マイカル九州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオングループ > マイカル > マイカル九州
株式会社マイカル九州
MYCAL KYUSHU CORPORATION
種類 株式会社2007年8月21日消滅)
市場情報 非上場
本社所在地 812-8612
福岡市博多区綱場町8番31号
はっこう福岡ビル
設立 1973年(昭和48年)6月26日
業種 小売業
事業内容 総合小売業(GMS「サティ」の運営)
代表者 大塚豊治(代表取締役社長)
資本金 9億円(2006年2月28日現在)
従業員数 1,484名(2006年2月28日現在)
決算期 2月末
主要株主 イオン株式会社 66.7%
九州電力株式会社 11.1%
外部リンク www.aeon-kyushu.info/saty/
特記事項:2005年2月、会社更生手続きが完了。
テンプレートを表示

株式会社マイカル九州(マイカルきゅうしゅう、英文表記:MYCAL KYUSHU CORPORATION)は、かつて九州福岡県の一部店舗・沖縄県は除く)に総合小売店舗「生活百貨店サティ」を展開していたイオングループの企業。

福岡県福岡市博多区に本社を置いていた。2007年8月21日イオン九州株式会社に吸収合併された。

以下では、合併直前までについて説明する。

なお、福岡県にある「天神ビブレ」(福岡市中央区)、「ビブレジーン福岡」(糟屋郡粕屋町イオンモール福岡内・旧福岡東ビブレ)、「ビブレジーン筑紫野」(筑紫野市イオンモール筑紫野内・旧筑紫野ビブレ)、は、株式会社マイカル(現:イオンリテール)→株式会社OPAの運営するビブレ店舗である。現在は閉店した「西新ビブレ」、「門司サティ」も同様である。

沿革[編集]

  • 1970年1月 - ニチイ、寿屋(熊本市)、東美(長崎市)の出資により株式会社九州ニチイ(旧)が発足[1](それ以前より九州内において営業していたニチイチェーンは主に「ニューニチイ」所属であった)。
  • 1971年6月 - 出店計画などを巡ってニチイ側と寿屋側が意見対立。
  • 1973年8月 - 寿屋などが資本離脱。「九州ニチイ(旧)」としての出店は行われず。
  • 1981年10月 - 九州サンマート[2]・福岡ニチイ・丸吉百貨店(ニチイ中津店)・丸三(ニチイ天草本渡店)・三典(ニチイ天草本渡店)・宇土ファミリーデパート(ニチイ宇土店)・水俣ファミリーデパート(ニチイ衣屋水俣店)の九州地場7社が合併し「株式会社アライド九州」が発足。
  • 1983年 - ニチイ衣屋水俣店が閉店。
  • 1984年3月 - 株式会社九州ニチイ(新)に商号変更。
  • 1986年3月 - 株式会社ニチイ 九州事業部と企業統合。
  • 1996年7月 - 株式会社マイカル九州に商号変更。
  • 1998年 - ニチイ天草本渡店が閉店。
  • 2000年 - 株式会社マイカル南九州と合併。
  • 2001年9月 - 経営破綻。
  • 2002年
  • 2003年9月 - 更生計画案認可決定。
  • 2004年7月2日 - イオン商品券とマイカル商品券の相互利用を開始[3]
  • 2005年2月 - 会社更生手続終結。
  • 2006年
  • 2007年
    • 3月8日 - 会社更生後初の出店として、福岡市早良区原サティが開業(九州地区のサティとしては最後の新規出店)。
    • 8月21日 - イオン九州に吸収合併(当社株1株に対しイオン九州株160株を割り当て)され解散。
      • 統合に伴い、サティの建物外壁にあった「MYCAL」ロゴは撤去され、「ÆON」ロゴが設置された(原サティは当初からÆONロゴのみ)。

会社更生手続き[編集]

2001年9月14日、マイカルとともに民事再生手続きを開始し、経営破綻が明らかになった。その後、会社更生法による更生に切替が行われた。スポンサーには広島市に本社を置き九州でもGMS「ゆめタウン」を数多く展開するイズミも名乗りを上げたが、結局はイオンがスポンサーとなり、イオンの支援の下で再建を続け、マイカルより一足早く2005年2月4日に更生手続きが終了した。2007年春には、更生手続き終了後初の新設店舗として、サティ「本家」のマイカルから独立しながらも福岡市早良区にサティ1店舗が開業した。

店舗[編集]

戸畑サティ(当時)

全9店舗(合併前店舗)

現存する店舗は2011年3月1日(戸畑サティのみ先行して2010年4月23日にイオンに店名変更)に「イオン」にブランドが変更されている。

その他[編集]

マイカルカードとサティカード[編集]

ポケットカード(旧マイカルカード)が発行していた「マイカルカード」は、全国のサティとビブレにて特定日の割引特典が受けられたが、マイカル九州とは2006年4月30日、マイカルとは2005年12月31日を以て提携を解消した。

マイカル九州の再建にイオンの支援を受けたこともあり、イオンクレジットサービスが「サティカード」を発行するようになり、毎月15日・25日を「サティカード感謝デー」とした。以来、このカードではマイカルのサティ・ビブレでの特典を受けられなくなると共にマイカルの「サティ・ビブレカード」で当社の特典を受けられなくなったが、イオン九州との合併が近づいた2007年5月に、特典適用日が毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」に変更されると共にサティカード自体が「イオンカード」に統合され、先にイオンカードに統合されていたマイカルの「サティ・ビブレカード」やイオンマルシェの「イオンカルフールカード」(いずれもイオンクレジットサービスが発行)も当社の特典が受けられると共に「サティカード」でジャスコ、マックスバリュ、メガマート、イオンスーパーセンター、ミニストップ、カルフール、マイカルのサティ・ビブレなどの特典が受けられるようになった。現在、新規募集は「サティカード」から「イオンカード」の募集に切り替えている。また、既存の会員の有効期限到来時には「イオンカード」が切替発行される。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本商業年鑑 1971年版』 商業界、1971年。
  2. ^ ニチイ大野城店やニチイ粕屋店などの食料品売り場を担当したほか福岡市内を中心に数店舗の独自店舗を持っていた。
  3. ^ 「ジャスコ・サティパワーアップセール」開催について - イオン九州公式ウェブサイト、2014年5月27日閲覧。

関連項目[編集]

  • マイカル - 九州以外のサティビブレなどを運営。同じくイオングループ。以前のマイカル九州の筆頭株主であったが、会社更生手続きによる減資とイオンからの支援により、最終的にイオンを共通の持ち株会社とし、直接の資本関係がない兄弟会社となった。
  • ポスフール - 現在のイオン北海道。北海道のサティを運営していた。親会社のマイカルの経営破綻を機に独立し社名と店舗名をポスフールとしたが、後にマイカルと同じくイオングループ入りし、最終的にイオンの北海道地区の店舗も引継ぎ、社名もイオン北海道に改めた。
  • イオンクレジットサービス
  • ポケットカード

外部リンク[編集]