鳳来寺山パークウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
愛知県道524号標識

鳳来寺山パークウェイ(ほうらいじさんパークウェイ)とは、愛知県新城市豊岡を起点とし同門谷を終点とする延長7.7キロメートル (km) の道路である。元々は愛知県道路公社の管理する一般自動車道有料道路)であったが、2005年7月1日に無料化され、愛知県道524号門谷豊岡線に認定されたため、道路法に基づく道路となった[1]。鳳来寺山パークウェイの名称は、無料開放後も道路の愛称として残されている[2]。本道路のルートは、ほぼ東西に走る約6 km区間と、中間付近から分岐して鳳来寺山パークウェイ駐車場(山頂駐車場)へ向かう約1.5 km区間で構成される[1]。そのため、鳳来寺山の山頂付近にある鳳来寺への自動車用登山道路としての位置付けが強い。有料道路時代は8:00 - 18:00が開通時間であったが、深夜の初詣客のために、12月31日(大晦日)の23:00から深夜営業をしていた。当初は本宮山スカイラインと結んで東三河パークライン構想、更に三河湾スカイライン三ヶ根山スカイラインとを結んで三河パークライン構想があったが立ち消えとなった。

歴史[編集]

有料道路当時の通行料金[編集]

ここに記述しているものは無料開放される直前の通行料金である。無料開放後の現在は以下の料金は発生しない。

  • 二輪車:630円
  • 軽・小型・普通自動車:930円
  • 路線・マイクロバス:2,300円
  • 大型自動車・観光バス:3,780円

路線状況[編集]

左右に曲がりくねった道路だが、片側1車線の道幅が確保されている[1]。冬季閉鎖があり、例年11月上旬から翌年4月中旬までの期間中は通行することはできない[1]

保安上の供用制限[編集]

次の基準を超える車両は通行できない。

  • 総重量:20.0 t
  • 軸重:10.0 t
  • 幅:2.5 m
  • 高さ:3.8 m
  • 長さ:12.0 m

鳳来寺山パークウェイ駐車場[編集]

鳳来寺山パークウェイが有料道路時代は鳳来寺山パークウェイ駐車場へ駐車する場合に別途料金を徴収されるようなことはなかったが、無料開放されたのと同時に駐車料金が発生する有料駐車場となった。駐車場の奥には鳳来寺への遊歩道が存在する。また、有料道路時代から売店がある。

駐車場料金は、駐車1回につき加算される。

  • 二輪車:200円
  • 普通車:500円
  • 大型車:1,000円

地理[編集]

この道路がある鳳来寺山(標高695 m)の山頂付近には、8世紀に利修仙人が開山したと伝えられる真言宗の寺院である鳳来寺が建つ。本道路および山頂駐車場を利用せずとも、鳳来寺へ行くことが可能である1425段の石階段の表参道を登ることになるが、山頂駐車場から歩いていける別ルートで本堂まで行くこともできる[1]。初夏の新緑や、秋の紅葉の名所としても知られている[1]

接続路線[編集]

無料化後は起点と終点がこれと逆転している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 中村淳一編 2018, p. 88.
  2. ^ 鳳来寺山パークウェイを県道移管(無料化)します”. 愛知県. 2013年4月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『日本の絶景ロード100』中村淳一編、枻出版社、2018年4月20日。ISBN 978-4-7779-5088-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]