屋島寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
屋島寺
屋島寺 境内
境内
所在地 香川県高松市屋島東町字屋島峯1808番地
位置 北緯34度21分28.5秒
東経134度6分4.5秒
座標: 北緯34度21分28.5秒 東経134度6分4.5秒
山号 南面山
宗派 真言宗御室派
寺格 準大本山
本尊 千手観音
創建年 (伝)天平勝宝6年(754年
開基 (伝)鑑真
正式名 南面山 千光院 屋島寺
札所等 四国八十八箇所84番
文化財 本堂、木造千手観音坐像、梵鐘(国の重要文化財)
地図
屋島寺の位置(高松市内)
屋島寺
屋島寺
高松駅
高松駅
高松市における位置
テンプレートを表示
本堂(重要文化財)
三体堂には鑑真が祀られている

屋島寺(やしまじ)は、香川県高松市屋島東町にある真言宗御室派寺院四国八十八箇所霊場の第八十四番札所

本尊真言:おん ばさら たらま きりく

ご詠歌:梓弓 屋島の寺に 詣でつつ 祈りをかけて 勇むもののふ

歴史[編集]

寺伝によれば、律宗の開祖である鑑真天平勝宝6年(754年)に当地を訪れて開創したという。このころに古代山城屋嶋城が閉鎖されたため、その跡地に寺院を創設したものである。なお、ここから1kmほど北の北嶺山上には屋島寺の前身とされる千間堂の遺跡がある。

明徳2年(1391年)の西大寺末寺帳に屋島寺と屋島普賢寺の名があり、当時は奈良・西大寺真言律宗)の末寺であったことがわかる。高松藩生駒一正は慶長6年(1601年)に屋島寺の寺領25石を安堵。近世を通じ、当寺は高松藩の保護下にあった。現在も国有林部分を除いて、屋島山上の敷地のほとんどは屋島寺の所有である。

伽藍[編集]

歩き遍路は山門を通り、四天門を通って正面に本堂、本堂の手前を右に進むと右手に納経所、正面に大師堂がある。車遍路は東大門から入って行くことになり、千体堂、三体堂、大師堂の順になる。

  • 宿坊:なし
  • 駐車場:山上大駐車場あり(後述)

文化財[編集]

重要文化財
  • 本堂(附:厨子) - 入母屋造、本瓦葺き。鎌倉時代の前身堂の部材を用いて元和4年(1618年)建立された。
  • 木造千手観音坐像 - 榧の一木造漆箔、像高94.3cm。平安時代中期、10世紀頃の作。像の保存状態がよく、左右の脇手や光背の二重円相部分なども大部分当初のものが残る点が貴重である。宝物館で拝観できる。
  • 梵鐘 - 貞応2年(1223年)の銘がある。総高102cm口径64cm厚さ6cm、青銅の鋳物

交通アクセス[編集]

道路
  • 屋島ドライブウェイ(営業時間:午前6時30分〜午後10時00分)自動車専用道路で二輪自動車125cc以下は通行不可
普通車で往復630円無料大駐車場あり、東大門まで約2分。
  • 一般道:香川県道14号屋島公園線 車両通行不可 (125cc以下の自動二輪車、自転車等は、徒歩か、シャトルバスに乗る必要がある。)
バス
鉄道

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
83 一宮寺 -- (13.6km)-- 84 屋島寺 -- (5.4km)-- 85 八栗寺

参考文献[編集]

  • 『日本歴史地名大系香川県の地名』、平凡社、1989
  • 宮崎建樹『四国遍路ひとり歩き同行二人』地図編、へんろみち保存協力会、2007年(第8版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]