イオンモール福岡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモール福岡
ÆON MALL FUKUOKA
AEON MALL FUKUOKA LUCLE.jpg
店舗概要
所在地 811-2303
福岡県糟屋郡粕屋町
大字酒殿字老ノ木192-1
座標 北緯33度35分47秒 東経130度28分49.4秒 / 北緯33.59639度 東経130.480389度 / 33.59639; 130.480389座標: 北緯33度35分47秒 東経130度28分49.4秒 / 北緯33.59639度 東経130.480389度 / 33.59639; 130.480389
開業日 2004年平成16年)6月4日
施設所有者 三井住友信託銀行株式会社
イオンモール株式会社[1]
施設管理者 イオンモール株式会社
敷地面積 217,000m²
延床面積 160,000m²(容積率74%)
商業施設面積 83,500m²
中核店舗 イオン福岡店
店舗数 ÆONと約197の専門店
駐車台数 約5,200台
前身 ダイヤモンドシティ・ルクル
(ジャスコ福岡東店)

イオンモール福岡ルクル
(イオン福岡ルクル店)
商圏人口 約610,000人
最寄駅 酒殿駅福岡空港駅
最寄IC 福岡IC須恵スマートIC
月隈出入口空港通出入口
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg

イオンモール福岡(イオンモールふくおか)は、福岡県糟屋郡粕屋町に所在するイオンモール運営のショッピングセンター

粕屋町の南端に立地し、南の志免町と接している。

2007年9月22日に、運営会社のダイヤモンドシティがイオンモールと合併したことに伴い、名称が「ダイヤモンドシティ・ルクルDIAMOND CITY LUCLE)」から「イオンモール福岡ルクル」に変更。また、2011年10月21日には「イオンモール福岡」に再改称した。

概要[編集]

核店舗はイオン福岡店で、約200の専門店が出店している。近畿地方以西のショッピングセンターでは最大級の規模である。周辺は福岡市の近郊住宅地であり、福岡市とその近郊の商業施設の中では最大[要出典]の集客力を誇る。百貨店総合スーパー (GMS) の2核1モールを目指していたが、百貨店の招致に失敗し、開業当初は施設の両端に食品売り場(ジャスコと百貨店代わりのラ・パレット)を分割して配置するという、二面性を持たせた構成となっていたが、2年弱でラ・パレットは撤退した。その後、同スペースにはビブレが出店している。開業初年度290億円だった売上は06年度には340億円に伸びている。2007年12月に立体駐車場棟を建設、2008年5月には店舗棟を増床し38店舗を加えた。

計画時・建設中の仮称は「ダイヤモンドシティ福岡かすやショッピングセンター」であった[2]

駐車場の収容台数は約5,200台で、イオングループが運営する商業施設の中ではイオンレイクタウン埼玉県越谷市)に次いで多い[3]

主要テナント[編集]

出店している専門店全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップリスト」を参照。

交通アクセス[編集]

自動車[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

西鉄バス

  • 天神(天神日銀前)から36番 妙見・扇橋経由宇美営業所行き、または30番 博多駅・亀山経由 イオンモール福岡行きで「イオンモール福岡」停留所下車。
  • 福岡空港から博多の森競技場経由イオンモール福岡行きで終点下車。

周辺施設[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]