6,532m
BHF
21.5 摂待駅
TUNNEL1
摂待トンネル 2,446m
WBRÜCKE
小本川
BHF
25.1 岩泉小本駅
TUNNEL1
小本トンネル 5,174m
TUNNEL1
切牛トンネル 1,824m
TUNNEL2
浜考トンネル 529m
BHF
33.6 島越駅
WBRÜCKE
松前川
TUNNEL2
第一島越トンネル 216m
BRÜCKE1
コイコロベ橋梁
TUNNEL2
第二島越トンネル 723m
BRÜCKE1
ハイペ沢橋梁
TUNNEL2
平井賀トンネル 655m
BHF
35.6 田野畑駅
TUNNEL1
羅賀トンネル 1,271m
TUNNEL2
明戸トンネル 140m
TUNNEL1
普代トンネル 4,700m
BHF
44.9 普代駅
TUNNEL2
第三力持トンネル 862m
TUNNEL2
第二力持トンネル 58m
TUNNEL2
BHF
48.3 白井海岸駅
TUNNEL2
第三白井トンネル 371m
TUNNEL2
第二白井トンネル 35m
TUNNEL1
第一白井トンネル 1,540m
BRÜCKE
大沢橋梁
TUNNEL2
大沢トンネル 69m
TUNNEL2
汎向トンネル 180m
TUNNEL2
堀内トンネル 225m
BHF
51.4 堀内駅
TUNNEL2
第二安家トンネル 381m
BRÜCKE
安家川橋梁
TUNNEL2
第一安家トンネル 687m
TUNNEL2
銭神トンネル 191m
TUNNEL2
石門トンネル 510m
BHF
55.9 野田玉川駅
TUNNEL2
玉川トンネル 222m
TUNNEL2
米田トンネル 300m
TUNNEL2
十府ヶ浦トンネル 290m
BHF
57.6 十府ヶ浦海岸駅
eHST
57.6 (臨)十府ヶ浦駅 1986-94
BHF
59.9 陸中野田駅
BHF
63.3 陸中宇部駅
TUNNEL2
宇部トンネル 887m
WBRÜCKE
長内川
BHF
71.0 久慈駅
STR
JR東:八戸線

北リアス線(きたリアスせん)は、岩手県宮古市宮古駅久慈市久慈駅とを結ぶ三陸鉄道鉄道路線である。

沿線の三陸海岸海岸段丘が続いており、沿線がリアス式海岸である南リアス線とは風景が対照的となっている。

路線データ[編集]

運行形態[編集]

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)で全線が不通となったが、同年3月中に宮古 - 小本(現在の岩泉小本)間・陸中野田 - 久慈間が、2012年4月には田野畑 - 陸中野田間が復旧し、2014年4月の小本 - 田野畑間の復旧を以て全線で運転を再開した。列車は基本的には宮古 - 久慈間を通して運転されている。このほか、朝に普代始発久慈行が1本、平日に限って夜間に久慈始発田野畑行の各駅停車が1本、田野畑始発久慈行の快速列車1本が設定されている。全列車、ワンマン運転である。

震災前の運行形態は、宮古 - 久慈間を往復する各駅停車が中心で、山田線三陸鉄道南リアス線を通って盛駅まで直通する列車が1日1往復設定されていた。季節によってはレトロ調車両やお座敷車両「さんりくしおかぜ」での運転もあった。震災前には「リアス・シーライナー」や「さんりくトレイン北山崎」などJR線に直通する臨時列車が設定されていたが、2012年には八戸線の全線復旧に伴い、キハ48形を改造したジョイフルトレインリゾートうみねこ」が北リアス線に乗り入れ、直通運転が復活した[1]。2014年8月と2015年8月には、久慈 - 盛岡間に宮古経由で北リアス線とJR山田線を直通する臨時列車「さんりく北リアス」が運転された[2][3]

歴史[編集]

改正鉄道敷設法別表第6号に規定する予定線「岩手県久慈ヨリ小本ヲ経テ宮古ニ至ル鉄道」であり、宮古 - 田老間は1972年に国鉄宮古線(みやこせん)として、普代 - 久慈間は1975年に国鉄久慈線(くじせん)として開業した。しかし、国鉄再建法により既開業区間は第1次特定地方交通線に指定され、日本鉄道建設公団が建設中であった田老 - 普代間は工事が中断されたが、岩手県などが中心になって設立した第三セクター三陸鉄道が既開業区間も合わせて引き受けることになって工事を再開、1984年4月1日、宮古線・久慈線の三陸鉄道への転換と同時に開業し、同社の北リアス線として全通した。

宮古線[編集]

  • 1972年(昭和47年)2月27日 - 宮古線として宮古 - 田老間 (12.8km) が開業、旅客営業のみ。一の渡・佐羽根・田老の各駅を新設。
  • 1981年(昭和56年)9月18日 - 第1次特定地方交通線として廃止承認。
  • 1984年(昭和59年)4月1日 - 日本国有鉄道から三陸鉄道に転換。

久慈線[編集]

  • 1975年(昭和50年)7月20日 - 久慈線として久慈 - 普代間 (26.0km) が開業、旅客営業のみ。陸中宇部・陸中野田・野田玉川・堀内・普代の各駅を新設。
  • 1981年(昭和56年)9月18日 - 第1次特定地方交通線として廃止承認。
  • 1984年(昭和59年)4月1日 - 日本国有鉄道から三陸鉄道に転換。

北リアス線[編集]

  • 1984年(昭和59年)
    • 4月1日 - 三陸鉄道 北リアス線として宮古 - 久慈間 (71.0km) が転換・開業。田老 - 普代間 (32.2km) が延伸開業され全通。摂待・小本・島越・田野畑の各駅を新設。
    • 12月22日 - 白井海岸駅を新設。
  • 1986年(昭和61年)7月26日 - 野田玉川 - 陸中野田間に十府ヶ浦臨時駅を新設。1994年(平成6年)までの夏季および1999年の夏季のみの開設[4]
  • 1987年(昭和62年)3月22日 - 国鉄山田線・大船渡線との定期列車による直通運転を開始[5]
  • 2010年(平成22年)10月16日 - 山口団地駅を新設[4]
  • 2011年(平成23年)
    • 3月11日 - 全線が東北地方太平洋沖地震による災害で不通、津波で島越駅が流出するなど大きな被害を受ける。
    • 3月16日 - 陸中野田 - 久慈間が営業再開、同区間で復興支援列車の運転を開始。
    • 3月20日 - 宮古 - 田老間が営業再開。
    • 3月29日 - 田老 - 小本間が営業再開。
  • 2012年(平成24年)4月1日 - 田野畑 - 陸中野田間が営業再開[6]。これにより、未再開駅は島越駅のみとなる。
  • 2014年(平成26年)4月6日 - 小本 - 田野畑間が営業再開[7]
  • 2015年(平成27年)12月23日 - 小本駅が岩泉小本駅に改称[8]
  • 2017年(平成29年)3月25日 - 十府ヶ浦海岸駅を新設[9]

東日本大震災による被災[編集]

2011年東北地方太平洋沖地震では、同時に発生した津波により、路線各所が大小の被害を受けた。中でも、島越駅付近では駅および近接する松前川橋梁・コイコロベ橋梁・ハイペ沢橋梁が流失し、陸中野田駅 - 野田玉川駅間では道床が流失している[6]。しかしながら、三陸鉄道社長の決断により震災の5日後には一部区間で運転を開始、「震災復興列車」として3月末まで運賃無料で運行し、地元の足や復興への希望の象徴となった。ただし路盤が不安定になっていたため、運転再開当初は25km/h、4月11日からは45km/hの速度制限がかかり、信号系統も未復旧であったため代用閉塞である指導通信式を用いていた[6]

路線の半分以上をトンネルとするなど明治三陸大津波での経験を踏まえたルート選定が幸いし、被害箇所は5箇所、延長にして5.8kmと局所的であった[6]。そのため、復旧はルートの変更無く行われることとなった[6]。2012年には前記の路盤流出により不通となっていた田野畑駅 - 陸中野田駅間が開通し、同時にCTCが復旧したため、指導通信式の使用も終了となり[6]、陸中野田駅 - 野田玉川駅間を除く大半の区間で震災前と同じ90km/h運転が出来るようになった[10]。残る小本駅 - 田野畑駅間は2014年4月6日に復旧[7]、島越駅付近は流失した高架橋の代わりに築堤を整備した[11]

駅一覧[編集]

  • 停車駅
    • 普通…すべての駅に停車
    • 快速…●印の駅は停車、↓印の駅は通過(↓は矢印の方向のみ運転)
  • 線路(全線単線) … ◇:列車交換可、|:列車交換不可
  • 全駅岩手県に所在。
駅名 駅間キロ 営業キロ 快速 接続路線・備考 線路 所在地
宮古駅 - 0.0   東日本旅客鉄道:山田線 宮古市
山口団地駅 1.6 1.6    
一の渡駅 4.6 6.2    
佐羽根駅 2.9 9.1    
田老駅 3.6 12.7    
摂待駅 8.8 21.5    
岩泉小本駅 3.6 25.1     下閉伊郡岩泉町
島越駅 8.5 33.6     下閉伊郡田野畑村
田野畑駅 2.0 35.6  
普代駅 9.3 44.9   下閉伊郡普代村
白井海岸駅 3.4 48.3  
堀内駅 3.1 51.4  
野田玉川駅 4.5 55.9   九戸郡野田村
十府ヶ浦海岸駅 1.7 57.6
陸中野田駅 2.3 59.9  
陸中宇部駅 3.4 63.3   久慈市
久慈駅 7.7 71.0 東日本旅客鉄道:八戸線

三陸鉄道では2009年4月より、北リアス線の久慈、宮古、南リアス線の釜石、盛の4駅の命名権を募集しており、同年4月27日から1年間宮古駅に「アイフルホーム宮古」[12][13]、同年6月1日から1年間久慈駅に「琥珀王国久慈」[14]の愛称がついていた。

新駅設置計画[編集]

田老駅の北約500m付近に宮古市は、新駅設置を計画している[15][16]

付記[編集]

  • NHK2013年度前期(4月1日 - 9月28日)に放送された連続テレビ小説あまちゃん』は、岩手県久慈市をモデルとした「北三陸市」が舞台で、当線が「北三陸鉄道リアス線」(通称:「北鉄」)、久慈駅が「北三陸駅」、堀内駅が「袖が浜駅」、田野畑駅が「畑野駅」として劇中に登場した(劇中の車両は当線と同じもの)。また、久慈駅に隣接する車庫、オープニングシーンや主人公が自転車で列車と併走するシーンなどが撮影された陸中野田 - 陸中宇部間、主人公の祖母が東京へ旅立つ主人公を見送るシーンなどが撮影された大沢橋梁、津波で線路が流されたシーンが撮影された島越駅付近、最終回で主人公らがトンネル内で走るシーンが撮影された第三白井トンネルなど、三陸鉄道の協力のもと、当線内各箇所で様々なロケ撮影がされた。なお、「北三陸鉄道リアス線」の開業日は、実際の北リアス線の開業日(1984年4月1日)と異なり、1984年7月1日となっている。また、劇中でも北三陸鉄道は2011年3月11日の大地震と津波の被害を受け不通となり、劇中では2012年7月1日、北三陸 - 畑野間が復旧し、設定では2013年度中を予定している全線復旧の前に作品が完結した。放送終了後も久慈駅改札口付近にドラマ関連の展示品を置くなど、観光客向けのサービスを続けている。
  • 駅名標のデザインは南リアス線のものとは異なっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「リゾートうみねこ」三陸鉄道乗入れ - 三陸鉄道
  2. ^ 三陸鉄道のレトロ車両、JR山田線へ乗り入れる - 期間限定で直通列車を運行 - マイナビニュース、2014年7月16日
  3. ^ 盛岡―宮古―久慈 JR山田線―三陸鉄道北リアス線直通列車「さんりく北リアス」号運転のお知らせ。 - 三陸鉄道、2015年7月9日
  4. ^ a b 今尾恵介『日本鉄道旅行地図帳 東日本大震災の記録』、新潮社、2011年、31頁。ISBN 978-4-10-790047-0
  5. ^ 岩渕徹 他 『走れ、さんてつ! 〜三陸鉄道のある風景よ、もう一度!!〜』、徳間書店、2012年、8頁。ISBN 978-4-19863351-6
  6. ^ a b c d e f よみがえれ!みちのくの鉄道 第二編3章 (PDF) - 国土交通省
  7. ^ a b 三鉄が4月全線再開 南リアス線5日、北リアス線6日 - 岩手日報、2014年1月2日。
  8. ^ 三陸鉄道、北リアス線小本駅を「岩泉小本」に改称…12月23日 - レスポンス、2015年11月25日。
  9. ^ “北リアス線新駅「十府ヶ浦海岸」駅名決定と駅の愛称公募のお知らせ” (プレスリリース), 三陸鉄道, (2016年11月1日), http://www.sanrikutetsudou.com?p=5580 2016年11月1日閲覧。 
  10. ^ 三陸鉄道北リアス線 田野畑〜久慈間4月1日運転再開いたします。 - 三陸鉄道
  11. ^ 島越駅舎が待望の着工 田野畑、三陸鉄道北リアス線 - 岩手日報、2013年12月10日。
  12. ^ 駅名は「アイフルホーム宮古」 三鉄の命名権取得岩手日報、2009年4月23日。インターネット・アーカイブ)
  13. ^ 三陸鉄道:宮古駅の愛称、アイフルホームに(毎日新聞、2009年4月28日。インターネット・アーカイブ)
  14. ^ 愛称は「琥珀王国」に 三鉄・久慈駅(岩手日報、2009年6月2日。インターネット・アーカイブ)
  15. ^ “<三鉄>復興へ宮古市が3駅新設”. 河北新報. (2017年2月18日). http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170218_31016.html 2017年2月18日閲覧。 
  16. ^ “田老庁舎、移転新築へ 宮古市、三鉄新駅と一体整備”. 岩手日報. (2017年2月18日). https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170218_2 2017年2月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]