黛英里佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まゆずみ えりか
黛 英里佳
プロフィール
愛称 英里ちゃん・ずーみー・はるみ
生年月日 1985年9月24日
現年齢 37歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県本庄市
血液型 AB型
公称サイズ(2014年[1]時点)
身長 / 体重 165 cm / kg
スリーサイズ 80 - 60 - 86 cm
靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 2004年7月
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 女優タレント
事務所 マドモアゼル
モデル: テンプレート - カテゴリ

黛 英里佳(まゆずみ えりか、1985年9月24日 - )は、日本女優モデル

埼玉県本庄市出身[2]東京都狛江市生まれ[3]で、幼少期に佐賀県で暮らしたことがある[3]マドモアゼル所属。既婚。

略歴[編集]

2004年、モデルとしてデビュー。きっかけは原宿で現在の所属事務所にスカウトされたことによる。同年、★☆北区つかこうへい劇団へ第13期レッスン生として入団[注 1]。その後、アンサンブルとして『エビ大王』や『エドの舞踏会』などいくつかの舞台に出演。しかし、元々レッスン生としての所属であったため、正式な入団はしなかった。

2009年2月、バラエティ番組『秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ制作・日本テレビ系列)内のコーナー「連続転勤ドラマ 辞令は突然に…」にて、東はるみ(旧姓:数寄屋橋はるみ)役として出演し知名度が上がる。同年7月、ブログ「黛英里佳のま〜え〜か〜」を開始。

2012年7月より、コニカミノルタが主催する「ランニングプロジェクト」のナビゲーターとなる。自身もハーフマラソンフルマラソンに挑戦しながら、当プロジェクトのウェブサイトで、トレーニングの模様等をマンスリーでレポートしている。

2014年4月、情報番組『朝だ!生です旅サラダ』(朝日放送制作・テレビ朝日系列)の「海外の旅」を担当する「旅サラダガールズ」4期メンバーに、オーディションを経て出演。

2015年11月、テレビドラマ『新・牡丹と薔薇』(東海テレビ制作・フジテレビ系列)の主演女優に逢沢りなと共に抜擢。連続ドラマ初主演。

2016年11月、ミルクランド北海道のPR大使として初代アンバサダーに就任。消費者の立場から北海道産牛乳・乳製品の美味しさや品質の高さ、また北海道酪農の重要性について、わかりやすくて、親しみやすい情報発信を担う。

2020年7月3日、結婚したことを発表した[4][5]

2021年4月2日より、テレビ熊本の朝の情報ワイド『英太郎のかたらんね』に金曜日のレギュラーとして出演開始。同番組で、結婚後は熊本に在住していることを公表している。

2021年8月4日、第1子を妊娠中であることを発表した[6]。12月15日、第1子男児の出産を報告[7]

2022年春、4度の延期を経て結婚式を挙げた[8]

エピソード[編集]

  • 母親は料理が得意である。
  • 兄弟は4歳年上(1981年生まれ)の兄がおり、兄妹が一緒に東京ディズニーランドに行くほど仲が良い[9]
  • 特技はスキー、バスケットボールなどスポーツ全般。小学校から高校まで女子バスケットボール部に所属。ポジションはF「フォワード」。中学校時代はキャプテンも務めていた。
  • 趣味は料理、インテリア、読書。得意料理は「チキンのトマト煮込み」。好きな作家は伊坂幸太郎(他には有川浩奥田英朗高野和明三浦しをんたかぎなおこ等)。とある中華拉麺店の餃子定食が好物。
  • 元々ドッグトレーナーを志望するほど大の犬好きで、実家では「男(ダン)」と言う名前の雄のミニチュアダックスフントを飼っている。容姿はロングヘアーのブラックタン。2008年より愛犬が1頭増え、名前は「春男(はるお)」という(春生まれの男の子であるため)。犬種は同じだが、色はクリームである[10]
  • 映画『銀色のシーズン』で共演した豊田エリーは自身のブログで、「お喋り上手で、とっても優しいんです」と、語っている[11]
  • バラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ)に、「憧れの人に本気で告白Special」の回にて、元サッカー選手の武田修宏の憧れの人としての指名を受けて初出演。
  • 漫画『ドラゴンボール』が大好き[12]
  • 朝だ!生です旅サラダ』の初出演時には「1人でも、多くの視聴者の方に『こんな旅、したいなぁー』と、親しみを持って見ていただけるように頑張ります。」と、抱負を語った。同期メンバーには江頭ゆい多嶋沙弥尾形沙耶香
  • 新・牡丹と薔薇』では一人二役を行い、監督の指示のもとダイエットによって個性の違いを表現した[13]

ランニングプロジェクト[編集]

  • コニカミノルタが主催する『ランニングプロジェクト』の7代目ナビゲーターを務める。就任時はハーフマラソン、フルマラソン共に未経験であり、初めてのハーフマラソン完走時には、自信がついたものの、フルマラソンを走る大変さがより分かった、と語っている[14]
  • 陸上競技部や一般公募のランナーとの活動を経て、マラソンは一人でやるスポーツだからこそ、仲間と気持ちを分かち合いたくなる、という事を語っている[15]
  • プロジェクト初のナビゲーター連続就任となった。
フルマラソンの成績
  • 1期目 NAHAマラソン 4時間52分41秒(2012年12月2日)
  • 2期目 東京マラソン 4時間26分52秒(2014年2月23日)
  • 3期目 東京マラソン 3時間49分55秒(2015年2月22日)
ハーフマラソンの成績
  • 1期目 札幌マラソン 1時間57分55秒(2012年10月7日)
  • 2期目 札幌マラソン 1時間55分02秒(2013年10月6日)
  • 3期目 札幌マラソン 1時間52分19秒(2014年10月5日)

出演[編集]

太字…主演

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

第11話「サンキュー電撃作戦」(6月18日)
第12話「地球最後の日(T_T)」(7月2日)
第17話「遠い夏の空と」(8月6日)

テレビ[編集]

CM[編集]

《Run!Run!Run!篇》《Swim!Swim!Swim!篇》
『ユニ&エコ・らく楽アシスト』篇(2010年)
『ユニ&エコ・節電アシスト』篇 (2012年)
  • 日清食品 『太麺堂々』《ショッカー篇》(2010年)
  • 東海テレビ 『GO近所』《いよいよ篇》(2011年)
  • Honda Cars 中国四国エリア(2012年 - )
《タンブラー篇》《チアガール篇》《アイドル篇》《フラダンス篇》《フラメンコ篇》《サンバ篇》《サルサ篇》《乗りカエル編》《カエル・エアギター編》《買うガール編》
《VEZEL》(2017年 - )《FREED》(2019年 - )《N-WGN》(2020年 - )
角ハイボール』篇(2013年)『プレミアムモルツ』篇(2013年)『金麦』篇(2013年)『DAKARA』篇(2014年)
「黛さん、眼鏡市場を知る①」篇・「黛さん、眼鏡市場を知る②」篇(2021年6月 - )[20]

ミュージック・ビデオ[編集]

舞台[編集]

  • エビ大王(2005年12月8日 - 30日)
  • エドの舞踏会(2007年12月1日 - 23日、明治座/2008年2月3日 - 29日、御園座)

WEBムービー[編集]

広告(スチール・Web)[編集]

イベント[編集]

  • ROOTOTEチャリティーイベント in 表参道ヒルズ(2011年4月10日)
  • トヨタ自動車「プリウスカップ」(2011年12月6日)
  • 雲辺寺 福餅投げ(2012年1月3日)
  • トヨタ自動車「HEROES Gala Party」(2012年1月26日)
  • 山梨日日新聞山梨放送「グルメサーカス2012」(2012年8月17日)
  • コニカミノルタ イメージキャラクター&ランニングプロジェクト・ナビゲーター(2012年6月 - )
  • 熊本県民テレビ30周年イベント「夢まちランド」(2012年10月27日)
  • 第28回NAHAマラソン(2012年12月2日、コニカミノルタ・ランニングプロジェクト)
  • 第12回「利家とまつ」金沢城リレーマラソン(2013年5月12日)
  • 東京マラソン(2014年2月23日、コニカミノルタ・ランニングプロジェクト)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同期には鳳恵弥などがいる。

出典[編集]

  1. ^ 公式プロフィール”. マドモアゼル. 2014年10月13日閲覧。
  2. ^ 本庄舞台の『JAZZ爺MEN』が好評上映中”. クオリティ埼玉. 日本電子新聞社 (2011年5月10日). 2014年10月13日閲覧。
  3. ^ a b 黛英里佳. “母から私の母子手帳と、赤ちゃんの頃のアルバムが届きました。”. Instagram(@erikamayuzumi_official). 2022年6月10日閲覧。
  4. ^ “黛英里佳が結婚を発表 ケンミンSHOW「辞令は突然に…」出演”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年7月3日). https://www.sanspo.com/article/20200703-EALN2BZJ4RINROHS6K4NUWHTGA/ 2020年7月3日閲覧。 
  5. ^ 黛英里佳 [@erikamayuzumi_official] (2020年7月3日). "いつも応援してくださる皆様へ 私事で恐縮ですが、この度結婚致しました。 私は以前から、結婚するということは家族というチームになることだと思っていて、夫とだったらお互いに協力し合い、支え合って、より楽しく、そして心豊かに暮らしていけるんじゃないか、と思わせてくれました。…". Instagramより2020年7月3日閲覧
  6. ^ “黛英里佳、第1子妊娠を報告「感動する毎日です」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年8月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2202473/full/ 2021年12月15日閲覧。 
  7. ^ “ケンミンSHOWの黛英里佳、第1子男児を出産「予定日より少し早い出産でしたが、母子共に元気です」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年12月15日). https://hochi.news/articles/20211215-OHT1T51018.html 2021年12月15日閲覧。 
  8. ^ 「辞令は突然に…」黛英里佳 結婚から約2年「4度の延期を経て」ようやく挙式 昨年末に長男出産”. スポーツニッポン (2022年6月7日). 2022年6月7日閲覧。
  9. ^ 「ケンミンSHOW」の妻・黛英里佳の素顔”. 日刊ゲンダイ (2013年6月14日). 2014年5月29日閲覧。
  10. ^ 黛英里佳のま〜え〜か〜2014.6.20愛犬[リンク切れ]
  11. ^ 飲み物なのに”. 豊田エリーオフィシャルブログ ~La Fee Papillon~ (2007年3月5日). 2013年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月15日閲覧。
  12. ^ 告白します”. オフィシャルブログ「黛英里佳のま〜え〜か〜」 (2009年7月10日). 2014年10月13日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ 富貴子”. 黛英里佳オフィシャルブログ (2015年12月21日). 2021年12月15日閲覧。
  14. ^ 黛 英里佳のフルマラソンへの道 Vol.6”. コニカミノルタ (2012年11月). 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月15日閲覧。
  15. ^ 黛 英里佳のフルマラソンへの道2014 Vol.1”. コニカミノルタ (2014年6月). 2014年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月15日閲覧。
  16. ^ “武田航平、馬場ふみか主演映画でキーパーソンに 中村俊輔、今泉佑唯、青柳翔も出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年4月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2231050/full/ 2022年4月12日閲覧。 
  17. ^ “「牡丹と薔薇」が昼ドラで再び!第2次ボタバラブームやってくるか”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年11月4日). https://www.sanspo.com/article/20151104-FFYIBU4TYRPQTI4PSFPF3OZD7I/ 2015年11月4日閲覧。 
  18. ^ “「キシリクリスタル」新TVCM完成” (プレスリリース), モンデリーズ・ジャパン株式会社, (2014年9月25日), https://jp.mondelezinternational.com/Newsroom/2014-Press-Releases/140925 2021年12月15日閲覧。 
  19. ^ 黛英里佳のま〜え〜か〜 キシリクリスタル♪(2014年9月25日)[リンク切れ]
  20. ^ 黛さんは、知らなかった。”. 九州エリア特設サイト. 眼鏡市場. 2021年6月22日閲覧。
  21. ^ ネットワーク接続技術者 工事担任者 平成21年度第1回”. 財団法人 日本データ通信協会 電気通信国家試験センター. 2009年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月15日閲覧。
  22. ^ ネットワーク接続技術者 工事担任者 平成21年度第1回”. 財団法人 日本データ通信協会 電気通信国家試験センター. 2009年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月15日閲覧。
  23. ^ 黛英里佳のま〜え〜か〜 国保♪(2015年6月15日)[リンク切れ]

外部リンク[編集]