鳳来寺山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳳来寺山
鳳来寺02.jpg
鳳来寺山
標高 695 m
所在地 日本の旗 日本
愛知県新城市鳳来寺
位置 北緯34度58分58.51秒
東経137度34分57.36秒
座標: 北緯34度58分58.51秒 東経137度34分57.36秒
鳳来寺山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

鳳来寺山(ほうらいじさん)は、愛知県新城市鳳来寺にあるである。

概要[編集]

旧火山帯の南端に位置する死火山であり、標高は695m。「声の仏法僧(ブッポウソウ)」(コノハズク)が棲息していることや紅葉の名所として、更に鳳来寺があることで知られる山である。

鳳来寺の本堂へは、山麓から伸びる石段(1,425段)や元有料道路 鳳来寺山パークウェイがある。登山道は、門谷からの表参道の他に大野からの東海自然歩道湯谷温泉から湯谷峠へのがある。

1931年昭和6年)に国の名勝及び天然記念物に指定され、2007年平成19年)には日本の地質百選に選定された。

門谷からの表参道

山には、日本一高いとされる樹齢800年以上、樹高約60メートルの「傘杉」(かさすぎ)がある[1]

交通手段[編集]

バス
  • JR飯田線 本長篠駅から、豊鉄バスの「鳳来寺山頂」行きに乗車。終点「鳳来寺山頂」停留所で下車(所要時間:22分)
  • 本長篠駅から豊鉄バス「田口」「海老」行きのどちらかに乗車。「鳳来寺」停留所で下車。11月23日は「鳳来寺」行きのバスを増便運行する。
    • 「田口」行きのバスは毎日運行、「海老」行きのバスは平日学校登校日のみ運行。ただし「鳳来寺」停留所は山頂ではなく山麓にあり、徒歩で登山すると片道1時間以上はかかる。
車(豊橋豊川新城市街方面から)
  • 東名高速道路 豊川ICから国道151号に入り、湯谷温泉から元有料道路の鳳来寺山パークウェイに入る。もしくは長篠交差点を左折、突き当たり(長篠交差点から約7分)の丁字路を右折

周辺[編集]

鳳来寺山の風景[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「すぎゆく年に 愛知・新城」中日新聞2015年12月30日付朝刊、1ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]