弥谷寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
弥谷寺
弥谷寺本堂
本堂
所在地 香川県三豊市三野町大見乙70
位置 北緯34度13分47秒
東経133度43分27.34秒
座標: 北緯34度13分47秒 東経133度43分27.34秒
山号 剣五山
宗派 真言宗善通寺派
寺格 大本山
本尊 千手観音
創建年 (伝)奈良時代
開基 (伝)行基聖武天皇勅願
正式名 剣五山 千手院 弥谷寺
別称 弘法大師御学問所
札所等 四国八十八箇所71番
文化財 金銅四天王五鈷鈴(国の重要文化財)
仏説観仏三昧海経(県文化財)
弥谷寺信仰遺跡(県史跡)
公式HP 弥谷寺
テンプレートを表示

弥谷寺(いやだにじ)は、香川県三豊市三野町にある真言宗大本山の寺格を持つ仏教寺院。標高382mの弥谷山南麓に所在。四国八十八箇所霊場の第七十一番札所本尊千手観音

本尊真言:おん ばさら たらま きりく

ご詠歌:悪人と 行き連れなんも 弥谷寺 只かりそめも 良き友ぞよき

歴史[編集]

寺伝によれば、聖武天皇の勅願により行基が堂宇を建立し、光明皇后の菩提を弔うため、大方広仏華厳経(伝・光明皇后書写)を祀り、寺院を創建したとされる。当初は中国、四国の八国が眺められたことにちなみ蓮華山八国寺と称したという。また、空海(弘法大師)は7 - 12歳の期間、当寺にある岩窟である獅子之岩屋で学問に励んだという。

807年大同2年)、唐より帰国後の空海は当地を再び訪問し蔵王権現のお告げにより千手観音を安置し、唐から持ち帰った金銅四天王五鈷鈴を納め、伽藍を再興した。また、求聞持法を修していると五本の剣が落ちてきたことから山号を剣五山、谷が多いことから寺名を弥谷寺と改めたという。

また、縁起によると「此岩窟大師四十二歳ノ契天下泰平五穀豊壌或ハ四十二歳厄除衆生ヲ救為千座之護摩修行シ跡伝ワレリ」とあり、これを聞いた後の住持が大師堂再建の折に弘法大師42才の姿を刻み、奥之院本尊として厄除大師を祀ったといわれ、その後(焼失・盗難を恐れたなど諸説あり)、岩屋の中に石仏の厄除大師像・佐伯善通卿像・玉寄御前像を建立し、それまで祀っていた木像を秘仏としたことから、2体の厄除大師像が祀られている。(その秘仏の木造弘法大師像が320年ぶりに2014年開帳された。)

澄禅の『四国遍路日記』(承応2年・1653年)には、木像がお祀りされていると記述され、また、寂本の『四国遍禮霊場記』(元禄2年・1689年)には、「いにしヘハ木像にてありけるを石にて改め作り奉る」と記されている。

室町時代には天霧城主・香川氏の庇護を受けたが、天正期に兵火により荒廃。のち丸亀藩京極氏の帰依により1600年(慶長5年)復興された。

伽藍[編集]

金剛拳菩薩
獅子之岩屋
岩窟の護摩堂
阿弥陀三尊磨崖仏

(ここでは下から記する)

  • 俳句茶屋
  • 山門仁王門
  • 金剛拳菩薩:十六大菩薩最後の一尊・元禄時代
  • 百八階段
  • 大師堂:2014年に、320年ぶりの開帳があり、同時に伝持の大師像も開帳された
  • 護摩堂:(大師堂とのつづき棟)不動明王・愛染明王・地蔵菩薩
  • 奥之院 獅子之岩屋:(大師堂と同じ建物で奥の岩屋)弘法大師御学問所。奥之院本尊厄除弘法大師像、佐伯善通卿像、玉依御前像などの石像が祀られている。
  • 洞地蔵尊:大師堂内から拝む。
  • 経堂:石積みの石室で上に修行大師像がいる。
  • 鐘楼堂
  • 観音堂
  • 十王堂
  • 多宝塔
  • 稲荷社
  • 岩窟の護摩堂
  • 永代供養堂
  • 水場
  • 阿弥陀三尊磨崖仏
  • 本堂:本尊を拝観できる。
  • 鎮守堂(深沙大将・平安時代、倚像の大将像は国内唯一)

俳句茶屋を越えると山門があり、さらに長い石段の参道を登っていくと大きな金剛拳菩薩が迎えてくれる。その先に赤い手すりの108階段を上り詰めると目の前に大師堂がある。右に進むとすぐ左上に多宝塔があって稲荷社はその脇にある。鐘楼は正面にあり、その前の石段を上って行くと途中の右に観音堂、左に十王堂があり、上り詰めると正面に岩窟の護摩堂がある。その護摩堂の右脇の急斜面に荒れた激急坂歩道の上に権現堂が見える。護摩堂を左に進むと水場があり、石段は二手に分かれ右の方に上がると途中、岩壁に阿弥陀三尊磨崖仏があり、それを過ぎるとやっと本堂がある。納経所は大師堂の中にあり、洞地蔵尊は大師堂中央あたりから斜面外を望めばある。なお、寺を去るとき、決して振り返ってはいけない、それは死者を背負って帰ってしまうからとの云い伝えがある。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:無料であり。大師堂の380段目までの上り送迎バス(片道500円・往復750円・保護者1名につき子供無料。待ち時間:最大で10分)がある。

文化財[編集]

重要文化財
  • 金銅五鈷鈴 - 唐時代、明治34年3月27日指定
香川県指定有形文化財
  • 仏説観仏三昧海経 巻第二 - 平成19年3月30日指定
香川県指定史跡
  • 弥谷寺信仰遺跡:「賽(さい)の河原」「獅子窟」「比丘尼谷の磨崖仏」「比丘尼谷の墓地大小無数の五輪塔」、 昭和44年指定

交通アクセス[編集]

鉄道
バス
道路

周辺の番外霊場[編集]

天霧八王山奥之院
弥谷寺前身の八王山蓮華院八国寺(行基開山)の旧跡とされる。宥沢法印に拠れば八国寺は、三院六坊(一説によると十二坊)を備へ東院・西院・中尊院および弥之坊・谷之坊・独鈷坊・龍華坊・安養坊・海印坊・納涼坊ありと記される。
虚空蔵寺
弘法大師が虚空蔵求聞持法を修行したところで、その霊跡をあがめ建立されたとされている。本尊・虚空蔵菩薩坐像、右脇仏・弘法大師、左脇仏・十一面観音菩薩立像。
  • 所在地:香川県仲多度郡多度津町奥白方:地図
八丁目大師堂
弥谷寺への車道の途中にあり、弘法大師を祀っている。

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
70 本山寺 -- (11.3km)-- 71 弥谷寺 -- (3.5km)-- 72 曼荼羅寺

周辺[編集]

天霧城
鎮守堂よりさらに上がった奥白方への峠からの稜線を東に登った山頂部(標高381m)にあり、その直前は犬返しと呼ばれ険しく、本丸・二の丸・三の丸・方郭の石塁が残る。城主である香川氏は、相模国香川荘出身の鎌倉権五郎の末裔で14世紀後半に讃岐の守護細川氏に従って入部し、その後、西讃岐の守護代の地位を得て15~16世紀に築城したと云われている。1990年5月16日、国の史跡に指定[1]

参考文献[編集]

  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編 へんろみち保存協力会 2007年(第8版)

脚注[編集]

  1. ^ 香川の文化財一覧(香川県教育委員会サイト)

外部リンク[編集]