万座ハイウェー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

万座ハイウェー(まんざハイウェー)は、群馬県吾妻郡嬬恋村にある一般自動車道プリンスホテルが管理運営を行っている有料道路である。

概要[編集]

嬬恋高原から万座温泉まで本白根山の中腹を登って行く総距離は20.3kmの高原道路。通行料金は普通車で片道1050円(税込)。 一般自動車道となっており、かつ道路交通法による一部車両通行規制が行われており、歩行者・自転車の他、50cc以下の原動機付自転車及び125cc以下の自動二輪車の通行は出来ない。

万座温泉付近の開発を行っていた西武鉄道グループが、1973年12月1日に供用を始める。万座ハイウェーと鬼押ハイウェーと併せて「浅間白根火山ルート」という[1]。冬季は、同地区を結ぶ国道292号が閉鎖されるため唯一のアクセス路となる。

料金所より山頂寄りでつまごいパノラマライン北ルートと立体交差するが、相互接続はされておらず出入りはできない。

道路周辺は標高1000mを超える高原地帯となっており、嬬恋プリンスホテルや嬬恋ゴルフコース、嬬恋牧場や白樺林があり、南方に浅間山を望むこともできる[1]。また道路の山頂部では、万座温泉を中心としたリゾート開発により万座温泉スキー場や温泉宿のホテルが集まっている。山頂で交差する群馬県道466号牧干俣線(万座道路)を経て志賀草津道路に出れば、草津温泉志賀高原方面へ向かうことができる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 須藤英一 2013, p. 68.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]