万座温泉スキー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
万座温泉スキー場
朝日山ゲレンデ
現在は営業していない朝日山ゲレンデ
所在地 〒377-1595
群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
座標 北緯36度38分8.7秒
東経138度30分22.4秒
座標: 北緯36度38分8.7秒 東経138度30分22.4秒
標高 1,994 m / 1,646 m
(標高差) (348m)
コース数 9本
最長滑走距離 2,000m
最大傾斜 32
索道数 4 本
ウェブサイト 万座温泉スキー場

万座温泉スキー場(まんざおんせんスキーじょう)は、群馬県吾妻郡嬬恋村に位置するスキー場。運営会社は株式会社プリンスホテル

概要[編集]

  • 万座温泉に位置するスキー場で、温泉街が隣接している。
  • ゲレンデサイドにプリンスホテルが経営する万座プリンスホテル・万座高原ホテルがある。
  • 1962年の映画「銀座の若大将」(主演:加山雄三)では、万座温泉スキー場でのシーンがあり、朝日山と草津白根山とを結んでいた万座ロープウェイを見ることができる。万座ロープウェイは1971年に廃止された。
  • 2011-2012シーズンから朝日山ゲレンデの営業が休止された。それ以前は、朝日山を頂点とした朝日山ゲレンデと、万座山を頂点とした万座山ゲレンデ・プリンスゲレンデから構成されていた。万座山ゲレンデから朝日山ゲレンデへはスキースノーボードをはいたまま滑り込むことが出来たが、その逆の朝日山ゲレンデから万座山ゲレンデへの滑り込みは出来ず、シャトルバスを利用していた。
  • 自家用車で来場する場合、有料道路の万座ハイウェーを利用する必要があり、交通費が高いという印象が否めない。

施設[編集]

クワッドリフト1基(フード付)、ペアリフト3基

アクセス[編集]

  • 鉄道
吾妻線万座・鹿沢口駅から西武観光バス浅間白根火山線で約50分
なお、この西武観光バス浅間白根火山線は北陸新幹線しなの鉄道軽井沢駅を起点とするので軽井沢駅からのアクセスも可能である。
  • 自動車
上信越自動車道碓氷軽井沢ICから鬼押ハイウェー(有料)・万座ハイウェー(有料) 約64km
関越自動車道渋川伊香保ICから万座ハイウェー(有料) 約79km

沿革[編集]

  • 1956年(昭和31年) - 3月、開業[1]
  • 2002年(平成14年) - 2002-2003シーズンから万座第2高速リフトが新設された(万座第1高速リフト廃止後、万座第2高速リフトは単に万座高速リフトと呼ばれるようになる)。
  • 2006年(平成18年) - 2006-2007シーズンから万座第1高速リフトが廃止された。万座第1高速リフト降り場からプリンスゲレンデまでを黒湯コースとしていたが、リフト廃止に伴い万座第1高速リフト降り場からの斜面は非圧雪ゾーンとなった。ここへは登らないと立ち入ることができない。エキスパートコースと黒湯コースの間に新たにしゃくなげコース、チャレンジコースがオープンした。黒湯コースもどうぶつの森コースへ改称され、下部の黒湯上級コースにのみ「黒湯」の名を残している。万座第1高速リフト廃止以前はコース数13、コース面積41ha、索道数9、最長滑走距離1,500m、最大傾斜32度であった。
  • 2011年(平成23年) - 2011-2012シーズンから朝日山ゲレンデの営業が休止。

脚注[編集]

  1. ^ 会社の沿革”. プリンスホテルズ&リゾーツ. 2017年10月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]