神峯寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神峯寺
神峯寺本堂
本堂
所在地 高知県安芸郡安田町唐浜2594
位置 北緯33度28分3.4秒
東経133度58分29.2秒
座標: 北緯33度28分3.4秒 東経133度58分29.2秒
山号 竹林山
宗派 真言宗豊山派
本尊 十一面観音
創建年 (伝)天平2年(730年
開基 (伝)行基
中興年 明治20年(1887年
正式名 竹林山 地蔵院 神峯寺
札所等 四国八十八箇所27番
法人番号 3490005005554
テンプレートを表示

神峯寺(こうのみねじ)は、高知県安芸郡安田町唐浜にある真言宗豊山派寺院。竹林山(ちくりんざん)地蔵院(じぞういん)と号し、本尊十一面観音四国八十八箇所霊場の第二十七番札所

真っ縦(まったて)と呼ばれる急な山道を登った山上にあり、「土佐の関所」また「遍路ころがし」と呼ばれる四国八十八箇所屈指の難所として知られた。

本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか

ご詠歌:み仏の 恵みの心 神峯 山も誓ひも 高き水音

歴史[編集]

寺伝によれば神功皇后朝鮮半島進出の戦勝を祈願し天照大神を祀った神社が起源とされ、天平2年(730年)に聖武天皇の勅を受けて行基十一面観世音菩薩を刻み、本尊として神仏合祀し開創したという。その後大同4年(809年)に空海(弘法大師)が堂宇を建立し、「観音堂」と名付けたとされている。

幕末三菱財閥創始者岩崎弥太郎の母は弥太郎の開運を祈願して現在の安芸市より片道20キロメートルの道のりを素足で三七日(21日間)通い続けた逸話がある。

明治初年の神仏分離令によって神峯神社だけが残り廃寺となり、本尊は金剛頂寺に預けられた。明治20年(1887年)もとの憎坊跡に堂舎を建立し本尊を帰還させ再興した。大正元年には茨城県稲敷郡朝日村の竹林山地蔵院の寺格を移し、そして、昭和に入って、それまでの神峯から神峯寺と称するようになった。

直接、寺へ上がる車道が無く参道が難路であったため、宮地達観の呼びかけにより神峯道整備事業団が結成され、昭和50年10月より工事が着手された[1]。2年後の12月一応の完成を見たが、その後数年間改良が重ねられた。平成20年代には麓から中腹まで片側1車線の広域農道が開通し神峯道とつながった。

境内[編集]

不動明王
  • 山門 - 入母屋造楼門金剛力士(仁王)像を安置。
  • 本堂 - 本尊は秘仏。
  • 大師堂 - 明治時代に山中から見つけられた身丈1尺程の光現大師と呼ばれていた石像を胎内に納めた6尺の木造弘法大師坐像が本尊で、山を切り開き建てられ平成4年12月落慶した。拝顔できる。
  • 聖観音堂(経堂) - 上記の大師堂ができるまでは大師堂であって本堂と回廊でつながっていた。
  • 地蔵堂 - 本堂の左。石の地蔵仏が約50体集められている。
  • 鐘楼
  • 庭園 - 庫裏から本堂までの参道に続く山肌の斜面一面に造園される。つつじさつきモモモクレン紅葉が美しい。
  • 神峯の水 - 霊水の岩清水

仁王門をくぐると左に手水場が、その先右側に鐘楼が、左側に庫裏納経所があり、石段手前の右側に神峯の水が湧く。石段を上りきって左に行くと聖観音堂がありその左に本堂が、戻って右に進むとリアルな不動明王像の前を通り大師堂の裏に出る。

ギャラリー[編集]

交通案内[編集]

鉄道
バス
道路

奥の院[編集]

神峯神社
かつては札所で、本殿下の社務所が元の寺で、社寺が一体であった。
四国徧礼霊場記には、「此れ山高く峙ち・絶頂より望む・幽径九折にして・黒き髪も黄色になりぬ・魔境ゆえに申の刻(午後4時)より後は人行く事を得ず・」とあるほどの処であった[2]。(・は略)

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
26 金剛頂寺 -- (27.5km)-- 27 神峯寺 -- (37.5km)-- 28 大日寺

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会編『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

脚注[編集]

  1. ^ 現地の頌徳碑の裏書により
  2. ^ 五来重「四国遍路の寺 下」187ページより

外部リンク[編集]