ビブレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:初代ビブレ21の店舗ロゴの画像提供をお願いします。2013年7月
茨木ビブレ
イオンモール茨木大阪府茨木市、閉店済。)

ビブレ(VIVRE)は、イオンモール株式会社および株式会社OPAが運営するファッションビル

元はニチイ[注釈 1]により展開されたファッションビルで、2011年(平成23年)3月1日にイオンリテールの運営[3]2016年3月1日にOPAの運営、2021年3月1日にイオンモールの運営[注釈 2]となって現在に至る[4]イオングループの他業態と比べて若者向けの店舗構成を特徴とする。 旧マイカルが展開していた業態の中では唯一現存している業態である。

沿革[編集]

ビブレの誕生[編集]

ニチイは[注釈 1]、ビブレ展開の少し前の1979年昭和54年)4月には都心部の不振店舗を集めた「第五事業部(後のビブレ事業本部)」を設置し、様々な試行錯誤の末に[要説明]ビブレ業態を作り上げた[5]。三宮・河原町の2店舗は黒字であったが業績が伸び悩んでいた。横浜・岡山・天神の3店舗は当時赤字であり地域の運営部門の重荷になっていた。

1982年(昭和57年)3月30日福岡市天神に1号店として「天神VIVRE21」を開店した[6]

従来は総合スーパーニチイ」として営業していたが、競合店の存在(岩田屋天神コアダイエーなど)、都心立地による客層のミスマッチが原因の売り上げ低迷、ニチイとしての個性を発揮できなかった等といった数々のマイナス要因を打開するため、のちにマイカルという社名の語源ともなった「ヤングマインド」を旗印に大幅に改装。若者に照準を絞った店舗とした。しかし天神VIVRE21は地元の有力百貨店である岩田屋の影響力が強い場所での出店であったため、百貨店などと同じブランドを集めてもも売れ筋商品があまり回されたなかったことなどが影響して失敗し、開業当初は狙った20代の若年層を集客できず、業態転換初年度の売上げはニチイ時代を大きく下回る結果に終わった[7]

そこで、当時人気が出始めていたDCブランドを中心とした品揃えへ転換を図り、1982年(昭和57年)11月に大幅な改装を行って多くのDCブランドのインショップを導入、当初の狙いであった流行に敏感な若者を引き付けることに成功した[7]

2号店として1983年(昭和58年)4月に業態転換した河原町VIVRE21は、店舗面積が狭いことから衣料品主体という点では天神と同じであったものの、インテリア用品やスポーツ用品などの売り場を設けず、事前のマーケティングで要望の強かった音楽関連に力を入れ、5階にレコード店を入れたほか、6階には最新機器を備えた演劇や映画上映ができるホールとバンドが練習できるレンタルスタジオ、KBS京都と連携したサテライトスタジオなどを備えた「メディアステーション」と称するフロアを設けるなど、非物販にも力を入れた店舗構成で大学生の多い京都の町に相応しい店舗を目指した[7]。また「ビブレクラブ」という会員組織を作り、近隣の飲食店や映画館、各種教室など様々な施設で割引特典を設けるなど、店舗内に留まらない仕掛けを施し、河原町店は開業当初から軌道に乗せることに成功した。

1984年(昭和59年)11月16日には[8]、ビブレ4店目で既存店舗の業態転換ではなく初の新規出店となる旗艦店舗「原宿VIVRE21」[9] を若者の街原宿表参道に開業し[7]、4階に会員制スポーツクラブ「エグザス」と美容室[7]、5階にテラス・レストランとレコーディング・スタジオを入居させるなど、店舗面積のうち約40%を非物販に当てるなど非物販重視の店舗戦略を一段と推し進め[7]、非物販部門の持つ集客力と物販部門が相乗効果を発揮して売上を順調に伸ばすことに成功した[7]

こうした店舗戦略を展開した結果、従来の総合スーパーのニチイとは全く異なった、ファッションなどへの関心の高い若者層に向けた店舗形態として、顧客の若者や仕入れ先であるアパレルメーカーに認知させることに成功し、ビブレは新業態として軌道に乗ることになった[7]

多店化の進展[編集]

先述した3店舗のほか、三宮ビブレ横浜ビブレ岡山ビブレといった第五事業部(後のビブレ事業本部)に属していた店舗の業態転換による出店を行っただけでなく[7]、高松店などそれ以外の店舗も業態転換して店舗数を増やし[6]、2001年(平成13年)1月末にはグループ全体で北海道1店舗、東北8店舗、関東6店舗、近畿12店舗、中・四国3店舗、九州2店舗の計32店舗まで店舗網を拡大した[7]

これらの店舗網の中には、1990年(平成2年)9月に百貨店連合とビブレ事業本部とが業務提携して1998年(平成10年)2月にダックビブレに社名変更し[10]、同社が運営する店舗が日本百貨店協会に加盟したまま「ビブレ」を名乗った[11] ものも含まれていた。

また、小樽[12]桑名茨木明石などマイカルが展開した大型ショッピングセンターであるマイカルタウン内にも出店した[13]

業態の不明確化[編集]

マイカルタウンではビブレ、サティの双方が核店舗として出店したが、マイカル明石内における明石サティと明石ビブレのように、双方に食品売場が開設される[14] など、併存するサティとの差別化が図れなくなる面も生じることになった。なお、明石ビブレ側はのちに直営の食品売場を廃止して専門店街「ビブレキッチン」とした。

また、新百合ヶ丘ビブレ橋本ビブレ厚木ビブレ、北千里ビブレ、北大路ビブレなどの郊外型店舗では、主要顧客層が主婦や家族連れ中心であった[13]。北大路ビブレは開業時には食品売場を含むフルラインの売場構成であったが[15]、2012年(平成12年)に直営の食品売場を廃止し、食品スーパー「KOHYO」の店舗として新装開業している[16]。また、百貨店業態のダックビブレ[11] も増えるなど、20歳代を主要顧客層とする[13] ビブレのコンセプトから離れた店舗も増え、業態は不明確化することになった。

店舗網の再編[編集]

マイカルが経営再建に取り組む渦中でビブレの店舗網も見直されることになり、2000年(平成12年)10月22日に原宿表参道ビブレを閉店し[9]、同年11月に跡地を三菱商事へ売却した[17]。また、マイカルタウン内の店舗では直営部分を減らして外部テナントを大胆に導入するとともに、主婦や家族連れが中心顧客である店舗は総合スーパーのサティへの転換が進められることになった。

しかし、ビブレのサティへの業態転換が進む前の2001年(平成13年)9月14日、マイカルが民事再生法を申請して事実上経営破綻したため[18]、この業態転換の第1号店となる橋本ビブレのサティへ業態転換はマイカル経営破綻後となった[19]

またそれに連鎖して、ダックビブレも東京地方裁判所に民事再生法の適用申請をして事実上破綻し、2002年(平成14年)2月28日に日本政策投資銀行や取引先の企業約10社などの出資で企業再建ファンドを設立し、資本金をいったん100%減資後にそこから出資を受ける形で再建を目指す方針を発表した[20]。同年5月に再生計画案が債権者集会で可決されて裁判所から認可を受け[21]、日本政策投資銀行や青森店などの大家である不動産会社の武田(青森市)など15の地元企業・団体が11億7800万円を出資して事業再生に乗り出した[22]

それに伴い、ダックビブレは「さくら野百貨店」へ屋号を変更し、髙島屋からの支援を受けてマイカルグループから離脱し独立資本の百貨店として営業することになり[23][注釈 3]、同社の店舗は「ビブレ」ではなくなった[23]

こうしたマイカルの破綻と再建の過程で、サティへの転換やさくら野百貨店の離脱、店舗閉鎖などでビブレ業態の店舗は減少することになった。

イオングループとしての展開[編集]

イオンの支援で再建を果たしたマイカルは、イオングループのショッピングセンター内にビブレを出店するようになり、2006年(平成18年)9月23日には経営再建後のビブレ新規出店1号店としてイオンモール福岡(当時の「ダイヤモンドシティ・ルクル」)内に福岡東ビブレを開業[25]。同年春から「ワタシっぽく。」という新たなキャッチフレーズを導入している。2008年(平成20年)10月にはイオンレイクタウンの「KAZE(イオンモール運営)」内に核店舗の一つとして越谷レイクタウンビブレをオープンした。

2011年平成23年)3月1日、運営元のマイカルがイオンリテールに吸収合併されたのに伴い、イオンリテールが運営するファッション専門店「フォーラス」と事業を統合し「ビブレ・フォーラス事業本部」を発足。これにより、イオンリテールのファッション専門店は「ビブレ」と「フォーラス」の2ブランド体制で展開され、今後は事業本部内に設置された「ビブレ事業部」にて展開されることとなった。マイカルが運営していた「サティ」がマイカルとイオンリテールの合併で「イオン」と店舗ブランドを統一したことにより、「ビブレ」はニチイ→マイカル時代からの店舗ブランドで唯一残ったブランド名となった。

2011年(平成23年)11月3日より越谷レイクタウンビブレを改装し、新業態「ビブレジーン (VIVRE GENE) 」を展開。2013年(平成25年)3月15日には福岡東ビブレが、2015年(平成27年)9月15日には橿原ビブレが、同年10月17日には筑紫野ビブレがそれぞれビブレジーンへとリニューアルしている。主にイオンモール内にテナント出店する店舗が転換されているが、2014年(平成26年)以降はイオンモール内への新規出店による展開もされている。

2014年(平成26年)に入り、香川県の宇多津ビブレと岡山県の岡山ビブレを順次閉店したことで、中国四国地方から撤退した。また、2015年(平成27年)には、旧マイカルタウン内にあった三重県の桑名ビブレと大阪府の茨木ビブレの営業を終了している。

2016年(平成28年)3月1日、イオンリテールの「ビブレ・フォーラス事業本部」が同日にイオンモールの完全子会社となったOPA(旧法人)へ統合された[26][27]

2019年(令和元年)には三宮ビブレが、2018年4月27日より旧店舗(同年2月28日閉店)から移転する形で入居していた三宮オーパへ8月23日に改称・統合されたほか、10月には愛知県の名古屋ワンダーシティビブレを名古屋mozoオーパへリニューアルオープン予定で、ビブレからオーパへのブランド転換も行われるようになっている。

2021年(令和3年)3月1日、(旧)OPAが横浜ビブレを含む一部店舗の運営をOPA(新法人)に承継し、(旧)OPAはイオンモールに吸収合併された[4]

ビブレジーン(ビブレジーンレイクタウンを除く)と、「ファッションビルとしてのビブレ」内のビブレ直営売場、イオンモールなどに単独出店している各ショップ(ミスターモストマブ、エスパリエ、エリプス、ルッソなど)は、引き続きイオンリテールの「ビブレショップ事業部」が運営する。

名称とロゴマーク[編集]

VIVRE21の表記(2代目ロゴ)が入っている天神地下街の入口看板
2012年11月頃、別の看板に差し替えられたたが、2014年に看板ごと撤去されたため現存しない。
VIVRE GÈNEの看板
イオンモール福岡にて撮影)

ビブレとは、生きる・暮らすという意味を持つフランス語の単語vivre(日本語の発音ではビブルのほうが近い)を語源としている。

ロゴマーク

  • 初代 - ピンク色や緑色(ペパーグリーン・2代目・3代目と同色)などで「vivre21」と小文字で書かれていた。
  • 2代目 - 白地に緑系の色(またはその逆)で「VIVRE21」と書かれ、文字が小文字から大文字になった。
  • 3代目 - 色の配色は同じだが「21」の文字が削除され単に「VIVRE」となった。
  • VIVRE GENE - 正式な表記は「VIVRE GÈNE」で、黒が基調となり、のロゴマークのある独自のロゴとなっている。

店舗[編集]

現行店舗[編集]

2021年(令和3年)3月時点で、イオンモールおよびOPAが運営するファッションビル・ショピングセンターとしてのビブレは、関東地方で3店舗(VIVRE GENE レイクタウンを含む)、近畿地方で2店舗を展開する。 イオンリテールビブレショップ事業部が運営するライフスタイル提案ストア(モール内専門店)としてのVIVRE GENEは関東地方で3店舗(VIVRE GENE レイクタウンを除く)、東海地方で1店舗、近畿地方で1店舗、九州地方で2店舗を展開する。

ビブレ[編集]

VIVRE GENE[編集]

過去に存在した店舗[編集]

ダックビブレの店舗についてはさくら野百貨店を参照。

関東地方[編集]

東京都

  • 表参道ビブレ(渋谷区神宮前5丁目、1984年(昭和59年)11月16日開店[8] - 2000年(平成12年)10月22日閉店[9]
    初の新規出店でビブレ4店目となる「原宿ビブレ21」として開業[7]。地下1階・地上5階建てで店舗面積は約3,830m2[7]
    開業当時は、4階が当時ニチイ・グループであったピープルが運営する会員制スポーツクラブのエグザスと美容室があり、5階にはテラス・レストランとレコーディング・スタジオを入居させるなど、店舗面積のうち約40%を非物販に当てていた[7]
    2000年(平成12年)11月に三菱商事へ売却された[17]。跡地は「エスキス表参道」→「ジャイル」

神奈川県

  • 小田原ビブレ
    1972年(昭和47年)11月に「小田原ショッピングデパート」として開業[33]
    店舗跡には、2000年(平成12年)4月27日にアプリ小田原が開店した[34]
  • 本牧ビブレ(当時の名称は本牧ネビュラ)
    1989年(平成元年)4月30日に開業[35]在日米軍が接収していた米軍住宅跡地[36] に建設されたマイカル本牧に出店していた。

群馬県

  • 高崎ビブレ(高崎市八島町[37]1976年(昭和51年)3月開店[38] - 1986年(昭和61年)3月に初代高崎サティに業態転換[38] - 1996年(平成8年)3月に高崎ビブレに業態転換[38] - 2014年(平成26年)3月31日閉店[38]
    高崎駅西口前に「ニチイ高崎店」として開店し、サティとビブレへ合計2度業態転換した[38]
    当店跡地の他に西隣の[37] グランドホテル長谷川と高崎市が所有する日本通運跡地などを合わせた約7,400m2の敷地に高崎オーパが2017年(平成29年)10月13日に開業した[39][40]

東海地方[編集]

三重県

  • 桑名ビブレ(桑名市新西方、1995年(平成7年)3月24日開店[41] - 2015年(平成27年)2月1日閉店[42]
    1995年(平成7年)3月24日、マイカル桑名の3つの核店舗の1つとして開業した[41]
    旧マイカル桑名はイオン桑名SCとして営業していたが、2015年(平成27年)4月17日にイオンモール桑名として新装開店した[43]

愛知県

近畿地方[編集]

京都府

  • 宝ヶ池ビブレ(京都府京都市左京区岩倉西五田町38[46]、2000年8月31日閉店[47]
    宝ヶ池ビブレは物販店舗ではなく、チャペル、結婚式場などのブライダル関連の店舗から構成されていた。
    現在は、アイネスヴィラノッツェ宝ヶ池。
  • 河原町ビブレ(京都府京都市中京区[48]、1970年(昭和45年)開店[48] - 1983年(昭和58年)4月に河原町ビブレ21に業態転換[7] - 2010年(平成22年)7月末閉店[48][49]
    ニチイ発祥店舗の1つ「ヤマト小林商店」跡地であり、店舗名としてはニチイ河原町店[7]→河原町ビブレ21[7]→河原町ビブレ[48] という変遷となっている。
    地上6階、地下1階で売り場面積は約7,000m2[48][50]。「ニチイ」として開業した当時から衣料品専門の店舗であった[48]
    2003年(平成15年)1月29日にロフトを1階から5階までの核店舗として新装開店し[50][51]、閉店時には直営は地下1階の衣料品だけとなっていた[48]。ロフトは市内移転。
    店舗跡には1階部分に店舗が入居する地上11階・地下1階建てのマンション建設計画を不動産会社が立て、地元の商店街などから反対されている[49]

大阪府

  • 心斎橋ビブレ(大阪市中央区心斎橋。南区 時代の1987年(昭和62年)11月1日開店 - 2001年(平成13年)11月30日閉店。開業時の名称は「心斎橋ビブレ21」。地上10階、地下3階で店舗面積は4,623m2だった。閉店後もビル(心斎橋AXY)はそのまま残り、長らくビームスの大阪旗艦店などが入居していたが、2011年にビルを解体。跡地は三井不動産によって再開発が進められ、南北2つの低層店舗に生まれ変わった。南棟には2013年10月、ヒューゴ・ボスの路面店が開業。北棟には2015年3月8日、バーバリーの路面店が開業した。ビームスはビル解体後、大丸南館に移転した)
  • 茨木ビブレ(2001年(平成13年)1月1日開店[52] - 2015年(平成27年)2月28日閉店)

兵庫県

  • 尼崎ビブレ(元ニチイ尼崎店 → 1985年(昭和60年)に尼崎サティに業態転換[6] → 尼崎ビブレ → NAC尼崎 → 閉店)
  • 三宮ビブレ兵庫県神戸市中央区
    1969年(昭和44年)11月15日、ニチイ三宮店として開店。1980年代後半にビブレに業態転換。
    2018年(平成30年)4月27日に「三宮オーパ」がJR三ノ宮駅ビル(同年2月28日に閉店)から移転する形で地下1階フロアへ入居[53] し、ビブレの中にオーパが入る特殊業態となっていたが、2019年(令和元年)8月23日に全館を「三宮オーパ」へ改称する形で統合された[54]

奈良県

  • 奈良ビブレ(奈良市小西町[55]、元ニチイ奈良店:1968年(昭和43年)11月開店[56] - 1990年(平成2年)6月に奈良ビブレに業態転換[56] - 2013年(平成25年)1月20日閉店[55][56]。)
    近鉄奈良駅近くの[55] 小西通商店街にあり[57]、敷地面積約4,800m2[55] で地上4階・地下1階建て売場面積は約11,800m2の店舗だった[58]

和歌山県

  • 和歌山ビブレ(元ニチイ和歌山店、?開店 - 2001年(平成13年)5月閉店[59]
    ぶらくり丁商店街の一角に出店していた[59]
    店舗跡は総合卸売問屋ワボック → 現在は建て替えられパチンコ店マルハン

中国・四国地方[編集]

鳥取県

  • 米子ビブレ 1990年(平成2年)、米子駅前に「米子サティ」として開店した。当初は株式会社米子ニチイが運営していたが、グループ企業の再編により、運営会社は株式会社サンメルト、株式会社サンインニチイ、株式会社マイカルサンインと変遷した。1996年(平成8年)3月には株式会社マイカルの直営店舗となり、「米子ビブレ」へと業態転換した[備考 1]。その後、2001年(平成13年)3月に再度サティへと業態転換し、店名を「米子駅前サティ」とした[備考 2]2011年3月1日、株式会社マイカルがイオンリテール株式会社と合併し[60]、店舗ブランドをイオンに変更し店名は「イオン米子駅前店」となった。

岡山県

  • 岡山ビブレ(岡山市北区幸町[61][62]、元ニチイ岡山店:1979年(昭和54年)6月開店[63] - 1986年(昭和61年)岡山ビブレに転換[61][62] - 2014年(平成26年)5月11日閉店[61]
    「ニチイ岡山店」を併設する形で開店し[63]、1986年(昭和61年)に「岡山ビブレ」として新装開店した。
    地上4階地下1階建てのA館と地上5階地下1階建てのB館の2館で構成され、合わせて敷地面積約8,090m2に売り場面積約16,240m2の店舗で、最盛期の1997年度(平成9年)は売上高約100億円を上げていたが、約半分にまで減少したことなどを理由に閉店となった[61]

広島県

  • 福山ビブレ(福山市東桜町1-41[64]、元ニチイ福山店:1970年(昭和45年)10月2日開店[64] - 1993年福山ビブレに転換 - 1999年(平成11年)8月末閉店[65]
    跡地は建物を改装しビジネスホテルとテナントビルになった。

香川県

  • 高松ビブレ(高松市丸亀町[66]、元ニチイ高松店 - 1999年(平成11年)8月閉店[66]
    元は広島県福山市に本社を置いた衣料品スーパー「みとう」が1965年に開店した店舗である。みとうのニチイとの合併を経て1972年にニチイ高松店へと業態変更、1982年には高松ビブレとなった[67]。1991年、高松ビブレパートⅡがオープン[68]。ビブレ閉店後のビルには2000年(平成12年)11月17日にイトキンがファッション専門店「MAXY高松店」を開店した[66]
  • 宇多津ビブレ (1994年(平成6年)3月開店[69] - 2014年(平成26年)2月28日閉店[70]
    併設されていたホテル・温泉施設「ホテルリゾナーレ宇多津」も2002年(平成14年)1月に閉鎖された[71]
    ゼンエーフーズが「ロイヤルプリンセス宇多津」として2002年(平成14年)7月1日に再開業したが[72]、2003年(平成15年)2月末で閉鎖された[73]
    地元の結婚式場運営会社の株式会社三貴商事が引き取り、2003年(平成15年)5月1日に「ホテルセントカテリーナ」として再々開業したが[73]、それも2012年(平成24年)8月末で3度目の閉鎖となった[74]
    跡地には、2015年(平成27年)10月24日に「イオンタウン宇多津」が開業[75]

徳島県

  • 徳島ビブレ(徳島市元町1[76][77]、1987年(昭和62年)開店[76][77] - 1999年(平成11年)4月11日閉店[78]
    地場百貨店のつぼ美屋の新館として1974年に建設された地上13階・地下1階建て延べ約8,400m2のビルに出店していた[77]
    コムサイズムを核店舗とする「ラスタ徳島」(複合商業ビル)が[79] 2001年(平成13年)10月12日に開業したが[80]、2003年(平成15年)1月27日閉店した[79]
    跡地は2005年(平成17年)にノヴィルが取得したが、地震などによる損壊の危険性を避けるとして2012年(平成24年)9月から解体された[77]

九州地方[編集]

福岡県

サティを経てイオンに転換した店舗[編集]

マイカルの経営再建策の一環として幅広い客層に対応出来る品揃えによる収益改善を図るため食品売場を併設していて主婦や家族連れが中心となっているビブレをサティに業態転換し[13]2011年(平成23年)3月1日にサティ全店のイオンへの店名変更に伴ってイオンとなった[2]

神奈川県

  • 新百合ヶ丘ビブレ
    新百合ヶ丘駅前再開発事業により、1997年(平成9年)8月29日に開業[84]
    大半のフロアを新百合ヶ丘サティに業態転換することになり[13]2003年(平成15年)11月7日に新装開業[85]。その際に1階から5階までだったのが、2階のみに縮小された。
    2011年(平成23年)3月1日、イオン新百合ヶ丘店へ店名変更。2018年(平成30年)にイオン新百合ヶ丘店に吸収され、同年4月27日にイオンスタイル新百合ヶ丘としてリニューアルされた。2016年3月以降も引き続きイオンリテールによって運営されていた。

大阪府

  • 北千里ビブレ(1994年(平成6年)4月開店[19] - 2003年(平成15年)2月27日に北千里サティに業態転換[19]。現在はイオン北千里店)
    店舗周辺の狭商圏を対象として総菜や野菜などの食品を充実させると共に衣料品の商品構成を見直して北千里サティに業態転換した[19]
  • 枚方ビブレ(1990年(平成2年)4月開店[87] - 2008年(平成20年)2月27日に枚方サティに業態転換[88]。現在はイオン枚方店)
    京阪電気鉄道枚方市駅前の再開発事業で建設されたショッピングセンター「ビオルネ」の核店舗として開業[87]
  • 布施ビブレ(東大阪市[89]、1996年(平成8年)3月1日開店[89]、2008年(平成20年)3月28日に布施駅前サティに業態転換[90]。現在はイオン布施駅前店)
    東大阪市の近鉄奈良線布施駅前の再開発事業の一環として開発された複合施設ヴェル・ノール布施の核店舗として開業[89]
    2008年(平成20年)3月18日に閉店[要出典]。業態転換して「布施駅前サティ」として同年3月28日に新装開業した[90]。(同年3月20日に閉店した「布施サティ」の後継店舗[要出典]

鳥取県

  • 米子ビブレ(元米子サティ(初代) - 米子駅前サティ - イオン米子駅前店
    2001年(平成13年)2月25日に閉店し、同年3月にサティに業態転換した[91]

ダックビブレ[編集]

地方百貨店をニチイ(後のマイカル)が支援する形で誕生した百貨店連合がダックビブレに社名変更し、ビブレとして展開したもの[21]

ビブレと称していたものの、日本百貨店協会に加盟する百貨店業態として営業していた[11]

2001年(平成13年)9月14日に[92] 株式の76.4%を直接保有して間接保有と合せて83.4%を保有する[21] 親会社のマイカルが民事再生法適用を申請したことに伴い[93]、ダックビブレも東京地方裁判所に民事再生法の適用申請をして事実上破綻した[92]

2002年(平成14年)2月28日に日本政策投資銀行や取引先の企業約10社などの出資で企業再建ファンドを設立して資本金をいったん100%減資後にそこから出資を受ける形で再建を目指す方針を発表し[20]2002年(平成14年)5月に再生計画案が債権者集会で可決されて裁判所から認可を受け[21]、日本政策投資銀行や不動産会社で青森店などの大家である武田(青森市)など15の地元企業・団体が11億7800万円を出資して事業再生に乗り出した[22]。それに伴い「さくら野百貨店」へ屋号を変更し、マイカルグループから独立した独立資本の百貨店として営業することになった[23]

北海道

  • 小樽ビブレ(1999年(平成11年)3月開店[94] → 2002年(平成14年)8月末閉店[12]、現SE-B
    マイカル小樽(現ウイングベイ小樽)1番街に、ダックビブレ(現さくら野百貨店)が出店。しかし、業績不振でマイカル本体に営業譲渡された。北海道唯一のマイカル本体が運営する店舗であったが、マイカルの経営再建の一環で閉鎖された。現在はSE-B(シーヴ)として営業中。

青森県

  • 八戸ビブレ(丸光八戸店、1968年(昭和43年)6月28日開業[96] → 八戸ビブレ → さくら野八戸店)
  • 弘前ビブレ(弘前市城東北3丁目[97]、1993年(平成5年)10月1日開店[35] → さくら野弘前店)
    1971年(昭和46年)に開店したダックシティカネ長武田百貨店弘前店の後継店舗として[97] 1993年(平成5年)10月1日に移転後、開店[35]

岩手県

  • 北上ビブレ(2000年(平成12年)3月開店[98]、現・さくら野北上店)
    当初は盛岡市の百貨店川徳が出店を表明していたが、川徳側の諸事情で北上出店を断念し、その後ダックビブレが出店を表明。北上ツインモールの核店舗となった[98]

山形県

  • 山形ビブレ(1973年(昭和48年)3月3日開店[99]、1994年(平成6年)3月1日業態転換[11]、2000年1月10日閉店[100]、2000年(平成12年)9月中旬から建物の解体工事を行った[101]。)
    百貨店連合(ダックシティ)を前身とする百貨店からビブレに転換した店舗が多いダックビブレの店舗の中で、ニチイからダックビブレに営業譲渡された[10] 珍しいケース。

宮城県

  • 仙台ビブレ(旧・丸光、1946年(昭和21年)6月1日開店[102]→2017年(平成29年)2月27日 さくら野仙台店 閉店)→現・空き店舗
  • 石巻ビブレ(1996年(平成8年)3月開店[103]さくら野石巻店→2008年(平成20年)4月27日[104]、店舗跡は商業施設「エスタ」[105] と石巻市役所[106] の複合施設)
    ダックシティ丸光石巻店の後継店舗として1996年(平成8年)3月にJR石巻駅前に開店[103]
    店舗跡の土地・建物と共に現金2億円を石巻市に寄付し[107]、閉店から約2ヵ月後の2008年(平成20年)6月28日に1階部分がスーパーを含む複合商業施設エスタとして開業し[105]、2010年(平成22年)3月から石巻市役所が移転した。
  • 気仙沼ビブレ(旧・丸光、気仙沼市南町[108]1966年(昭和41年)6月10日開店[102][109]→1995年ダックシティ丸光気仙沼店から気仙沼ビブレに転換→2002年(平成14年)1月10日閉店[110]
    閉店後気仙沼ビブレの元従業員たちを中心として「イコーレ気仙沼」として2002年(平成14年)5月9日に再開業したが[111]、業績不振から2007年(平成19年)5月11日に閉店となった[111]

福島県

神奈川県

  • 厚木ビブレ
    1981年(昭和56年)11月6日開店[35]。百貨店連合初の新店舗として開店。
    ダックシティ厚木百貨店からビブレ化前後にマイカルへ譲渡、厚木ビブレ、厚木サティを経て、現在はイオン厚木店

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 1996年(平成8年)7月1日にマイカルになり[1]、2011年(平成23年)3月1日にイオンリテールとなった[2]
  2. ^ 横浜ビブレをのぞく。
  3. ^ その後、さくら野百貨店は2004年(平成16年)1月に髙島屋と業務提携し[24]ハイランドグループに加盟している。

備考[編集]

  1. ^ 同じ米子市内の米原地区JR後藤駅前にある「米子ホープタウン」が業態転換し「米子サティ(2代目)」となったため。
  2. ^ 店名をかつて名乗っていた「米子サティ」としなかったのは、先述の通り米子ホープタウンが業態転換した際に店名を「米子サティ」としていたため。

出典[編集]

  1. ^ “ニチイからマイカルへ本社看板も交代”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1996年7月5日)
  2. ^ a b c 武内彩(1998年8月4日). “サティ:名称「イオン」に 全国91店舗で”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  3. ^ “地域密着型のイオンへ/高松サティで「入社式」”. 四国新聞(四国新聞社).(2011年3月1日)
  4. ^ a b “完全子会社の再編(会社分割及び吸収合併)による都市型SC事業の構造改革について”. イオンモール株式会社. (2020年12月1日). https://ssl4.eir-parts.net/doc/8905/tdnet/1910228/00.pdf 2021年3月2日閲覧。 
  5. ^ 『MYCALグループ 時代の感性を読む経営』講談社、1990年12月。
  6. ^ a b c d 山崎聖文 『ニチイ MYCAL グループの挑戦 進化・成長する生活提案企業の全貌』 ダイヤモンド社、1988年11月。ISBN 978-4478310496
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 近藤公彦 『業態開発におけるイノベーションと競争 ビブレのケース』 流通研究 第5巻第1号 (日本商学学会) (2002年)
  8. ^ a b 高井眞・橋本徹 『大阪経済のダイナミズム 企業環境の変遷と展望』 清文社、1990年3月。ISBN 978-4792018009
  9. ^ a b c “マイカル、旗艦店の原宿表参道ビブレを10月22日で閉店へ 東京都渋谷区”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年6月12日)
  10. ^ a b さくら野百貨店 企業概要”. さくら野百貨店. 2012年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月6日閲覧。
  11. ^ a b c d 『平成6年 日本百貨店協会統計年報』 日本百貨店協会、1995年3月。
  12. ^ a b “小樽ビブレ8月末で撤退が決まる 北海道小樽市” タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年4月25日)
  13. ^ a b c d e “宇多津ビブレなど6店舗、サティに”. 四国新聞(四国新聞社).(2001年5月27日)
  14. ^ a b “マイカル、「マイカル明石店」開店 ビブレとサティ食品展開は初”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1997年11月3日)
  15. ^ a b “ニチイ、フルライン機能備え「北大路ビブレ」開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1995年3月15日)
  16. ^ “(株)光洋 京都・北大路ビブレ1階に KOHYO北大路店 京都市北区小山北上総町”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2012年7月5日)
  17. ^ a b “三菱商事が「原宿表参道ビブレ」買収 東京都渋谷区”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年11月30日)
  18. ^ “県民に不安広がる-マイカル再生法申請”. 四国新聞(四国新聞社).(2001年9月15日)
  19. ^ a b c d e “マイカル、ビブレから業態変換で「北千里サティ」開業、葉物野菜・惣菜を充実”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2003年3月7日)
  20. ^ a b “政策投資銀など基金創設へ/マイカル子会社再建で”. 四国新聞 (四国新聞社). (2002年2月28日)
  21. ^ a b c d ダックビブレ 第24期有価証券報告書 (Report). ダックビブレ. (2002). 
  22. ^ a b “「のれん」回復になお時間 さくら野再出発から1年”. 河北新報 (河北新報社). (2003年9月29日)
  23. ^ a b c “再生ビブレの新社名「さくら野百貨店」に”. 河北新報 (河北新報社). (2002年7月30日)
  24. ^ “高島屋、さくら野百貨店支援、営業部長など派遣”. 繊研新聞 (繊研新聞社). (2004年1月7日)
  25. ^ a b “福岡東ビブレ 9月23日 ダイヤモンドシティ・ルクル内にオープン 福岡県粕屋町”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2006年11月9日)
  26. ^ 国内最大級の都市型ファッションビル・ディベロッパー企業が誕生”. イオン株式会社 (2015年11月17日). 2016年1月5日閲覧。
  27. ^ 簡易株式交換による株式会社OPAの完全子会社化に関するお知らせ”. イオンモール株式会社 (2015年11月17日). 2016年1月5日閲覧。
  28. ^ 松信太助:編 石井光太郎・東海林静男:監修 『横浜近代史総合年表』 有隣堂、1989年12月。ISBN 978-4896600919
  29. ^ “マイカル「ワールドポーターズビブレ」開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年9月20日付)
  30. ^ “イオンモール、「橿原アルル」リニューアルオープン 115専門店など大規模増床”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2008年11月28日)
  31. ^ “イオンモール橿原アルル 11月25日(火)リニューアルオープン ビブレ新型店を迎え 総テナント数は倍の243店へ 奈良県橿原市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年11月13日)
  32. ^ “筑紫野ビブレ イオンモール筑紫野内にオープン 福岡県筑紫野市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年12月11日)
  33. ^ 『小田原市史 通史編 近現代』 小田原市、2001年3月28日。
  34. ^ “旧小田原ビブレ跡に「アプリ」4月27日オープン 神奈川県小田原市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年4月27日)
  35. ^ a b c d 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (Report). 日本ショッピングセンター協会. (2012年1月)
  36. ^ 太田泉生 (2012年3月13日). “【商店街探訪】本牧通り(2)”. 朝日新聞 (朝日新聞社)
  37. ^ a b 増田勝彦 (2013年9月27日). “イオンモール:高崎駅西口に進出 高崎ビブレ・日本通運跡地、2年半後の開業目指す”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  38. ^ a b c d e 増田勝彦 (2014年4月1日). “高崎ビブレ:閉店 38年の歴史に幕”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  39. ^ イオンモールの新たな成長戦略・都市シフトを本格始動 「(仮称)高崎オーパ」・「(仮称)水戸オーパ」新規出店決定! イオンモール・OPA 2016年6月10日掲載・6月17日閲覧・2017年9月18日リンク修正
  40. ^ “北関東エリア最大級のファッションビル誕生” 高崎駅前に新たなランドマーク 「高崎オーパ」 10月13日(金)AM10:00 グランドオープン OPA・イオンリテール 2017年9月8日掲載・9月10日閲覧
  41. ^ a b “ニチイ、「マイカル桑名」オープン カテゴリー専門化目指す”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1995年3月29日)
  42. ^ 【桑名ビブレ】閉店のお知らせ Archived 2015年9月25日, at the Wayback Machine. - ビブレ公式サイト、2015年4月28日閲覧。
  43. ^ 渡辺聖子(2015年4月18日). “「東急ハンズ」県内初 イオンモール桑名が開店”. 中日新聞 (中日新聞社)
  44. ^ 名古屋モゾオーパ、2019年10月18日開店-ワンダーシティビブレ跡”. 都商研ニュース (2019年8月23日). 2019年9月11日閲覧。
  45. ^ “「名古屋mozoオーパ」2019年10月18日(金)リニューアルオープン!!” (PDF) (プレスリリース), 株式会社OPA, (2019年8月22日), http://pdf.opa-club.com/pdf-upload/files/fe97424ea392585e1a6d90fcea86a350.pdf 2019年9月11日閲覧。 
  46. ^ 宝ヶ池ビブレ店舗ページ(1999年2月9日)”. マイカル. 2019年2月8日閲覧。
  47. ^ 全国のビブレ一覧(2000年10月15日)”. マイカル. 2019年2月8日閲覧。
  48. ^ a b c d e f g “「河原町ビブレ」7月閉店 開業40年、商圏変化響く”. 京都新聞(京都新聞社).(2012年2月3日)
  49. ^ a b “京都『河原町ビブレ』跡地にマンション計画、住民ら中止を要求”. 京都新聞(京都新聞社).(2012年8月30日)
  50. ^ a b “マイカル、「河原町ビブレ」改装オープン、「ロフト」を導入”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2003年2月7日)
  51. ^ “河原町ビブレ「ロフト」導入し 1月29日(水)改装オープン 京都府京都市” タイハン特報 (大量販売新聞社). (2003年2月17日)
  52. ^ “マイカル、「マイカル茨木」が来年元旦の開業決定”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2000年11月10日)
  53. ^ 三宮OPA、2018年4月27日”復活”-三宮ビブレの館内に同居”. 都商研ニュース (2018年4月28日). 2019年9月11日閲覧。
  54. ^ 三宮ビブレ、2019年8月23日から全館「オーパ」に-地階のオーパ、ビブレを飲み込む”. 都商研ニュース (2019年8月5日). 2019年9月11日閲覧。
  55. ^ a b c d 後藤静華 (2013年1月27日). “跡地利用難航「奈良ビブレ」 ”. 読売新聞 (読売新聞社)
  56. ^ a b c “奈良ビブレ 22年に幕 女性客『中、高 みんなで集まった場所』”. 読売新聞(読売新聞社). (2013年1月21日)
  57. ^ “【奈良ビブレ跡地】ホテル断念 マンションに - 1、2階に商業施設”.奈良新聞(奈良新聞社). (2013年2月20日)
  58. ^ “奈良ビブレあす閉店 夏頃までに取り壊し 跡地にホテル構想も”. 産経新聞 (産経新聞社). (2013年1月19日)
  59. ^ a b 大型閉鎖店舗再生等対策の総合プロデュース人材育成事業 副読本 (Report). 経済産業省. (2003年).
  60. ^ “当社連結子会社間の合併契約締結に関するお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), イオン株式会社, (2010年10月6日), http://www.aeon.info/news/2010_2/pdf/101006R_1.pdf 2012年1月9日閲覧。 
  61. ^ a b c d “35年の歴史に幕 岡山ビブレ閉店”. 山陽新聞(山陽新聞社). (2014年5月12日)
  62. ^ a b 久木田照子 (2014年5月10日). “<岡山ビブレ>35年の歴史に幕 類似の店舗間競争激化”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  63. ^ a b 『商店街振興組合法施行30周年件商店街連合会創立15周年記念 瀬戸内経済レポート別冊』 瀬戸内経済レポート、1992年9月11日。
  64. ^ a b 『日本商業年鑑 1972年版』 商業界、1972年。
  65. ^ “マイカル福山ビブレを八月末で撤退を決める 広島県福山市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (1999年8月9日)
  66. ^ a b c “MAXY高松店が丸亀町に開店”. 四国新聞(四国新聞社).(2000年11月17日)
  67. ^ http://winton.co.jp/horie/com.html 株式会社堀江 会社沿革
  68. ^ http://www.winton.co.jp/com.html 株式会社ウイントン 会社沿革
  69. ^ “宇多津ビブレ閉店へ/来年2月末、売り上げ半減”. 四国新聞(四国新聞社).(2013年8月31日)
  70. ^ “20年…感謝のセール 宇多津ビブレ閉店 香川” 産経新聞 (産経新聞社). (2014年3月1日)
  71. ^ “旧リゾナーレ宇多津ホテル7月~再開”. 四国新聞(四国新聞社).(2002年4月6日)
  72. ^ “ロイヤルプリンセス宇多津が7月開業”. 四国新聞(四国新聞社).(2002年6月28日)
  73. ^ a b “三貴商事、ホテル事業へ本格参入”. 四国新聞(四国新聞社).(2003年4月6日)
  74. ^ “宇多津ビブレ併設のホテル/需要低迷で閉鎖へ”. 四国新聞(四国新聞社).(2012年8月30日)
  75. ^ “イオンタウン、宇多津に開店 あす、ビブレ後継施設”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2015年10月23日)
  76. ^ a b 『徳島年鑑 1999年版』 徳島新聞社、1999年6月30日。
  77. ^ a b c d “旧ラスタビル取り壊し 築40年で老朽化、跡地利用は未定”. 徳島新聞(徳島新聞社). (2012年9月14日)
  78. ^ 『徳島年鑑 2000年版』 徳島新聞社、2000年6月30日。ISBN 978-4886060693
  79. ^ a b 『徳島年鑑 2003年版』 徳島新聞社、2003年9月30日。ISBN 978-4886060884
  80. ^ “徳島ビブレ撤退後のラスタ・トクシマの1~3階が10月12日オープン 徳島県徳島市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年11月26日)
  81. ^ “マイカル、天神ビブレ別館2月25日閉鎖 福岡県福岡市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年3月1日)
  82. ^ 福岡商工会議所「福岡市商店街マーケット名簿」(1980年)
  83. ^ てんぐ屋>てんぐ屋95年のあゆみ - 株式会社てんぐ屋産業ウェブサイト、2013年5月6日閲覧
  84. ^ “マイカル、29日「新百合ヶ丘ビブレ」開店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1997年8月6日)
  85. ^ “新百合ヶ丘サティ・ビブレ 11月7日リニューアルオープン 神奈川県川崎市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2003年11月27日)
  86. ^ a b “マイカル「橋本ビブレ」開店、街を変える生活提案へ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2000年3月20日)
  87. ^ a b 倒産速報 (株)ビオルネ (Report). 東京商工リサーチ. (2010-9-7). 
  88. ^ “マイカル サティへ業態転換「枚方サティ」2月27日(水)オープン 大阪府枚方市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年3月24日)
  89. ^ a b c “ニチイ、ヴェル・ノール核店舗「布施ビブレ」3月開店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1996年2月21日)
  90. ^ a b “布施駅前サティ 3月28日リニューアルオープン 大阪府東大阪市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年4月7日)
  91. ^ “米子ビブレ、2月25日にいったん閉鎖して三月初旬にはサティで再オープンへ 鳥取県米子市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年2月22日)
  92. ^ a b “東北の8店舗は通常営業/ダックビブレ社長が表明”. 四国新聞 (四国新聞社). (2001年9月15日)
  93. ^ “マイカルが再生法を申請”. 四国新聞 (四国新聞社). (2001年9月15日)
  94. ^ “マイカル、赤字19店舗の閉鎖決定”. 読売新聞 (読売新聞社). (2002年1月29日)
  95. ^ a b 大規模小売店舗立地法第1種・第2種特例区域図 青森県:青森市 (Report). 青森県. (2008年7月7日).
  96. ^ “まるでお祭りさわぎ 「丸光」「緑屋」開店 どっと五万人の客 八戸駅前まで人の波続く”. デーリー東北 (デーリー東北). (1968年6月29日)
  97. ^ a b 弘前市中心市街地活性化基本計画 (Report). 弘前市. (2008年7月9日).
  98. ^ a b “今春三月オープンの北上ツインモールは予想以上の大成功”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年7月3日)
  99. ^ 山形市史編さん委員会 『山形市史 現代編 』 山形市、1981年。
  100. ^ “山形ビブレ1月10日に閉店 山形県山形市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年2月7日)
  101. ^ “旧山形ビブレビル九月中旬から解体工事中”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2000年10月2日)
  102. ^ a b 鈴木実 『火の人 佐々木光男伝』 丸光、1973年。
  103. ^ a b “旧丸光石巻店 解体本格化へ”. 石巻かほく (三陸河北新報社). (2010年7月10日)
  104. ^ “さくら野石巻店が閉店”. 河北新報 (河北新報社). (2008年4月28日)
  105. ^ a b “駅前に活気再び 石巻「エスタ」開店”. 河北新報 (河北新報社). (2008年6月29日)
  106. ^ “百貨店 第二の人生”. 読売新聞 (読売新聞社). (2010年5月10日)
  107. ^ “石巻市庁舎さくら野移転、市が決定 あす議会説明”. 河北新報 (河北新報社). (2008年4月9日) 
  108. ^ “商店街あげ存続運 - 来月9日開店”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2002年4月11日)
  109. ^ “気仙沼はまるで丸光デー どっと一万五千人”. 三陸新報 (三陸新報社). (1966年6月11日) 
  110. ^ “気仙沼ビブレは来年1月10日で閉店が決定 宮城県気仙沼市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年11月26日)
  111. ^ a b “イコーレ、事実上閉店 気仙沼中心部核店舗”. 河北新報 (河北新報社). (2007年5月13日)
  112. ^ a b c d e “さくら野福島店3月閉店/賃借料交渉が決裂/赤字経営続き継続断念”. 福島民報 (福島民報). (2004年10月30日)
  113. ^ “涙こらえ…/さくら野福島店75年の歴史に幕”. 福島民報 (福島民報). (2005年3月22日)
  114. ^ “「MAXふくしま」開店 県都活性化の起爆剤に 旧さくら野百貨店ビル跡地”. 福島民友新聞 (福島民友新聞社). (2010年11月26日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]