土佐国分寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国分寺
国分寺境内
境内
所在地 高知県南国市国分546
位置 北緯33度35分55.3秒
東経133度38分25.5秒
座標: 北緯33度35分55.3秒 東経133度38分25.5秒
山号 摩尼山
宗派 真言宗智山派
本尊 千手観音
創建年 天平勝宝8年(756年)以前
開基 行基
正式名 摩尼山 宝蔵院 国分寺
別称 土佐国分寺
札所等 四国八十八箇所29番
文化財 金堂、木造薬師如来立像2躯、梵鐘(重要文化財)
境内(国の史跡)
本堂厨子・須弥壇、絹本著色両界曼陀羅(県文化財)
公式HP 弐拾九番霊場 土佐 国分寺
地図
土佐国分寺の位置(高知県内)
土佐国分寺
土佐国分寺
高知駅
高知駅
高知県における位置
テンプレートを表示

土佐国分寺(とさ こくぶんじ)は高知県南国市にある真言宗智山派の寺院。摩尼山(まにざん)、宝蔵院(ほうぞういん)と号す。本尊は千手観世音菩薩四国八十八箇所霊場二十九番札所。札所寺院としては単に国分寺と称するのが通例である。国の史跡に指定されている。

本尊真言:おん ばさら たらま きりく

ご詠歌:国を分け 宝を積みて 建つ寺の 末の世までの 利益のこせり

歴史[編集]

聖武天皇が発した「国分寺建立の詔」により全国に建立された国分寺(金光明四天王護国之寺)の一つである。当寺は寺伝によれば天平13年(741年)に行基が千手観世音菩薩を刻み本尊として安置し開創したとされる。その後弘仁6年(815年空海(弘法大師)が毘沙門天を刻んで奥の院に安置、その頃真言宗の寺院となったという。史実としては、『続日本紀』に天平勝宝8年(756年)、土佐を含む26か国の国分寺に仏具等を下賜したことがみえるため、この年以前には創建されていたとみられる。

国分寺周辺は古代から中世まで土佐国国府の所在地であり、「土佐日記」の作者紀貫之国司として4年間当地に滞在した。国府の中心である国庁は国分寺から徒歩15分の位置にあり、かつてその近くにあった土佐国総社は現在当寺境内に移されている。

寺はたびたび兵火に遭ったが、永禄元年(1558年)には長宗我部国親元親によって金堂が再建。明暦元年(1655年)に土佐藩2代藩主山内忠義が山門を寄進した。大正11年(1922年)に境内全域が国の史跡に指定されている。

境内[編集]

山門をくぐって進んでいくと右側に手水場、鐘楼が、左手に開山堂がある。正面奥に本堂が建ち、その左に大師堂がある。この前に酒断地蔵がある。鐘楼の先を右に入ると中門があり、突き当りに光明殿、左に庫裏・納経所がある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:45台、大型7台。無料。
境内を180°展望する。左より山門開山堂大師堂本堂鐘楼。2011年3月。

文化財[編集]

この節には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(●茸の1文字目(こけら)は木偏に市)が含まれています詳細
重要文化財(国指定)
  • 金堂(本堂) - 杮茸、寄棟造。永禄元年(1558年)建立。明治37年8月29日指定
  • 木造薬師如来立像 - 平安時代中期作、像高99.5cm、檜材一木彫、古色、明治44年4月17日指定
  • 木造薬師如来立像 - 鎌倉時代作、像高35.5cm、寄木造、漆箔、玉眼、光背に応永23年(1416年)修理銘がある、大正2年8月20日指定
  • 梵鐘 - 平安時代前期の作、口径47cm、高さ63.8cm、重量225kg、昭和31年6月28日指定
史跡(国指定)
  • 土佐国分寺跡 - 奈良時代後期、21,775平方メートル、大正11年 (1922) 10月12日指定
高知県指定保護有形文化財
  • 本堂の厨子・須弥壇 - 平成9年5月6日指定
  • 絹本著色両界曼陀羅 - 平成9年5月6日指定、室町時代
南国市指定有形文化財
  • 板絵両界光明真言曼荼羅 2枚 - 平成9年2月19日指定
  • 海獣葡萄鏡・常滑焼甕 2個 - 平成18年2月21日指定、県立歴史民俗資料館に寄託

年中行事[編集]

  • 十七夜祭・国分寺大祭(2月)
  • 別院大聖寺大祭(11月)

交通案内[編集]

鉄道
バス
道路

奥の院[編集]

毘沙門堂

(毘沙門の滝:南国市指定名勝、150坪、昭和41.8.26指定)

朱塗りの毘沙門堂と落差30メートルの毘沙門の滝がある。

(参照)土佐国分尼寺[編集]

讃岐・伊予・阿波の三箇所の国分尼寺は確定され国や県の史跡となっているが、土佐国分尼寺は未だに確定されていない。最も有力なのは下記の所である。

  • 比江廃寺塔跡(国指定の史跡) - 国分寺より北東に約2kmの所にある。比江廃寺の創建は白鳳時代で、その後、全国に国分尼寺が創られたときに国分尼寺に転用され10世紀前半頃に廃絶したとの説もあるが確定はされていない。塔の心礎のみが残る寺院跡で、その礎石の大きさは縦3.24m横2.21m中央の穴は81cmであることからその40倍の30mを越える五重塔であったと推測されている。[1]昭和9.1.22指定

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
28 大日寺 -- (9.3km)-- 29 国分寺 -- (6.9km)-- 30 善楽寺

周辺[編集]

  • 紀貫之邸跡
  • 土佐国衙跡(県指定の史跡) - 平安時代、昭和38.7.5
  • 岡豊城跡(国指定の史跡) - 安土桃山時代、長宗我部氏の居城 、平成20.7.28指定
  • 土佐のオナガドリ(特別天然記念物) - 昭和27.3.29指定

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 比江廃寺跡 - 高知県文化財団埋蔵文化財センター〔後半の部分は現地案内板より引用〕

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会編『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]