過去に存在したイトーヨーカ堂の店舗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イトーヨーカ堂 > 過去に存在したイトーヨーカ堂の店舗

過去に存在したイトーヨーカ堂の店舗(かこにそんざいしたイトーヨーカどうのてんぽ)は、かつてイトーヨーカドーとして営業していた店舗の情報を掲載している。

  • ×は現在建物が解体された店舗。

「ザ・プライス」に転換した後、閉店した店舗[編集]

北海道[編集]

  • (初代)琴似店札幌市西区琴似2条1丁目2−1[1]
    • イトーヨーカドー(1976年(昭和51年)7月開店[2] - ?)
    • イトーヨーカドー専門店館(1993年(平成5年)12月開店 - ?)
    • ザ・プライス(? - 2003年(平成15年)8月31日閉店[3]
      • イトーヨーカドー時代の売場面積約7,412m2[2]
      • 近隣の琴似駅南口に1993年(平成5年)10月1日に開店した「ジョイフルプラザ」の核店舗であるエスパ琴似店が[4]、2001年にイトーヨーカドー琴似店に転換している。
      • 跡地は東京靴流通センター等がテナントとして入居する「5588KOTONI」となっている。

東京都[編集]

  • (初代)赤羽店北区赤羽町1-237[5]
    • 1961年(昭和36年)11月7日開店[6] - 1995年(平成7年)閉店[要出典]
    • 売場面積約1,529m2[2]
    • 1983年(昭和58年)7月2日に「ザ・プライス」1号店として業態転換[7]
  • 滝山店×東久留米市滝山4-13-10[8]
    • イトーヨーカドー(1980年(昭和55年)2月開店[8] - 2009年(平成21年)7月12日閉店[要出典]
    • ザ・プライス(2009年(平成21年)7月17日転換 - 2018年(平成30年)2月25日閉店[要出典]
    • 売場面積約4,964m2[8]、駐車台数約170台[9]
    • 滝山団地の近隣に出店していた[9]
    • 跡地はヤオコー東久留米滝山店[要出典]

埼玉県[編集]

  • 蕨店×蕨市塚越1-7−9[10]
    • イトーヨーカドー(1970年(昭和45年)6月20日開店[11] - 2009年(平成21年)4月12日閉店)[要出典]
    • ザ・プライス(2009年(平成28年)4月17日変更[要出典] - 2016年(平成28年)10月閉店[12]
      • 敷地面積約4,000m2[11]、鉄筋コンクリート造地上5階建て[11]、延べ床面積約9,200m2[11]、店舗面積約5,834m2[11](直営店舗面積約3,882m2[11])、駐車台数約250台[11]

売場面積約7,382m2(直営売場面積約7,105m2)、延床面積約20,870m2

      • ザ・プライスの売場面積約6,780m2
      • 店舗跡には2018年(平成30年)6月27日にライフ蕨駅前店が開店した。[要出典]
  • 東松山店×東松山市箭弓町1-15-13[8]
    • イトーヨーカドー(1977年(昭和52年)6月開店[8] - 2009年(平成21年)4月19日閉店)[要出典]
    • ザ・プライス(2009年(平成21年)4月24日変更[広報 1] - 2016年(平成28年)10月閉店[12]
      • IY時代の売場面積約7,382m2[13](直営売場面積約7,105m2[13]、延床面積約20,870m2[13]
      • ザ・プライスの売場面積約6,780m2[広報 1]
      • 店舗跡は集合住宅「ハイムスイート東松山」となっている。[要出典]
  • 川口駅前店×川口市栄町3-14-15[1]
    • イトーヨーカドー(1970年(昭和45年)12月5日開店[14] - 2008年11月(平成20年)閉店)
    • ザ・プライス(2008年(平成20年)11月14日変更[広報 1] - 2019年(令和元年)5月19日閉店)
      • アリオ川口店と自社競合していたが、こちらは食品館と専門店中心だった。
      • ヨークショッピングスクエア川口店として開店[14]
      • 売場面積約6,795m2[2] → 「ザ・プライス」の売場面積約1,590m2[広報 1]
      • 跡地はプラウドタワー川口クロス。[要出典]
  • 西川口店(川口市西川口2-3-5[1]
    • (初代)イトーヨーカドー×(1974年(昭和49年)5月9日開店[15] - 2009年(平成21年)3月22日閉店)
    • ザ・プライス×(2009年(平成21年)3月26日変更[広報 1] - 2019年(令和元年)5月20日閉店)
    • (二代目)イトーヨーカドー(2020年(令和2年)12月3日開店 - )
      • 売場面積約5,994m2[8] → 「ザ・プライス」の売場面積約1,580m2[広報 1]
      • 2020年12月3日、跡地にホームズ西川口店がオープン(同店内にイトーヨーカドー西川口店が出店)。[要出典]

神奈川県[編集]

ヨークに譲渡された店舗[編集]

一旦イトーヨーカ堂内で別業態に変更した店舗のうち、2020年(令和2年)6月1日にイトーヨーカ堂からヨークに譲渡された店舗。譲渡ののち、6月5日に店舗ブランド名を変更した。[要出典]

ザ・プライス→ヨークプライス[編集]

イトーヨーカ堂内で「ザ・プライス」の業態で営業していた4店舗が、2020年(令和2年)6月のヨークへの譲渡に伴い「ヨークプライス」として営業している。[要出典]

東京都[編集]

  • 西新井店足立区興野町1-12-7[5]
    • イトーヨーカドー(1968年(昭和43年)6月26日開店[17] - 、2008年(平成20年)8月24日閉店)
    • 商店街から路地を入った場所にあった工場跡地に建てられた2階建ての店舗だった[17]
    • 開業時には、1階が食品や家電などで、2階が衣料品と雑貨という売り場構成だった[17]
    • ザ・プライス(2009年8月29日変更[18] - 2020年(令和2年)5月31日変更)
    • ヨークプライス(2020年(令和2年)6月5日 - )
      • 新生「ザ・プライス」の一号店[広報 1]
      • アリオ西新井開業後は自社競合していた。
      • イトーヨーカドー時代の店舗面積約3,165m2[13]、延床面積約4,545m2[13]→「ザ・プライス」の売場面積約3,300m2[広報 1]

神奈川県[編集]

  • 湘南台店(神奈川県藤沢市湘南台7丁目36-1)[要出典]
    • ザ・プライス(2013年(平成25年)3月7日開店 - 2020年(令和2年)5月31日変更)[要出典]
    • ヨークプライス(2020年(令和2年)6月5日 - )[要出典]

千葉県[編集]

  • 野田店野田市野田721[19]
    • イトーヨーカドー(1970年(昭和45年)7月4日開店[19][20] - 2003年(平成15年)6月15日閉店[21]
    • ザ・プライス(2013年(平成25年)12月4日開店[22] - 2020年(令和2年)5月31日変更[要出典]
    • ヨークプライス(2020年(令和2年)6月5日 - )
    • 敷地面積約13,000m2[19]、鉄筋コンクリート造地上3階建て[19]、延べ床面積約11,900m2[19]、店舗面積約7,104m2[19](直営店舗面積約5,246m2[19])、駐車台数約250台[19]
      • イトーヨーカドーの開業時点では1フロアの店舗面積が日本のスーパーでは最大であった[20]
      • 2013年(平成25年)12月4日にザ・プライス野田店(売場面積約2,082m2)が開業した[22]
  • 五香店松戸市常盤平5-22-3[1]
    • イトーヨーカドー(1972年11月開店[1] - 2009年(平成21年)3月23日閉店[23]
    • ザ・プライス(2009年(平成21年)3月28日変更[23] - 2020年(令和2年)5月31日[要出典]
    • ヨークプライス(2020年(令和2年)6月5日 - )
      • 売場面積約5,902m2[8] → 「ザ・プライス」の売場面積約5,410m2[24][広報 1]

イトーヨーカドー食品館→ヨークフーズ[編集]

2020年(令和2年)6月1日のヨークへの譲渡前に「イトーヨーカドー食品館」として営業していた店舗が「ヨークフーズ」として現在も営業している。[要出典]

なお、イトーヨーカドー食品館時代を経ずにヨークフーズの屋号を冠している店舗、現在もヨークに譲渡されず「イトーヨーカドー食品館」として営業している店舗(食品館川越店など)もある。[要出典]

東京都[編集]

閉鎖前のザ・プライス千住店外観。イトーヨーカドーの看板も残っている
  • 千住店足立区千住3丁目2[1]
    • イトーヨーカドー×(1945年(昭和20年)12月開店[13][8] - 2009年(平成21年)7月20日閉店)
    • ザ・プライス×(2009年(平成21年)7月25日開店 - 2016年(平成28年)4月10日閉店)
    • イトーヨーカドー食品館(2019年(平成31年)3月15日開店 - 2020年(令和2年)5月31日変更)
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )
      • 店舗面積約4,351m2[25] → 約4,184m2[13]、延床面積約6,594m2[13]。直営店舗面積約4,184m2[13]
      • 2009年(平成21年)にザ・プライスへ転換するも、イトーヨーカドー第1号店ということで転換後もイトーヨーカドーの看板が残っていた。[要出典]
      • 2016年(平成28年)4月10日建物の老朽化のため閉店。
      • 建物は取り壊され、三井不動産レジデンシャルが分譲マンション「パークホームズ北千住アドーア」を整備し、同マンションの1・2階テナントとして「イトーヨーカドー食品館 千住店」が2019年(平成31年)3月15日開店した[26]
      • 再開業時に店舗の歴史を振り返る展示パネルが設けられ、「ヨークフーズ千住店」への屋号変更後も引き続き設置されている。[要出典]
  • 立石店(葛飾区立石1丁目18-3[5]
    • イトーヨーカドー(1963年(昭和38年)6月30日開店[27] - ?)
    • イトーヨーカドー食品館(? - 2020年(令和2年)5月31日変更)
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )
    • 店舗面積約1,190m2[27]
      • 2023年1月現在、イトーヨーカドーとして営業していたかつ現存する最古の店舗である。(現在もイトーヨーカドーとして営業している店舗の場合は高砂店)[要出典]
  • 三ノ輪店荒川区南千住1-9-1[13]
    • イトーヨーカドー×(1968年(昭和43年)6月14日開店[28] - 2015年(平成27年)4月5日閉店[要出典]
    • イトーヨーカドー食品館(2016年(平成28年)4月22日開店 - 2020年(令和2年)5月31日変更)
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )
      • イトーヨーカドー時代の延床面積約5,281m2[13]、売場面積約3,411m2[13]
      • 閉店後、店舗を建替の上2016年(平成28年)4月22日に「食品館イトーヨーカドー三ノ輪店」を開店[29]
  • 阿佐谷店(杉並区阿佐谷北2丁目13-2)[要出典]
    • イトーヨーカドー食品館(2010年(平成22年)10月1日開店 - 2020年(令和2年)5月31日変更)[要出典]
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )[要出典]
  • 練馬高野台店(練馬区高野台1丁目7-27)[要出典]
    • イトーヨーカドー食品館(2012年(平成24年)6月28日開店 - 2020年(令和2年)5月31日変更)[要出典]
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )[要出典]
  • 早稲田店(新宿区早稲田町74)[要出典]
    • イトーヨーカドー食品館(2012年(平成24年)8月7日開店 - 2020年5月31日変更)[要出典]
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )[要出典]
  • 王子店(北区王子1丁目23-5)[要出典]
    • イトーヨーカドー食品館(2013年(平成25年)7月19日開店 - 2020年5月31日変更)[要出典]
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )[要出典]
  • 石神井公園店(練馬区石神井町3丁目23-15)[要出典]
    • イトーヨーカドー食品館(2013年(平成25年)10月2日開店 - 2020年(令和2年)5月31日変更)[要出典]
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )[要出典]
  • 中野店(中野区中野4丁目3-1)[要出典]
    • イトーヨーカドー食品館(2014年(平成26年)10月3日開店 - 2020年(令和2年)5月31日変更)[要出典]
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )[要出典]
  • 新宿富久店(新宿区富久町17-2)[要出典]
    • イトーヨーカドー食品館(2015年(平成27年)9月25日開店 - 2020年(令和2年)5月31日変更)[要出典]
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月17日 - )[要出典]
  • 梅島店(足立区梅島2丁目31-26)[要出典]
    • イトーヨーカドー食品館(2016年(平成28年)12月2日開店 - 2020年(令和2年)5月31日変更)[要出典]
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )[要出典]

神奈川県[編集]

上大岡店(2007年10月)
デニーズ上大岡店 (1号店)
  • 上大岡店横浜市港南区上大岡西3-9-1)
    • イトーヨーカドー×(1974年(昭和49年)4月27日開店[15] - 2017年(平成29年)3月20日閉店[30]
    • イトーヨーカドー食品館(2019年(平成31年)4月12日開店[31] - 2020年(令和2年)5月31日変更)
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )
      • 上大岡店1階には1974年の開業時より、日本におけるデニーズの1号店が出店していた。なお、デニーズジャパンはイトーヨーカドーにより設立された[32]デニーズも参照)。上大岡店の閉店に伴い、1号店であったデニーズも同時に閉店した[31]
      • 上大岡店の近隣の約1km北には1999年(平成11年)に開店した横浜別所店があり、上大岡店自体の建物の老朽化も閉店の理由と見られる。閉店予定の発表に伴い、閉店セールが同年2月1日より実施された[32]
      • 閉店後建物は取り壊され、敷地の北側に「イトーヨーカドー食品館上大岡店」として2019年(平成31年)4月12日に再開業し[31]その後「ヨークフーズ上大岡店」となった。[要出典]南側にはマンションが建設されたが、デニーズはいずれの施設にも再出店していない[31]
  • イトーヨーカドー食品館厚木店(厚木市田村町1-26)[要出典]
    • イトーヨーカドー食品館(2019年(平成31年)3月27日開店 - 2020年(令和2年)5月31日変更)[要出典]
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )
      • (初代)厚木店(厚木市中町4-13-1)が2017(平成29年)年2月19日に閉店したが約2年後に現住所へ移転し、食品館として再開業した。[要出典]

埼玉県[編集]

せんげん台店越谷市千間台東2-707)

  • イトーヨーカドー(1976年(昭和51年)1月25日開店[33][34] - 2006年(平成18年)1月15日閉店)
    • 売場面積約2,657m2[35](直営売場面積約2,607m2[35])、延床面積約4,383m2[35]
    • せんげん台駅東口にあり、国道4号線に面した大規模駐車場を併設した店舗であった[25]。ボウリング場を改装して出店した[34]
  • ザ・プライス(2009年(平成21年)11月20日建替開業[36] - 2020年(令和2年)5月31日変更)
  • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )
    • 旧せんげん台店跡地に子会社モール・エスシー開発(現在のセブン&アイ・クリエイトリンク)が開発した「セブンタウンせんげん台」の核店舗として出店[37]
    • 既存店の建物を利用した業態転換ではなく店舗の新築で開業したことと顧客が自ら精算する「セルフレジ」はザ・プライス業態では当店が初めてである[38]
    • ザ・プライスの売場面積約2,770m2[38]
  • 小手指店(埼玉県所沢市小手指町1丁目8-5)[要出典]
    • イトーヨーカドー食品館(2014年(平成26年)5月9日開店 - 2020年(令和2年)5月31日変更)[要出典]
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )[要出典]

千葉県[編集]

  • 鎌ヶ谷店鎌ケ谷市富岡1−1−3[39]
    • イトーヨーカドー×(1977年10月開店[要出典] - ?)
    • (初代)イトーヨーカドー食品館×(2006年(平成18年)4月 - 2009年(平成21年)3月)
    • ザ・プライス鎌ヶ谷店×(2009年3月20日 - )
    • (二代目)イトーヨーカドー食品館(2013年(平成25年)11月22日 - 2020年(令和2年)5月31日変更[要出典]
    • ヨークフーズ(2020年(令和2年)6月5日 - )[要出典]
      • 2006年4月に業態1号店である「イトーヨーカドー食品館・鎌ヶ谷店」を核店舗とする近隣型ショッピングセンターとしてリニューアル[40]
      • 2009年3月20日に[23]「ザ・プライス鎌ケ谷店」へ転換した[24]
      • 初富駅前の鎌ケ谷市都市公社の所有地に出店していたことから[39]、鎌ケ谷市の文化センターも併設するショッピングセンターに建て替えることになり[39]、「食品館イトーヨーカドー鎌ケ谷店」や100円ショップ「ダイソー」、衣料品店「ファッションセンターしまむら」などが入居する「ショッピングプラザ鎌ヶ谷」が2013年(平成25年)11月22日に開業した[41]

他のセブン&アイグループ店舗に転換[編集]

閉鎖前の秋田店(2007年5月3日)
閉鎖前の秋田店(2007年5月3日)

秋田県[編集]

  • 秋田店秋田市中通2-8-1[42]
    • イトーヨーカドー(1980年(昭和55年)11月22日開店[43] - 2010年(平成22年)10月11日閉店[44][45]
    • フォンテAKITA(2010年12月1日開業 - )
      • 敷地面積約4,915m2[42]、鉄骨鉄筋コンクリート造地下1階地上7階建て塔屋2階[42]、延べ床面積約34,586m2[42]、店舗面積約15,809m2[42](当社店舗面積約8,086m2[42])、駐車台数約610台[42]
      • なかよし(約1,895m2)と共に核店舗として出店していた[42]
      • 秋田駅前南地区の再開発事業で建設された「秋田ショッピングセンター」の核店舗として出店しており、開業時には地権者などの地元業者80店も入居していた[43]
      • 1992年をピークに売上が減少し[46]、1998年以降は赤字が続いていることに加えて自動車社会になっている中で駅前で日用品などを売る業態が時代にそぐわないとして閉店となった[46]
      • 店舗跡は商業施設「フォンテAKITA」として2010年12月1日にまず約40店舗で開業し[47]、2011年4月1日に約60店舗が入居して全面開業した[47]
      • 2階にロフトが入居して集客の核の一つとなっている[47]

宮城県[編集]

  • 石巻中里店×石巻市南中里2-9-45[13]
    • 1982年(昭和57年)6月開店[13][8] - 2010年(平成22年)1月17日閉店[48]
    • 店舗面積約4,733m2[13]、延床面積約7,977m2[13]。直営店舗面積約2,610m2[13]
    • 「サンエー」の店舗面積約1,488m2[8]
    • 「サンエー」が所有するサンエービルに同社と共に出店していた[13]
    • 蛇田地区に石巻あけぼの店が開業したのに伴い、石巻店から石巻中里店に改称。
    • 建物は解体済みで、跡地にヨークベニマル(売場面積約2,000m2)が「ヨークタウン石巻中里」(売り場面積約4,000m2)の核店舗として[48]2011年(平成23年)11月11日に開店した。なお、ヨーカドー時代とは店舗と平面駐車場の位置が逆になる。[要出典]
  • 仙台泉店仙台市泉区泉中央1-5-1)
    • 1992年(平成4年)7月1日開店[49] - 2024年(令和6年)1月31日閉店[50]
    • 敷地面積約12,529.14m2[51]、鉄筋コンクリート造地下1階地上6階建て・塔屋1階[51]、延べ床面積約58,761.48m2[51]、売場面積約18,995m2[52](直営売場面積約14,000m2[52])、駐車台数約2,000台[52]
    • 56店舗の専門店が出店する「泉中央ショッピングセンター」の核店舗の「仙台泉店」として開業し[52]、直営の売り場面積をSC全体の約70%から約40%に縮小して専門店の比率を拡大して2013年(平成25年)4月27日に「アリオ仙台泉」に業態転換して新装開店した[53]

福島県[編集]

  • 平店×(いわき市平字祢宜町23[54]
    • 1971年(昭和46年)4月28日開店[54][55][56] - 2021年(令和3年)2月28日閉店[要出典]
    • 敷地面積約5,100m2[54]、鉄骨鉄筋コンクリート造地上5階建て[54]、延べ床面積約14,500m2[54]、店舗面積約7,870m2[54](当社店舗面積約5,454m2[54])、駐車台数約100台[54]
    • 店舗は解体され、跡地にPaix Paixが2024年(令和6年)2月22日に開業[57]。核店舗としてヨークベニマルいわき平店が出店する[58]


栃木県[編集]

  • 鹿沼店×鹿沼市睦町287−1[59]
    • 1987年(昭和62年)11月26日開店[59] - 2006年(平成18年)11月末閉店[広報 6]
    • 敷地面積約29,600m2[59]、鉄筋コンクリート造地上3階建て[59]、延べ床面積約13,500m2[59]、店舗面積約7,711m2[59](直営店舗面積約6,000m2[59])、駐車台数約650台[59]
    • 帝国繊維が所有する土地・建物を借り上げて出店していた店舗である[広報 6]
    • 跡地は所有する帝国繊維が再開発して2008年3月に鹿沼ショッピングセンターが開業し[広報 6]ビバホーム鹿沼店内にヨークベニマル鹿沼睦町店で残る。[要出典]

長野県[編集]

  • 松本店松本市深志1-2-30[60]
    • イトーヨーカドー松本店(1978年(昭和53年)4月20日開店[61] - 1996年(平成8年)閉店)
    • 敷地面積約5,239m2[60]、鉄骨鉄筋コンクリート造地下2階地上7階建て[60]、延べ床面積約23,550m2[60]、店舗面積約11,634m2[60](直営店舗面積約8,453m2[60])、駐車台数約500台[60]
    • エスパ松本店(1996年(平成8年)10月16日開店[62] - 2011年(平成23年)10月閉店)
    • アリオ松本店(2011年(平成23年)12月16日開店[63][広報 7] - 2017年(平成29年)9月10日閉店[64]
      • 売り場面積約8,916m2[2]
      • アルピコ交通が所有する松電バスターミナルビルに入居していた。
      • アリオ松本へのリニューアルの際に、核店舗「イトーヨーカドー アリオ松本店」として再入居したが2017年(平成29年)9月10日に完全閉店[64]
      • イトーヨーカ堂が手掛けるショッピングセンター「アリオ」が閉鎖される初の事例となり、閉店後は同ビルを所有するアルピコ交通が観光商業施設として改装し再オープンした。[64]

転換・譲渡されず閉店した店舗[編集]

北海道[編集]

  • (初代)帯広店×帯広市西3条南9丁目1-5[65]
    • 1975年(昭和50年)4月26日開店[66] - 1998年(平成10年)11月9日閉店[67][68]
    • 敷地面積約8,812m2[65]、鉄筋コンクリート造地下1階地上6階建て塔屋2階[65]、延べ床面積約28,209m2[65]、店舗面積約11,753m2[65](直営店舗面積約8,832.3m2[65])。
    • 釧路地方裁判所帯広支部跡地に帯広市が建設した立体駐車場やバスターミナル[69]と一体的に設計された[70]鉄骨鉄筋コンクリート造り地下1階・地上6階建てのビルに出店していた[71]イトーヨーカドーの北海道1号店である[72]
    • 1970年代から1990年代にかけては当店は約100m離れた場所に立地している藤丸と共に中心市街地の商店街の核となり[73]、帯広市中心部の「歩行者通行調査」で当店北側入り口の通行量は毎年1位となる位の集客力を発揮し[67]、総合スーパーと百貨店という業態の違いから買い物客も使い分けて相乗効果を発揮しているといわれていた[74]
    • イトーヨーカドー帯広店(二代目)」(1998年(平成10年)11月27日開店)への移転に伴い閉店。
    • このため、帯広市中心市街地の2000年7月の歩行者通行量は当店の閉店前の1998年7月から平日で18%、休日でも15%も減少するなど、当店の移転に伴う閉店は中心市街地の集客力を落とす大きな要因の一つとなった[73]
  • 北四十二条店(札幌市東区北42条東7丁目1-1[2]
  • 苫小牧店×苫小牧市木場町1丁目9-1[77]
    • 1978年(昭和53年)6月6日開店[78] - 2010年(平成22年)1月11日閉店[78]
    • JR苫小牧駅北口の[79]苫小牧市木場町に出店し[77]、最盛期の2002年(平成14年)には売上高約100億円を上げていたが[80]、2005年4月下旬にイオン苫小牧ショッピングセンターや千歳市の千歳アウトレットモール・レラが開業した影響を受けて集客と売り上げが減少し[81]、2005年(平成17年)から4年間で約15億円の赤字となって2008年(平成20年)には売上高約42億円へ落ち込んだため閉店となった[80]
    • 敷地面積約14,794m2[77]、鉄筋コンクリート造り地上7階・地下1階建て延べ床面積約約35,346m2[77]。売場面積約17,200m2[78]
    • 店舗跡は閉店前年にはビル管理運営会社の東京に本拠を置くジョーンズラングラサールとや札幌市に本拠を置くランドブレインが後継店舗の招致を進め[82]、家具と雑貨販売のスイートデコレーションを運営する長谷川グループが2階部分の核店舗となる方向で調整が進んでいたが[82]、実現せず空き店舗の状態が続いた[77]
    • 結局後継店舗が入居しないまま土地・建物の2011年(平成23年)9月2日に4300万円で大東開発へ売却されることになった[77]
    • 建物は大東開発によって取り壊され[79]ベガスベガスが出店することになった[79]
  • 月寒店×札幌市豊平区月寒西1条11丁目3-1[2]
    • 1979年(昭和54年)6月開店[2] - 2001年(平成13年)6月10日閉店[86]
    • 売場面積約8,101m2[2]
    • 2001年(平成13年)12月上旬にカウボーイが出店した[87]
  • 旭川店旭川市6条通14丁目64[88][89]
    • 1980年(昭和55年)7月1日開店[88] - 2021年(令和3年)5月9日閉店[89]
    • 敷地面積約11,900m2[88]、鉄筋コンクリート造地下1階地上4階建て[88]、延べ床面積約40,400m2[88]、店舗面積約14,276m2[88](当社店舗面積約10,000m2[88])、駐車台数約500台[88]
    • 大成ファミリープラザの核テナントとして出店[90]
    • 建物は5階建[91]営業フロアは地上2階地下1階[要出典]、開業時の売場面積は14,000m2[90]
    • 店舗跡には居抜き出店という形で「メガセンタートライアル旭川店」が開店した[92]
  • 函館店函館市美原1丁目3-1[93][94]
    • 1980年(昭和55年)9月3日開店[95] - 2022年(令和4年)7月3日閉店[96]
    • 敷地面積約16,600m2[94]、鉄筋コンクリート造地下1階地上2階建て[94]、延べ床面積約27,600m2[94]、店舗面積約14,550m2[94](当社店舗面積約10,000m2[94])、駐車台数約2,000台[94]

店舗面積は15658㎡。

    • 「東急ボウル」を買収して開業した[97]「ショッピンプラザ・イチイ」を増床する形で建設された[98]一位物産が所有するイチイビルに出店していた[93]
  • 大麻店江別市大麻中町26-18[99]
    • 1980年(昭和55年)9月20日開店[99] - 1992年(平成4年)閉店[要出典]
    • 敷地面積約9,205m2[99]、鉄骨鉄筋コンクリート造地上12階[99]、延べ床面積約20,174m2[99]、店舗面積約3,931m2[99](当社店舗面積約1,650m2[99])、駐車台数約100台[99]
    • 2023年(令和5年)1月現在、跡地はラルズストア大麻駅前店となっている。[要出典]
  • 釧路店釧路市新橋大通6丁目2)
    • 1981年(昭和56年)7月開店[100] - 2019年(平成31年)1月20日閉店[100]
    • 地上3階、地下1階建て[101]。敷地面積約9,600m2[102]。閉店時の従業員数は約150人(正社員・パート合計)[102]。日本最東端のイトーヨーカドーとして営業していた(当店閉店後は北見店(北海道北見市)が最東端)。
    • 開店当初は釧路市の人口が約22万7,000人[101]とピークに達していた頃で[103]、JR釧路駅から離れた市街北西部に構える郊外型店舗として集客していたが、地域の人口減少や、2000年のイオンモール釧路昭和など、相次ぐ競合店の進出により競争力は徐々に低下した[104]
    • 2015年7月にリニューアルオープンし[105]、翌8月には釧路市と「地産地消・地場産品販路拡大に係る連携及び協力に関する協定」を締結し、全国に先駆けてネットスーパーでご当地商品を販売するなど[106]、巻き返しを図っていたが、時代の変化に適応できず、イトーヨーカ堂が進める構造改革の一環として閉店[102][103]イトーヨーカドー閉店後はセブン&アイの看板を「3階営業中」などに書き換え、3階の富士メガネ、靴のとまと屋など複数のテナントが営業を続けた。1階の出入り口などは閉鎖したまま立体駐車場を開けて出入口としていたが、2021年(令和3年)1月31日3階が閉業し、富士メガネなどは閉店、靴のとまと屋はぴあざフクハラ星が浦店に移転した。3階は出入口の立体駐車場など全て閉鎖した。2021年(令和3年)11月12日現在は、北洋銀行のみ営業を続けている。[独自研究?]
  • 恵庭店×恵庭市恵み野西2-1[107]
  • 新川店(札幌市北区新川2条7丁目3-20[110]
    • 1990年(平成2年)2月15日開店[110] - 2013年(平成25年)9月16日閉店[111]
    • 新川ショッピングセンターの核テナントとして出店。
    • 鉄筋コンクリート造り地上2階・地下1階建て延べ床面積約21,730m2[112]
    • 近隣に競合店の出店が相次いで売上高が最盛期の1995年の約半分まで低下したうえ、店舗が老朽化しているとして閉店となった[113]
    • 店舗跡はドン・キホーテのグループ会社が取得し[112]長崎屋運営による「MEGAドン・キホーテ新川店」が2013年(平成25年)12月5日に開店した[114]
  • 千歳店千歳市勇舞8丁目1-1[115](旧・北信濃841[116]))
    • 2000年(平成12年)11月1日開店[116] - 2009年(平成21年)2月28日閉店[117]
    • JR千歳線長都駅に近い新興の市街地へ出店したが[116]、周辺人口が想定よりも伸び悩み、近隣に大型ショッピングセンターが進出したことから衣料品の売り上げの落ち込みが酷かったことからわずか8年ほどで撤退となった[118]
    • 敷地面積約41,077m2[116]。直営の売場面積約10,520m2[118]。施設全体の売場面積約15,500m2[115]
    • 店舗跡は『ちとせモール』(売場面積約15,500m2)となり[115]、2009年(平成21年)4月24日に1階部分にアークスグループラルズが運営する「スーパーアークス長都(おさつ)店」(売場面積約2,280m2)が開店した[115]
  • すすきの店×(北海道札幌市中央区南4条西4丁目1)
    • 2009年(平成21年)3月26日開店 - 2020年(令和2年)5月17日閉店
    • ススキノラフィラの核テナントとして出店していたが、同建物の老朽化や耐震性不足に伴い閉店。
    • 閉店時点では建て替え後の施設(ココノ ススキノ)に再出店する予定であったが、イトーヨーカ堂の事業再編に伴い出店を取りやめ、資本・業務提携関係にある「ダイイチ」が出店する事になった[119]


東北地方[編集]

青森県[編集]

  • 八戸店八戸市十三日町16[120]
    • 1980年(昭和55年)4月19日開店[120] - 2003年(平成15年)2月23日閉店[121][122]
    • 売場面積約10,873m2[8]
    • 八戸第一市街地再開発組合が建設した青森県内初の市街地再開発ビルである八戸スカイビルの核店舗として出店していた[120]
    • 同店は1998年(平成10年)3月12日に八戸沼館店(直営売場面積約10,540m2ピアドゥ)が開店した[123]後もしばらくは営業を続けていたが不採算のため閉店し、八戸地区の店舗は八戸沼館店に移行した格好となった。[要出典]
    • 当店の閉店後はテナントビル「cino(チーノはちのへ)」として営業していたが2022年(令和4年)9月に閉館し、建物は解体され再開発が行われる予定となっている[124][125]
  • マルキ飛島[126] → イトーヨーカドーマルキ×[127]五所川原市字柏原町5[126]
    • 延べ床面積約10,258m2[128]、店舗面積約6,781m2[128]
    • 1983年(昭和58年)1月にイトーヨーカドーと提携し[129]、1997年(平成9年)11月3日に閉店[130]
    • 1997年(平成9年)11月にイトーヨーカドー五所川原店(直営売場面積約9,500m2[131]が郊外の「エルムの街」に出店したため移転という形で閉店[132]
    • 後に解体され、現在は更地になっている。[要出典]
  • 五所川原店(青森県五所川原市大字唐笠柳字藤巻517-1[133]
    • 1997年(平成9年)11月20日開店[133] - 2024年(令和6年)3月31日閉店[134]
    • 敷地面積約132,000m2[133]、延べ床面積約43,453.05m2[133]、店舗面積約29,879m2[133](当社店舗面積約9,587m2[133])、駐車台数約2,500台[133]
    • 「五所川原シティ21構想」の一環として建設されたエルムの街ショッピングセンターの核店舗として「スーパーセンタープライス」(約4,366m2)や「サンデー」(約3,650m2)と共に核店舗として出店していた[133]
    • エルムの街本体の営業は引き続き継続する[135]
    • 2018年(平成30年)に、2階の営業を取りやめて1階に集約した[136]

岩手県[編集]

  • 北上店北上市大通り1丁目3-1[137]
    • 1986年(昭和61年)3月21日開店[137] - 2000年(平成12年)1月30日閉店
    • 敷地面積約6,153m2[137]、鉄骨鉄筋コンクリート造地下1階地上4階一部9階建て[137]、延べ床面積約24,498m2[137]、店舗面積約9,269m2[137](当社店舗面積約6,800m2[137])、駐車台数約700台[137]
    • 北上駅前地区第一種市街地再開発事業の核店舗として出店した[138]
    • 店舗跡はテナントビル「おでんせプラザ ぐろーぶ」[要出典]


福島県[編集]

  • (初代)郡山店×郡山市中町14[5]
    • 1969年(昭和44年)12月14日開店[139] - 1988年(昭和63年)1月20日閉店[140][141]
    • 地上一部6階・地下1階[注釈 1]、売場面積約3,965m2[142]
    • 土地は地元企業であった「扇屋」が所有し、1964年に地上一部6階・地下1階の「扇屋ビル」を建設[140]。1969年(昭和44年)に倒産した『クローバー』[143]の後継テナントとして入居。
    • 1969年に核テナントとして関東以外では初めての直営店舗として開店[144]。なお、地下1階の食品売り場としてヨークベニマルが入居していた[145]
    • 閉鎖後解体され、駐車場となっている[140]
    • 1990年(平成2年)3月下旬には、東京の不動産業者が土地及び扇屋側の経営権を取得する出来事もあった[140]
    • 閉鎖翌年の1989年(平成元年)6月29日に郡山市西ノ内に「西部ショッピングセンター」の核テナントとして移転開業[146]
  • 白河店白河市本町2-1[147]
    • 1971年(昭和46年)10月開店[2] - 2002年(平成14年)5月26日閉店[148]
    • 売場面積約3,078m2[2]
    • 1998年(平成10年)2月まで、食品売場としてヨークベニマルが入居していた[149]
    • 売場面積約4,146m2[150]
    • 店舗跡は白河市が買い取って改装し、市民交流センター「マイタウン白河」となった[150]
  • いわき植田店×いわき市植田町中央3丁目3-1(旧・八郷4-1[147]))
    • 1975年(昭和50年)4月28日開店[151] - 2006年(平成18年)9月18日閉店[152]
    • 売場面積約6,335m2[8]
    • 植田小学校跡地に地元商業者が設立した「勿来商業振興(協)」が開設した植田ショッピングセンター(地下1階・地上5階建て、延べ床面積約13,760m2)の核店舗だった[151]
    • 2002年に一旦は閉店して撤退することになったが[153]、この時は閉店せずに終わった。
    • 店舗跡のテナントには藤越等が入居したが、藤越は2008年8月末に撤退し、同年9月に運営母体の協同組合植田ショッピングセンターが民事再生法の適用を申請して事実上倒産した[154]。2009年に全館閉館し解体して更地にしてヨークベニマルに引き渡し、その代金で清算することになった[152]
    • 2023年1月現在、跡地はミニストップいわき植田駅前店等となっている。[要出典]


関東地方[編集]

茨城県[編集]

  • (初代)土浦店×土浦市大和町2-20[1]
    • 1973年(昭和48年)6月[2][155]15日開店[要出典] - 1997年(平成9年)閉店[156]
    • 売場面積約8,841m2[2]
    • 後の川口ショッピングモール505の近くに出店しており[155]、丸井や西友などと共に駅周辺の商業集積の中核となり[156]、1982年には売上高約116億円を上げていたが[156]、1996年には約半分へ落ち込んだため[156]、(2代目)土浦店へ移転する形で閉店した[156]
    • 建物は2001年(平成13年)5月から解体され[157]2023年1月現在は分譲マンション「パークホームズ土浦」となっている。[独自研究?]
  • (2代目)土浦店(土浦市大和町9-1、ウララ1内[155]
    • 1997年(平成9年)10月2日開店[156] - 2013年(平成25年)2月17日午後8時閉店[158][159]
    • 約68億円で土浦駅前再開発ビル「ウララ1」の保留床を取得し[155]、地下1階から4階に[160]初代店舗から移転する形で開店し[155][156]、開業当初は売上高約89億円を上げた[155]
    • しかし、自動車社会の進展やそれに合わせた郊外型ショッピングセンターの進出などの影響を受けて1998年(平成10年)に西友土浦店[158]、1999年(平成11年)に小網屋[158]、2004年(平成16年)に丸井土浦店と当店と共に駅周辺の商業の中核を担っていた大型店が相次いで閉店し[158]、当店が直営売場を持つ最後の大型店となるなど商環境が大きく変化したため[159]、売上が低迷して閉店となった[158]
    • 当店の閉店と同時に同居していた「ウララ1」の専門店26店のうち18店も閉店している[158]
    • 店舗跡は土浦市が購入し[160]2013年(平成25年)2月28日に引き渡され[155]、2015年9月24日にも市役所の庁舎が開庁[161]。(取得額14億8000万円)
    • 2013年(平成25年)7月15日から2014年(平成26年)2月末までの期間で1階部分にスーパーマルモ(店舗面積260m2)など38店舗が営業する『ウララマルシエ』(店舗面積2,240m2)が営業を行っているが[160]、市役所移転後にも食品売り場の設置を求める声が多かったことから[162]、地下1階には大手スーパー「カスミ」が入居し、地上1階と2階には地上喫茶店や観光物産館などが新規に入る商業施設も同居する形となった[161]
  • 取手店×取手市取手3丁目4-30[163](旧・取手町773-1[147]))
    • 1973年(昭和48年)3月23日開店[163] - 2001年(平成13年)1月31日閉店[164]
    • 敷地面積約10,266m2[163]、鉄骨鉄筋コンクリート造地下1階地上5階建て[163]、延べ床面積約19,648m2[163]、店舗面積約10,981m2[163](直営店舗面積約4,750m2[163])、駐車台数約400台[163]

店舗面積7,536m2[147]

    • かつて取手駅東口に存在した[要出典]取手カタクラショッピングプラザのキーテナント[163]
    • 当店の閉店後は2001年(平成13年)4月27日にマルエツ[165]が地下1階に入居し、他に衣料品や飲食店、100円ショップなどの専門店で構成される複合商業ビルが開業したが[166]、2005年(平成17年)3月にマルエツが閉店し、2007年(平成19年)に「カタクラショッピングプラザ」も閉店した[167]
    • 店舗跡にはマンション「ポレスターステーションシティ取手」が建てられている。[要出典]
  • 結城店結城市大字結城7473[8]
  • 高萩店×高萩市春日町1-20[147]
    • 1975年(昭和50年)6月28日開店[169] - 2005年(平成17年)6月5日閉店[170]
    • 売場面積約5,947m2[8]
    • JR高萩駅前に出店していた敷地面積約5,600m2に建設された3階建て延べ床面積約19,000m2の店舗。
    • 最盛期の1980年代には売上高約75億円を上げていたが、郊外への相次ぐ大型店出店や地元の日本加工製紙の破たんの影響などで約半分まで減少したとして閉店となった[170]
    • 店舗跡は2023年1月現在も更地となっている。[要出典]
  • 日立店 (日立市幸町1-16-1[171]
    • 1991年(平成3年)10月30日開店[171] - 2022年(令和4年)1月16日閉店[172]
    • 売場面積約1,800m2
    • 市が手がけた駅前再開発事業の中核としてオープンし、JR日立駅前の拠点施設として30年以上営業していたが新型コロナウイルスや郊外型ショッピングセンターなどに客足を奪われた影響で閉店に追い込まれた。[要出典]
    • 当初は年間売上高120億〜130億円を誇ったが末期は低迷していた。[要出典]
    • 当店の閉店を受け「日立駅前地区活性化委員会 」は近接する東鉱ビル1階に生鮮食料品や生活雑貨を扱う期間限定ショップを開設して活性化を図っている。[要出典]
    • 店舗跡には2023年(令和5年)4月にコープおよび無印良品が出店予定[173]
  • 古河店古河市雷電町1-18)

栃木県[編集]

  • 栃木店×栃木市境町10[1]
    • 1973年(昭和48年)12月15日開店[176] - 2000年(平成12年)2月13日閉店[177]
    • 売場面積約7,990m2[2]
    • 跡地は駅前区画整理により解体。[要出典]
  • (初代)宇都宮店×宇都宮市宿郷3丁目16-3(旧・宿郷町633-2[1]))
    • 1974年(昭和49年)11月15日開店[178] - 2004年(平成16年)9月26日閉店[要出典]
    • 敷地面積約6,600m2[179]、売場面積約4,500m2(開業時)[179]→約8,360m2[2]、駐車台数約500台[180]
    • 地下1階・地上3階建てで、1階から2階までの吹き抜けのある店舗で、催し広場やチビッコ広場などのある店舗だった[179]
    • 跡地には「かましん カルナ駅東店」として2004年(平成16年)に開業し、[要出典]その後建物建て替えのため2019年(令和元年)6月閉店したが2021年11月に再開店した[181]
    • 入れ替わる形で、シンガー日鋼工場跡地(宇都宮市陽東)を再開発して2004年(平成16年)10月5日に開業したベルモールの核店舗として(2代目)宇都宮店が開店した[182]
  • 足利店×足利市田中町95-1[183]
    • 1980年(昭和55年)10月30日開店[183] - 2006年(平成18年)9月18日閉店[184]
    • 敷地面積約10,300m2[183]、鉄骨鉄筋コンクリート造地上2階建て[183]、延べ床面積約14,000m2[183]、店舗面積約8,016m2[183](直営店舗面積約5,500m2[183])、駐車台数約600台[183]
    • 渡良瀬川の南側の国道293号沿いに出店していた[184]
    • 跡地にはたいらや足利店を核店舗とする「アクロスプラザ足利」として2009年(平成21年)11月13日に開業した[185]
  • 小山店小山市駅東通り2-3-15[186]

群馬県[編集]

  • 前橋店前橋市表町2丁目30-5[192]
    • 1987年(昭和62年)9月26日開店[192] - 2010年(平成22年)8月16日閉店[193][194]
    • 敷地面積約6,600m2[192]、鉄筋コンクリート造地下1階地上7階建て[192]、延べ床面積約42,442m2[192]、店舗面積約11,883m2[192](直営店舗面積約7,800m2[192])、駐車台数約600台[192]
    • JR前橋駅北口にある[195]敷地面積は約6,900m2に建設された鉄骨鉄筋コンクリート造地下1階地上7階建ての「前橋駅前ビル」に出店していた[192]
    • 店舗の建物は地元前橋市の曽我製粉が75.81%で残りの24.19%を東武鉄道が区分所有する共同のビルとなっている[196]
    • 2007年(平成19年)9月25日で賃貸借契約が切れた際には契約が更新されたが[196]、中心市街地の空洞化や競合する相次ぐ大型ショッピングセンターの進出で売り上げが伸び悩み[196]、2010年(平成22年)8月16日に閉店となった[194]
    • 閉店直前の2010年8月にスズラン百貨店(1階の約1,500m2)とフレッセイ(地下1階の約2,640m2)という地場資本の百貨店とスーパーが出店する新たな商業施設が後継店舗となる構想が発表されたが[194]、採算面の問題から同年10月に白紙撤回となった[197]
    • 商業施設の再生を手がける「やまき」が[198]、2012年(平成24年)5月に15年の定期借家契約を締結し[199]、「富士通フロンテックシステムズ」も入居する事務所と店舗などからなる複合施設「エキータ(現・アクエル前橋)」として[197]同年11月15日に新装開業した[200]
  • 藤岡店×藤岡市藤岡831)
    • 1974年(昭和49年)5月開店[201] - 2017年(平成29年)1月閉店[12]
    • 売場面積6,915m2
    • 群馬県内1号店だった。
    • 店舗は解体され[202]跡地は建物とその向かい側にクスリのアオキ藤岡中央店、県道を挟んで向かい側の駐車場に[要出典]ベルク藤岡店が出店された[203]
  • 伊勢崎店伊勢崎市連取町1507)
    • 1995年(平成7年)3月17日開店[204] - 2021年(令和3年)2月21日閉店
    • 売場面積11,461m2[204]
    • この閉店により、群馬県からイトーヨーカドーの店舗は消滅した。
    • 店舗跡はトライアルカンパニーが居抜き出店し、2022年(令和4年)10月7日に「メガセンタートライアル伊勢崎中央店」が開業した[205]

埼玉県[編集]

  • 北浦和店×さいたま市浦和区北浦和3-4-14[1]
    • 1962年(昭和37年)12月16日開店[206] - 1992年(平成4年)8月閉店
    • 売場面積400m2[206] → 5,137m2[207]
    • 店舗跡は「ミニストップ北浦和東口店」等が入るビルとなっている。[要出典]
  • 錦町店蕨市錦町1-12-1)
    • 2003年(平成15年)11月7日開店[208] - 2020年(令和2年)5月31日閉店[209]
    • 売場面積23,000m2[208]
    • 大日本インキ化学工業蕨工場跡地に出店した。
    • 店舗跡には2021年(令和3年)3月10日、スーパービバホームやヤオコーなど約40店舗が入居する「ビバモール蕨錦町」が開業した[210]
  • (初代)大宮店さいたま市大宮区吉敷町4-242-1[211]
    • 1983年4月8日開店[212] - 2015年(平成27年)3月1日閉店[212]
    • 敷地面積約12,231m2[211]、鉄筋コンクリート造地下1階地上3階建て[211]、延べ床面積約97,264m2[211]、店舗面積約29,250m2[211](直営店舗面積約12,489m2[211])、駐車台数約1,300台[211]

売場面積11,814m2[13]

  • 杉戸店×北葛飾郡杉戸町杉戸2-9-20[216]
    • 1973年(昭和48年)12月開店[8] - 2003年(平成15年)[217]1月26日閉店
    • 売場面積約5,947m2[8]。地上4階建て[216]
    • 店舗跡には2003年(平成15年)4月16日に1階にサンベルクス杉戸店、2階にパシオス(田原屋)、3階にダイソーが出店した商業施設が開業していた[216]が、2022年(令和4年)7月10日より建物建て替えのため長期休業となっている[広報 10]
  • 上福岡西店×入間郡大井町(現:ふじみ野市)鶴ヶ舞2-2-17[8]))
    • 1977年(昭和52年)11月開店[8] - 2004年(平成16年)11月上旬閉店[218]
    • 開店当初の店舗名は「上福岡店」であった。
    • 跡地には2005年3月19日にスカウントスーパーギガマート上福岡店が開店していた[219]が、2013年(平成25年)8月閉店後に解体され、跡地にマミーマート鶴ケ舞店が開店した。[要出典]
  • 越谷店×越谷市越ヶ谷1-16-6[220]
    • 1969年(昭和44年)6月5日開店[221] - 2009年(平成21年)5月10日閉店
    • 敷地面積約2,640m2[220]、鉄筋コンクリート造3階建て[220]、延べ床面積約10,035m2[220]、店舗面積約8,008m2[220](直営売場面積4,155m2[221])。
    • 売場面積4,155m2のヨークショッピングスクエア越谷店として開業し[221]、後に増床し売場面積約10,707m2[8]となる。
    • 跡地には2010年(平成22年)12月16日にMrMax越谷ショッピングセンターが開業したが2017年(平成29年)1月15日をもって閉店し[広報 11]、その後2017年4月21日にフードスクエアカスミ アルコ越谷店[広報 12]がオープン。
  • 坂戸店×坂戸市日の出町5-30[222]
    • 1976年(昭和51年)6月29日開店 - 2016年(平成28年)10月16日閉店[223]
    • 売場面積8,429m2
    • 解体後、2018年(平成30年)3月30日にアクロスプラザ坂戸が開業。[要出典]
  • (初代)川越店×川越市新富町1-20[224]
    • 1967年(昭和42年)11月15日開店[224] - 2016年(平成28年)10月閉店[12]
    • 売場面積4,300m2[224]
    • 埼玉県内では最古の店舗かつ東京都外本格進出1号店であった[225]
    • 店舗跡は建て替えられ、2019年(令和元年)11月28日に食品館川越店(二代目)が開店した[226][227]
  • (初代)新田店×草加市旭町6-15-30[222]
    • 1972年(昭和47年)12月13日開店[228] - 2019年(令和元年)2月24日閉店[要出典]
    • 売場面積5,039m2
    • 閉店後は建物を解体し、同敷地に新田店(2代目)を2020年(令和2年)10月30日に開店。[要出典]
  • 上福岡東店×(上福岡市大原2-1-30[229]ふじみ野市))
    • 1999年(平成11年)10月1日開店[229] - 2019年(令和元年)8月25日閉店[230]
    • ふじみ野市役所向かいの「上福岡東ショッピングプラザ」の核店舗として開店。[要出典]
    • 売場は2階建て、売場面積は16,393m2で、立体駐車場を備えていた[231]
    • 店舗跡にはヤオコーやサンドラッグがオープンし、西側にはマンション「ブリリアシティふじみ野」が完成予定。[要出典]
  • (初代)春日部店(春日部市中央1丁目9-7[222]
    • 1972年(昭和47年)4月22日開店 - 1996年(平成8年)11月24日閉店。[要出典]
    • 1996年(平成8年)12月4日に隣接地に新築移転した[232][233]
    • 退店後の建物には1997年4月27日に大塚家具春日部ショールームとが開業したが[234]、2018年5月27日に閉鎖[235]
    • なお、駅反対側の西武(元のロビンソン)春日部店跡地に大塚家具創業者の大塚勝久が創業した匠大塚が出店している。[要出典]
    • 大塚家具撤退後は空き店舗となっている。[要出典]
  • 加須店×加須市大門町20-58[236]
    • 1991年(平成3年)1月30日開店[236] - 2021年(令和3年)1月11日閉店[237]
    • 地上2階建て[238]。加須片倉パーク(店舗面積約6,652m2)の核店舗として出店していた[239]
    • 店舗跡は解体され「ヤオコー加須店」となっている。[要出典]

千葉県[編集]

  • 稲毛店千葉市稲毛区小仲台7丁目2-1[240]
    • 1978年(昭和53年)4月開店[8] - 1998年(平成10年)3月1日閉店[241]
    • 丸山製作所が所有する[242]丸山ビルに出店し、売場面積6,769m2の店舗であった[243]
    • 店舗跡の1階にはマルエツ稲毛店が入り[243]、2階から3階には家電量販店ミドリ電化が出店していた[243]
  • 長沼店(千葉市稲毛区長沼町93-1[244]
    • 1992年(平成4年)2月27日開店[244] - 2003年(平成15年)2月2日閉店[240]
    • 国道16号線と県道浜野・四街道・長沼線の交差点に開設された地元主導型ショッピングセンターの核店舗として出店していた[244]
    • 店舗跡はシニア向け分譲マンション「スマートコミュニティ稲毛」の共有施設部分(クラブハウス)となっている[245]
  • 志津店×佐倉市上志津字房向台1764-5[147]
    • 1977年(昭和52年)6月開店[8] - 1997年(平成9年)5月5日閉店[要出典]
    • 売場面積約7,748m2[147]
    • 店舗跡は1998年ごろにOKストア志津店等が入店したが、2018年6月24日に閉店した[246]
  • 臼井店×(佐倉市染井野4-7-1[247]
    • 1998年(平成10年)10月23日に開店[123] - 2009年(平成21年)1月12日閉店
    • 売場面積約8,500m2[123]
    • 店舗跡には、2010年10月13日にヤオコー佐倉染井野店を核店舗とする近隣型ショッピングセンターのザ・マーケットプレイス佐倉が開店した[247]
  • (初代)四街道店四街道市大日字緑ケ丘429-2[147]
  • (初代)市原店×市原市五井中央西2丁目24-8[250]
    • 1976年(昭和51年)6月24日開店[251][252] - 2010年(平成22年)5月9日閉店[253]
    • 敷地面積約10,559m2[251]、鉄筋コンクリート造地下1階地上6階建て塔屋1階[251]、延べ床面積約12,376m2[251]、店舗面積約16,033m2[251](直営店舗面積約11,475m2[251])、駐車台数約1,000台[251]
    • JR・小湊鉄道五井駅西口から[254]北西約500mにあった[250]市原市役所跡地の市有地に開設された[254]市原ショッピングスクエアビルの核店舗として出店していた[250]
    • 最盛期には当社の店舗の中で全国1位の売り上げを記録するなど市原市を代表する商業施設となっていたが[254]、郊外への出店が相次いで売り上げが最盛期の約3分の1へ大きく落ち込んで10年間連続赤字となったため閉店となった[253]
    • 当店の閉店の翌年 2011年2月までに全テナントが撤退して完全に閉鎖となり[250]、同年建物を所有・管理している住友不動産など住友グループ3社が後継店舗の招致を断念した[254]
    • 店舗跡の建物は2012年(平成24年)3月に譲渡されて市原市の所有となり、同年市原市が利活用案の公募を行った[250]
    • 2013年(平成25年)11月28日に五井駅東口から約1kmの場所に開業した[255]アリオ市原内の(2代目)市原店[256]とは別店舗。
  • 八幡宿店×(市原市五所1972-1[8]
    • 1983年(昭和58年)10月20日開店[257] - 2005年(平成17年)4月17日閉店[258]
    • 売場面積約9,202m2[8]
  • 君津店×君津市東坂田2丁目6-1[8]
    • 1976年(昭和51年)4月10日開店[259] - 2006年(平成18年)1月[260]22日閉店[要出典]
    • 売場面積約5,658m2[8]
    • 2001年(平成13年)12月、2002年(平成14年)春に閉店との方針が打ち出されたが[261]、2002年3月に営業継続に方針転換され[262]、2002年(平成14年)5月29日に新装開店した[263]
  • 東習志野店×習志野市東習志野7-3-1 )
    • 1994年(平成6年)12月1日開店[264][265][266](1994年11月という記述もある[267]) - 2017年2月末閉店[268]
    • 店舗は解体され、跡地には大規模物流施設『Landport 東習志野』が建設された[広報 13]
  • 新浦安店浦安市明海12番地[269]
    • 2000年(平成12年)10月19日開店[269] - 2017年(平成29年)5月28日閉店[270]
    • 2017年6月28日に食品館として場所を移転し営業を再開された[270]が、2018年4月8日に閉店[271]
    • 鉄筋コンクリート造5階建[269]。売場面積約19,300m2[269]
    • 2018年(平成30年)9月27日にスターツが運営する商業施設ニューコースト新浦安が開業した[272]
  • 成田店成田市公津の杜4-5-3)
    • 1999年(平成11年)12月1日 - 2020年(令和2年)1月13日閉店[273]
    • 京成本線公津の杜駅前にある ユアエルム成田店の核テナントとして営業していた。
    • ユアエルムはイトーヨーカドー撤退後も営業を続けており、2020年6月のリニューアルオープンで食品売り場の跡地に食品スーパーのロピアが入居した。


東京都[編集]

23区[編集]
  • レディスコーナー足立区千住2丁目14[274]
    • 売場面積約66m2[274]
  • (初代)小岩店江戸川区南小岩7-23-20[1]
    • 1963年(昭和38年)5月1日開店[275] - 1982年(昭和57年)3月閉店[要出典]
    • 小岩駅前店(売場面積約7,146m2)が1980年4月に開店し[2]、(2代目)小岩店となった。
  • (初代)曳舟店×墨田区京島1-27-3[1]
    • 1967年(昭和42年)7月開店[8] - 2010年(平成22年)11月7日閉店[276]
    • 売場面積約2,540m2[8]
    • 3階建ての建物に食料品や衣料・雑貨売場が配置された店舗で[276]、当社で初めて食品のマーチャンダイジングを行った店舗である[277]
    • 2010年10月24日に2階・3階部分を閉店、完全閉店までは食料品売場のみの営業となった。[要出典]
    • 2010年(平成22年)11月27日に曳舟駅前再開発事業「イーストコア曳舟」II街区に(2代目)曳舟店を開店[276]
    • 店舗跡はマンション「BRANZ曳舟」となっている。[要出典]
  • (初代)亀有店×葛飾区亀有3-13-15[1]
    • 1971年(昭和46年)6月開店 - 1996年(平成8年)1月7日閉店
    • 開店当時の店名は亀有駅前店で、数か月後に亀有店に改称した。[要出典]
    • 閉店後はジャパンホームバリューが営業していたが、現在は建物解体されてマンション「ラヴィアンコート亀有」となっている。[要出典]
  • 南砂町店×江東区南砂6-7-15[8]
    • 1977年(昭和52年)7月29日開店[278] - 2000年(平成12年)8月閉店[165]
    • 売場面積約2,842m2[8]
    • トピレックプラザのテナントとしてオープンしたが、1990年代後半のリニューアルに伴い建物は解体されている。[要出典]
    • 現在のトピレックプラザはイオン南砂店、ドイトを核としている。
  • 大井店品川区東大井5-2-3[1]
    • 1969年(昭和44年)4月10日開店[221] - 1997年(平成9年)4月6日閉店[要出典]
    • 売場面積約4,176m2[1]
    • 地下1階・地上4階建て・延べ床面積約2,200坪の「第15かんべビル」の全館を借り切って開業した[279]
    • 1997年(平成9年)4月18日に2代目となる大井町店が近隣に開業し[280]、2代目となる大井町店の直営売場面積は約12,000m2[131]
    • ヨークショッピングスクエア大井店として開業し[221]、売場面積4,176m2の店舗であった[281]
    • 当社初のテナントを導入したショッピングセンター形式の店舗であり[275]、初代店舗と2代目店舗ともオーナー同一であった。[281]
    • 店舗跡は肉のハナマサ等が入居する「おおい元気館」となっている。[要出典]
  • (初代)大森店(大田区山王2丁目4-1)
  • 蒲田店(大田区西蒲田7-61-1[5]東京蒲田文化会館[286]
    • 1964年(昭和39年)4月24日開店[2] - 2004年(平成16年)2月29日閉店[要出典]
    • 1969年(昭和44年)当時は、東京蒲田文化会館内の地下1階から3階に入居していた[287]
    • 1969年(昭和44年)5月1日に建物に隣接して野積みされていた段ボールなどの紙類で出火し、外壁の開口部から2階に延焼して3階にも広がり、2,129m2(各階1,064.5m2)のうち、1,782m2が焼失する火災が発生した[要出典]
    • 店舗跡は『つるかめランド』などが入店する複合商業施設となるが、入居店舗の入れ替わりが激しく、複合商業施設に転換された当時から営業を続けている店舗は既に無い。[要出典]
  • 大山店板橋区大山町39[147][288]
    • 1964年(昭和39年)7月15日開店[288] - 1994年2月閉店[289][290]
    • 3,300m2[288]
    • 1979年11月9日に火災を起こし、その後は(2代目)大山店として営業していた(売場面積約1,872m2[2]
    • 店舗跡はマルハン大山店となっている。[要出典]
  • 戸越店×(品川区戸越6-8-2[要出典](6-58[291]))
    • 1967年(昭和42年)11月28日開店[291] - 2016年(平成28年)8月21日閉店[268]
    • 店舗跡はマンション「プラウドフラット戸越公園」となっている。[要出典]
  • 食品館高井戸店杉並区宮前2丁目1-16)[要出典]
  • 食品館小豆沢店(板橋区小豆沢3丁目9-5)[要出典]
    • 2010年(平成22年)11月27日開店 - 2018年(平成30年)1月21日閉店[要出典][293]
    • 店舗跡は同セブンアンドアイグループの「ヨークマート小豆沢店」となっている。[要出典][294]
  • 金町店葛飾区東金町1-10-8)
    • 1973年(昭和48年)7月10日開店[295] - 2022年9月4日閉店[296]
    • 自動車教習所の土地に建設された地上2階建ての建物に出店した売場面積約2,400m2の店舗で、開業当初はバスで約30分の「かみさと団地」からも集客していた[295]
    • 店舗の屋上には日本初の商業施設屋上教習所の金町自動車教習所が設けられており[296]、当店閉店後も教習所は営業を続ける[297]
    • 店舗跡は東金町一丁目西地区再開発の一環で、タワマン核の複合商業施設となる予定[296]
  • 竹ノ塚店足立区竹ノ塚5-17-1[298])
  • ネットスーパー西日暮里店×荒川区西日暮里6-65-1[301])
多摩地区[編集]
  • (初代)東久留米店×東久留米市本町339[147]
    • 1973年(昭和48年)7月3日開店[305]- 1991年8月閉店[306]
    • 売場面積約7,264m2[2]
    • 東久留米駅西口で実施された区画整理事業に伴って建て替えを行い、約1.5倍の規模で増床して(2代目)東久留米店が1995年(平成7年)2月1日に開店した[306]
  • 三鷹店三鷹市下連雀3-28-20[147]中央デパート[288]
    • 1965年(昭和40年)10月15日開店[307][288] -1995年(平成7年)2月28日閉店[289]
    • 売場面積約1,270m2[147] → 約1,526m2[2]
  • 恋ケ窪店国分寺市東恋ヶ窪5-6-3)
    • 1996年(平成8年)5月開店 - 2010年(平成22年)10月31日閉店[要出典]
    • 店舗跡は改装して2011年(平成23年)6月24日にドイト恋ヶ窪店として開業し[308][309]、2012年(平成24年)4月20日に再改装してドン・キホーテホームセンター恋ヶ窪店となった[310]が、2014年(平成26年)12月31日閉店。[要出典]
    • 現在は恋ヶ窪ショッピングセンター(サミット、ベガスベガス、飲食店等)として営業中。[要出典]
  • (初代)田無店×田無市本町4-28[311]
    • 1966年(昭和41年)12月1日開店[311] - 1993年(平成5年)閉店[289]
    • 売場面積約1,212m2[2]
    • 衣料品のみ扱う店舗だったが、敷地内に再開発ビル(アスタビル)を建設のため閉店。
  • (2代目)田無店西東京市田無町2-1-1)
    • 1995年(平成7年)3月10日開店[312] - 2021年(令和3年)2月14日閉店[313]
    • 田無駅北口再開発ビルの中のテナントとして営業(アスタビル西館・専門店街2階の一角に出店した[312]。同ビル東館の核店舗は開業時点では「田無西武」であった[312](後にLIVIN田無店)。
    • 取扱商品は初代店舗同様に衣料品のみであったが、当店の閉鎖に伴い衣料品専門業態の店舗は消滅した[313]
    • 売場面積1,270m2[313]
    • 2021年5月1日、店舗跡にノジマが出店した。[要出典]
  • (初代)昭島店×昭島市松原町1-1-1[314]
    • 1973年(昭和48年)6月開店[8] - 2003年(平成15年)10月17日閉店[要出典]
    • 売場面積約8,195m2[8]
    • 2003年(平成15年)10月29日、同市内に拝島店(昭島市松原町3-2-12)が開店[315]しており事実上の移転となる。[要出典]
    • 店舗跡には大規模マンションが建設された。[要出典]
    • 1984年(昭和59年)4月27日に昭島駅北口に開業した昭和飛行機工業のショッビングセンター「ショッパーズモール モリタウン」の核店舗として「エスパ昭島」(エスパ1号店)を出店した[316]同店は、2012年に(2代目)イトーヨーカドー昭島店に転換。[要出典]
  • 府中店府中市本町1-13-3[13]


神奈川県[編集]


中部地方[編集]

山梨県[編集]

  • 韮崎店韮崎市字屋敷前1383-1[331]
    • 1984年(昭和59年)10月3日開店[331][332] - 2004年(平成16年)8月29日閉店[333]
    • 敷地面積約4,282m2[331]、鉄筋コンクリート造地下1階・地上3階建て塔屋1階[331]、延べ床面積約15,238m2[331]、店舗面積約7,318m2[331](直営店舗面積約4,298m2[331])、駐車台数約400台[331]
    • JR韮崎駅前のショッピングセンター「ルネス」の核店舗として出店し、開店当初から1992年度までは売上高約55億円から56億円を上げていたが、郊外型大型店の進出などで競争が激化して売上が低迷して閉店となった[333]
    • 店舗の跡には2004年9月にオギノルネス店が核店舗として出店したが、売り上げが伸び悩んだため2007年8月26日に閉店となった[334]。(後に、オギノは隣接の田んぼ&工場跡地に再開発でで誕生したライフガーデンにらさきの核テナントとして事実上の再出店をしている。)
    • 2009年3月末でショッピングセンタールネスも閉店となった[335]
    • ルネスの土地・建物は韮崎市が買収し[336]、2010年10月から改修工事を行って[337]2011年9月に韮崎市民交流センター「ニコリ」が開館した[338]
  • 富士吉田店富士吉田市松山331-1[339]
    • 1975年(昭和50年)4月30日開店[340] - 2005年(平成17年)12月31日閉店[341]
    • 敷地面積約12,094m2[339]、鉄骨鉄筋コンクリート造地下1階・地上6階建て塔屋1階[339]、延べ床面積約19,052m2[339]、店舗面積約11,228m2[339](直営店舗面積約8,148m2[339])、駐車台数約630台[331]
    • 他店の看板切換の時期には閉店が決まっていた為か、イトーヨーカドーの店舗としては、最後までセブン&アイホールディングスのロゴに塔屋が更新されなかった店舗である。[要出典]
    • 当店閉店後に、ビルの所有者である富士急行グループの富士急百貨店がテナント32店舗のうち23店舗を引き継ぐと共に新たにテナントを追加で入居させ、48店舗で構成される大規模核店舗のない複合商業施設Q-STAとして2006年(平成18年)3月31日に新装開店した[341]

新潟県[編集]

東区役所として転用された新潟木戸店の建物
  • 新潟木戸店新潟市東区下木戸1丁目4-1[342]
    • 1993年(平成5年)11月2日開店[343] - 2007年(平成19年)2月[344]25日閉店
    • 地下1階・地上4階建てで地下1階から地上3階に約14,679m2の売り場があり、4階と屋上は駐車場という店舗だった[344]
    • 敷地面積は約15,000m2に約400台を収容する駐車場を併設する延べ床面積は約32,200m2の建物で[342]、土地・建物を新潟市が東区役所として使用するために購入して[342]2011年9月20日新潟市東区役所が移転・開所した。[要出典][345]

長野県[編集]

  • 岡谷店岡谷市中央町1丁目1-1)
    • 1984年(昭和59年)3月20日開店[349] - 2001年(平成13年)7月8日閉店[350]
    • 売場面積約5,693m2[2]
    • 駅前市街地再開発事業により完成したララ・オカヤの2階と3階に出店していた[351]。1階には地権者である諏訪バスと同じアルピコグループの食品スーパーのアップルランド(現デリシア)が入居していた[351]
    • 当店閉店後もアップルランドは営業を続けたが[351]、当店退店後の後に入居した衣料品店や100円ショップなども販売不振で撤退するほど集客力が低下したため閉店となり[351]、2004年6月にララ・オカヤの大半を岡谷市が取得する補正予算が可決成立して市の所有になった[351]
    • 2021年度をめどに解体予定であったが、2022年現在も建物は現存している[352]
  • 塩尻店塩尻市大門一番町7-1[353]
    • 1993年(平成5年)4月21日開店[353] - 2010年(平成22年)2月21日閉店[354]
    • 塩尻市の大門商店街の一角にある[355]市街地再開発事業で建てられたビルに出店。[要出典]
    • 地下1階から3階までの店舗だったが、開店してからは年々売り上げは減少していった。[要出典]
    • 同じビル内に出店していたスーパーのアップルランドは当店の閉店後も営業を継続している[354]
    • また、店舗跡の土地建物の約70%を塩尻市が取得して改装し、2010年6月下旬から「ウィングロード」として開業した[356]
    • イトーヨーカドーの時から入っていた専門店が並び、3階は市のカルチャーセンターになった。[要出典]
  • (初代)上田店×上田市天神1丁目1894-1[357]
    • 1977年(昭和52年)3月3日開店[358] - 2011年(平成23年)4月10日閉店[359]
    • 売場面積約7,157m2[2]
    • JR上田駅お城口前に出店していたが[360]、上田駅北西側の上田市天神にある日本たばこ産業跡地に大型商業施設「アリオ上田」に[360](2代目)上田店を2011年(平成23年)4月21日に開店する[359]のに伴い閉店することになった[360]
    • 店舗跡は現在駐車場となっている。[要出典]
  • 長野店(長野県長野市権堂町2201[361]
    • 1978年(昭和53年)6月[362] - 2020年(令和2年)6月7日閉店[362]
    • 売場面積約11,220m2
    • 店舗跡は核テナントとして綿半スーパーセンター権堂店となっている。[要出典]


静岡県[編集]

  • 浜松駅前店浜松市千歳町145-26[363](現:中央区) )
    • 1987年(昭和62年)7月2日開店[363][364] - 2007年(平成19年)1月14日閉店[365]
    • 敷地面積約6,200m2[363]、鉄筋コンクリート造地下1階地上6階建て[363]、延べ床面積約31,300m2[363]、店舗面積約16,200m2[363](当社店舗面積約12,432m2[363])、駐車台数約700台[363]
    • 「浜松ショッピングプラザ」の核店舗として売り場面積は約16,700m2で出店していたが、郊外へ相次いで競合する大型店が出店したことなどで売り上げが伸び悩んだことから閉鎖になった[366]
    • 閉店後はホテルリブマックス浜松駅前などが入居する、複合商業施設かじ町プラザとなった。[要出典]
  • 浜松宮竹店×(浜松市東区(現:中央区) 上西町1020-1[367]
    • 2000年(平成12年)11月30日開店[367] - 2015年(平成27年)1月18日閉店[368]
    • 売場面積約18,360m2(開店時)[367]→約22,000m2(閉店時)[369][370]
    • 浜松市内の郊外型店の草分けで[370]、旧東棉紡績浜松工場跡地に整備された「浜松プラザ」の核店舗として出店していた[369]
    • 最盛期の2003年(平成15年)度には売上高100億円強を上げたが[371]、近隣に2005年6月24日に開業のイオン浜松市野ショッピングセンター[372](現・イオンモール浜松市野)など商圏内への競合店の進出が相次いで売り上げが低迷したことから閉鎖になった[370]
    • 建物は2015年(平成27年)10月に解体され[373]跡地にはコストコ浜松倉庫店が2017年9月に開店。[要出典]
  • 富士店×富士市富士町1-1[374]
    • 1976年(昭和51年)4月[374]24日開店[要出典] - 2010年(平成22年)1月11日閉店[375]
    • JR富士駅北口の[374]JA富士市が所有する建物に出店していた[375]
    • 店舗の跡地は2013年6月中旬に東祥が定期借地権契約を締結し[374]、2014年8月1日に「ホリデイスポーツクラブ富士」が開業した[376]
  • 沼津店×沼津市高島本町1-5[377]
    • 1978年(昭和53年)7月13日開店[377] - 2021年(令和3年)8月22日閉店[378]
    • イシバシプラザの核テナントとして出店していたが、建物の老朽化や近隣の商環境の変化等を理由に閉店[378]。イシバシプラザは解体された[379]

愛知県[編集]

  • 小牧店小牧市小牧3丁目555[380]
    • 1995年(平成7年)9月21日開店[380] - 2007年(平成19年)9月2日閉店[381]
    • 名鉄小牧線小牧駅の西側に市街地再開発事業で建てられた地下2階・地上5階建て延べ床面積約49,000m2の「ラピオ」のうち約15,940m2を約55億円で取得し、その核店舗として1階から4階の約8,243m2の店舗を出店していた[382]
    • 近隣にあるアピタ小牧店(現:MEGAドン・キホーテ)やイオン小牧店との競合もあり、食品以外が苦戦して売り上げが伸び悩み、最盛期の1996年度に約76億円だった売上がその約60%に落ち込んだことなどから閉店となった[382]。当店の閉店時まで残っていた約40店の専門店の多くは引き続いて営業することになった[381]
    • 店舗跡には2007年11月8日に平和堂東海が愛知県内初出店となる「アル・プラザ小牧」を新たな核店舗として出店した[383]平和堂もその後撤退し、現在は小牧市に本社のある食品スーパー「三河屋」の店舗となった。[要出典]
  • 鳴海店愛知県名古屋市緑区浦里3丁目232)
    • 1997年(平成9年)9月13日開店[384] - 2010年(平成22年)10月17日閉鎖[385]
    • 地上3階建てで1階と2階が店舗のあるフロアとなっており[386]、1階が食料品売り場で2階が衣料品などの売り場となっていた[384]
    • 店舗跡には2011年(平成23年)3月16日に平和堂を食品の核店舗とするなるぱーくが開店した[386]
  • 豊橋店愛知県豊橋市藤沢町141)
  • 犬山店 (愛知県犬山市天神町1丁目1)
  • 刈谷店愛知県刈谷市高倉町2-50[393]

岐阜県[編集]

  • 各務原店 (岐阜県各務原市蘇原青雲町4丁目1-21[395]
    • 1981年(昭和56年)3月開店[395] - 2011年(平成23年)1月16日閉店[395]
    • 売り場面積約8,474m2[2]
    • 当社の岐阜県下1号店として開業し、最盛期の週末などには郡上市や飛騨地域からも集客して年間約350万人の来店客を集めたが、施設の老朽化と土地・建物の賃借契約の期間が満了したため閉店となった[395]
    • 店舗跡には2011年11月24日にバロー各務原中央店、バローホームセンター各務原中央店が開店した[396]

近畿地方[編集]

京都府[編集]

  • 六地蔵店×京都府宇治市六地蔵奈良町67-1)
    • 1998年(平成10年)2月20日開店 - 2017年(平成29年)2月[268]19日閉店[要出典]
    • 敷地の大半は宇治市に属しているが、店舗面積の大半は京都市に属していた[397]
    • 京都府唯一の店舗であった。
    • 跡地はマンションを建設[広報 22]

大阪府[編集]

  • 堺店×大阪府堺市堺区戎島町2丁目62-7[398]
    • 1986年(昭和61年)9月25日開店[399][400] - 2011年(平成23年)2月13日閉店[398]
    • 敷地面積約14,400m2[399]、鉄筋コンクリート造地下1階地上5階一部6階建て塔屋付[399]、延べ床面積約38,900m2[399]、店舗面積約18,135m2[399](当社店舗面積約11,700m2[399])、駐車台数約500台[399]
    • 南海堺駅前に出店しており[398]、東口から約200mにあった[401]
    • 1986年に関西一号店として開店、当初は大阪、奈良、京都などからの集客もあった[要出典]
    • 同市内への2004年(平成16年)4月22日にJR阪和線津久野駅西約500mのところにイトーヨーカドー津久野店が開業し[402]、同年10月28日にダイヤモンドシティ・プラウ(現:イオンモール堺北花田)が開業[403]、さらに2008年(平成20年)3月31日にイトーヨーカドーを核店舗とするアリオ鳳店が開業したほか[404]、自社を含む競合する大型店が相次いで出店したことから閉店となった。
    • 店舗跡には2014年(平成26年)3月14日にライフ堺駅前店が開店した[401]
  • 東大阪店×東大阪市吉田下島1-1[405]

兵庫県[編集]

  • 広畑店兵庫県姫路市広畑区夢前町1-1)
    • 2000年(平成12年)3月開店[407] - 2017年(平成29年)3月26日閉店[407]
    • 店舗跡には2018年(平成30年)2月16日にMEGAドン・キホーテ姫路広畑店が開店した[408]

奈良県[編集]

  • 奈良店奈良県奈良市二条大路南1-3-1)
    • 2003年(平成15年)7月10日開店 - 2017年(平成29年)9月10日閉店[409]
    • 店舗面積約35,000m2
    • 奈良県唯一の店舗で、関西6店舗目として、奈良そごう跡地に開業。長屋王の邸宅の跡地に立地していた[410]
    • 閉店後は東京都に本社を置く商業コンサルタント会社「やまき」に土地と建物を売却し、同社の運営により、2018年4月24日に観光型複合商業施設「ミ・ナーラ」としてグランドオープンし、奈良をテーマにしたテーマパークやアミューズメント施設とし「ROUND1」がオープンする[411]
    • なお、旧そごう跡に出店したイトーヨーカドー店舗は他に南大沢店(ガレリア・ユギ内、東京都八王子市、旧柚木そごう)が現存する。[要出典]

中国地方[編集]

岡山県[編集]

  • 岡山店×岡山市北区下石井2-10-2[412]
    • 1998年(平成10年)11月6日開店[412][413] - 2017年(平成29年)2月28日閉店[414]
    • 地下1階・地上4階建て・直営店舗面積約13,500m2[413]。開業時のテナント数26店[413]。駐車台数約1,350台[413]
    • 中国地方における第一号店だったが、都市型モールのイオンモール岡山開業の影響で業績が低迷したため閉店となり[415]、この岡山店の閉店で岡山県の店舗は完全撤退した。
    • 跡地には2022年(令和4年)9月23日に杜の街グレースが開業[416]
  • 食品館倉敷店倉敷市寿町12番2号)
    • 2011年(平成23年)11月25日開店 - 2016年(平成28年)8月31日閉店[417]
    • 倉敷チボリ公園の跡地に開店したアリオ倉敷の核店舗であったが、イトーヨーカ堂の不採算店舗整理の対象となったため、5年弱で閉店となった。[要出典]
    • 後継はイトーヨーカ堂が業務・資本提携している天満屋ストアが「天満屋ハピーズ アリオ倉敷店」として開業した[418]

広島県[編集]

日本国外[編集]

中華人民共和国[編集]

  • 望京店 (北京市朝陽区)
    • 2006年 (平成18年) 4月開店[広報 24] - 2014年 (平成26年) 4月28日閉店[421]
  • 北苑店 (北京市朝陽区)
    • 2009年 (平成21年) 9月25日開店[422] - 2014年 (平成26年) 10月31日閉店[422]
  • 西直門店 (北京市城西区西直门外大街112-1[423])
    • 2005年 (平成17年) 4月開店[424] - 2014年 (平成26年) 11月30日閉店[425]
    • 売場面積約19,000m2[425]
    • 地下鉄4号線動物園駅の近隣に出店していた[425]
  • 右安門店 (北京市西城区)
    • 2007年 (平成19年) 9月28日開店[426]、2015年 (平成27年) 4月1日閉店[426]
  • 大興店 (北京市大興区康圧路)
    • 2005年 (平成17年) 1月開店[広報 25] - 2017年 (平成29年) 7月1日閉店[427]
  • 十里堡店→新十里堡店 (北京市朝陽区十里堡[428])
    • 1998年 (平成10年) 4月28日開店[428][429][430] - 2016年 (平成28年) 10月31日閉店[431]
    • 地下1階・地上4階[428][429]、延べ床面積約24,764m2(開店時)[428]、売場面積約14,241m2(開店時)[432]、駐車台数約330台[432]
    • 北京の中心部から東へ約9㎞の郊外住宅地に出店していた[430]
    • 衣食住を取りそろえた総合スーパーで、ゲームセンターやファーストフードなども併設していた[429][432]
  • 春熙店 (四川省成都市錦江区)
    • 1997年 (平成9年) 11月21日開店[433][434] - 2022年 (令和4年) 12月31日閉店[435]
    • 地下1階・地上4階建て[434]、売場面積約9,000m2(開店時)[433][434]
    • 中華人民共和国においての1号店であった[436]

実現しなかった店舗[編集]

  • 旭川市8条通1丁目[437]
  • 山形店山形県山形市清住町)[要出典]
    • 日本たばこ産業山形工場の跡地に建設される予定だったジョイフルタウン山形の核店舗として1998年平成10年)7月の開業を目指していたが、山形市内の商店街の反対などもあり1999年(平成11年)5月に出店を断念した。[要出典]
  • 福島駅前・福ビル福島県福島市[439]
    • 福島駅前通りの十字路角の警察署跡地に1927年10月10日に開業した「福島ビルディング」(鉄筋コンクリート造り20間四方のビル)[440]を買収して出店を目指したが、エンドーチェーンが取得して出店することになったため、実現しなかった[439]
  • 川越駅東口川越市
    川越駅東口再開発事業の核店舗としての出店を目指していたが1979年(昭和54年)5月に丸広百貨店が選定され[441]1990年(平成2年)5月16日に「アトレマルヒロ」が開業した[442]
  • すすきの新店舗 (札幌市中央区)
    旧店舗が入居していたススキノラフィラ跡地に建つ商業ビルCOCONO SUSUKINOの地下1階から地下2階にかけて再出店する予定であった[443]が、同社が三大都市圏を軸にしていくという経営方針へ転換したため[444]、資本・業務提携をしているダイイチが出店することになった[445]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1987年(昭和62年)12月3日の福島民報の記事には「地上五階のほか、地下一階にはヨークベニマルが入るなど百貨店としてスタート」と記載されている(「イトーヨーカドー郡山店 来月20日に閉店」『福島民報』 1987年(昭和62年)12月3日、朝刊8面、ふくしま経済。)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『流通会社年鑑 1978年版』 日本経済新聞社、1977年10月25日。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 『流通会社年鑑 1990年版』 日本経済新聞社、1990年11月24日。
  3. ^ “琴似の安売り店 ザ・プライス 4月にも閉店”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2002年2月19日)
  4. ^ “ジョイフルプラザ きょうオープン JR琴似駅南口地区”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1993年10月1日)
  5. ^ a b c d e 『会社総鑑 1970年版』 日本経済新聞社、1970年。pp1136
  6. ^ 『商業界二十年 : 日本商業20年譜 1948-1967』 商業界、1967年。pp160
  7. ^ “危機感高まるリージョナルチェーン目先の百貨店志向が通用するかカスミ・忠実屋の不振模様”. 総合食品 1983年8月号 (総合食品研究所) (1983年8月).pp16
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 『流通会社年鑑 1998年版』 日本経済新聞社、1997年12月2日。
  9. ^ a b 斉藤彦明 “東京における地域型商業地活性化のための一考察”. 商工指導 1988年9月号 (東京都商工指導所) (1988年9月).pp66
  10. ^ 『埼玉年鑑 昭和61年版 本編』 埼玉新聞社、1985年。pp516
  11. ^ a b c d e f g 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp320
  12. ^ a b c d イトーヨーカドー、閉店決定が16店舗に 新たに厚木、藤岡も決まる(2016年12月2日)2016年12月28日閲覧
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2009年版』 東洋経済新報社、2009年。
  14. ^ a b 『日本商業年鑑 1971年版』 商業界、1971年6月15日。 pp34
  15. ^ a b “SC情報 開店情報”. ショッピングセンター 1974年7月号 (日本ショッピングセンター協会) (1974年7月1日).pp8
  16. ^ “ザ・プライス 閉店へ 時期は「未定」”. タウンニュース 旭区 (タウンニュース社). (2014年1月16日)
  17. ^ a b c 渥美俊一 川崎進一 島田陽介 『ショッピングセンターの経営』 ビジネス社、1968年10月25日。pp250
  18. ^ “セブン&アイの新業態 ディスカウントストア1号店 『ザ・プライス西新井店』 8月29日(金)開店 東京都足立区” タイハン特報 (大量販売新聞社). (2008年9月4日)
  19. ^ a b c d e f g h 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp368
  20. ^ a b 『日本商業年鑑 1971年版』 商業界、1971年6月15日。 pp29
  21. ^ “ヨーカ堂の今期、GMS5店出店、閉鎖は1店。”. 日経MJ. 日本経済新聞社. (2003年4月15日) 
  22. ^ a b “オープン情報=イトーヨーカ堂「ザ・プライス野田店」”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2013年11月20日)
  23. ^ a b c “ザ・プライス五香店が開店 28日、県内2号店”. 千葉日報(千葉日報社). (2009年3月12日)
  24. ^ a b “セブン&アイ「ザ・プライス」、5号店開業、500人が列―総合スーパーを転換”. 千葉日報(千葉日報社). (2009年4月1日)
  25. ^ a b c d 東洋経済新報社,社会調査研究所共同編集 『東洋経済臨時増刊 首都圏商業地図マップ』 東洋経済新報社、1995年5月24日。
  26. ^ ヨーカ堂/創業地にマンション併設型店舗「ヨーカドー食品館千住店」”. 流通ニュース (2019年2月26日). 2019年3月18日閲覧。
  27. ^ a b 『日本スーパーマーケット名鑑 1966年版』 商業界、1966年。pp81
  28. ^ 『日本スーパーマーケット名鑑 1969年版』 商業界、1969年。pp188
  29. ^ “オープン情報=イトーヨーカ堂「食品館イトーヨーカドー三ノ輪店」”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2016年4月13日)
  30. ^ 上大岡店、43年の歴史に幕タウンニュース(2017年3月16日)2017年3月24日閲覧。
  31. ^ a b c d イトーヨーカドー食品館上大岡店、2019年4月12日開店-上大岡に「ハト」帰る都市商業研究所(2019年4月10日)2019年10月26日閲覧。
  32. ^ a b イトーヨーカドー上大岡店、3月20日閉店-デニーズ日本1号店も歴史に幕”. 都商研ニュース. 都市商業研究所 (2017年2月1日). 2017年2月20日閲覧。
  33. ^ “SC匿名モニター欄”. ショッピングセンター 1976年4月号 (日本ショッピングセンター協会) (1976年4月1日).pp50
  34. ^ a b “会社業績紹介”. オール大衆 1976年4月号 (経済通信社) (1976年4月).pp65
  35. ^ a b c 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2008年版』 東洋経済新報社、2008年。
  36. ^ “イトーヨーカ堂、DS「ザ・プライス」3年以内に黒字化目指す コスト削減を推進”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2009年12月2日)
  37. ^ “セブン&アイ・ホールディングス、NSC核店としてDS業態開発に着手”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2009年10月14日)
  38. ^ a b “ヨーカ堂「ザ・プライス」初の新店、運営コスト低減加速、セルフレジ導入” 日経MJ (日本経済新聞社).(2009年11月23日)
  39. ^ a b c “設計、解体は大林組/新京成・初富駅前でSC建替/モール・エスシー開発”. 日経MJ (日本経済新聞社).(2012年8月10日)
  40. ^ “イトーヨーカ堂、SM「食品館おおたかの森店」を大型SCに出店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年3月7日)
  41. ^ “セブン&アイ、千葉・鎌ケ谷に商業施設、22日開業、21店舗”. 日経MJ(日本経済新聞社). (2013年11月8日)
  42. ^ a b c d e f g h 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp152
  43. ^ a b 秋田市史編さん委員会 『秋田市史 第十三巻 現代史料編』 秋田市、2003年3月31日。
  44. ^ “30年の歴史に幕 ヨーカドー秋田店が閉店”.秋田魁新報(秋田魁新報社). (2011年10月11日)
  45. ^ イトーヨーカドー閉店 秋田産経新聞 2010年10月15日閲覧
  46. ^ a b 飯田真優子(2010年1月16日). “ヨーカドー秋田店 撤退へ”. 読売新聞(読売新聞社)
  47. ^ a b c 河井健 (2011年10月6日). “駅前、スピード再生に注目”. 朝日新聞(朝日新聞社)
  48. ^ a b “ヨーカドー石巻中里店跡地 ヨークベニマル出店へ”. 河北新報(河北新報社). (2010年12月15日)
  49. ^ “日本のSC 泉中央SC・イトーヨーカー仙台泉店”. ショッピングセンター 1992年9月号 (日本ショッピングセンター協会) (1992年9月1日).pp7
  50. ^ “仙台の商業施設「エデン」と「アリオ仙台泉」が惜しまれ閉店 跡地利用に関心高まる”. 河北新報(河北新報社). (2024年2月1日)
  51. ^ a b c “仙台市の北の拠点をつくるキープロジェクト 泉副都心の建設を語る”. 開発往来 1992年10月号 (開発行政懇話会) (1992年10月1日).pp37
  52. ^ a b c d “日本のSC 泉中央SC・イトーヨーカー仙台泉店”. ショッピングセンター 1992年9月号 (日本ショッピングセンター協会) (1992年9月1日).pp8
  53. ^ “ヨーカドー仙台泉店、27日に新装開店 専門店増やす”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2013年4月18日)
  54. ^ a b c d e f g h 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp189
  55. ^ 1971年4月27日付の『福島民報』6面に掲載された全面広告による。
  56. ^ 午前だけで二万人 イトーヨーカ堂花々しくオープン」『いわき民報』、1971年4月28日、夕刊、1面。
  57. ^ 平六町目・商業施設「Paix Paix(ペッペ)」 22日にオープン - いわき民報(2024年2月10日)
  58. ^ イトーヨーカドー平店跡地/Paix Paixに「ヨークベニマルいわき平店」オープン流通ニュース(2024年2月13日)2024年2月21日閲覧。
  59. ^ a b c d e f g h 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp246
  60. ^ a b c d e f g 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp691
  61. ^ 『松本市史 第2巻 歴史編4 現代』 松本市、1997年。
  62. ^ “イトーヨーカ堂「地域」と「価格」に苦悩する 鳴海店は坪効率向上せず、コバンザメに翻弄される”. 食品商業 2000年2月号 (商業界) (2000年2月).pp54-59
  63. ^ “売る技術光る戦略 ヨーカ堂「アリオ松本」に"百貨店"、品ぞろえ差異化で平日集客”. 日経MJ (日本経済新聞社).(2012年1月25日)
  64. ^ a b c アリオ松本、39年の歴史に幕 イトーヨーカドー、エスパと続く駅前商業施設松本経済新聞(2017年9月11日)2017年9月14日閲覧。
  65. ^ a b c d e f 『ショッピングセンター名鑑 1976年度版』 日本ショッピングセンター協会、1976年4月30日。pp41
  66. ^ 藤丸創業百周年記念誌編集委員会 『藤丸創業百年史』 藤丸、2000年。
  67. ^ a b “都市空洞化「即効薬なし」苦悩の商業者”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (1998年10月5日)
  68. ^ “動くか旧ヨーカドービル 閉店15年”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2013年11月8日)
  69. ^ 『帯広商工会議所創立90周年記念誌 90年のあゆみ』 帯広商工会議所、2011年12月19日。
  70. ^ 小野寺裕 (1997年3月28日). “バスターミナル訴訟決着 都心部活性化へ“とげ”取れる 問われる空洞化対策”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  71. ^ 植木康則(2006年9月27日). “旧イトーヨーカドービル 全館活用も視野に”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  72. ^ 末次一郎(1998年9月19日). “ヨーカドー現店舗11月上旬閉店 現店舗、当面は空きビルに 新店舗下旬オープン”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  73. ^ a b 安田義教(2008年11月21日). “シャッターは開くのか・・・旧イトーヨーカドービル 利活用問題10年 上 その後 中心部直撃 人が消え店が減不透明感つきまとう再生構想”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  74. ^ 末次一郎(1998年10月6日). “孤立する藤丸 中心商店街との連携で活路”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社)
  75. ^ “「北42条店」きょうオープン イトーヨーカドー”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1977年10月27日)
  76. ^ a b “ヨーカドー千歳店 来年3月にも閉店”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2008年6月13日)
  77. ^ a b c d e f “苫小牧の大東開発 旧ヨーカドー跡地を購入 更地にして売却の方針”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2011年9月22日)
  78. ^ a b c “イトーヨーカドー苫小牧店閉店 最後の営業に列”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2010年1月11日)
  79. ^ a b c “イトーヨーカドー苫小牧店跡地にベガスベガス進出”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2013年7月16日)
  80. ^ a b “2009 この1年(8)イトーヨーカドー撤退”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2009年12月22日)
  81. ^ “イオンの独り勝ちか大型に明暗 GW決算”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2005年5月9日)
  82. ^ a b “閉店ヨーカドー2階に長谷川グループ”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2009年11月30日)
  83. ^ a b c d e f g h 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp74
  84. ^ “ラルズがライバル店舗跡居抜き出店 来月撤退ジョイ大麻店 江別”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2007年12月15日)
  85. ^ “イオンタウン江別SC 11月30日(金)オープン 北海道江別市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2007年12月3日)
  86. ^ “イトーヨーカ堂月寒店今年六月で閉店へ 北海道札幌市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年4月2日)
  87. ^ “カウボーイが賃借型へ転換、出店コスト削減”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2001年9月2日)
  88. ^ a b c d e f g h 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp46
  89. ^ a b 「イトーヨーカドー旭川店」40年でお別れ、金子店長は四季になぞらえ感謝の言葉 北海道リアルエコノミー 2021年5月10日配信. 2021年5月25日閲覧
  90. ^ a b “道内政経日誌(10月21日~11月30日)”. 北海道経済 1979年1月号 (北海道経済研究所) (1979年1月).pp35
  91. ^ “鹿島 KMシステム広告”. 人と国土 1983年7月号 (国土計画協会) (1983年7月1日).pp表紙裏
  92. ^ ヨーカドー旭川店跡に「メガセンタートライアル旭川店」オープン、北海道初のスマートストア”. 北海道リアルエコノミー (2023年10月18日). 2023年11月4日閲覧。
  93. ^ a b “イトーヨーカ堂函館店オープン”. はこだて財界 1980年10月号 (函館財界問題研究所) (1980年10月).pp126
  94. ^ a b c d e f g 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp41
  95. ^ “イトーヨーカ堂函館店オープン”. はこだて財界 1980年10月号 (函館財界問題研究所) (1980年10月).pp123
  96. ^ イトーヨーカドー函館店、2022年7月3日閉店-新たなテナントを誘致へ | 都市商業研究所”. 2022年8月4日閲覧。
  97. ^ “緊急取材 函館市の道議選挙、自民党公認問題に新たな波紋!”. はこだて財界 1982年10月号 (函館財界問題研究所) (1982年10月).pp巻末7
  98. ^ “イトーヨーカ堂函館店オープン”. はこだて財界 1980年10月号 (函館財界問題研究所) (1980年10月).pp125
  99. ^ a b c d e f g h 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp76
  100. ^ a b ヨーカドー釧路が閉店 終日混み合う”. 北海道新聞. 2019年1月23日閲覧。[リンク切れ]
  101. ^ a b 「イトーヨーカドー釧路店」閉店、37年間の営業に終止符”. 北海道リアルエコノミー. 2019年1月23日閲覧。
  102. ^ a b c イトーヨーカ堂/釧路、福山、古河、東大阪、新田の5店を閉店”. 流通ニュース. 2019年1月23日閲覧。
  103. ^ a b ヨーカドー釧路店、37年の歴史に幕 人口減・競合響く”. 日本経済新聞. 2019年1月23日閲覧。
  104. ^ イトーヨーカドー釧路店、12月8日から『閉店セール』実施”. 北海道リアルエコノミー. 2019年1月23日閲覧。
  105. ^ イトーヨーカドー釧路店17日リニューアルオープン”. 北海道リアルエコノミー. 2019年1月23日閲覧。
  106. ^ イトーヨーカ堂が釧路市と「地域活性化連携協定」 釧路店で全国第1号のネットスーパーご当地便”. 北海道リアルエコノミー. 2019年1月23日閲覧。
  107. ^ イトーヨーカドー恵庭店、2019年9月29日閉店”. 都市商業研究所. 2022年1月31日閲覧。
  108. ^ 北海道│全国都道府県別SC一覧│データ│一般社団法人 日本ショッピングセンター協会”. 2023年1月12日閲覧。
  109. ^ 「イトーヨーカドー恵庭店」解体 開発の礎「寂しい」”. 北海道新聞 (2022年5月19日). 2022年5月19日閲覧。[リンク切れ]
  110. ^ a b “好評、スーパー子ども図書館”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1990年2月21日)
  111. ^ “閉店ニュース 9月16日(月)イトーヨーカドー新川店”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2013年8月26日)
  112. ^ a b “低価格スーパー出店へ ヨーカドー旧新川店 ドン・キホーテ取得”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2013年10月10日)
  113. ^ “札幌のイトーヨーカドー新川店9月閉店 売り上げピークの半分”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2013年6月21日)
  114. ^ 久保田昌子 (2013年12月6日). “札幌・新川にMEGAドンキ 石狩管内初、開店前に2千人が列”. 北海道新聞 (北海道新聞社)
  115. ^ a b c d “スーパーアークス長都店がオープン”. 千歳民報 (苫小牧民報社). (2009年4月24日)
  116. ^ a b c d “イトーヨーカ堂、「千歳店」11月1日開店へ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年10月13日)
  117. ^ “イトーヨーカドー千歳が閉店”. 千歳民報 (苫小牧民報社). (2009年3月2日)
  118. ^ a b “ヨーカドー千歳店、撤退を検討へ”. 千歳民報 (苫小牧民報社). (2008年6月12日)
  119. ^ 【COCONO SUSUKINO(ココノ ススキノ)】ススキノラフィラ跡地にTOHOシネマズやマルシェなども構成される複合商業施設がオープン!”. 札幌リスト (2023年5月8日). 2023年5月13日閲覧。
  120. ^ a b c “どっと四万人の買い物客 八戸スカイビルが開店 早朝からお祭り騒ぎ”. デーリー東北 (デーリー東北新聞社).. (1980年4月20日)
  121. ^ “ヨーカドー「八戸店」来年2月閉店へ 青森県八戸市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年12月9日)
  122. ^ “イトーヨーカ堂八戸店は来年2月末で撤退 青森県八戸市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年8月22日)
  123. ^ a b c “イトーヨーカ堂、今期10店舗を出店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1998年5月18日)
  124. ^ 「チーノ」30日営業終了 誕生19年、幕引き静かに”. デーリー青森 (2023年12月15日). 2022年9月30日閲覧。
  125. ^ 八戸チーノに再開発構想”. 東奥日報. 2022年2月10日閲覧。
  126. ^ a b 『企業系列総覧 1991年版』 東洋経済新報社、1991年。
  127. ^ 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2000年版』 東洋経済新報社、2000年。
  128. ^ a b “スーパー一番店レポート ダイエーの真似して悪評を買うローカルの大将亀屋みなみチェーンのやりたい放題の中身”. 総合食品 1983年8月号 (総合食品研究所) (1983年8月).pp92-93
  129. ^ “地域のニュース”. 月刊れぢおん青森 1983年3月号 (青森地域社会研究所) (1983年3月1日).pp71
  130. ^ “加速する青森県内でのイトーヨーカドーの展開!五所川原街づくり(株)による『エルムの街ショッピングセンター』にキーテナントとして参加”. はこだて財界 1998年新年特大号 (函館財界問題研究所) (1998年1月1日).pp224
  131. ^ a b “イトーヨーカ堂、下期4店出店予定 今年度の新店は8店に”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1997年10月17日)
  132. ^ “中三・五所川原店/基盤強化へ苦渋の選択”. 東奥日報 (東奥日報社). (2005年6月12日)
  133. ^ a b c d e f g h “日本のSC エルム街(青森県五所川原市) ”. ショッピングセンター 1998年5月号 (日本ショッピングセンター協会) (1998年5月1日).pp54
  134. ^ “ヨーカドー五所川原店、26年の歴史に幕”. 東奥日報 (東奥日報社). (2024年4月1日)
  135. ^ イトーヨーカドー五所川原店が来春閉店へ”. Web東奥. 2023年7月3日閲覧。
  136. ^ イトーヨーカドー五所川原店が来春閉店へ…1997年のELM開業から核テナント イトーヨーカ堂「従業員の再就職について支援していく」”. ATV青森テレビ. 2023年7月3日閲覧。[リンク切れ]
  137. ^ a b c d e f g h 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp118
  138. ^ 長江好道 三浦黎明 藤原隆男 浦田敬三 早坂啓造 渡辺基 『県民100年史 岩手県の百年』 山川出版社、1995年11月。ISBN 978-4-634-27030-5
  139. ^ 松村公明. “郡山市中心商店街における店舗の業種構成とその変容”. 地域調査報告 第11号 (筑波大学地球科学系人文地理学研究グループ) (1989年3月).
  140. ^ a b c d 「経済県都の1等地・ヨーカドー郡山店跡地「3,200平方メートル、東京の業者が取得」」『福島民報』(福島民報社)、1990年(平成2年)4月18日、朝刊19面。
  141. ^ “ヨーカ堂郡山、64年春まで閉店――西部SC内で店舗再開。”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. (1987年12月3日) 
  142. ^ 立松潔 『郡山市中心商店街に関する実態調査』 地方都市における中心市街地の活性化に関する研究 (山形大学人文学部街づくり研究会) (2001年3月)
  143. ^ 13.「福ビル」(福島ビルヂング)”. 住んでみんかドットネット(空き家・古民家相談センター). 2024年1月14日閲覧。
  144. ^ 「イトーヨーカドー郡山店 来月20日に閉店」『福島民報』 1987年(昭和62年)12月3日、朝刊8面、ふくしま経済。(福島民報社)
  145. ^ 五十嵐正昭・新津重幸 『ヨークベニマルの経営最強のスーパーマーケット企業』 商業界、2009年3月、22頁。ISBN 978-4785503406
  146. ^ 「「西部SC」が開店 県内最大スーパー 初日は約5万人入店 郡山」 『福島民報』(福島民報社) 1989年(平成元年)6月30日、朝刊7面、ふくしま経済。
  147. ^ a b c d e f g h i j k l m 『流通会社年鑑 1979年版』 日本経済新聞社、1978年10月20日。
  148. ^ 「イトーヨーカドー白河店閉店」『朝日新聞』(朝日新聞社)福島面、2002年5月、朝刊。
  149. ^ 五十嵐正昭・新津重幸 『ヨークベニマルの経営最強のスーパーマーケット企業』 商業界、2009年3月、93頁。ISBN 978-4785503406
  150. ^ a b 白河市中心市街地活性化基本計画 平成21年3月 白河市 平成21年3月27日認定 平成22年3月23日変更 平成22年7月8日変更 平成23年3月31日変更 平成23年7月7日変更 平成24年12月19日変更 平成25年3月29日変更. 白河市. (2013年3月29日)
  151. ^ a b “植田にショッピングセンター誕生/地元と大型店で商店街核づくり”. 財界ふくしま 1975年7月号 (財界21) (1975年7月).pp90
  152. ^ a b “ベニマルが植田SC土地購入 いわき、売却し民事再生計画推進” 福島民報 (福島民報社). (2009年10月10日)
  153. ^ “イトーヨーカ堂いわき植田店8月末で撤去と決定 福島県いわき市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年3月28日)
  154. ^ “植田SCが民事再生法の適用申請 負債14億” 福島民友新聞 (福島民友新聞社). (2008年10月1日)
  155. ^ a b c d e f g “イトーヨーカドー土浦店17日閉店 39年の歴史に幕”. 茨城新聞(茨城新聞社). (2013年2月16日)
  156. ^ a b c d e f g “イトーヨーカ堂新「土浦店」が開店、駅前ビルの核店に”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1997年10月20日)
  157. ^ “イトーヨーカ堂旧土浦店5月から解体工事に着手 茨城県土浦市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年5月7日)
  158. ^ a b c d e f “市民ら名残惜しむ ヨーカドー土浦店閉店 39年超、歴史に幕”. 茨城新聞(茨城新聞社). (2013年2月18日)
  159. ^ a b 長田寿夫 (2013年2月18日). “ヨーカドー土浦店が閉店 39年の歴史に幕 茨城”. 朝日新聞 (朝日新聞社)
  160. ^ a b c “商業スペース開店 土浦駅前再開発ビル、来年2月末まで”. 茨城新聞(茨城新聞社). (2013年7月16日)
  161. ^ a b “新市庁舎、きょう開庁 土浦、駅前ビル改修”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2015年9月24日)
  162. ^ “土浦市役所移転で市民意見 中心街活性化に期待 平面駐車場求める声も”. 茨城新聞(茨城新聞社). (2013年1月23日)
  163. ^ a b c d e f g h i 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp226
  164. ^ “イトーヨーカドー取手店1月末で閉店 茨城県取手市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年1月22日)
  165. ^ a b c d “大型店撤退跡、SM・家電量販店、居抜き出店活用。”. 日経MJ. (2000年7月11日) 
  166. ^ “マルエツ、イトーヨーカ堂撤退後に「取手店」開店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2001年5月21日)
  167. ^ “西友:取手に出店 駅西口前、旧東急ストアのビル 年内開店予定”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2012年8月1日)
  168. ^ a b c “ヨークマート結城店(茨城)、ヨーカ堂、運営権取得。”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. (1990年6月7日) 
  169. ^ “開店情報”. ショッピングセンター 1975年7月号 (日本ショッピングセンター協会) (1975年7月1日).pp10
  170. ^ a b “イトーヨーカドー高萩店 来年6月末に撤退の意向”. 茨城新聞(茨城新聞社). (2004年12月15日)
  171. ^ a b “1991年開店SC一覧”. ショッピングセンター 1991年12月号 (日本ショッピングセンター協会) (1991年12月1日).pp90
  172. ^ イトーヨーカドー日立店、2022年(令和4年)1月16日閉店ー北関東のヨーカドーは2店のみに | 都市商業研究所”. 2021年6月12日閲覧。
  173. ^ 日立 イトーヨーカドー跡地に生協スーパーと無印良品が出店へ|NHK 茨城県のニュース”. 2023年1月16日閲覧。
  174. ^ “イトーヨーカドー古河店(茨城県古河市)19年2月閉店”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2019年1月9日)
  175. ^ “古河の複合商業施設オープン”. 茨城新聞(茨城新聞社). (2020年7月31日)
  176. ^ 『食品小売業を巡る課題と戦略 食品流通年報 1976年版』 日本食糧新聞社、1976年2月25日。pp273
  177. ^ “来年2月、ヨーカ堂、栃木店廃止。”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. (1999年3月10日) 
  178. ^ “SC情報 開店情報”. ショッピングセンター 1975年1月15日号 (日本ショッピングセンター協会) (1975年1月15日).pp77
  179. ^ a b c “街のルポ・宇都宮”. ショッピングセンター 1975年5月号 (日本ショッピングセンター協会) (1975年5月1日).pp23
  180. ^ “街のルポ・宇都宮”. ショッピングセンター 1975年5月号 (日本ショッピングセンター協会) (1975年5月1日).pp24
  181. ^ カルナ駅東店 開業 ダイソーなど併設で集客 宇都宮に「かましん」 . 下野新聞「SOON」ニュース(下野新聞社). (2021年11月5日、2022年5月23日閲覧)
  182. ^ “イトーヨーカ堂、「宇都宮店」オープン、郊外モール型で広域から集客”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2004年11月3日)
  183. ^ a b c d e f g h 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp241
  184. ^ a b 梅村武史(2009年6月27日). “ヨーカドー足利店跡地 複合商業施設に 来年2月、8店舗入居”. 東京新聞 (中日新聞社)
  185. ^ “たいらや、両毛地域に進出 ヨーカドー足利店跡地に13日開業”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2009年11月12日)
  186. ^ a b 『下野年鑑 1982年版』 下野新聞社、1982年6月。pp380
  187. ^ a b 地域と歩んだ41年に幕 イトーヨーカドー小山店 大勢の客 閉店惜しむ 下野新聞 2021年2月24日配信, 2021年4月29日閲覧
  188. ^ イトーヨーカドー小山店、2021年2月23日閉店-栃木県のヨーカドー、宇都宮店のみに 都市商業研究所 2021年1月14日配信, 2021年4月29日閲覧
  189. ^ “ジョイフル本田、JR小山駅東口に来春出店 イトーヨーカドー小山店跡に”. 下野新聞. (2021年12月8日). https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/530790 2021年12月8日閲覧。 
  190. ^ “ジョイフル本田 今春オープンの新店は新ストアブランドに”. ダイヤモンドオンライン. (2022年2月9日). https://diamond-rm.net/store/105629/ 2022年2月27日閲覧。 
  191. ^ a b 栃木・小山駅前に「ジョイホン」出店 ジョイフル本田 居抜き物件初活用”. 茨城新聞 (2022年4月21日). 2022年4月22日閲覧。[リンク切れ]
  192. ^ a b c d e f g h i 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp258
  193. ^ “2010年 重大ニュース(5)前橋の大型2店撤退 郊外型出店で打撃”. 上毛新聞(上毛新聞社). (2010年12月18日)
  194. ^ a b c “ヨーカドー前橋店跡、フレッセイとスズランが出店発表”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2010年8月12日)
  195. ^ 菅原洋(2012年8月25日). “名前は「EKITA」に決定 前橋「駅北」ビル11月15日開業”. 東京新聞 (中日新聞社)
  196. ^ a b c “イトーヨーカドー前橋店、店舗賃料契約更新で営業継続へ”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2007年9月21日)
  197. ^ a b 佐野泰彦 (2012年11月14日). “前橋駅前「エキータ」15日オープン”. 読売新聞 (読売新聞社)
  198. ^ “イトーヨーカドー跡複合商業ビルに 前橋市”. 読売新聞 (読売新聞社). (2011年12月20日)
  199. ^ “ヨーカドー跡 11月15日開業”. 読売新聞 (読売新聞社). (2012年5月31日)
  200. ^ “中心部空きビルに商業施設来た!” 朝日新聞 (朝日新聞社). (2012年11月16日)
  201. ^ “ビッグストアの新しい出店傾向を探る 意表をついた藤岡への進出〈ユニー、イトーヨーカドー〉”. 商業界 1975年6月号 (商業界) (1975年6月).pp11-14
  202. ^ イトーヨーカドー藤岡店 41年の歴史に幕 県内1号店 上毛新聞ニュース(2017年1月30日)2017年2月7日閲覧。[リンク切れ]
  203. ^ (仮称)ベルク藤岡店(新設の届出) 群馬県[リンク切れ]
  204. ^ a b “’95年開店SC一覧”. ショッピングセンター 1995年12月号 (日本ショッピングセンター協会) (1995年12月1日).pp55
  205. ^ トライアル大規模店が群馬県内初、10月上旬オープン イトーヨーカドー伊勢崎店の跡地 上毛新聞ニュース(2022年7月13日)2023年5月17日閲覧。
  206. ^ a b 『日本スーパーマーケット名鑑 1966年版』 商業界、1966年。pp63
  207. ^ 杉村暢二 『中心商業地の構造と変容』 大明堂、2000年7月16日。ISBN 978-4470540235
  208. ^ a b 「イトーヨーカドー錦町店」開店のご案内”. web.archive.org (2003年12月6日). 2020年6月1日閲覧。
  209. ^ イトーヨーカドー錦町店、2020年5月31日閉店-「リリイベの聖地」新星堂も閉店に | 都市商業研究所”. 2021年6月18日閲覧。
  210. ^ ビバモール蕨錦町、2021年3月10日から順次開業-イトーヨーカドー跡、「ビバホーム」「ヤオコー」核に | 都市商業研究所”. 2021年6月18日閲覧。
  211. ^ a b c d e f g 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp301
  212. ^ a b 『埼玉最大級の大型SC「コクーン2」内に核店舗としてオープン 新生『イトーヨーカドー大宮店』 4/24(金)午前10時グランドオープン』 イトーヨーカ堂 (2015年4月8日)
  213. ^ “新都心のイトーヨーカドー大宮店が閉店 31年の歴史に幕”. 埼玉新聞(埼玉新聞社). (2015年3月6日)
  214. ^ a b 川崎博之(2015年5月13日). “片倉工業、埼玉の大型SC刷新 ファミリー層に照準”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社)
  215. ^ 清宮涼(2015年4月23日). “駅直結コクーン2、あす開業 164店、スーパーに高級品並ぶ さいたま”. 朝日新聞(朝日新聞社)
  216. ^ a b c “サンベルクス、青果で差別化、イトーヨーカ堂跡に「杉戸店」オープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2003年5月12日)
  217. ^ “イトーヨーカ堂杉戸店が来年2月末で撤退! 埼玉県北葛飾郡杉戸町”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年9月30日)
  218. ^ “イトーヨーカ堂、「埼玉大井店」開店 食品売場が6割、電子棚札を採用”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2004年11月26日)
  219. ^ “マミーマート、低価格スーパー進出――居抜き出店、契約社員運営。”. 日経MJ. 日本経済新聞社. (2005年3月18日) 
  220. ^ a b c d e 『日本商業年鑑 1972年版』 商業界、1972年。pp557
  221. ^ a b c d e 『日本商業年鑑 1970年版』 商業界、1970年。
  222. ^ a b c 『埼玉年鑑 昭和61年版 本編』 埼玉新聞社、1985年。pp517
  223. ^ a b ヨーカ堂の閉鎖店舗が続々決定!新浦安店も 千葉県2店、愛知県2店、京都府1店などが判明東洋経済オンライン(2016年8月25日)2016年12月28日閲覧
  224. ^ a b c 『全国食品スーパー名鑑 1973年版』 食品新聞社、1973年1月20日。pp343
  225. ^ イトーヨーカドー川越店、10月30日閉店-本川越駅前、ヨーカドー都外本格進出1号店 (都市商業研究所). (2016年10月3日)
  226. ^ イトーヨーカドー、閉店決定が16店舗に 新たに厚木、藤岡も決まる産経ビジネス(2016年12月2日)2016年12月30日閲覧
  227. ^ セブン&アイ、ヨーカ堂創業地再開発 19年3月に複合型施設 (1/2ページ)産経ビジネス(2016年12月1日)2016年12月30日閲覧
  228. ^ “"小商圏店"開発に取組むイトーヨーカドーの新田店とP・C(生鮮食品集中処理)センター・スタディ”. 販売革新 1973年2月号 (アール・アイ・シー) (1973年2月).pp131-156
  229. ^ a b “イトーヨーカ堂「上福岡東店」開店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1999年10月8日) .pp3
  230. ^ イトーヨーカドー上福岡東店、2019年(令和元年)8月25日閉店-長谷工が取得 | 都市商業研究所”. 2021年6月18日閲覧。
  231. ^ イトーヨーカドー上福岡東店、2019年8月25日閉店-長谷工が取得 (都市商業研究所). (2019年7月17日)2019年9月28日閲覧
  232. ^ “イトーヨーカ堂、「新春日部店」開店 拡張で流出に歯止め”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1996年12月6日) .pp5
  233. ^ “ヨーカ堂、春日部店を移転、来月4日に開店――1.5倍に増床。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1996年11月12日) 
  234. ^ “住宅街で大型店展開、大塚家具――2001年までに9店程度。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1997年5月8日) 
  235. ^ 大塚家具、創業の地・元春日部ショールームの土地・建物を売却 | 春日部経済新聞”. 2024年2月5日閲覧。
  236. ^ a b “視察と見学のための今月の最新店情報”. 食品商業 1991年11月号 (商業界) (1991年11月).pp181
  237. ^ [ https://www.asahi.com/sp/articles/ASNDB76S2NDBUTNB00G.html イトーヨーカドー加須店、閉店へ 常連歴30年の客困惑 朝日新聞デジタル(2020年12月11日)2021年5月5日閲覧
  238. ^ “近隣購買型店舗lY加須店のパワー”. 販売革新 1991年3月号 (アール・アイ・シー) (1991年3月).pp30-31
  239. ^ “「わがSCのベストテナント」 全国の当協会会員SCから寄せられたベストテナント約300店を掲載”. ショッピングセンター 1998年10月号 (日本ショッピングセンター協会) (1989年10月1日).pp78
  240. ^ a b “イトーヨーカ堂長沼店撤退. 店舗のテナントも決まらず”. 稲毛新聞(稲毛新聞社). (2003年2月10日)
  241. ^ “丸山製、今期、不動産賃貸料が2億2000万円減――イトヨーカ去り痛手。”. 日経金融新聞. 日本経済新聞社. (1998年7月14日) 
  242. ^ “西友稲毛店が撤退!! 業績不振で今月31日まで”. 稲毛新聞(稲毛新聞社). (1997年8月10日)
  243. ^ a b c “マルエツとミドリ電化 イトーヨーカ堂稲毛店あとの出店テナント”. 稲毛新聞(稲毛新聞社). (1998年5月1日)
  244. ^ a b c “イトーヨーカ堂、2月27日「イトーヨーカドー長沼店」オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1992年3月2日)
  245. ^ 豊かなシニアライフを目指して 居住環境を考える”. 東松山市 (2015年). 2023年5月28日閲覧。[リンク切れ]
  246. ^ 株式会社ロジスティクス・パートナー. “オーケー/千葉県佐倉市の「志津店」を閉店”. 流通ニュース. 2021年6月17日閲覧。
  247. ^ a b “ヤオコー佐倉染井野店オープン、新NSCの核に ペットフードを充実”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2010年10月20日)
  248. ^ “オープン情報=イトーヨーカ堂「イトーヨーカドー四街道店」”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年4月8日)
  249. ^ [1]
  250. ^ a b c d e “公募型プロポで利活用計画策定/旧市原ショッピングスクエアビル2.6万m2”. 日刊建設タイムズ (日本工業経済新聞社). (2012年7月23日)
  251. ^ a b c d e f g 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp382
  252. ^ “日本のSC・市原ショッピング広場”. ショッピングセンター 1976年10月号 (日本ショッピングセンター協会) (1976年10月1日).pp55
  253. ^ a b “33年の歴史に幕 イトーヨーカドー市原店閉店”. 千葉日報(千葉日報社). (2010年5月10日)
  254. ^ a b c d “旧「ヨーカドー市原店」譲渡で大筋合意 住友G3社から市原市に 公共施設など利活用検討”. 千葉日報(千葉日報社). (2012年2月14日)
  255. ^ “アリオ市原:開業 きょう、68店舗複合施設” 毎日新聞 (毎日新聞社). (2013年11月28日)
  256. ^ ““市の顔”の核、3年遅れで ヨーカドーと68テナント 「アリオ市原」来月28日開業”. 千葉日報(千葉日報社). (2013年10月31日)
  257. ^ “I作戦 収益率No.1のイトーヨーカドーのキメ細かさとデータ優先主義をかきみだすケース・スタディ集”. 食品商業 1984年2月号 (商業界) (1984年2月).pp124-131
  258. ^ “経営不振で来春閉店”. 千葉日報(千葉日報社). (2009年11月7日)
  259. ^ “既存商店街を直撃する変革の嵐!!”. 商業界 1976年8月号 (商業界) (1976年8月).pp39-62
  260. ^ “ヨーカ堂、店舗閉鎖、一部を撤回――出店規制強化、活用に転換。”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. (2006年1月4日) 
  261. ^ “イトーヨーカ堂君津店が来春にも閉店へ 千葉県君津市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年12月27日)
  262. ^ “イトーヨーカ堂君津店営業継続に方針転換”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年3月18日)
  263. ^ “イトーヨーカ堂君津店5月29日新装開店 千葉県君津市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2002年6月17日)
  264. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC一覧” (PDF). 一般社団法人日本ショッピングセンター協会. 2017年3月20日閲覧。
  265. ^ “イトーヨーカ堂、買い物介助サービス――来月開業の東習志野店で。”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. (1994年11月8日) 
  266. ^ “身障者に優しいスーパー、ヨーカ堂東習志野店――社員付き添い買い物手助け。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1994年11月10日) 
  267. ^ “イトーヨーカドー、新浦安店・東習志野店を2017年中に閉店へ”. 都商研ニュース (都市商業研究所). (2016年8月14日). http://toshoken.com/news/7141 2017年3月20日閲覧。 
  268. ^ a b c ヨーカ堂の閉鎖店舗が続々決定!新浦安店も 千葉県2店、愛知県2店、京都府1店などが判明東洋経済オンライン(2016年8月25日)2016年12月28日閲覧
  269. ^ a b c d “オープン情報 イトーヨーカ堂”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年9月27日). pp3
  270. ^ a b イトーヨーカドー新浦安店、食品館として営業継続へ-6月28日から一定期間 | 都市商業研究所”. 2021年6月17日閲覧。
  271. ^ イトーヨーカドー食品館新浦安店、4月8日閉店-スターツが再活用へ | 都市商業研究所”. 2021年6月17日閲覧。
  272. ^ ニューコースト新浦安、2018年9月27日開業-イトーヨーカドー跡、全面開業は11月予定 | 都市商業研究所”. 2021年6月17日閲覧。
  273. ^ イトーヨーカドー成田店、2020年1月13日閉店-ユアエルム成田の核店舗 | 都市商業研究所”. 2021年6月17日閲覧。
  274. ^ a b 『特集 日本のスーパーマーケット 食品流通年報1972年版』 日本食糧新聞社、1971年11月25日。pp116
  275. ^ a b 森田克徳 『争覇の流通イノベーション ダイエー・イトーヨーカ堂・セブン-イレブン・ジャパンの比較経営行動分析』 日本実業出版社、2004年11月。
  276. ^ a b c “曳舟駅前再開発事業・最大地区の工事完了”. 東都よみうり新聞(東都よみうり新聞社). (2010年12月10日)
  277. ^ 緒方知行 西村哲 『イトーヨーカドーの経営 "伊藤語録"と高収益体質の秘密を探る』 日本実業出版社、1978年2月。
  278. ^ 小島政治 “強力大型店出現の影響を最小限に食い止める 顧客のニーズに最大限こたえる姿勢の確立で切り抜け成功”. 食品商業 1977年11月号 (商業界) (1977年11月).pp130-138
  279. ^ 藤井幸永 “今日の努力と長期展望の努力”. 近代中小企業 1970年4月号 (新日本経済社) (1970年4月1日).pp62
  280. ^ “イトーヨーカ堂、「大井町店」開店 個食強化と初の介護コーナー開設”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1997年4月23日)
  281. ^ a b “イトーヨーカ堂、首都圏再編へ動く 閉鎖店舗に注目”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1997年3月12日)
  282. ^ “大森京成百貨店、来月9日に閉店――ヨーカ堂大森店に衣替え。”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. (1985年8月30日) 
  283. ^ 三家英治 『現代日本小売経営戦略』 晃洋書房、1985年5月。ISBN 978-4771002906
  284. ^ “オープン情報=イトーヨーカ堂「イトーヨーカドー大森店」”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2004年11月26日)
  285. ^ [2]
  286. ^ 『適切な消火・避難活動が注目される東京蒲田文化会館の火災概要』 設備と管理 1969年7月号 (オーム社) (1969年7月)
  287. ^ 「蒲田駅前で商店ビル火事」『読売新聞』(読売新聞社) 1969年(昭和44年)5月2日。
  288. ^ a b c d e 『日本スーパーマーケット名鑑 1966年版』 商業界、1966年。pp80
  289. ^ a b c “ヨーカ堂、三鷹店閉鎖。”. 日経流通新聞. 日本経済新聞社. (1995年3月2日) 
  290. ^ 毎日新聞社メディア編成本部 『毎日新聞戦後の重大事件早見表』 毎日新聞社、1991年6月10日。ISBN 978-4620307947
  291. ^ a b 『日本スーパーマーケット名鑑 1968年版』 商業界、1968年。pp121
  292. ^ “ヨーカドー今月4店閉鎖”. 中日新聞 (中日新聞社). (2017年3月1日). pp8
  293. ^ セブンタウン小豆沢の「イトーヨーカドー食品館」が1月21日に閉店。”. いたばしTIMES (2018年1月10日). 2023年7月3日閲覧。
  294. ^ 株式会社ロジスティクス・パートナー. “ヨークマート/板橋区「ヨーカドー食品館小豆沢店」跡地に出店”. 流通ニュース. 2023年7月3日閲覧。
  295. ^ a b “日本のSC (4)〈金町・ヨークショッピングスクェア〉”. ショッピングセンター 1973年9月号 (日本ショッピングセンター協会) (11973年9月1日).pp37
  296. ^ a b c イトーヨーカドー金町店、2022年9月4日閉店-東金町一丁目西地区再開発で、タワマン核の複合施設に”. 2022年9月5日閲覧。
  297. ^ 【お知らせ】駐輪場のご利用等について”. 2022年9月8日閲覧。
  298. ^ a b c d 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2010年版』 東洋経済新報社、2010年。pp688
  299. ^ イトーヨーカドー竹の塚店、2023年3月5日閉店ー東武竹ノ塚エリア最大の商業施設、46年で幕”. 都市商業研究所 (2023年8月3日). 2023年10月4日閲覧。
  300. ^ 【足立区】閉店したイトーヨーカドー竹の塚店の跡にオープンするお店は、家電量販店!”. 号外NET 足立区. 2024年1月17日閲覧。
  301. ^ 出没!アド街ック天国 西日暮里 第17位”. テレビ東京 (2017年3月11日). 2023年10月4日閲覧。
  302. ^ 「小さすぎるイトーヨーカドー」閉店へ 国内最小「コンビニサイズ」で注目集める”. Jタウンネット (2023年4月27日). 2024年1月31日閲覧。
  303. ^ 全国最小! 西日暮里の「小さすぎる」イトーヨーカドー店舗が話題...いったい何者?”. Jタウンネット (2016年10月7日). 2021年8月28日閲覧。
  304. ^ なぜ? 荒川区のイトーヨーカドーが「コンビニ並みの狭さ」 理由を知ったネット民「買い物してみたい」”. アーバン ライフ メトロ (2021年8月28日). 2021年8月28日閲覧。
  305. ^ 東久留米市史編さん委員会『東久留米市史』 東久留米市、1979年3月。pp943
  306. ^ a b “日本のSC イトーヨーカドー東久留米店”. ショッピングセンター 1995年4月号 (日本ショッピングセンター協会) (1995年4月1日).pp48
  307. ^ 『三鷹市議会史 市制施行30周年記念 三鷹市議会史 年表編』 三鷹市議会、1982年8月31日。.pp180
  308. ^ “ドイト恋ヶ窪店、被災した「仙台若林店」の商品と従業員引き継ぐ”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2011年6月22日)
  309. ^ “ドイト恋ヶ窪店 復興応援フラッグショップ 東京都国分寺市 「ドイト仙台若林店」より従業員・商品を移送”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2011年7月4日)
  310. ^ “ドイト恋ヶ窪店を改装 ドン・キホーテホームセンター恋ヶ窪店 東京都国分寺市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2012年4月16日)
  311. ^ a b 『日本スーパーマーケット名鑑 1967年版』 商業界、1967年。pp89
  312. ^ a b c “日本のSC アスタ・田無西武”. ショッピングセンター 1995年5月号 (日本ショッピングセンター協会) (1995年5月1日).pp15
  313. ^ a b c イトーヨーカドー田無店、2021年2月14日閉店 - 田無アスタビルの核店舗、「ヨーカドーの衣料専門スーパー」業態消滅 | 都市商業研究所”. 2021年6月18日閲覧。
  314. ^ 『埼玉年鑑 1994年版』 埼玉新聞社、1993年10月。
  315. ^ “オープン情報=イトーヨーカ堂「イトーヨーカドー拝島店」”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2003年11月7日)
  316. ^ 『昭和飛行機五十年史』 昭和飛行機工業、1987年12月28日。
  317. ^ a b “国史跡へ追加申請 府中市 武蔵国府跡の隣接地”. 読売新聞(読売新聞社). (2010年8月20日)
  318. ^ “SC情報 開店情報”. ショッピングセンター 1975年1月号 (日本ショッピングセンター協会) (1975年1月15日).pp76
  319. ^ 森龍雄 “イトーヨーカドー中央林間店の陳列,売場什器のコストダウンに学ぶ”. 販売革新 1981年4月号 (アール・アイ・シー) (1981年4月).pp127-130
  320. ^ “イオンとイトーヨーカ堂、初のGMS共同出店「やまとオークシティ」オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2001年12月5日)
  321. ^ “オープン情報=サミット「サミットストアラプラ中央林間店」”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年10月7日)
  322. ^ “SC情報 開店情報”. ショッピングセンター 1975年8月号 (日本ショッピングセンター協会) (1975年8月1日).pp61
  323. ^ ハックドラッグ希望が丘SC店 ウエルシアホールディングス公式サイト
  324. ^ a b c 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2007年版』 東洋経済新報社、2007年。
  325. ^ “オープン情報=イトーヨーカ堂「イトーヨーカドー橋本店」”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2010年9月1日)}
  326. ^ イトーヨーカドー本牧跡地 3店舗核に11月開店へタウンニュース(2016年8月11日)2016年12月28日閲覧
  327. ^ a b あさって閉店 41年間「ありがとう」タウンニュース(2017年2月17日)2017年3月24日閲覧。
  328. ^ イトーヨーカドー食品館厚木店、2019年3月27日開店-プレシアとのコラボスイーツも都市商業研究所(2019年3月14日)2019年10月26日閲覧。
  329. ^ a b 「37年間、ありがとう」イトーヨーカドー秦野店が閉店タウンニュース(2017年3月9日)2017年3月24日閲覧。
  330. ^ 旧イトーヨーカドー秦野店 クリエイトが取得タウンニュース(2018年2月2日)2016年3月21日閲覧
  331. ^ a b c d e f g h i 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp677
  332. ^ “(1)「ニューSC」元年であった昭和59年”. ショッピングセンター 1984年12月号 (日本ショッピングセンター協会) (1984年12月1日).pp23
  333. ^ a b “ヨーカドー「ハトマーク」取り外し 駅前のシンボル消える−−韮崎”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2004年9月4日)
  334. ^ “オギノ、韮崎ルネスから撤退 営業3年、売り上げ伸びず”. 山梨日日新聞 (山梨日日新聞社). (2007年8月4日)
  335. ^ “ショッピングセンター:韮崎駅前「ルネス」、来月末で閉店”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2009年2月11日)
  336. ^ “韮崎・旧ルネス 市が取得、再利用 委員会が意見集約 図書館核に検討”. 山梨日日新聞 (山梨日日新聞社). (2009年8月13日)
  337. ^ “図書館や子育て施設整備 韮崎・市民交流センター、18日着工”. 山梨日日新聞 (山梨日日新聞社). (2010年10月15日)
  338. ^ “「ニコリ」来館者100万人突破 韮崎”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2014年3月28日)
  339. ^ a b c d e f 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp674
  340. ^ “開店情報”. ショッピングセンター 1975年5月号 (日本ショッピングセンター協会) (1975年5月1日).pp9
  341. ^ a b “富士急百貨店 ターミナルビル一新「Q-STA」31日オープン ジャンル別に48店入居”. 山梨日日新聞 (山梨日日新聞社). (2006年3月16日)
  342. ^ a b c “ヨーカドー跡地新潟市購入へ” 新潟日報 (新潟日報社). (2009年6月20日)
  343. ^ “1993年オープンSC一覧(146SC)”. ショッピングセンター 1993年12月号 (日本ショッピングセンター協会) (1993年12月1日).pp91
  344. ^ a b “イトーヨーカ堂、新潟木戸店を来年2月にも閉店”. 日本経済新聞(日本経済新聞社). (2006年8月24日)
  345. ^ 新潟市役所コールセンター | 新潟市”. www.4894.call.city.niigata.jp. 2023年7月3日閲覧。
  346. ^ a b c d e f g h 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp666
  347. ^ 『上越市史 <普及版>』(1991年10月1日、上越市発行)290 - 291ページ。
  348. ^ a b 松本英仁(2016年4月1日). “ヨーカドー直江津店、惜しまれつつ閉店 SC内53店は営業継続”. 朝日新聞(朝日新聞社). pp新潟全県版
  349. ^ “経済日誌”. 経済月報 1984年4月号 (長野経済研究所) (1984年4月).pp38
  350. ^ “イトーヨーカ堂岡谷店が七月八日で閉店! 長野県岡谷市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2001年5月21日)
  351. ^ a b c d e 丸山美沙子・小林達也・ギギ=モセス・仁平尊明・手塚章. “岡谷市における工業の地域的特色”. 地域研究年報 第27号 (筑波大学人文地理学・地誌学研究会). (2005年3月25日).41-74ページ
  352. ^ ララオカヤ、2021年度を目処に閉館-岡谷駅前のイトーヨーカドー跡、解体へ | 都市商業研究所”. 2023年1月28日閲覧。
  353. ^ a b “寿がきや、平成5年4月に塩尻店など3店を出店”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1993年4月23日)
  354. ^ a b 安藤孝憲 (2010年2月25日). “塩尻市とアップルランド、営業継続で合意 ヨーカドー閉店問題”. 中日新聞 (中日新聞社)
  355. ^ 石井千絵(2010年4月9日). “商店街ルネサンス<3>夜も明るく 若手の挑戦”. 読売新聞 (読売新聞社)
  356. ^ “旧ヨーカドー、想定売上達成率88%” 信濃毎日新聞 (信濃毎日新聞社). (2011年3月2日)
  357. ^ 『信毎年鑑 1978年版』 信濃毎日新聞社、1977年10月。pp371
  358. ^ 『上田商工会議所百年史』 上田商工会議所、1998年。
  359. ^ a b “セブン&アイ系、上田版の電子マネー、「アリオ」開業機に発行”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年4月8日)
  360. ^ a b c “イトーヨーカドー上田店閉店へ 新商業施設開店で” 信濃毎日新聞 (信濃毎日新聞社). (2010年11月21日)
  361. ^ 『信毎年鑑 1979年版』 信濃毎日新聞社、1978年10月。pp375
  362. ^ a b イトーヨーカドー長野店、2020年6月7日閉店-長電権堂駅前ビルの核店舗 | 都市商業研究所”. 2021年6月18日閲覧。
  363. ^ a b c d e f g h 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp730
  364. ^ “届出情報”. ショッピングセンター 1987年7月号 (日本ショッピングセンター協会) (1987年7月1日).pp63
  365. ^ “アサヒトラスト、VR娯楽施設、浜松駅前に開業。”. 日経MJ. 日本経済新聞社. (2020年8月12日) 
  366. ^ “イトーヨーカ堂浜松駅前店が撤退”. 中日新聞 (中日新聞社). (2005年11月13日)
  367. ^ a b c “オープン情報=イトーヨーカ堂”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2000年11月17日)
  368. ^ “イトーヨーカドー浜松宮竹店 惜しまれながら閉店”. 静岡新聞 (静岡新聞社) (2015年1月19日)
  369. ^ a b “浜松宮竹店閉店は1月18日 イトーヨーカドー”. 静岡新聞 (静岡新聞社). (2014年12月10日)
  370. ^ a b c “ヨーカドー浜松宮竹店 来年1月中旬閉店”. 中日新聞 (中日新聞社). (2014年10月16日)
  371. ^ “来年1月に閉店 ヨーカドー浜松宮竹店”. 静岡新聞 (静岡新聞社). (2014年10月16日)
  372. ^ “ポイント=イオン、静岡に出店の余地”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年7月1日)
  373. ^ 赤野嘉春(2015年10月30日). “ヨーカドー宮竹店とウエスト 閉店2棟解体へ”. 中日新聞 (中日新聞社)
  374. ^ a b c d “旧イトーヨーカドー富士店跡地にスポーツクラブが進出”. 静岡新聞 (静岡新聞社). (2013年6月15日)
  375. ^ a b “JA富士市 イトーヨーカドー跡地利用の検討重ねる”. 建通新聞 (建通新聞社). (2010年10月29日)
  376. ^ “富士駅前、新たなにぎわい…スポーツクラブ開業”. 読売新聞 (読売新聞社). (2014年8月2日)
  377. ^ a b “日本のSC イシバシプラザ”. ショッピングセンター 1978年9月号 (日本ショッピングセンター協会) (1978年9月1日).pp7
  378. ^ a b イシバシプラザ閉店 変わる沼津の街並み”. 静岡新聞 (2021年8月23日). 2023年5月21日閲覧。
  379. ^ 沼津イシバシプラザ閉店から1年余 地元自治会、買い物弱者支援へ 移動販売「町の駅」29日初開催”. 静岡新聞 (2022年10月19日). 2023年5月21日閲覧。
  380. ^ a b “イトーヨーカ堂・鈴木社長、愛知の足下固める CVSは関西重点に展開など語る”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (1995年9月27日)
  381. ^ a b 神谷浩一郎(2007年10月16日). “平和堂、来月8日開店 小牧に新しい“街の顔””. 中日新聞 (中日新聞社)
  382. ^ a b “ヨーカドー小牧店閉店 業績不振で来年秋”. 中日新聞 (中日新聞社). (2006年9月21日)
  383. ^ “平和堂東海、「アル・プラザ小牧」オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2007年11月19日)
  384. ^ a b “イトーヨーカ堂、13日名古屋に「鳴海店」開店 生鮮1番店目指す”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (1997年9月3日)
  385. ^ 平和堂なるぱーく店、2021年9月閉店-旧・イトーヨーカドー鳴海店、開業10年で | 都市商業研究所”. 2021年6月18日閲覧。
  386. ^ a b “平和堂、「なるぱーく店」オープン 名古屋市内2店舗目、テナント出店は初”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2011年3月25日)
  387. ^ “イトーヨーカ堂きょう豊橋に中京1号店開店――豊橋スポーツセンターのSCの核店舗”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. (1978年10月5日) 
  388. ^ イトーヨーカドー豊橋店、2017年1月9日閉店-ホリデイ・スクエアの核店舗 | 都市商業研究所”. 2021年6月18日閲覧。
  389. ^ “MEGAドン・キホーテ豊橋店開店前に地元住民要望”. 東愛知新聞. (2017年8月11日). http://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/1467 2018年1月6日閲覧。 
  390. ^ 武山勇夫 “Members Now(113)都市間競争に勝てる強力なSC開発が必要であるという地元の共通認識のもとに生まれたSC『キャスタ』”. ショッピングセンター 1997年9月号 (日本ショッピングセンター協会) (1997年9月1日).pp28
  391. ^ “ヨシヅヤ、イトーヨーカドー犬山店の跡地に出店”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2017年1月20日) pp3
  392. ^ “義津屋、「キャスタ・ヨシヅヤ犬山店」今月末開店へ 市長ら集い祝賀会”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2017年4月26日) pp6
  393. ^ a b c d e f g 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp943
  394. ^ a b 刈谷市史編さん編集委員会『刈谷市史 第4巻 現代』 刈谷市、1990年3月26日。pp536
  395. ^ a b c d “イトーヨーカドー各務原店、きょう閉店 29年の歴史に幕”. 岐阜新聞 (岐阜新聞社). (2011年1月16日)
  396. ^ “バロー、「各務原中央店」オープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2011年12月5日)
  397. ^ 伏見区の大型店”. www2.city.kyoto.lg.jp. 2023年3月14日閲覧。
  398. ^ a b c 山田英之 (2011年1月12日). “イトーヨーカドー:堺店、来月13日閉店 24年の歴史に幕、セール開催中”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  399. ^ a b c d e f g 『ショッピングセンター名鑑 1988年版』 日本ショッピングセンター協会、1988年12月27日。pp1172
  400. ^ “並みのチェーンに戻る兆しか?収益抜群のヨーカドーで前年割れ店舗増加”. 激流 1987年1月号 (国際商業出版) (1987年1月).pp120-121
  401. ^ a b 廣瀬嘉一(2014年4月4日). “ライフコーポレーション、「堺駅前店」好調推移 二極化対応を強化 ライフプレミアム展開”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社)
  402. ^ “イトーヨーカ堂、「イトーヨーカドー津久野店」堺市にオープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2004年5月7日)
  403. ^ “「ダイヤモンドシティ・プラウ」内覧会開催 13・28日にグランドオープン”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2004年10月22日)
  404. ^ “オイシス、「チェザート鳳店」オープン スイーツ店展開の基盤に”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2008年4月4日)
  405. ^ 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2008年版』 東洋経済新報社、2008年。pp1335
  406. ^ a b c d e “イトーヨーカ堂、近畿で5店舗目「東大阪店」を開業”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2000年11月10日). pp10
  407. ^ a b イトーヨーカドー広畑店、3月26日閉店-姫路南部を代表する大型ショッピングセンター | 都市商業研究所”. 2021年6月18日閲覧。
  408. ^ MEGAドン・キホーテ姫路広畑店、2018年2月16日開店-イトーヨーカドー跡に | 都市商業研究所”. 2021年6月18日閲覧。
  409. ^ イトーヨーカドー奈良店、2017年9月10日閉店-旧・奈良そごう、2018年春の再生目指す | 都市商業研究所”. 2021年6月18日閲覧。
  410. ^ 佐藤正忠 『「そごう」に新しい神話がはじまった』経済界、1994年5月。ISBN 978-4766702514
  411. ^ イトーヨーカドー奈良店閉店へ…長屋王邸宅跡に今度は「観光型複合商業施設」 . 産経WEST(産業経済新聞社). (2017年3月8日)
  412. ^ a b “’98年開店SC一覧(1998年1月~12月)”. ショッピングセンター 1992年12月号 (日本ショッピングセンター協会) (1992年12月1日).pp14
  413. ^ a b c d “経済日誌”. 岡山経済 1999年1月号 (岡山経済研究所) (1999年1月1日).pp62
  414. ^ イトーヨーカドー岡山店、2017年2月28日閉店 | 都市商業研究所”. 2021年6月18日閲覧。
  415. ^ “イトーヨーカドー岡山店が閉店へ イオン開業、売り上げ低迷”. 山陽新聞. (2016年7月20日). http://www.sanyonews.jp/article/384268 2017年3月27日閲覧。 [リンク切れ]
  416. ^ 吉川喬(2022年8月19日). “岡山のオフィス街に大型フードホール 「杜の街」9月23日開業へ”. 朝日新聞(朝日新聞社). pp岡山版
  417. ^ 天満屋ハピーズアリオ倉敷店、2016年9月28日開店-イトーヨーカドー跡 | 都市商業研究所”. 2021年6月18日閲覧。
  418. ^ “アリオ倉敷ヨーカドー食品館閉店 8月末めど、天満屋ハピーズ後継”. 山陽新聞. (2016年6月3日). http://www.sanyonews.jp/article/359404 2016年12月28日閲覧。 
  419. ^ “広島県に「エールエールA館」など大型商業施設誕生”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社): pp. 16. (1999年4月28日)
  420. ^ イズミ、セブンアイと業務提携で、「イトーヨーカドー福山店を「ゆめタウン」に、ヨーカ堂、加古川以西から姿消す-都市商業研究所、2018年8月28日閲覧。
  421. ^ “北京で続々百貨店閉店 日系店も”. ライブドアニュース. (2014年4月14日). https://news.livedoor.com/lite/article_detail/8730505/ 2023年12月8日閲覧。 
  422. ^ a b “ヨーカドー 売上不振で北京地区の複数店舗を閉鎖”. 人民日報. (2014年9月2日). http://j.people.com.cn/n/2014/0902/c94476-8777277.html 2023年12月8日閲覧。 
  423. ^ “イトーヨーカドー西直門店が閉店セール中”. 北京旅游网. (2014年11月7日). https://japan.visitbeijing.com.cn/article/47JwBrTeTRk 2023年12月8日閲覧。 
  424. ^ “全国小売流通特集 中国に挑むSM・CVS 華糖ヨーカ堂”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年7月28日). pp3
  425. ^ a b c “ヨーカドー北京西直門店、あさって閉店”. アジア経済ニュース. (2014年11月28日). https://www.nna.jp/news/133243 2023年12月8日閲覧。 
  426. ^ a b “イトーヨーカドー北京右安門店 3月で閉店”. 人民日報. (2015年3月3日). http://j.people.com.cn/n/2015/0303/c94476-8856407.html 2023年12月8日閲覧。 
  427. ^ “ヨーカドー 北京撤退が秒読みか 大興店も来月閉店”. 人民日報. (2016年6月2日). http://j.people.com.cn/n3/2016/0602/c94476-9066807.html 2023年12月8日閲覧。 
  428. ^ a b c d “中国で初のチェーン店展開 イトーヨーカ堂”. ビジネス・インテリジェンス 1998年6月号 (ビジネス・インテリジェンス社) (1998年6月).pp84
  429. ^ a b c 宇佐美暁 “イトーヨーカ堂の中国展開”. MRI中国情報 1998年8月号 (三菱総合研究所) (1998年8月).pp18
  430. ^ a b “企業NOW 静かにすべり出したイトー・ヨーカ堂・中国プロジェクト開”. Decide 1998年8月号 (サバイバル出版) (1998年8月).pp53
  431. ^ “イトーヨーカドー新十里堡店、2016年10月31日閉店-北京の旗艦店”. 都市商業研究所. (2016年9月28日). https://toshoken.com/news/7735 2023年12月8日閲覧。 
  432. ^ a b c “企業NOW 静かにすべり出したイトー・ヨーカ堂・中国プロジェクト開”. Decide 1998年8月号 (サバイバル出版) (1998年8月).pp56
  433. ^ a b “日中ビジネス情報”. 中国経済 1998年1月号 (日本貿易振興機構) (1998年1月).pp161
  434. ^ a b c “缶詰短信”. 缶詰時報 1998年1月号 (日本缶詰びん詰レトルト食品協会) (1998年1月1日).pp48
  435. ^ “イトーヨーカドー春熙店、2022年12月31日閉店-海外1号店、契約更新できず”. 都市商業研究所. (2022年12月14日). https://toshoken.com/news/25473 2023年12月8日閲覧。 
  436. ^ “イトーヨーカ堂、中国1号店を22年末に閉店”. 日本経済新聞. (2022年10月31日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC286PC0Y2A021C2000000/ 2023年12月8日閲覧。 
  437. ^ a b 原田敏雄 “旭川商工経済界の現状と課題”. 地域研究所年報 第1号 (旭川大学地域研究所) (1979年4月1日).pp89
  438. ^ 中原善男 “企業戦略 リフレッシュ経営成功の緑屋”. 経済展望 1979年10年号 (経済展望社) (1979年10月1日).pp89
  439. ^ a b “福ビルを買った仙台エンド― 注目される福島進出後の商策”. 財界ふくしま 1972年11月号 (財界21) (1972年11月).pp56-57
  440. ^ “福島に出來た東洋一のビルデイング”. 東洋建築材料商報 第17年(11月號) 1975年2月号 (東洋建材商報社) (1927年11月).pp9
  441. ^ 丸木格 『トキハ・丸広の地域制圧戦略 地方百貨店の雄』 評言社、1979年9月1日。pp200
  442. ^ “百貨店、春の新店4店舗の特徴”. 販売革新 1990年6月号 (アール・アイ・シー) (1990年6月).pp223-225
  443. ^ “札幌すすきの駅前/イトーヨーカドー、アイン、フードホールなど複合施設”. 流通ニュース. (2022年3月18日). https://www.ryutsuu.biz/store/o031814.html 2023年11月16日閲覧。 
  444. ^ “イトーヨーカ堂、3大都市圏軸に集約へ 「他社への事業承継も協議」”. 朝日新聞デジタル. (2022年5月2日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASR526552R52ULFA004.html 2023年11月16日閲覧。 
  445. ^ “ススキノ新複合施設「COCONO SUSUKINO」にダイイチ出店”. 北海道リアルエコノミー. (2022年5月8日). https://hre-net.com/keizai/ryutu/67320/ 2023年11月16日閲覧。 

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『衣食住の 生活応援型 ディスカウントストア、神奈川県に初出店 6/19(金)『ザ・プライス鶴ヶ峰店』開店』 イトーヨーカ堂、2009年5月28日。
  2. ^ [ザ・プライス鶴ヶ峰店のページ http://blog.itoyokado.co.jp/shop/119/](2014年3月25日閲覧)[リンク切れ]
  3. ^ スーパー三和 鶴ヶ峰店 株式会社三和 公式サイト[リンク切れ]
  4. ^ 三和鶴ヶ峰店 大創産業公式サイト
  5. ^ シェルガーデンとの初コラボ!新たな品揃えでお客様の日常を楽しく! 『ヨークフーズ with ザ・ガーデン自由が丘 中野店』 ~2022 年 10 月 21 日(金)午前 10 時オープン~”. 株式会社ヨーク、株式会社シェルガーデン. 2023年1月14日閲覧。
  6. ^ a b c 『帝国繊維 第82期事業報告書』 帝国繊維、2008年3月。
  7. ^ 12/16(金)午前9時 ショッピングセンター『アリオ松本』オープン! (PDF) - イトーヨーカ堂ニュースリリース 2011年11月16日[リンク切れ]
  8. ^ ショッピングセンター「しるくろーど」リニューアル事業の軌跡
  9. ^ ショッピングセンター「しるくろーど」リニューアル事業の軌跡
  10. ^ 【お知らせ】スーパーベルクス杉戸店長期休業のお知らせ|ニュース|専門性追求型スーパーマーケット スーパーベルクス”. 2023年1月16日閲覧。
  11. ^ MrMax越谷ショッピングセンターの営業終了に関するお知らせ 株式会社ミスターマックスホールディングス ニュースリリース 2016年12月1日、2018年9月3日閲覧。
  12. ^ カスミNews Release カスミ 2017年4月14日閲覧。
  13. ^ 野村不動産・野村不動産マスターファンド投資法人 商業施設から物流施設への建替え ~賃貸バリューチェーンの進化~』(PDF)(プレスリリース)野村不動産ホールディングス、2016年12月20日https://www.nomura-re-hd.co.jp/cfiles/news/n2016122001204.pdf2017年3月20日閲覧 
  14. ^ 当社初!ネットスーパー専用店舗を開設』(プレスリリース)株式会社セブン&アイホールディングス、2015年3月5日https://www.7andi.com/company/news/release/001721.html2023年10月4日閲覧 
  15. ^ 当社初!ネットスーパー専用店舗を開設 3/8(日)『セブン&アイ ネットスーパー西日暮里店』運用開始”. 株式会社セブン&アイ・ホールディングス (2015年3月5日). 2021年8月28日閲覧。
  16. ^ ラウンドワン 府中本町駅前店|店舗紹介 ROUND1 公式サイト
  17. ^ セブン-イレブン 府中本町駅北店(東京都府中市)の地図 セブン-イレブン公式サイト
  18. ^ 希望が丘店 ライフコーポレーション公式サイト
  19. ^ ノジマ 希望が丘店 ノジマ公式サイト
  20. ^ 希望が丘K-1SC店 大創産業公式サイト
  21. ^ ショップガイド”. 直江津ショッピングセンターエルマール (2020年3月24日). 2024年1月15日閲覧。
  22. ^ 「クラッシィハウス京都六地蔵」公式サイト”. クラッシィハウス京都六地蔵|京都初、地下鉄駅直結・直上の新築分譲マンション. 2023年7月3日閲覧。[出典無効]
  23. ^ SGリアルティ東大阪 - SGリアルティ株式会社”. www.sg-realty.co.jp. 2023年7月3日閲覧。[出典無効]
  24. ^ CSRreport 2009』(プレスリリース)株式会社セブン&アイホールディングス、2009年10月1日https://www.itoyokado.co.jp/company/iycsr/pdf/2009_all.pdf2023年12月8日閲覧 
  25. ^ CSRreport 2009』(プレスリリース)株式会社セブン&アイホールディングス、2009年10月1日https://www.7andi.com/library/dbps_data/_template_/_res/csr/pdf/2009_10.pdf2023年12月8日閲覧 

関連項目[編集]