豊前国分寺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:三重塔の画像提供をお願いします。2018年5月

豊前国分寺跡(ぶぜんこくぶんじあと)は、福岡県京都郡みやこ町にある寺院跡。

概要[編集]

奈良時代聖武天皇の詔により日本各地に建立された国分寺のうち、豊前国国分寺の寺院跡にあたる。天正年間に大友宗麟の兵火により焼失したが、その江戸時代の元禄年間にほぼ復興。明治28年になって新たに高さ23.5mの三重塔が建立され、翌明治29年に落慶法要が行われた[1][2]

発掘調査はこれまでに2回行われている。奈良時代の講堂跡のほか、また鎌倉時代から室町時代にかけて敷地を取り囲んでいた大溝、僧房や回廊の跡と思われる建物跡が見つかっており、奈良時代の豊前国分寺は東西160m、南北160〜220m前後の規模があったものと考えられる[3]

利用情報[編集]

  • 所在地
福岡県京都郡みやこ町国分279番地1
  • 入館料
無料
  • 開館時間
9時00分 - 16時00分
  • 休館日
なし(ただし案内所は月曜休館)

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]