宝寿寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宝寿寺
宝寿寺
境内
所在地 愛媛県西条市小松町新屋敷甲428
位置 北緯33度53分50.4秒
東経133度6分53.8秒
座標: 北緯33度53分50.4秒 東経133度6分53.8秒
山号 天養山
宗派 高野山真言宗
本尊 十一面観音
創建年 (伝)天平年間(729年 - 748年
開基 (伝)道慈律師、聖武天皇勅願
中興年 1636年寛永13年)
中興 宥伝
正式名 天養山 観音院 宝寿寺
札所等 四国八十八箇所62番
テンプレートを表示

宝寿寺(ほうじゅじ)は、愛媛県西条市小松町にある高野山真言宗寺院。天養山(てんようざん)、観音院(かんおんいん)と号す。本尊十一面観世音菩薩四国八十八箇所霊場の第六十二番札所

本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか

ご詠歌:さみだれの あとに出でたる 玉の井は 白坪なるや 一の宮川

納経時間は午前8時~12時と午後1時~5時[1]

縁起と歴史[編集]

寺伝によれば聖武天皇勅願によって天平年間(729年 - 748年)に、道慈律師によって建立され金剛宝寺と名付けられた。大同年間(806年 - 810年)に空海(弘法大師)が逗留し光明皇后を模写した十一面観世音菩薩像を刻んで本尊とし、現在の寺名に改めたという。[2]


この頃国司だった越智氏の夫人が難産で空海に祈念を頼んだ。空海は宝寿寺境内の玉ノ井の水を加持し越智夫人に与えたところ、夫人は玉のような男子を無事出産した。これにより本尊は安産の観音として信仰を集めている。[3]


1585年天正13年)羽柴秀吉の戦禍によって荒廃。1636年寛永13年)宥伝上人によって現在地付近に移されて再興。

明治初期の廃仏毀釈によって廃寺となったが、大石龍遍上人によって1877年(明治10年)に再興され、1921年大正10年)に予讃線工事に伴い現在地に移転した。[4]

文化財[編集]

県指定有形文化財
  • 孔雀文磬(けい)1面 - 肩幅17.2cm、裾張り18.8cm、中央高7.8cm、縁厚0.8cm、鋳銅製、鎌倉時代初期、1965年昭和40年)4月2日指定

境内[編集]

東側から境内に入ると右手に手水舎、稲荷社、大師堂が、その先に本堂が建っている。納経所は正面奥にある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:あり

交通[編集]

鉄道
バス
道路

一之宮別当[編集]

一之宮神社 地図

JR伊予小松駅を挟んだ北側に一之宮神社がある。この鳥居の右(北)脇に、別当宝寿寺跡の石碑が1992年平成4年)3月に建てられた。その裏の文によると、1679年延宝7年)に藩主の命により白坪の里(当地より約1km北に中山川があり、その北岸あたり)より当所に移されたとある。1653年承応2年)に澄禅が遍路をしたとき、その白坪にあった一之宮神社が札所で、その別当の保寿寺はこの石碑の所にあった[5]。澄禅の旧友が一之宮神社の社僧で保寿寺が住居であったので、その夜はそこに宿泊している。また、中山川の氾濫があり山側に神社が移されたり元の地に戻されたりが何度かあったと澄禅の日記に記されている。さらに、石碑には、明治元年の廃仏毀釈令により1879年(明治12年)3月に当社南隣に移し、1923年(大正12年)5月に鉄道開通のため現在地(さらに南側)に新築移転とある。 なお、伊予の一ノ宮は、大三島大山祇神社であり、中山川の河口の白坪にその三島明神を勧請したのがはじまりで、ゆえに、ここも一之宮と呼ばれていた[6]

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
61 香園寺 -- (1.3km)-- 62 宝寿寺 -- (1.4km)-- 63 吉祥寺

参考文献[編集]

  • 橋本 徹馬 四国遍路記 紫雲荘出版部 (1956)
  • 巡るめく四国 公式観光ガイド.渡辺照宏 お大師さま青山書院; 改訂新版 (2000/04)
  • 西村 望 四国遍路 - 八十八カ所霊場めぐり 徳間書店 (1987/10)
  • 渡辺照宏 お大師さま青山書院; 改訂新版 (2000/04)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 霊場会VS六十二番札所、遍路ルールで対立訴訟
  2. ^ 橋本 徹馬 四国遍路記 紫雲荘出版部(1956)西村 望 四国遍路 - 八十八カ所霊場めぐり 徳間書店 (1987/10)
  3. ^ 巡るめく四国 公式観光ガイド.渡辺照宏 お大師さま青山書院; 改訂新版 (2000/04)
  4. ^ 橋本 徹馬 四国遍路記 紫雲荘出版部(1956)西村 望 四国遍路 - 八十八カ所霊場めぐり 徳間書店 (1987/10)
  5. ^ 「一ノ宮から川を渡って一本松村を過ぎて新屋敷という所にある」と澄禅「四国辺路日記」を解説した「江戸初期の遍路」柴谷宗叔・著の287ページに記されている
  6. ^ 五来重「四国遍路の寺・上」160ページより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]