観自在寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
観自在寺
観自在寺境内
境内
所在地 愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城2253-1
位置 北緯32度57分52.8秒
東経132度33分50.6秒
座標: 北緯32度57分52.8秒 東経132度33分50.6秒
山号 平城山
宗派 真言宗大覚寺派
本尊 薬師如来
創建年 (伝)大同2年(807年
開基 (伝)空海(弘法大師)
正式名 平城山 薬師院 観自在寺
札所等 四国八十八箇所40番
南予七福神霊場 第1番(弁財天)
文化財 仁王門(町重要文化財)
公式HP 平城山観自在寺
地図
観自在寺の位置(愛媛県内)
観自在寺
観自在寺
松山駅
松山駅
愛媛県における位置
法人番号 9500005006611
テンプレートを表示

観自在寺(かんじざいじ)は、愛媛県南宇和郡愛南町にある真言宗大覚寺派寺院。平城山(へいじょうざん)、薬師院(やくしいん)と号す。本尊は薬師如来四国八十八箇所霊場第四十番札所である。第一番札所より最も離れていることから「四国霊場の裏関所」と呼ばれている。

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:心願や 自在の春に 花咲きて 浮世のがれて 住むやけだもの

沿革[編集]

寺伝によれば平安時代初期の大同2年(807年平城天皇勅願によって、空海(弘法大師)は、一本の霊木から本尊の薬師如来、脇持の阿弥陀如来、十一面観世音菩薩を刻み安置して開創したと伝えられている。このとき残った霊木に庶民の病根を除く祈願をし「南無阿弥陀仏」と彫ったと云われる。なお、その版木により押印された手ぬぐいを購入することができる。また、平城天皇は勅額「平城山」を下賜し、当地に行幸されたと云われ、一切経と大般若経を奉納を奉納し、毎年勅使を遣わして護摩供の秘法を修したとされている[1]

江戸時代初期の寛永15年(1638年)に京都の空性法親王が巡拝、薬師院の号を受けた。その後、宇和島藩伊達宗利の勅願所になったという歴史をもつ。一時は七堂伽藍を持ち四十の末寺を有したが、火災で消失。延宝6年(1678年)に再建されたが、昭和34年(1959年)に失火で本堂を焼失、現在の本堂はその後に建立された。

境内[編集]

山門
  • 山門仁王門) - 総欅造
  • 本堂 - 堂内で参拝できる。
  • 大師堂 - 毎年6月15日に大師像が開帳される。回廊には四国八十八ヶ所の御土砂が敷かれ、大師一代の尊像が安置されている。
  • 石造心経宝塔
  • 寶聚殿八角堂 宝物展示室:本尊文殊菩薩
  • 鐘楼
  • 十二支守本尊
  • 平城天皇遺髪塔 - 五輪塔

山門を入ると右手に手水場、鐘楼、八角堂が、左に信徒会館が建つ。左に十二支守本尊、右に平城天皇遺髪塔、心経宝塔がある参道の正面奥に本堂が建ち、右手に大師堂がある。納経所は本堂の中にある。

  • 宿坊(信徒会館):定員40名。要予約
  • 駐車場:20台、大型3台。無料。
八体仏十二支守り本尊

文化財[編集]

愛南町指定有形文化財
  • 山門(三門) - 仁王門とも称す。総ケヤキ造り、高さ7m、幅6m、屋根は入母屋造、昭和63年に大修理が行われた。昭和51年10月1日指定
愛南町指定史跡
  • 芭蕉句碑 - 昭和58.12.9指定
  • 岡村松軒翁之墓所 - 昭和58.12.9

交通案内[編集]

鉄道
バス
  • 宇和島バス 宇和島・城辺・宿毛線 「平城札所前」下車 (0.2km)
道路

奥の院[編集]

鯨大師(遍照山願成寺)
鯨大師
空海は都から遠く文化の恩恵を受けないこの地を気の毒に思い霊場を開いたと伝えられている。この谷の浜辺に鯨が漂着したことからか、ここから見る島が鯨に見えたかは定かでないが鯨谷と呼ばれるから鯨大師と云う。なお、鯨大師は宇和島市の沖に見える九島にあり、近年、橋でつながり車で上陸できる。
龍光院
上記の鯨大師は島にあり不便だということで対岸の元結掛(もとゆいぎ)に、寛永8年(1631年)鯨大師を移し元結掛願成寺と呼ばれた。その後明治時代になって龍光院に合わせ祀られるようになり、残ったお堂は馬目木大師(まめきだいし)と呼ばれるようになった。

周辺の番外霊場[編集]

高野山 仏眼院(ぶつがんいん)
高野山 仏眼院
高野山から貧者の一灯を分伝され明治35年創建、安産祈願に霊験あり。
  • 所在地:愛媛県南宇和郡愛南町城辺甲1896地図
篠山神社(観世音寺の奥の院跡)
観世音寺跡
歓喜光寺の権現堂
松尾大師
観世音寺は、篠山(標高1065m)の中腹にあり、空海の開基[2]にて、用明天皇勅願所と伝わる。その山頂近くに天狗堂、その上の山頂に三所権現があり此所に札を納めていた。往時は札所の数とせずといえども皆往詣する霊境なりと四国遍礼霊場記に書かれているように新客の遍路は必ず参拝したようだ[3]が、神仏分離により廃寺となり、本尊の十一面観音立像、脇持不動明王像は正木の白翁山歓喜光寺(篠山権現前札)の権現堂に安置された。今は山頂に篠山神社一棟が中腹には石垣だけが残り、観自在寺にはその遥拝所としての祠がある。
明治期に篠山観世音寺が廃寺になった後は観自在寺を打ったあと歓喜光寺を打ち戻るのが一般的であった[4]。なお、歓喜光寺は県道から一本中に入った村道から入ったところにあり、その権現堂は本堂と大師堂の間にある元篠山大権現と刻まれた石柱門から奥にある約50mの石段を上がった鬱蒼とした裏山の中にある。
満願寺
3ルートのイメージ図
行基が薬師如来を本尊として開基、さらに空海が中興した。その後、地元の僧侶により現在の臨済宗妙心寺派になったが大師草創の古刹である。以前は40番観自在寺から次への遍路道は3ルート(灘道、中道、篠山道)あり、いずれも満願寺で交わってから龍光寺に至っていた。真念の時代には寺は荒れていたようで、真念が「道指南」を出版したのは満願寺の再興費用捻出が目的であったと述べている。[5]
松尾大師
旧宿毛トンネル(昭和4年3月竣工)ができるまで、土佐と伊予の行き来は大深浦から国境の松尾峠(標高約300m地図)を越えていた。その峠に霊験あらたかな大師堂がかつてあり、大師像は愛媛県側へ4.5km麓の一本松町の県道299号脇(南宇和郡愛南町一本松地図)に平成21年3月26日宮崎建樹の尽力により下ろされ新しい堂に祀られたが堂は今でも峠に残されている。
清水大師
観音岳(標高783m)から西に延びる尾根の標高約460mあたりの峠にある。灘道のうち柏集落から柏坂を登ると大師石像を祀る柳水大師があり、さらに上がった峠付近を越えると小さな祠がある。それが清水大師で、遍路がのどの渇きで倒れそうになったとき大師が現れシキミの根本を掘れと告げた、掘ってみると清水が湧き出したという伝説がある[6]

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
39 延光寺 --(25.8km:一本松より国道56号線経由)-- 40 観自在寺 -- (50.2km)-- 41 龍光寺

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会編 『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』 解説編 2007年(第7版)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 先達経典 四国霊場会編 228ページより
  2. ^ 四国遍礼霊場記 寂本 巻六より
  3. ^ 四国弘法大師の霊跡巡り 川崎一洋・著 155ページより
  4. ^ 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』解説編
  5. ^ 四国「弘法大師の霊跡」巡り 152ページ 川崎一洋著 2012年12月18日発行152
  6. ^ 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』解説編より

外部リンク[編集]