雲辺寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雲辺寺
雲辺寺 大師堂
大師堂
所在地 徳島県三好市池田町白地ノロウチ763-2
位置 北緯34度2分6.8秒
東経133度43分25.4秒
座標: 北緯34度2分6.8秒 東経133度43分25.4秒
山号 巨鼇山
院号 千手院
宗旨 古義真言宗
宗派 真言宗御室派
本尊 千手観音
創建年 延暦8年(789年
開基 (伝)空海(弘法大師)
正式名 巨鼇山雲辺寺千手院
巨鼇山雲邊寺千手院
札所等 四国八十八箇所66番
阿波秘境祖谷渓・大歩危七福神霊場(毘沙門天)
文化財 木造千手観音坐像ほか(国の重要文化財)
法人番号 6480005005569 ウィキデータを編集
雲辺寺の位置(徳島県内)
雲辺寺
雲辺寺の位置(香川県内)
雲辺寺
テンプレートを表示
展望館の毘沙門天

雲辺寺(うんぺんじ)は、徳島県三好市(もと三好郡池田町白地ノロウチの雲辺寺山山頂(標高927m)近くに位置する真言宗御室派寺院で、巨鼇山(きょごうざん)千手院(せんじゅいん)と号し、本尊千手観世音菩薩である。

本尊真言:おん ばさらたらま きりく そわか

ご詠歌:はるばると 雲のほとりの 寺にきて つきひを今は ふもとにぞ見る

納経印:当寺本尊、毘沙門天(阿波秘境祖谷渓・大歩危七福神霊場めぐり)、最高峰四国高野のナス形の朱印、大悲殿(期間限定)

概要[編集]

四国八十八箇所霊場第66番札所で、所在地は徳島県(阿波)であるが霊場としては讃岐の札所として扱われ、「涅槃の道場」の始まりで、八十八箇所中で最も標高が高い位置(本堂の位置で標高900m付近)にあり、最後の「関所寺」である。夏は、紫陽花が全山一面に咲き、晩秋には紅葉の名所となり、冬はロープーウエイ利用が可能なため、雪の風景となる。

沿革[編集]

寺伝によれば、789年延暦8年)に佐伯真魚(後の空海・弘法大師)が善通寺建立のための木材を求めて雲辺寺山に登り、この地を霊山と感得し堂宇を建立したことを起源とする。空海はまた、807年大同2年)には秘密灌頂の修法を行い、さらに818年弘仁9年)に嵯峨天皇勅命を受けて本尊を刻んで、七仏供養を行ったという。後に「四国高野」と呼ばれ、僧侶の修業道場となり、貞観年間(857年から877年)には清和天皇の勅願寺ともなった。

1098年(承徳2年)火災で全山消失するも、その後に鹿を追って当地に入った猟師の与成(よなり)は樹上に現れた観音菩薩の威厳にうたれ発心し堂宇の再建を果たした[1]。 平安末期の中興の祖と云われるにふさわしい願西上人が住職のとき、現存する本尊千手観音と毘沙門天が造られた。 鎌倉時代には、阿波守護の佐々木経高(経蓮)の庇護を受け、七堂伽藍が整えられた。 1311年(応長元年)には、京都西園寺家により寺領が寄進される。 1363年(貞治2年)には足利氏より法華経真読を依頼される[2]

1577年天正5年)に土佐を統一し、四国制覇を狙う土佐の戦国大名長宗我部元親が雲辺寺を訪れ、住職の俊崇坊に四国統一の夢を語ったという。

1987年昭和62年)には香川県観音寺市側の山麓と雲辺寺ロープウェイによって結ばれ、訪れやすい寺となった。

2019年11月10日、雲辺寺開創1230年記念でこの秋3日目で最後となる一般公開の本尊開帳が本堂背後の宝物館で行われた。なお、前回は四国霊場開創1200年(2014年)に行われている。

境内[編集]

  • 山門仁王門
  • 本堂:2009年落成。中央に前立本尊の石造千手観音が鎮座し、向かって右前に黒不動明王立像、左に地蔵菩薩立像。前立本尊はレインボーに、黒不動(2017年に鉄板を繋ぎ合わせて作られた)は赤色でライトアップされている。本堂内の撮影可。
  • 宝物館二棟:本堂の背後の斜面の棟には、本尊の木造千手観音坐像(重文)・木造毘沙門天立像(重文)と鋳造金剛界大日如来坐像[3]および四天王立像、初代本尊の一部である仏頭や手(その大きさから初代本尊は丈六仏だったと考えられている)などが収蔵[4]。護摩堂の背後の斜面の棟には不動明王立像(重文)が収蔵。
  • 大師堂拝殿、奥殿:拝殿の外回廊を廻って裏から奥殿を参拝する。
  • 鐘楼
  • 護摩堂
  • 五社大権現(祠)
  • 五百羅漢・涅槃釈迦仏・千手観音・不動明王ほか:石造が境内に点在している。
  • 三大巨木:大師乳銀杏、霊木三位一体(カシ・ハンノ木、カエデ)、夫婦杉
  • 毘沙門天展望館:標高927mの最高地点に建ち、屋上に立てば360度見渡せる。北東に約0.6kmの位置に二等三角点「雲辺寺山」標高911mがある。
  • 本坊

仁王門の脇に手水舎があり、仁王門をくぐり石段を上がると右手に鐘楼、正面奥には大師堂拝殿があり履物を脱いで回廊を回って裏に行くと、大師堂奥殿がある。大師堂拝殿の左手前のスロープーを降りていくと、コンクリートの本堂側面が見え、左に納経所がある。本堂の左に護摩堂さらに本坊がある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:20台(道路維持管理費として通常時は普通車で500円を納経所で支払うが、紅葉期には納経遍路以外の参詣者も境内入口で支払う、引き替えに箸を貰える。駐車場から境内まで徒歩約10分。なお、さらに1km下の県道脇に10台の駐車スペースがあり、そこから徒歩なら無料)
  • ロープウェイ山頂駅から境内まで徒歩約10分(山麓駅無料駐車場:800台、大型10台)

ギャラリー[編集]

五百羅漢と紫陽花

文化財[編集]

重要文化財
  • 木造千手観音坐像 - 檜の一木造り、素地、42臂、103.3cm、平安時代後期、経尋作。作者は11番札所・藤井寺の釈迦如来(寺伝薬師如来)像の作者と同じ。明治44年(1911年8月9日指定
  • 木造不動明王・毘沙門天立像 慶尊作- 木造、彩色、毘沙門天像154.5cm、寿永3年(1184年)作。毘沙門天は明治44年(1911年)8月9日指定、不動明王は2018年10月31日追加指定[5]
  • 絹本著色聖衆来迎図 - 明治43年(1910年8月29日指定
史跡
雲辺寺道第2区間終点
  • 阿波遍路道 雲辺寺道 - 雲辺寺に至る遍路道のうちの3つの区間の合計の約2.16km。平成29年2月9日指定
三好市池田町佐野の集落から上る道で頂上ラインを走る高原道路に合流するまでの区間の1.数km、県道268号からの車道の先と高原道路からの合流地点から上がる徒歩道で有料道路に上がるまでの区間の数百m、有料道路のヘアピンカーブにある石段から車道に上がるまでの区間の数十m。

交通案内[編集]

鉄道
バス
道路

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
65 三角寺 -- (18.1km)-- 66 雲辺寺 -- (9.4km)-- 67 大興寺

奥の院[編集]

長福寺
  • 所在地:徳島県三好市山城町大月297

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会編 『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』へんろ道保存協力会、1990年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 与成に動物の殺生をやめさせたかった観音様は動物になりすまして自ら鉄砲で目を撃たれ血を流しながらも与成を改心させたという話 現地看板より
  2. ^ 雲辺寺が配布のパンフレットより
  3. ^ 南北朝時代に三重塔の建立が計画され、その際の本尊として制作されたとみられている
  4. ^ 2019年10月27日、11月3日、11月10日に当寺開創1230年記念として開帳予定
  5. ^ 平成30年10月31日文部科学省告示第209号

外部リンク[編集]