龍光寺 (宇和島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
龍光寺
龍光寺本堂
入口の鳥居
所在地 愛媛県宇和島市三間町戸雁173
位置 北緯33度17分42.7秒
東経132度35分54.6秒
座標: 北緯33度17分42.7秒 東経132度35分54.6秒
山号 稲荷山
宗派 真言宗御室派
本尊 十一面観音
創建年 (伝)大同2年(807年
開基 (伝)空海(弘法大師)
正式名 稲荷山 護国院 龍光寺
別称 稲荷寺
札所等 四国八十八箇所41番
南予七福神霊場 第3番(恵美寿尊)
地図
龍光寺 (宇和島市)の位置(愛媛県内)
龍光寺
龍光寺
松山駅
松山駅
愛媛県における位置
法人番号 8500005006397
テンプレートを表示

龍光寺(りゅうこうじ)は、愛媛県宇和島市にある寺院。稲荷山(いなりざん)、護国院(ごこくいん)と号す。本尊十一面観音。宗派は真言宗御室派四国八十八箇所霊場の第四十一番札所

本尊真言:おん まか きゃろにきゃ そわか

ご詠歌:この神は 三国流布の 密教を 守り給はん 誓いとぞ聞く

沿革[編集]

寺伝によれば、空海(弘法大師)がこの地を巡錫した際、白髪の老人に出会った。その言動から五穀大明神の化身と悟り、稲荷明神像を刻んで安置した。本地仏として十一面観世音菩薩、脇侍に不動明王と毘沙門天を刻んで、四国霊場の総鎮守の寺とされ、開基したと伝えられてる。

その後、神仏習合の「三間の稲荷」として親しまれ、明治初期の神仏分離まで稲荷社が札所であり、神社本殿は17世紀後半の建築とされ、隣接する旧観音堂であった廣田神社は18世紀初頭の建築とされ、江戸時代中期には現在に続く景観が成立していた。なお、江戸時代前期には、「立光寺」という名で神宮寺としての龍光寺が成立していた。[1]

境内[編集]

七福神
  • 石の鳥居
  • 本堂:拝顔できる現在の本尊は彩色の坐像である。
  • 大師堂:大師像が拝観できる。金色の孔雀明王が鎮座。右側に回廊に上がる階段がある。
  • 鐘楼
  • 狛犬
  • 水子地蔵尊
  • 七福神
  • 稲荷神社:主祭神は豊宇気姫命、配神として猿田彦命・大宮女大神[2]

石の鳥居が参道の入口に建つ。両脇に民家が並ぶ参道を進み石段を上詰めると狛犬の置かれた境内に至る。左に鐘楼、右に水子地蔵尊がある。その先左手に本堂が建ち、右手に大師堂がある。納経所は本堂の左にある。赤い鳥居をくぐり石段をさらに上って行くと稲荷社がある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:12台。無料。

文化財[編集]

仏木寺道
国の史跡
  • 伊予遍路道 仏木寺道:
当寺西尾根を横断し県道31号に至る山道約450m、平成28年10月3日指定
当寺本堂前27m、平成29年10月13日追加指定
稲荷神社境内及び龍光寺境内、平成29年10月13日指定
市指定有形文化財
  • 稲荷神社本殿 一棟:平成15年8月1日指定。所有者は稲荷神社。
伝承では大同2年(807年)に京都稲荷社を勧請したと伝えられ、元は稲荷田に鎮座していたが、火災により、元禄元年(1688年)に現在地の広田杜に遷されたとされる。三間社流造、こけら葺き。建築は18世紀前期と推定されている。本殿は覆屋内にあるため、保存がよい[3]

交通案内[編集]

鉄道

バス

道路

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
40 観自在寺 -- (50.2km)-- 41 龍光寺 -- (2.6km)-- 42 佛木寺

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会 編 『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

脚注[編集]

外部リンク[編集]