瀬棚線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese National Railway logo.svg 瀬棚線
基本情報
日本の旗 日本
所在地 北海道
起点 国縫駅
終点 瀬棚駅
駅数 11駅
開業 1929年12月13日(初開業)[1]
1932年11月1日(全通)
廃止 1987年3月16日[1]
所有者 Japanese National Railway logo.svg 日本国有鉄道(国鉄)
運営者 Japanese National Railway logo.svg 日本国有鉄道(国鉄)
路線諸元
路線距離 48.4 km[1]
軌間 1,067 mm[1]
線路数 単線
電化方式 非電化[1]
最大勾配 25
最小曲線半径 300 m
テンプレートを表示

瀬棚線(せたなせん)は、日本国有鉄道(国鉄)が運営していた鉄道路線地方交通線)。北海道渡島支庁(現在の渡島総合振興局)管内の山越郡長万部町国縫駅で函館本線から分岐し、渡島半島を横断して檜山支庁(現在の檜山振興局)管内の瀬棚郡瀬棚町(現在の久遠郡せたな町)の瀬棚駅に至る路線であった。国鉄再建法の施行により第2次廃止対象路線に指定され、1987年昭和62年)3月16日廃止された[1][2][新聞 1]

路線データ[編集]

  • 管轄:日本国有鉄道(国鉄)
  • 区間(営業キロ):国縫駅 - 瀬棚駅間 48.4 km[1][2][新聞 2]
  • 軌間:1,067 mm狭軌[1]
  • 駅数:11(起点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化[1]
  • 閉塞方式:タブレット閉塞式
    交換可能駅:3(花石・今金・丹羽)[注釈 1]
  • 有人駅:瀬棚・北檜山・丹羽・今金・種川・花石

歴史[編集]

本線開通以前には、国縫駅瀬棚町の間に毎日乗合馬車が運行されていた。1918年(大正7年)には毎日1本、午前8時に国縫と瀬棚から出発し、珍古辺と今金で中継した。到着は瀬棚に午後8時、国縫に午後7時で、料金180銭。冬には馬橇を使った[3]

瀬棚線は軽便鉄道法にもとづいて計画された路線で、1922年(大正11年)の改正鉄道敷設法に記載はない。改正鉄道敷設法には、函館本線八雲駅から分岐して今金に至る鉄道(別表第130号)が規定されていたが、こちらは全く着手されなかった。

1929年(昭和4年)12月13日から1932年(昭和7年)11月1日にかけて全通した。

1980年(昭和55年)12月27日国鉄再建法が成立すると、第2次特定地方交通線に指定され、国鉄分割民営化直前の1987年(昭和62年)3月16日に全線廃止となった。

年表[編集]

運行形態[編集]

線内は普通列車のみで、原則的に長万部駅から発着していた。全線を通して運転する列車のほか、終点側の今金駅 - 瀬棚駅間に区間列車が設定されていた。

1966年(昭和41年)10月1日からは、函館駅 - 瀬棚駅間を直通する急行「せたな」が1日1往復運転されていた[4][9]が、1984年(昭和59年)2月1日快速列車となった(詳細は後身の快速「アイリス」の項を参照)。なお、快速格下げ前時点で「せたな」は瀬棚線内では普通列車として運転していた[9]。長万部駅所属の車掌(旧長万部車掌区・旧函館車掌区長万部支区)が乗務していた。

1986年11月1日改正時点(廃止前年)のダイヤ[10]
  • 長万部駅 - 今金駅間:下り7本・上り6本
  • 今金駅 - 瀬棚駅間:下り8本・上り9本

駅一覧[編集]

所在地・接続路線の事業者名は廃止時点のもの。全駅北海道に所在。

駅名[1] 駅間キロ 営業キロ[1] 接続路線 所在地
国縫駅 - 0.0 日本国有鉄道:函館本線 渡島支庁[注釈 2]
山越郡長万部町
茶屋川駅 5.6 5.6  
美利河駅 6.6 12.2   檜山支庁[注釈 2]
瀬棚郡
今金町
花石駅 4.4 16.6  
北住吉駅 6.1 22.7  
種川駅 3.1 25.8  
今金駅 4.8 30.6  
神丘駅 3.3 33.9  
丹羽駅 3.5 37.4   北檜山町[注釈 3]
北檜山駅 5.6 43.0  
瀬棚駅 5.4 48.4   瀬棚町[注釈 3]

廃止後の状況[編集]

  • 今金駅跡地には、「オランダ通り」という公園が建設された。また付近にJR北海道直営の今金トラベルセンターが設置されたが、2000年頃に廃止された。
  • 北檜山駅は、旧駅舎をそのまま生かして函館バス北檜山ターミナルとなった。
  • 花石駅 - 北住吉駅間の線路跡には、国道230号のバイパスが建設された。
  • 廃止後の鉄道代替バスは、函館バスが瀬棚線として、国・北海道・沿線3町(今金町・長万部町・せたな町)の補助金を受け、上三本杉 - 長万部バスターミナル間を運行している。通学路線としての色合いを強めており、土日祭日・学休日運休の区間便が設定されている。2011年4月現在、全線通しでは7往復が設定され、これとは別に鉄道時代から一部のルートを変更した快速「瀬棚号」1往復(北海道道263号八雲今金線経由)が函館バスセンターまで乗り入れている。この他、通学客向けの区間便として、今金(または今金小学校前) - 桧山北高校前、桧山北高校前 - 北桧山ターミナル発着が設定されている[11][12]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1975時点では北檜山駅にも交換設備が設置されていたが、廃止時点では撤去されていた。
  2. ^ a b 渡島支庁・檜山支庁は2010年平成22年)4月1日の改組に伴い、それぞれ渡島総合振興局檜山振興局となった。
  3. ^ a b 北檜山町・瀬棚町は、2005年(平成17年)9月1日に久遠郡大成町合併し、久遠郡せたな町となった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『日本鉄道旅行地図帳―全線・全駅・全廃線―』1号・北海道 27頁
  2. ^ a b c d e f g 『鉄道廃線跡を歩く IV』 205頁
  3. ^ 北海道鉄道管理局『北海道鉄道沿線案内』、1918年、38-39頁。荒山正彦監修・解説『シリーズ明治・大正の旅行 第I期 旅行案内書集成』第13巻(北海道旅行案内/樺太の鉄道旅行案内)、ゆまに書房、2014年、60-61頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 『写真で見る北海道の鉄道』 上巻 国鉄・JR線 176-177頁
  5. ^ a b c d e 『写真で見る北海道の鉄道』 上巻 国鉄・JR線 316-317頁
  6. ^ 『カラー世界の鉄道 1975年版』 179頁
  7. ^ 『鉄道総合年表1972-93』 84・98頁
  8. ^ さよならに万感の思い 瀬棚線 3月15日でお別れ 『広報いまかね』 339号(昭和62年4月号) (PDF)”. 今金町. 2015年8月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 『日本鉄道旅行歴史地図帳―全線全駅全優等列車―』1号・北海道 38頁
  10. ^ 『交通公社の時刻表』1986年12月号 509頁
  11. ^ 路線バス時刻表(平成21年4月1日改正)”. 今金町 (2009年4月1日). 2009年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月8日閲覧。
  12. ^ 函館バス時刻表(平成26年3月15日改正)”. せたな町 (2014年3月15日). 2015年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月13日閲覧。

新聞記事[編集]

  1. ^ a b “「これが最後-」”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1987年3月16日)
  2. ^ “瀬棚線 バス転換 正式決定”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1986年2月4日)
  3. ^ “鉄道省告示第253号・第254号”. 官報国立国会図書館デジタルコレクション) (内閣印刷局). (1929年12月5日). オリジナル2015年6月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150620232751/http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957348/4 2015年6月20日閲覧。 
  4. ^ “鉄道省告示第277号・第278号”. 官報(国立国会図書館デジタルコレクション) (内閣印刷局). (1930年10月22日). オリジナル2015年6月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150620230346/http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957612/3 2015年6月20日閲覧。 
  5. ^ “鉄道省告示第422号・第423号”. 官報(国立国会図書館デジタルコレクション) (内閣印刷局). (1932年10月26日). オリジナル2015年8月16日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150816060510/http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958219/3 2015年8月16日閲覧。 

参考文献[編集]

書籍[編集]

雑誌[編集]

  • 『交通公社の時刻表』1986年12月号、日本交通公社1986年12月、 509頁。