恩山寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恩山寺
Onzanji 05.JPG
本堂と鐘楼
所在地 徳島県小松島市田野町字恩山寺谷40
位置 北緯33度59分9.6秒
東経134度34分41.7秒
座標: 北緯33度59分9.6秒 東経134度34分41.7秒
山号 母養山
宗派 高野山真言宗
本尊 薬師如来
創建年 不詳(天平年間末か)
開基 (伝)行基 聖武天皇勅願
正式名 母養山 宝樹院 恩山寺
札所等 四国八十八箇所18番
テンプレートを表示
山門
大師堂
母公堂

恩山寺(おんざんじ)は、徳島県小松島市田野町にある高野山真言宗の寺院である。四国八十八箇所霊場第十八番札所。母養山(ぼようざん)宝樹院(ほうじゅいん)と号する。本尊薬師如来

本尊真言:おん ころころ せんだりまとうぎ そわか

ご詠歌:子を産める その父母の 恩山寺 訪いがたき ことはあらじな

歴史[編集]

寺伝によれば聖武天皇勅願により行基が開基し、当初は大日山福生院密厳寺と号する女人禁制の道場であったという。弘仁5年(814年)、空海(弘法大師)が本寺で修行していた際、訪問してきた母(玉依御前)のために、仁王門の辺りに護摩壇を築き17日間の修法を行い女人解禁を成就し[1]、母を迎え入れた。玉依御前は本寺で出家・剃髪しその髪を奉納したことから、「玉依御前の剃髪所」と云われていて空海が自身の像を刻み現在の寺名に改めたとされる。

天正年間(1573年 - 1592年)に長宗我部元親の兵火によって焼失したが、江戸時代に入って徳島藩蜂須賀氏の支援を受けて復興、文政年間(1804年 - 1830年)に現在の諸堂が建立された。

境内[編集]

  • 山門(仁王門):参道の上り口の道から外れた所に建っている。
  • 本堂:前立仏が2014年に開帳された。
  • 大師堂:本尊は空海自刻と伝える。真言八祖像が脇仏として並んでいる。
  • 御母公堂:玉依御前像が祀られているが拝顔できない。
  • 地蔵堂:向って左側に釈迦の十大弟子像が、右に地蔵菩薩坐像と千体地蔵立像が祀られていてすべて拝顔できる。
  • 鐘楼
  • 毘欄樹:「弘法大師お手植え」と伝えられている。

赤い橋を渡って右に山門があり、正面に毘欄樹が茂っている。遍路道はその左の坂道を登って行くと大きな修行大師像の立つところに出る。車は左上方へ上がると駐車場に出てそこから坂道を5分ほど歩いて上がると大きな修行大師像の前に出る。左手の数段の石段を上ると境内に入り、直進すると右手に手水場があり石段をさらに上り詰めた所に本堂が建つ。手水場手前まで戻って本堂を背にして右手先に大師堂が、その手前に御母公堂がある。納経所は大師堂と反対側の客殿の左にある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:20台、バス4台。無料。

文化財[編集]

県指定天然記念物
  • 恩山寺ビランジュ:昭和29.1.29指定

交通案内[編集]

鉄道
バス
道路

奥の院[編集]

金礒弁財天
当地から東方の島に光を見つけた空海は、そこへ行くと女神がいて一夜を語り合った。夜が明けると女神は白龍となり海の中に帰った。弁財天の化身と悟った空海はその地に弁財天を祀ったと云われる。

周辺の番外霊場[編集]

釈迦庵おむつき堂

釈迦庵の仏足石
空海の襁褓(むつき・オムツのこと)を納めたといわれる「おむつき堂」があった霊跡である。恩山寺を出てすぐの弦巻坂を上がって弦張坂を下った竹林の中にあり、現在はその堂は無く山門と大師堂があり、ほかに四国最古と云われる仏足石(小松島市指定有形文化財、1987年6月1日指定)がある。
  • 住所:徳島県小松島市田野町中須(恩山寺より立江寺方向へ遍路道を約0.7km)地図

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
17 井戸寺 -- (16.8km)-- 18 恩山寺 -- (4.0km)-- 19 立江寺

参考文献[編集]

  • 四国八十八箇所霊場会編 『先達教典』 2006年
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

外部リンク[編集]

  1. ^ へんろ 第389号(平成28年8月1日発行)