霊山寺 (鳴門市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
霊山寺
Ryouzenzi 01.jpg
山門と多宝塔
所在地 徳島県鳴門市大麻町板東塚鼻126番地
位置 北緯34度9分35.29秒東経134度30分9.33秒座標: 北緯34度9分35.29秒 東経134度30分9.33秒
山号 竺和山
院号 一乗院
宗派 高野山真言宗
寺格 別格本山
本尊 釈迦如来
創建年 伝・天平年間(729年 - 749年
開山 伝・行基
開基 伝・聖武天皇(勅願)
中興年 正保年間(1644年 - 1648年
正式名 竺和山 一乗院 霊山寺
別称 一番さん
札所等 四国八十八箇所第1番
四国霊場十三仏第2番
法人番号 7480005003514 ウィキデータを編集
霊山寺 (鳴門市)の位置(徳島県内)
霊山寺
霊山寺
徳島市
徳島市
徳島県における位置
テンプレートを表示
発心の門

霊山寺(りょうぜんじ)は徳島県鳴門市にある高野山真言宗寺院四国八十八箇所霊場の第1番札所である。山号は竺和山(じくわさん)、院号は一乗院(いちじょういん)と号する。本尊釈迦如来とくしま88景に選定されている。

  • 本尊真言:のうまくさんまんだ ぼだなん ばく
  • ご詠歌:霊山(りょうぜん)の 釈迦のみ前にめぐりきて よろずの罪も 消えうせにけり
  • 当寺を起点に一巡し再び当寺に参拝した巡拝者にもう一度納経することを奨めており、その際、満願証明書(賞状)を有料で書いてもらうことができる。

歴史[編集]

寺伝によれば奈良時代天平年間(729年 - 749年)に聖武天皇勅願により、行基によって開創された[1]

弘仁6年(815年)に空海(弘法大師)がここを訪れ、21日間(三七日)留まって修行したという。その際、天竺インド)の霊鷲山で釈迦が仏法を説いている姿に似た様子を感得し天竺の霊山である霊鷲山を日本、すなわち和の国に移すとの意味から竺和山霊山寺と名付け、持仏の釈迦如来を納め霊場開創祈願をしたという。その白鳳時代の身丈三寸の釈迦誕生仏が残っている[2]。また、本堂の奥殿に鎮座する秘仏の釈迦如来は空海作の伝承を有し、左手に玉を持った坐像であり、2014年平成26年)に4か月間開帳された[1]

室町時代には三好氏の庇護を受けており、七堂伽藍の並ぶ大寺院として阿波三大坊の一つとして栄えたが、天正10年(1582年)に長宗我部元親の兵火に焼かれた。その後徳島藩蜂須賀光隆によってようやく再興されたが1891年明治24年)の出火で、本堂と多宝塔以外を再び焼失したが、その後の努力で往時の姿を取り戻し第1番札所としてふさわしい景観になっている[1]

初めての遍路の者には、読経内容を記した巡拝ガイド本を頂ける優しいお寺である。

札所番号[編集]

撫養街道からの石柱門に四国第一番と

寺伝その他の言い伝えでは空海が弘仁6年(815年)に四国霊場を開き、札所と札所番号を定めたことになっているが、これは史実ではない。四国は奈良時代から山岳信仰(後の修験道)の修行地で、空海もに渡る前には私度僧として修行のために故郷でもある四国で修行をしたが、唐から戻って後、特定の八十八箇寺を札所として定めたことはなく、後の人々が空海ゆかりの寺々を霊場に定めたものと推定される。実在の人物としての空海は、弘仁年間には都で密教の普及に努めていた。

江戸時代に入り庶民による霊場巡礼が盛んになると、四国を修行した僧などが案内書を出版するようになる。そのうちの一人である真念が「四国遍路道指南(しこくへんろみちしるべ)」を貞享4年(1687年)に出版した。現存する書物の中で、各寺に札所番号を記したのはこの本が最も古いとされている。当時大坂から四国へ渡るには淡路島を経由し鳴門から四国入りするルートがあり、鳴門の撫養(むや)の港に最も近い霊山寺を第1番札所としたと推測される。なお、その本の出版より34年前に巡拝した澄禅は「四国遍路日記」に、すでに当時の阿波国の中心は吉野川の北岸から南岸に移っていて、和歌山から徳島城の近くに上陸すると井戸寺がいちばん近い札所寺になっていたにもかかわらず、霊山寺から始めるのが通例であると書かれていることから、真念より以前すでに番号が付いていた可能性も否定できない。だが、真念の出版の2年後に出された真念と親交のあった寂本の「四國徧禮霊場記」には番号は記されて無くしかも善通寺から始まっている。また真念より約10年後に出された「奉納四国中遍路之日記」は霊山寺から始まりほぼ同じ順番であるが、この日記で現在と順番が違っている部分は、59・国分寺 → 62・一の宮 → 61・香園寺 → 60・横峰寺 → 64・石鎚山 → 63・吉祥寺 → 65・三角寺と記されているが、番号は記されてない。

境内[編集]

本堂
大師堂と放生池
  • 山門(仁王門) - 入母屋造楼門。
  • 本堂 - 拝殿に奥殿が増築された構造で、拝殿右隅上には地蔵菩薩三尊像が、左隅には釈迦像、その上には赤い賓頭盧尊者坐像(向かって左)とその右に修行大師姿の納札大師(のうさつだいし)[3]がいる。拝殿中央天井には龍が描かれている。拝殿と奥殿の繋ぎ部分は団体専用予約席になっていて、その天井には星座が光る。また、天井からはたくさんの吊り灯篭が下がっている。
  • 大師堂 - 全身漆黒の大師像が拝顔できる。
  • 多宝塔 - 五智如来像を安置している。応永年間(1394年 - 1428年)の建造。
  • 十三仏堂 - 不動明王堂に続く十二仏堂。
  • 紀州接待所 - 紀州有田接待講が文政元年(1828年)より衰退期もあったが現在まで行われている。今は春の4日間のみ。山門を入ってすぐ右にある[4]
  • 鐘楼
  • 大池 - 鯉が泳ぐ極楽を象った放生池(ほうじょうち)[5]で大師堂の前にあり橋がかかっていて、池の中の6体の童子が地蔵菩薩を祈る。
  • 小池 - 小さい滝がある泉水(しみず)池で大師堂に向かって左にあり、小さい阿弥陀如来が中に坐する。明治の庭の要素をなす。
  • 明治の庭 - 本堂に向かって右前にある小さい庭。
  • 庭園 - 境内の北東にある大きな庭、居上真人[6]製作による孫悟空のモニュメント作品10点が点在。
  • 発心の門 - 東側の駐車場からくぐると仁王門の前に出る。
  • 本坊 - 庫裡・売店および納経所
  • 句碑歌碑 - 木村閑流「うたた寝のときも手に持つ遍路杖」が仁王門の右前に、多宝塔の右前に「南無大師遍照金剛・の・寺・・の山り・・・花」がある。

境内東の本坊側駐車場にある発心の門をくぐると山門前に出て、山門を入ると橋があり、まず橋の上では杖を突かないことを学び、次に左の手水舎で作法を学び、鐘楼で鐘を撞く。先に進むと左手に多宝塔、右手の池の先に大師堂があり、正面の最も奥に本堂がある。本堂に向かって左に十三仏の最初の不動明王坐像が祀られ、その左に続く十二仏が立姿で並んでいる。納経所は個人用が本堂の中の右側に、団体用は東側の駐車場から入ってすぐの所にある。

  • 宿坊 - 休業中。
  • 駐車場 - 普通車100台・バス10台。無料。
  • 門前一番街 - 巡拝用品販売所、うどん店、お土産処、休憩所、無料駐車場が境内西側にあり。
  • 石門 - 旧撫養街道・板東郵便局から北へ向かう門前通りにある。通りに沿って遍路宿(民宿)がある。
十三仏

行事[編集]

  • 正月三が日:正月護摩祈祷。
  • 2月節分:星祭り、厄除け祈祷。
  • 2月21日 - 末日:接待講、お遍路を菓子などで接待する。
  • 4月第1日曜:釈迦誕生会、青葉祭り、花祭り。
  • 6月15日:大師誕生会、青葉祭り。

ほか、毎月1日には護摩供養が行われる。

奥の院[編集]

  • 東林院 - 「種蒔き大師」とも呼ばれる。空海(弘法大師)は自らクワを持って米や麦の種を蒔き、また、民衆の心に菩提(さとり)の種を蒔くべく教えを説いた。以来、種蒔き大師として信仰を集めている。かつての遍路修行者達はここを参拝して心に菩提の種を蒔き、四国霊場を巡ることによってその芽を育てた、これこそが1番の奥の院たるゆえんであるとする[7]。住所:徳島県鳴門市大麻町大谷字山田59。

周辺の番外霊場[編集]

  • 十輪寺 - 東林院と霊山寺の中間にあり、空海が学僧を集めて密教の教義について論議を行ったことから「談義所」とも呼ばれ、白雉2年(651年)に智光律師によって開創された。地蔵菩薩が本尊の寺である。住所:徳島県鳴門市大麻町萩原字アコメン15。

交通アクセス[編集]

鉄道
バス
道路

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
88 大窪寺 --(38.8km:大坂峠経由)-- 1 霊山寺 -- (1.4km)-- 2 極楽寺
四国霊場十三仏
1 岩屋寺 -- 2 霊山寺 -- 3 竹林寺

周辺[編集]

参考文献[編集]

  • 四国八十八霊場会 編 『先達教典』 美巧社 発行 四国八十八カ所霊場会善通寺 342頁 2006年12月1日
  • 大野正義『これがほんまの四国遍路』(講談社現代新書)
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編、へんろみち保存協力会、2007年(第8版)
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』資料編、へんろみち保存協力会、2007年(第7版)
  • 柴谷宗叔『四国遍路こころの旅路』2017年4月 ISBN-13: 978-4874492581

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 四国八十八霊場会 編 『先達教典』 2006年, p. 150.
  2. ^ 柴谷宗叔『四国遍路こころの旅路』2017年4月刊 39Pより
  3. ^ 8万4千枚の納札を固めて造られた。現地説明板より
  4. ^ 『月刊 へんろ』第398号 平成29年5月1日発行
  5. ^ 放生池とは捕らえた魚類などを放すための池、泉水池とは日本庭園に造られた池の意味で、両池とも名前は付けられていない
  6. ^ 鳴門市・出身および在住
  7. ^ 『四国「弘法大師の霊跡」巡り』 15ページ 川崎一洋・著2012年12月18日発行 セルバ出版を参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]