徳島県道147号日和佐牟岐線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
南阿波サンラインから転送)
移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
徳島県道147号標識
徳島県道147号日和佐牟岐線
南阿波サンライン
路線延長 17.1km
制定年 1988年
起点 海部郡美波町奥河内
終点 海部郡牟岐町中村 JR牟岐駅
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0055.svg国道55号
徳島県道135号牟岐港牟岐停車場線
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

徳島県道147号日和佐牟岐線(とくしまけんどう147ごう ひわさむぎせん)は、徳島県海部郡美波町から牟岐町に至る県道である。通称「南阿波サンライン」とよばれる。

概要[編集]

1970年に南阿波サンラインとして一部開通し、1974年に全線開通。1988年4月1日に、有料道路南阿波サンラインを無料道路化し、徳島県道147号日和佐牟岐線として認定された。道路運送法によって徳島県が建設したという経緯があり、無料化されるまでのあいだは県道ではなかった。太平洋室戸阿南海岸国定公園)を望むドライブコースで知られ、11月に南阿波サンライン黒潮マラソンが開催されている[1]。位置は、JR牟岐線日和佐駅道の駅日和佐)からサンラインの美波町側入り口まで約3kmのところ、牟岐町側入り口はJR牟岐線牟岐駅前の国道55号交差点にある。沿道に4ヶ所の展望台駐車場があり、午後8時から午前5時までの夜間は総排気量125ccを超える自動二輪車は通行禁止である。

路線データ[編集]

  • 総延長:17,136m
  • 実延長:17,014m
  • 重用区間:122m

(平成22年徳島県道路現況調書)

  • 起点:美波町奥河内
  • 終点:牟岐町中村

地理[編集]

南阿波サンラインの第三展望台より
県道標識
(海部郡美波町奥河内)

この周辺の岸壁には、ウバメガシクロマツがびっしり付くように生え、千羽海崖展望台日和佐浦展望台等、ポイントごとに展望台がある。そこからは、室戸阿南海岸国定公園の美しい海岸線と雄大な太平洋の景観を一望できる[2]。途中の千羽海崖では高さ200mもある断崖絶壁が、太平洋に向かって2kmに渡って続く。また、付近は格好の釣り場としても有名である。

徳島県南部は光害が少なく空気が美しいため天体観測に適すとされ、1998年11月のしし座流星群発生の際にはサンライン展望台は絶好の観測場所だとして、明石海峡大橋の開通効果もあり、駆け付けた神戸や大阪、なにわ、和泉、奈良、香川などのナンバーの天文ファンの車で埋まった(参考:徳島新聞1998年11月19日記事)。

交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これは牟岐中学校発、明丸展望台折り返しのコース(21.0975km・高低差130m)を走るハーフマラソンであり、2007年度11月18日は県外も含め359人が参加し、高知市徳島市の男女が優勝した。
  2. ^ 須藤英一 2013, p. 148.

参考文献[編集]

関連項目[編集]