立江寺 (小松島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
立江寺
立江寺 本堂
本堂
所在地 徳島県小松島市立江町若松12
位置 北緯33度58分4.3秒
東経134度36分20.9秒
座標: 北緯33度58分4.3秒 東経134度36分20.9秒
山号 橋池山
宗派 高野山真言宗
寺格 別格本山
本尊 地蔵菩薩
創建年 (伝)天平19年(747年
開基 (伝)聖武天皇勅願行基
正式名 橋池山 摩尼院 立江寺
札所等 四国八十八箇所19番
阿波七福神霊場毘沙門天
文化財 絹本着色釈迦三尊像(国の重要文化財)
公式HP 立江寺
テンプレートを表示

立江寺(たつえじ)は、徳島県小松島市立江町にある高野山真言宗の寺院。四国八十八箇所霊場第十九番札所で「四国の総関所」、また「阿波の関所」として知られる。橋池山(きょうちさん)、摩尼院(まにいん)と号する。本尊地蔵菩薩

本尊真言:おん かかかびさんまえい そわか

ご詠歌:いつかさて 西の住居の わが立江 弘誓の船に 乗りていたらん

歴史[編集]

開創伝承[編集]

寺伝によれば、聖武天皇勅願寺として、行基光明皇后の安産を祈願し一寸八分 (5.5cm) の金の地蔵菩薩を刻み本尊として開基したとされる。空海(弘法大師)が訪れた際、小さい本尊は失われる恐れがあるとして、一刀三礼して等身大の地蔵菩薩を刻み、本尊を胎内に収めたといい、このときに寺名が立江寺と改められたと伝えられている。当時の所在地は現在地から400mほど西であったという。

中世以降[編集]

天正年間(1573年 - 1593年)に長宗我部元親の兵火により全焼したが、幸い本尊は難を逃れた。その後徳島藩藩祖蜂須賀家政によって現在の地で復興された。昭和49年(1974年)に火災が発生、本堂が焼けたが本尊は無事で昭和52年(1977年)に再建された。

境内[編集]

  • 山門 - 入母屋造楼門、金剛力士(仁王)像を安置。
  • 本堂 - 東京藝術大学教授ら40名余が描いた286枚の格天井画がある。本尊を拝顔できる。
  • 大師堂 - 毎年、元旦から1月10日まで黒衣大師像が開帳され、眼前で参拝できる(有料)。
  • 鐘楼
  • 多宝塔 - 大正7年建立、一辺5.59m、上重は銅板葺き、初重は本瓦葺き。
  • 観音堂
  • 護摩堂
  • 白杉大明神
  • 黒髪堂 - 不義をしたお京が詣ると毛髪が逆立ち鐘の緒に巻き付き残ったとの伝説が残る。
  • 毘沙門天
  • 神変堂
  • 子授け地蔵尊

山門を入ると左に鐘楼が、右には毘沙門堂があり隣に手水場がある。その先左側に本堂が建ち、本堂左に観音堂がある。本堂を背にして境内の南に進むと右に多宝塔、左に神変堂があって奥に大師堂が建つ。大師堂の右に黒髪堂がある。納経所は山門の正面奥の右側である。

  • 宿坊:定員200名
  • 駐車場:30台、バス6台。有料。山門の外の道路脇に民営が、そのすぐ向こうに市営がともに普通車で200円がある。遠くに無料もある。
  • 白鷺橋 - 立江川に掛けられた橋で、白鷺(しらさぎ)の姿を見ることなく渡った者は善男善女であるとされる。

文化財[編集]

重要文化財
  • 絹本着色釈迦三尊像:明治43.8.29指定、京都国立博物館に寄託。

交通案内[編集]

鉄道
バス
道路

奥の院[編集]

清水寺
奥谷山 清水寺(せいすいじ)
本尊は延命地蔵菩薩。昭和15年4月28日、当時の住職らが発願し、立江寺の旧跡を起点にして新四国八十八ヶ所(天神山を一周する約4km徒歩1時間のミニ八十八ヶ所)を開創、昭和55年に大改修を行った[1]
妙見山 取星寺
災いを招く妖星が出現したおり、空海(弘法大師)が妖星を落とすべく秘法を行った所。
岩屋山 星谷寺 「星の岩屋」
その妖星が落ちた所と云われている。星の岩屋への車道をさらに約1.4km西へ行ったところの車道から下へ石段を約20m下りた所に「番外霊場 仏陀石」がある。駐車スペースあり。

周辺の番外霊場[編集]

お京塚
沼江大師堂

お京塚

へんろ振りする不逞の徒輩に対する天罰の戒めを顕彰する祈念塚である。以前の建物は老朽化により取り壊され、へんろ小屋48号が新築された。その中央の内部には、お京の位牌が納められている。
  • 住所:徳島県小松島市立江町中山1地図

沼江大師

胎蔵寺の大師堂が沼江大師と呼ばれ、厄除や縁結びに霊験がある。
  • 住所:徳島県勝浦郡勝浦町沼江地図

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
18 恩山寺 -- (4.0km)-- 19 立江寺 -- (13.1km)-- 20 鶴林寺

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会 編 『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹 著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

脚注[編集]

  1. ^ 進入口に立つ昭和55年建立の石碑より

外部リンク[編集]