この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

ゆめタウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イズミ > ゆめタウン
ゆめタウン高梁(1号店)
ゆめタウン佐賀(最大規模の店舗)
ゆめタウン佐賀(最大規模の店舗)

ゆめタウン英語:youme Town[1])とは、広島市に本社を持つスーパーマーケットチェーンであるイズミが運営する総合スーパーGMS)、大型ショッピングセンターの名称。

概要

1990年(平成2年)6月14日開店のゆめタウン高梁(岡山県高梁市)、同年10月18日開店のゆめタウン東広島(広島県東広島市)を皮切りに、中国地方を中心として九州北部地方香川県四国地方)、兵庫県(近畿地方)へとネットワークを拡大している。イズミのスーパーマーケット「イズミ」から業態転換された店舗も存在する。2008年9月には旧ニコニコ堂の店舗を承継して運営していたゆめタウン熊本をイズミ本体へ吸収合併している。

1990年代総合スーパー (GMS) 業態で展開していたが、2004年に開業したゆめタウン光の森(熊本県菊陽町)以降、シネマコンプレックス(シネコン)や専門店街を備えたコミュニティ型ショッピングセンター (CSC) 業態での展開も行っており、いくつかの既存店舗にもシネコンを併設している。

ゆめタウン内にはイズミのインポートファッションブランドである「X-SELL」がテナントとして入っていることが多い。かつては広島市西区にある株式会社エクセルが展開していたが、イズミに吸収合併された。

山口県下関市ではゆめタウン長府の開店(1993年)に伴って、『ゆめタウン』という地名が誕生した。

2018年には西友よりザ・モール姫路、ザ・モール周南の2店舗の譲渡を受けた。両店舗はゆめタウン姫路ゆめタウン下松としてリニューアルオープンしている。

イオングループのイオンモール(イオンリテール株式会社イオンモール株式会社イオン九州株式会社が展開)や、四国を本拠とするフジグランと事業展開の範囲が重なっている。

2015年に行われたオリコンによる「総合スーパー顧客満足度ランキング調査」では、九州・沖縄地区で1位[2]、中国・四国地区では2位[3]を獲得している[4]

特徴

音楽

ゆめタウンの店内で流れている「ハロー!ゆめタウン[5]」と「ゆめカード5倍デー」を公式サイトで聴くことができる[6]。しかし、CMで使われている曲やゆめタウンのサウンドロゴなどは聴くことができない。

ロゴ

  • 初代(1990-) - 赤い風船のようなマークの下に「you me town」(「you」が赤で「me town」が緑)または「ゆめタウン」(緑色)のロゴタイプが表記されていた。また、「イズミ」のロゴタイプも掲げられていた。
  • 2代目(1995-) - 濃いピンク地に白文字で「you me town」と表記されるようになる。初代の風船マークや「ゆめタウン」の仮名のロゴタイプは廃止され、「イズミ」のロゴタイプの併用もなくなった。
    • 白地の場合は、初代と同様「you」がピンクで「me town」が緑で表記された。
  • 3代目(2003-) - 2代目のロゴタイプから「town」が省略され、単に「you me」となった[7]。既存店舗でも、看板の更新の際にはこの表記に変更されている[8]
    • 白地の場合は、2003年時点では「you」がピンクで「me」が緑であったが、2007年以降は両方がピンクで表記されるようになっている[9]

テレビCMについては、ロゴ下部に地域が表記されるが、福岡県の放送の場合、県外の視聴者も多いため「下関・福岡・佐賀大分」と表記されていたが、長崎県にある「夢彩都」が「ゆめタウン夢彩都」に改名した2013年9月以降は「福岡・佐賀・大分・長崎」と表記されている(長崎県では「ゆめタウン」を「夢彩都」に置き換えた専用バージョンのTVCMが存在していたが、改名した2013年9月以降は「ゆめタウン」のバージョンに統一されている)。

電子マネー

2005年(平成17年)8月頃より、東広島店・博多店・高松店の3店舗でおサイフケータイを用いた会員サービス「ゆめピッと」を導入(2011年(平成23年)5月末にサービス終了)。これに合わせて、3店舗に電子マネーEdyが導入され、以降、他の店舗でも順次Edyの導入が進められている(導入店舗ではEdyチャージャーが設置されている)。

2009年(平成21年)9月より、セブン&アイ・ホールディングスが展開する電子マネー「nanaco」が、広島店と博多店に導入された(のちに、みゆき店・高松店・徳島店まで拡大)。久留米店では、同年9月30日より西日本鉄道(西鉄)のICカード「nimoca」が導入された[10]

2010年(平成22年)7月27日より、株式会社ゆめカードを通じて、磁気ストライプ方式の独自電子マネー「ゆめか」のサービス提供を開始した[11]。これは従来から提供されているゆめカード(現金ポイントカード)に付加するタイプの電子マネーで、広島県・香川県の6店舗を皮切りに、2013年(平成25年)までに全店に導入された[12]。なお「ゆめか」は現金ポイントカードとしても利用できる(現金払いでも値引積立額を貯めることができる)。

更に2018年(平成30年)以降は、iDQUICPayの導入も進められている[13][14]

なお、これらの電子マネーはいずれも直営売場への導入であり、専門店には利用できない店舗もある。

POSシステム

ゆめタウンでは1990年の展開開始時からPOSシステムの導入を行っている。2002年までは全店日本IBM製を導入していたが、その後全て東芝テック製に切り替えている(イズミ店舗でもPOSシステムを導入している)。機種はM-6800かM-7000が導入されている。

店舗展開

2018年12月現在、中国地方を中心に計67店舗を展開する。

ゆめシティ(山口県下関市)は「ゆめタウン」の名称を用いておらず、独自の配色・デザインのロゴを使用しているが、実質的にゆめタウン形式での営業であるため、上記の店舗数に含めている。また、熊本県内のうち3店舗(ゆめタウンあらおゆめタウンサンピアンゆめタウンはません)とイズミ鳥栖店は旧ニコニコ堂の大型店舗を承継したもので、受け皿企業として設立したゆめタウン熊本により運営されていた(2008年(平成20年)にイズミと合併)。また、ゆめタウン倉敷はかつて倉敷サブリーナタウンとして営業していた(1979年(昭和54年)12月12日開店)。ゆめタウン夢彩都(長崎県長崎市)は2013年(平成25年)9月1日までは「ゆめタウン」の名称を用いておらず「夢彩都」だった。

九州地方初出店は1995年(平成7年)3月23日に開店したゆめタウン遠賀(福岡県遠賀町)、近畿地方初出店は1996年(平成8年)10月30日に開店したゆめタウン氷上(兵庫県丹波市、現・ゆめタウン丹波)、四国地方初出店は1998年(平成10年)10月3日に開店したゆめタウン高松(香川県高松市)である。

ゆめタウンの中で最大の商業施設面積を有するのは、2016年(平成28年)11月に増床したゆめタウン佐賀(佐賀県佐賀市、58,000m2)。地元である広島県内における最大店舗は、2015年(平成27年)6月11日に開店したゆめタウン廿日市(広島県廿日市市、46,000m2)。

売上上位店舗

表中、前年度よりも順位を下げた場合 減少 、前年度よりも順位を上げた場合 増加 、順位が変化しなかった場合 増減なし 、該当年度に初ランクインした場合は緑色の網掛けで示している。

2004 - 2008年度(売上高単位:億円、端数切捨て)
店舗名 所在地 2008年度[15] 2007年度[16] 2006年度[17] 2005年度[18] 2004年度[19]
順位 売上高 順位 売上高 順位 売上高 順位 売上高 順位 売上高
ゆめタウン高松 香川県 増減なし 1 231 増減なし 1 233 増減なし 1 237 増減なし 1 223 増減なし 1 209
ゆめタウン広島 広島県 2 215
ゆめタウン久留米 福岡県 減少 3 213 増減なし 2 209 増減なし 2 212 増加 2 197 5 102
ゆめタウン佐賀 佐賀県 減少 4 200 3 180
ゆめタウン光の森 熊本県 増減なし 5 178 減少 5 174 増減なし 4 170 4 163
ゆめタウン夢彩都 長崎県 減少 6 175 減少 4 175 増減なし 3 181 減少 3 172 増減なし 2 164
ゆめタウン博多 福岡県 減少 7 166 増加 6 150 減少 7 121 減少 6 124 増減なし 4 132
ゆめタウン呉 広島県 増減なし 8 127 減少 8 127 増加 6 123 7 112
ゆめタウン筑紫野 福岡県 減少 9 126 減少 7 129 増減なし 5 128 減少 5 126 増減なし 3 137
ゆめタウン大牟田 福岡県 減少 10 117 減少 9 100 増減なし 8 100 減少 8 99 減少 7 95
ゆめタウン東広島 広島県 減少 10 89 増減なし 9 91 増減なし 9 91 減少 6 96
ゆめタウン行橋 福岡県 増減なし 10 85 減少 10 86 減少 8 87
ゆめタウン山口 山口県 減少 9 83
ゆめタウン祇園 広島県 減少 10 78

上位は2000年代に開店した店舗が多い。2005年度以降、地場である中国地方の店舗は2店舗のみに対して、九州地方の店舗は7店舗が10位以内にランクインしている状況が続いている。1999年度以降売上トップをゆめタウン高松が獲得し続けている[20](1998年度は福岡県・ゆめタウン筑紫野がトップ[21] )。

店舗ギャラリー

過去の店舗

ゆめタウン大村(長崎県大村市)(旧ニコニコドー大村店)
ニコニコ堂から引き継いで2003年開業したが1年という短期間で閉鎖。現在は地元スーパーのエレナ大村中央店となっている。
ゆめタウン鳥栖(佐賀県鳥栖市)(旧ニコニコドー鳥栖シティモール)
跡地は2010年4月23日より2013年6月2日まで、うきは市に開業するディスカウント業態の試験店舗として同社運営のスーパーセンターイズミ鳥栖店になっていた。

出店を断念した店舗

鹿児島県鹿児島市東開町
鹿児島市東開町に開業するイオン鹿児島ショッピングセンター(現・イオンモール鹿児島)の隣接地に開業を計画していたが、2007年に断念している[22]。鹿児島県内には2017年現在も店舗が存在していない。
ゆめタウン水島

倉敷市連島町連島に出店を予定していたが、1999年5月に計画を断念。[23]

ゆめタウン岡山

岡山市下中野に出店を予定していたが、1999年7月に出店を断念。[24]

広告

イメージキャラクター

現在

  • 関根麻里 - 2011年のイズミ創業50周年祭から起用[25]。創業祭のCMの他「ゆめタウン徳島」のCMやゆめタウンデー(毎月1日、20日)CM、店内POPにも出演。因みに父親の関根勤イトーヨーカドーのCMキャラクターを務めている。
  • 黛英里佳 - 2013年3月よりCMに出演[26]
  • 橋本環奈 - 2016年4月28日より開催されるゆめフェスのPRから起用。

過去

  • 林家正蔵 (9代目) - 林家こぶ平時代の1990年代にCMに出演。ゆめタウンのオープンセール開催中には、こぶ平の似顔絵が入ったオリジナルグッズを買い物客にプレゼントしていた。

提供番組

ゆめひろ!見のがせナイト
広島ホームテレビ(HOME)にて2009年6月10日から2012年2月23日まで放送されていたゆめタウン広島のミニ番組
ゆめさがNOW!
サガテレビ(STS)にて平日に1日2回放送されていた、ゆめタウン佐賀の宣伝生帯番組
ゆめコレホットニュース
熊本朝日放送(KAB)にて放送されていた、ゆめタウンはませんおよびゆめタウン光の森の宣伝ミニ番組(2011年4月6日から2012年2月29日まで)。
ゆめとくテレビ
四国放送テレビ(JRT)にて放送されていた、ゆめタウン徳島の宣伝ミニ番組(2011年11月24日から2013年2月28日まで)。
ゆめタン!
中国放送西日本放送山口放送山陰放送福岡放送、サガテレビ、テレビ熊本大分朝日放送長崎放送で放送(2012年3月1日から2013年2月28日まで)。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ “Business Report 2014 Store Strategies” (PDF) (プレスリリース), 株式会社イズミ, http://www.izumi.co.jp/corp/e_ir/img/business/pdf/2014/5-10.pdf 2015年10月14日閲覧。 
  2. ^ 総合スーパー(九州・沖縄)の比較・口コミ - オリコン 2015年8月30日閲覧
  3. ^ 総合スーパー(中国・四国)の比較・口コミ - オリコン 2015年8月30日閲覧
  4. ^ ゆめタウンで買い物」に九州人がハマる理由 - 東洋経済オンライン 2015年8月30日
  5. ^ 後に同じBGMでゆめマート向けに歌詞を差し替えたバージョンも作成している。
  6. ^ ゆめタウン>ゆめコミ情報ツウ>音楽ダウンロード - 2011年6月3日閲覧
  7. ^ ゆめタウン久留米以降。
  8. ^ ゆめタウン吉田ゆめタウン邑久など。
  9. ^ ゆめタウン別府以降。
  10. ^ 「ゆめタウン久留米」でnimocaがご利用いただけるようになります (PDF) - 西日本鉄道ニュースリリース
  11. ^ “あなたのゆめカードがおサイフ代わりに!! イズミグループ電子マネー「ゆめか」誕生” (PDF) (プレスリリース), イズミ, (2010年7月21日), http://www.izumi.co.jp/news_release/pdf/youmeca.pdf 2010年12月22日閲覧。 
  12. ^ “5月15日(水)より シニア向け新カード「ゆめかプラス」発行” (PDF) (プレスリリース), 株式会社イズミ、株式会社ゆめカード, (2013年5月14日), https://www.izumi.co.jp/corp/news_release/pdf/2013/youmacaplus.pdf 2018年8月13日閲覧。 
  13. ^ 「iD」ゆめトクキャンペーン, 株式会社イズミ, (2018-08-01), https://www.izumi.jp/event/id.html 2018年8月13日閲覧。 
  14. ^ QUICPayの使えるお店, 株式会社ジェーシービー, https://www.quicpay.jp/shoplist/ 2018年8月13日閲覧。 
  15. ^ 2009年2月期 決算説明資料 - p.8(Ⅱ-2)
  16. ^ 2008年2月期 決算説明資料 - p.8(Ⅱ-2)
  17. ^ 2007年2月期 決算説明資料 - p.8(Ⅱ-2)
  18. ^ 2006年2月期 決算説明資料 - p.8(Ⅱ-2)
  19. ^ 2005年2月期 決算説明資料 - p.8(Ⅱ-2)
  20. ^ 2000年2月期 決算説明資料 - p.3
  21. ^ 1999年2月期 決算説明資料 - p.3
  22. ^ 3法施行で出店困難に 避けられない成長力低下 (株)イズミ(1) |流通大競争時代:|NetIB-NEWS|ネットアイビーニュース”. ネットアイビーニュース (2007年12月20日). 2017年2月12日閲覧。
  23. ^ 山陽新聞1999年7月31日付。
  24. ^ 山陽新聞1999年7月31日付。
  25. ^ 関根麻里 Archived 2016年6月4日, at the Wayback Machine. - 浅井企画
  26. ^ 黛 英里佳 モデルエージェンシー マドモアゼル

外部リンク