白峯寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白峯寺
白峯寺 山門
山門
所在地 香川県坂出市青海町2635番地
位置 北緯34度20分0.7秒
東経133度55分36.35秒
座標: 北緯34度20分0.7秒 東経133度55分36.35秒
山号 綾松山
宗派 真言宗御室派
寺格 別格本山
本尊 千手観音
創建年 (伝)弘仁6年(815年
開基 (伝)空海(弘法大師)、円珍(智証大師)
正式名 綾松山 洞林院 白峯寺
札所等 四国八十八箇所81番
文化財 石造十三重塔2基、木造頓證寺勅額(国の重要文化財)
公式HP 白峯寺 四国霊場第81番札所
テンプレートを表示
崇徳天皇白峯陵
紅葉
勅額門の随身像
石造十三重塔(重要文化財)

白峯寺(しろみねじ)は、香川県坂出市五色台の白峰中腹にある真言宗御室派寺院四国八十八箇所霊場の第八十一番札所本尊千手観音

本尊真言:おん ばさら たらま きりく

ご詠歌:霜さむく 露白妙の 寺のうち 御名を称ふる 法の声々

歴史[編集]

寺伝によれば、空海(弘法大師)が弘仁6年(815年)この地に訪れ、白峰山頂(標高337m)に如意宝珠を埋めて、仏に供える水を汲む閼伽井を掘り、衆生救済の請願をし創建した。また、円珍(智証大師)が貞観2年(860年)、山頂に輝く瑠光を見て登頂、そのとき白峯大権現の神託を受け、瀬戸内海に浮かぶ不可思議な光を放つ霊木で千手観世音菩薩を刻み安置したと伝えられている。

後に、長寛2年(1164年崇徳上皇讃岐流刑地で没し、遺詔により当寺上の稚児嶽で荼毘に付され陵墓が造られた。その3年後には西行法師が詣で法楽を行った。その後、建久元年(1190年)後鳥羽天皇により、慰霊のため陵墓近くに、崩御までの6年間を過ごした鼓岡の御所である木の丸殿を移築し法華堂が建てられ、さらに、応永21年(1414年)に後小松天皇は上皇の成仏を願い自筆の「頓證寺」と書かれた勅額を奉納し頓証寺殿となった[1]。そして、延宝8年(1680年)には高松藩主により頓証寺殿と勅額門が再建された。

伽藍[編集]

  • 山門(七棟門)
  • 本堂:慶長四年 (1599) 再建。毎年7月10日、本尊千手観音が開帳される(時間は午前10時からの法要の時間だけ)。脇侍は愛染明王と馬頭観音であるがいずれも秘仏。
  • 大師堂:文化八年 (1811) 再建。中央に弘法大師、左に稚児大師、右に青面金剛を安置するがすべて秘仏。
  • 護摩堂:本堂・大師堂は長い石段の上にあるため、ここで参拝する一ための大師像が向かって左脇にあり拝観できる。
  • 薬師堂
  • 行者堂
  • 廻向堂
  • 阿弥陀堂
  • 鐘楼
  • 勅額門:重要文化財の勅額は宝物館にあり、門にはレプリカが掛けられている。両脇には、源為義[2]と源為朝[3]の武者像が守護しているが普段は扉が閉められ見えない。なお、この門には新造された像で、元々の像は金刀比羅宮・白峰神社に明治31年移されたと云われている。
  • 頓証寺殿の拝殿と奥殿:崇徳天皇廟所である頓証寺殿の奥殿には、三つの社があり、中央に崇徳天皇が祀られ、向って左に鎮守白峰大権現、同右に念持仏十一面観世音菩薩が祀られている。2014年9月21日と28日に50年ぶりの開帳があり、崇徳天皇の画像を拝することができた。
  • 客殿
  • 宿坊:あり(団体のみ宿泊可能:100名)
  • 駐車場:無料

山門をくぐり進むと正面に護摩堂があり、中に納経所がある。護摩堂を前に見て左に進むと右に手水舎があり正面に頓証寺殿がある。そして右にはるか上に続く石段が見える。その石段を上って行くと左に薬師堂右に鐘楼つぎは左に行者堂つぎは右に廻向堂があり、石段を上り詰めた正面に本堂がある。本堂の右に大師堂、左に阿弥陀堂がある。

  • 崇徳天皇 白峯陵(すとくてんのう しらみねのみささぎ):第75代崇徳天皇の陵墓で陵形は方丘

文化財[編集]

重要文化財
  • 石造十三重塔 - 2基:源頼朝が崇徳天皇の菩提のために建立したと伝えられ、東塔(画像の奥)は総高5.95mの花崗岩製で弘安元年(1278年)建立、西塔(画像の手前)は総高5.62m角レキ凝灰岩製で元亨四年(1324年)建立、昭和29.9.17指定
  • 木造頓證寺勅額:縦139㎝、横115㎝、室町時代作、後小松帝宸翰、明34・3・27指定
  • 白峯寺 9棟(建造物)[4][5]
    • 本堂(附:厨子)
    • 大師堂(附:厨子、棟札1枚)
    • 阿弥陀堂
    • 行者堂(附:棟札1枚)
    • 薬師堂
    • 頓證寺殿(崇徳上皇殿、本地堂、白峯権現堂、拝殿)(附:棟札7枚)1680年(延宝8年)建立
    • 勅額門
    • 客殿(附:棟札1枚)
    • 御成門(附:棟札3枚)
    • (附指定)勅使門、七棟門
石造笠塔婆(摩尼輪塔)県指定有形文化財
県指定有形文化財
  • 木造吉祥天立像:台座も含めて榧の一木造り、像高44cm、台座6cm、平安時代作、昭和50.7.31指定
  • 石造笠塔婆(摩尼輪塔):角礫凝灰岩製、元応3年 (1321) 2月18日建立、境内から遍路道を東へ約0.5km行った「下乗」石の脇にある。昭和36.6.6指定
  • 五重塔:花崗岩製、高さ2.15m、客殿の裏庭にある。鎌倉時代作、昭和39.4.9指定
  • 石燈籠:花崗岩製の6角形、総高1.9m、頓証寺殿の拝殿左に建つ。鎌倉時代作、昭和36.6.6指定
坂出市指定有形文化財
  • 生駒近規・一正寄進状 1巻、仙石秀久寄進状 1巻、生駒高俊・藤堂高虎書状 1巻:安土桃山時代作、昭和33.2.21指定
  • 金剛界曼荼羅・胎蔵界曼荼羅:平安から鎌倉時代作、昭和36.11.3指定
  • 十一面千手観音画像:鎌倉時代作、昭和36.11.3指定
  • 十一面観音立像:鎌倉時代作、昭和42.1.10指定
  • 不動明王座像:鎌倉時代作、昭和42.1.10日指定
  • 紺紙金泥妙法蓮華経:平安時代作、昭和54.11.3指定

交通アクセス[編集]

鉄道
道路
毘沙門窟

奥の院[編集]

毘沙門窟 地図
遍路道の途中に毘沙門天の石柱があり、そこを入って行くと祠がある。

周辺の番外霊場[編集]

松浦寺の聞持石
松浦寺遍照院
白峯寺の前札所である。空海が当地に逗留したとき宝珠の形をした巨石が地中から出現したため、閼伽井を掘って仏前に供える水を得て、この岩の上で求聞持法を修した。また、自身の像を作って安置したことから厄除大師として信仰を集めたと云われている。
  • 住所:香川県坂出市高屋624 地図
後夜嶽岩屋寺の岩窟
後夜嶽岩屋寺(松浦寺遍照院の奥之院)
空海は松浦寺に滞在中に、しばしば当岩山に来て、自ら崖を砕き石窟を造り後夜念踊(夜半から明け方までの勤行)の作法を修めた道場と伝えられている。本尊は弘法大師、及び阿弥陀、毘沙門天、不動明王の石仏四体。[6]
  • 住所:香川県坂出市加茂町 地図

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
80 讃岐国分寺 -- (6.5km)-- 81 白峯寺 -- (5.0km)-- 82 根香寺

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 先達経典 四国霊場会編より
  2. ^ 保元の乱で崇徳天皇についた武将1096 - 1156
  3. ^ 源為義の八男1139 - 70?
  4. ^ 重要文化財(建造物)の指定について(2017年5月19日)
  5. ^ 平成29年7月31日文部科学省告示第101号
  6. ^ 当地にある説明看板より

参考文献[編集]

  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]