自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

自動車道(じどうしゃどう)とは、日本の道路運送法に基づく道路であり、専ら自動車の交通の用に供することを目的として設けられた道路を指す(道路運送法第2条第8項)。

概要[編集]

自動車道は下記の二種類に分けられる[1]

  • 一般自動車道:一般の交通の用に供する目的(事業)とする
  • 専用自動車道:設置者が自らの自動車のみの交通の用に供することを目的とする

一般自動車道はその道で自動車道事業を経営しようとする者が国土交通大臣(かつては建設大臣運輸大臣)の免許を受けて建設し供用する。専用自動車道は、工事施行について国土交通大臣(かつては運輸大臣)の監督を必要とする。

一般自動車道は一般の自動車の通行に供する。殆どが有料道路ではあるが[2]東京高速道路のように料金を徴収しないものもある。

道路法に基づく自動車専用道路とは異なる。しかしながら、道路交通法に基づき、同等の通行規制が行われており(後述)、自動車専用道路と表現される場合もある[3]

通行規制[編集]

道路運送法に基づく自動車道は、道路交通法道路運送車両法が適用される(道路法に基づく道路と同様)。

歩行者・自転車の他、50cc以下の原動機付自転車及び125cc以下の自動二輪車の通行は出来ないなど道路交通法による一部車両通行規制が行われている道路が少なくない。

ごく少数は一般自動車道ではありながら自動車専用の規制標識を掲示している。

自動車道とは異なるもの[編集]

以下の路線は名称に「自動車道」を含むものもあるが、道路運送法に基づく自動車道ではない。

一般自動車道一覧[編集]

現在、一般自動車道事業として営業中の路線一覧である[4]

一部の路線では、「D」が先頭に付く自動車道ナンバリングが使用されている。

廃止された自動車道[編集]

一般自動車道事業を廃止し無料開放した路線[編集]

過去に一般自動車道事業による有料道路として営業が行われた後、道路事業者から地方公共団体等に譲渡され無料開放された道路である。廃止された自動車道は、地方公共団体に譲渡されてから都道府県道あるいは市町村道として認定されると、道路法に基づく道路に変更される。

廃止された路線[編集]

過去に自動車道事業を営んでいたが道路敷が他目的に転用されるなど、そのまま車道としては引き継がれなかった路線である。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 末端全てが首都高速道路自動車専用道路)に接続している。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 窪田陽一『道路が一番わかる』技術評論社〈しくみ図解〉、2009年11月25日、初版。ISBN 978-4-7741-4005-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]