勝田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese National Railway logo.svg 勝田線
志免駅跡 志免鉄道記念公園
志免駅跡
志免鉄道記念公園
概要
現況 廃止
起終点 起点:吉塚駅
終点:筑前勝田駅
駅数 7駅
運営
開業 1918年9月19日 (1918-09-19)
廃止 1985年4月1日 (1985-4-1)
所有者 筑前参宮鉄道九州電気軌道西日本鉄道運輸通信省運輸省
日本国有鉄道
路線諸元
路線総延長 13.8 km (8.6 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
鹿児島本線
BHFq ABZq+r STRq
0.0 吉塚駅
STRq KRZu STRq
山陽新幹線
HST
柚須駅*
xABZgl STRq
篠栗線
exBHF
3.4 御手洗駅
exBHF
4.5 上亀山駅
exBHF
5.8 南里駅 -1944
exSTRc2 exSTR3 STR+1
香椎線
exSTR+1 exSTRc4 HST
酒殿駅
exABZg+l exSTRq eABZgr
exBHF LSTR
7.3 志免駅
exABZgl exKBSTeq LSTR
旅石駅 -1960
exBHF STRc2 STR3
9.5 田富駅 -1944
exBHF STR+1 STRc4
10.2 下宇美駅
exSKRZ-Au STR
九州自動車道
11.0 宇美駅
exSTR exKBSTe
大谷炭鉱前駅
exBHF
12.8 大谷駅 -1944
exKBHFe
13.8 筑前勝田駅

*は当線廃止後の設置

勝田線(かつたせん)は、かつて福岡県福岡市博多区吉塚駅と、同県糟屋郡宇美町筑前勝田駅とを結んでいた、日本国有鉄道(国鉄)の鉄道路線地方交通線)である。1980年(昭和55年)の国鉄再建法施行に伴い、翌年9月に第1次特定地方交通線に指定され、1985年(昭和60年)4月1日に廃止された。

路線データ(廃止時)[編集]

  • 管轄:日本国有鉄道
  • 区間(営業キロ):吉塚 - 筑前勝田 13.8 km(吉塚駅構内の1.5 kmで篠栗線と線路を共用)
  • 軌間:1,067 mm
  • 駅数:7駅(起点駅を含む)
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式

歴史[編集]

沿線から産出される石炭の輸送と宇美八幡宮参詣客の輸送のため、筑前参宮鉄道(ちくぜんさんぐうてつどう)が敷設した鉄道路線で、1918年大正7年)に末端部が貨物線として開業、翌年に全線が開業し旅客営業を開始した。1942年昭和17年)には、陸上交通事業調整法により九州電気軌道(現在の西日本鉄道)に合併され、同社の宇美線(うみせん)となったが、1944年(昭和19年)に戦時買収により同社の糟屋線(香椎線)とともに国有化され、勝田線となった。宇美駅は、香椎線・勝田線がそれぞれ別の駅施設を有していたが、これは両線がもともと別の私鉄として建設されたためである。双方の宇美駅は約100 mほど離れており、駅が統合されることはなかった(時刻表にも注意書きがあった)。

沿線の糟屋炭田から産出する石炭の輸送で賑わったが、1963年(昭和38年)に同炭田が閉山すると急速に衰退していった。その後、沿線は福岡市のベッドタウンとして宅地開発が進み、沿線人口は増加していたにもかかわらず(さらに廃線間際の1981年〈昭和56年〉に福岡県庁が移転し、吉塚駅が最寄り駅となった)、国鉄が勝田線に対して政令指定都市近郊路線という認識を示すことは全くなく、1日わずか6往復(休日は7往復)という不便なダイヤを放置した。国鉄は減量ダイヤと称し、赤字路線については合理化のために本数の減便を行っており、利便性向上のための増発という発想は廃線までなかった[1]。西日本鉄道が勝田線に並行する県道68号線を通り天神博多駅と勝田線沿線地域を直結する路線バスを1時間に3-5本程度の割合で運行しており、沿線住民の多くはバスを利用するようになっていた。

このような事情から、勝田線の輸送量が回復することはなかった。そのため、国鉄のローカル線に対する無為無策ぶり、国鉄末期の余裕のなさを示す実例としてしばしば引用される。廃止を免れた香椎線は対照的に、分割民営化後に接続路線との利便性向上(例えば篠栗線との交点に新設された長者原駅)などを図り、沿線の発展も見られる。

1909年(明治42年)には香椎線の貨物支線が酒殿 - 志免間に敷設され、さらに1915年(大正4年)には旅石まで延長された。この貨物線を含めて博多 - 吉塚 - 志免 - 酒殿 - 香椎 - 博多間でデルタ線を形成しており、客車時代の特急かもめ」の方向転換(推進回送)にも使用された。この貨物線は、1985年(昭和60年)1月1日までに全線廃止された。

年表[編集]

  • 1918年大正7年)9月19日 筑前参宮鉄道が貨物線として宇美 - 筑前勝田間 (2.8 km) を開業、宇美・筑前勝田の各貨物駅を開設[2]
  • 1919年(大正8年)
    • 5月20日 吉塚 - 新宇美間 (10.6 km) を延伸開業し全通、新宇美 - 筑前勝田間 (2.8 km) で旅客営業を開始、上亀山・新志免の各駅を新設、宇美を新宇美に改称[3]
    • 10月12日 南里・下宇美の各停留場を新設
    • 12月1日 新宇美を上宇美に改称[4]
  • 1925年(大正14年)10月15日 吉塚 - 上亀山間を改キロ (+0.4 km)
  • 1932年昭和7年)12月25日 田富・大谷の各停留場を新設
  • 1936年(昭和11年) - 1937年(昭和12年)頃 下宇美駅を宇美八幡駅に改称
  • 1941年(昭和16年)4月?日 御手洗駅を新設
  • 1942年(昭和17年)
    • 9月19日 筑前参宮鉄道九州電気軌道に合併し宇美線となる。博多湾鉄道汽船糟屋線の志免駅を併合し、新志免駅を志免駅に改称
    • 9月22日 西日本鉄道に社名改称
  • 1944年(昭和19年)5月1日 戦時買収により国有化、吉塚 - 筑前勝田を勝田線とする[5]。南里・田富・大谷の各駅を廃止、上宇美を香椎線宇美駅に併合、宇美八幡駅を下宇美信号場に改める
  • 1950年(昭和25年)1月10日 下宇美信号場を駅に昇格
  • 1965年(昭和40年)10月1日 宇美 - 筑前勝田間 (2.8 km) の貨物営業を廃止
  • 1981年(昭和56年)
    • 7月30日 志免 - 宇美間 (3.7 km) の貨物営業を廃止
    • 9月18日 第1次特定地方交通線として廃止承認
  • 1985年(昭和60年)
    • 1月1日 吉塚 - 志免間 (7.3 km) の貨物営業を廃止
    • 4月1日 全線 (13.8 km) を廃止し、西日本鉄道のバス路線へ転換

駅一覧[編集]

接続路線の事業者名は、勝田線廃止時。全駅福岡県に所在。

駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
吉塚駅 - 0.0 日本国有鉄道鹿児島本線篠栗線 福岡市博多区
御手洗駅 3.4 3.4   糟屋郡志免町
上亀山駅 1.1 4.5  
志免駅 2.8 7.3 香椎線貨物支線
下宇美駅 2.9 10.2   糟屋郡宇美町
宇美駅 0.8 11.0 日本国有鉄道香椎線:香椎線の駅までは100m
筑前勝田駅 2.8 13.8  

吉塚-御手洗間で粕屋町を通っていたが、駅はなかった。

輸送実績[編集]

年度 乗車人員(人) 発送貨物 石炭(トン)
1952 1,365,078 604,559
1955 1,227,136 611,820
1960 1,062千 424,484
1963 616千 200,036
  • 福岡県統計年鑑各年度版

代替交通[編集]

現在は西鉄バス宇美営業所34番がほぼ同区間(勝田線と重なる区間は吉塚駅東口 - 御手洗 - 亀山 - 志免 - 下宇美までが全便、一部の便が旧宇美駅そばの上宇美まで、また勝田まで運行)を1時間に3本程度の頻度で運行している。また、32番も一部の便で大濠公園 - 天神 - 蔵本 - 博多バスターミナル - 豊二丁目 - 亀山 - 志免 - 宇美八幡前 - 原田橋の系統で運行している。なお以前は同営業所の35番(天神 - 箱崎駅 - 筥松 - 下臼井 - 鏡 - 亀山 - 志免 - 宇美八幡 - 勝田 - 原田橋 - 只越口)が勝田線と全くといっていいほど同じ経路で走っていたが廃止された。いずれの路線とも、勝田線廃止以前から運行されており、勝田線廃止に伴い新たに設定された路線はない。そのため、国からの赤字補助も行われなかった。なお、転換交付金により3916 - 3919の4台を購入、宇美営業所に配車した。また、福岡市営地下鉄空港線福岡空港駅まで延伸された1993年(平成5年)以降は、福岡空港駅でバスと地下鉄を乗り継いで移動する者も多い(志免・宇美両町と福岡空港の間にもバス路線がある)。

線路跡の現況[編集]

宇美町内の宮井手歩道橋(旧宇美川橋梁)。遊歩道として整備されている。

勝田線は山陽新幹線をくぐった直後まで篠栗線と線路を共用し(吉塚駅から別線であった時代もあった)、そこで分岐してからもしばらくは篠栗線と完全に並行していた。その区間は現在でも路盤がほぼそのまま残っている。一部は保線機械留置用の線路に転用された。また篠栗線と離れ始める位置には篠栗線柚須駅が新設され、用地の一部には勝田線跡が使われた。

そこから御手洗駅までは遊歩道の一部や、隣接した店舗などの敷地の一部などに転用されている。

志免・宇美両町内の区間は、大半が遊歩道として整備されている。

御手洗、上亀山、志免の各駅跡は公園となり、特に志免駅跡はプラットホーム線路信号機などが保存され、勝田線現役時代の写真なども展示された鉄道公園として整備されている(ただし中央には道路が横断している)。御手洗駅跡の公園はその駅跡を示すものはないが、上亀山駅跡の公園は「上亀山駅跡公園」の表示がある。

また1944年(昭和19年)に廃止された南里駅跡も「南里駅跡公園」となっており、近くを通る主要地方道福岡東環状線には「南里駅前」という交差点がある。田富駅跡は志免町立志免東中学校南側に位置し、遊歩道が2本に平行分岐し広くなっている。2本は高低差があり、志免駅方分岐付近に信号機のコンクリート台座が残されているので構造的には駅というより信号所のそれである。大谷駅の跡は確認することができない。

粕屋町内の区間はイオンモール福岡の駐車場となっており、路線跡を確認することはできない。その前後も遊歩道もしくは近隣住宅地の道路として舗装されている。

下宇美駅跡はホームが現存し、駅跡を示す説明板の入ったモニュメントが立っており、その前が西鉄バスの停留所になっている。香椎線の宇美駅前はこの廃線跡を利用して駐車場などに整備されているが、勝田線の宇美駅跡はその位置がどこにあったのか分からなくなっている。筑前勝田駅跡は公園になっており、西鉄バスの停留所が隣接しているが、駅跡を示すものは何もない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1982年(昭和57年)11月15日のダイヤ改正で、広島地区において実験的な増発を行い、効果があったことから都市部での減便は底を打ち、1984年(昭和59年)2月1日のダイヤ改正以降は他の各地方都市圏においても増発に転ずるようになった。しかし、既に廃止対象に挙げられていた特定地方交通線に及ぶことはなかった。
  2. ^ 「軽便鉄道貨物運輸開始」『官報』1918年9月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1919年5月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「地方鉄道駅名改称」『官報』1919年12月6日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 「運輸通信省告示第185号」『官報』1944年4月26日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]