筑後国分寺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
講堂跡

筑後国分寺跡(ちくごこくぶんじあと)は、福岡県久留米市にある寺院跡。現在は久留米市指定史跡に指定されている。

奈良時代聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、筑後国国分寺の寺院跡にあたる。本項では筑後国分尼寺跡についても解説する。現寺院については国分寺 (久留米市)を参照。

概要[編集]

久留米市中心部にある寺院跡で、日吉神社境内に僧寺跡が確認され、その北約200メートルの「字西村」に尼寺跡が推定されている[1]。両寺跡とも住宅街の中にあり、遺構は失われつつある。

聖武天皇の詔による建立とされるが、創建の記録は残っていない。『続日本紀』には天平勝宝8年(756年)に筑後国を含む26ヶ国の国分寺に対する法具頒布の記事がある[2]。『延喜式』では筑後国分寺料は13,394束[2]仁治2年(1241年)の文書によれば、当時には国分僧寺・尼寺ともに有名無実化し、破損の甚だしいことが見える[2]。その後は武士の台頭により寺領も失った[2]

その後室町時代から近世初頭にかけての時期に、久留米市宮ノ陣にある天台宗護国山国分寺位置)に移ったとされる[2]慶長年間(1596年-1615年)には僧寺跡を横切る形で柳川街道が築かれており、その当時には創建時の位置には存在しなかったものと考えられる[2]

『寛延記』寛延2年(1749年)には、国分寺跡として記載されている[3]

伽藍[編集]

塔跡

僧寺跡は日吉神社境内と重複して位置し、寺域は約150メートル四方と推定される[2]。遺構としては講堂跡・塔跡・築地跡が確認されている。

講堂跡は東西7間(約29メートル)、南北4間(約13メートル)と想定され、神社境内に礎石1個が残る[1]。また道路を挟んで塔跡が位置し、現在釈迦堂のある位置から塔基壇の一部が見つかっており、その規模は一辺約9メートルと推定される[1]。また、その周囲から築地塀の溝跡が発見された[1]。そのほか、馬場田には瓦窯跡も発見されている。

筑後国分尼寺跡[編集]

僧寺跡の北約200メートルの西村地区に推定される[1]。この「西」は「尼寺」の転訛ともいわれる[2]。遺構は見つかっていないが、推定寺域からは多くの古瓦が発掘されている[2]

文化財[編集]

久留米市指定史跡[編集]

  • 筑後国分寺跡(講堂・塔及び回廊跡) - 昭和56年6月1日指定。

現地情報[編集]

所在地

周辺

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『郷土の文化財 (2)』 (PDF) (久留米市)「82 筑後国分寺跡(講堂・塔及び回廊跡)」(p. 135)。
  2. ^ a b c d e f g h i 『福岡県の地名』筑後国分寺跡項。
  3. ^ 「歴史散歩No.3 筑後国分寺跡」 (PDF) (久留米市教育委員会)

参考文献[編集]

関連項目[編集]