太陽交通 (福岡県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
太陽交通株式会社
Taiyo-koutu Co.Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
824-0018
福岡県行橋市今井1373-5
設立 1926年
業種 陸運業
法人番号 6290801015261
事業内容 一般旅客自動車運送事業
一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役社長 堀 貫治
資本金 1億9,850万円
外部リンク http://www.taiyo-koutu.co.jp/
テンプレートを表示

太陽交通株式会社(たいようこうつう)は、福岡県行橋市を中心にタクシー事業、乗合タクシー事業、路線バス事業、貸切バス事業、旅行事業などを行う企業。社団法人日本バス協会の会員にはなっていない。

沿革[編集]

  • 1926年 会社設立。
  • 1942年 戦時統合により行橋合同タクシーとなる。
  • 1951年 堀構内タクシーに社名変更。
  • 1986年 11月、太陽交通に社名変更。
  • 1998年 旅行業を行う子会社の太陽旅行が業務開始
  • 2002年 10月1日、西鉄バス路線の廃止に伴い、行橋市内を中心に、路線バスと乗合タクシーの運行を開始。

タクシー事業[編集]

タクシー

行橋市を中心に北九州市南東部から大分県北部にわたる一帯に営業所を置いている。

事業拠点所在地[編集]

子会社を含む。

乗合タクシー・路線バス[編集]

路線バス

行橋市内の一部では、路線バスと乗合タクシーを併用する。規制緩和によりバス事業が免許制から登録・届け出制へ移行したのに合わせ、まず西鉄バスから、京築エリアにおける不採算路線を引き継いだ。タクシー会社としてのきめ細かな路線設定により、ゆめタウン行橋など大型商業施設へ乗り入れるなどして、乗客の確保を図っている。

SUNQパス運営委員会には加入しておらず、SUNQパスは利用不可である。

路線一覧[編集]

すべて太陽交通直営路線。

北九州空港線[編集]

北九州空港線「ソラッピー」
北九州空港 - スカイホテル - JR苅田駅 - 苅田町役場 - 日産九州工場
苅田町と北九州空港を結ぶ。上記停留所のみ停車。苅田駅~日産九州工場間は平日・土曜日のみ運行。
苅田町から年800万円を上限とする助成を受け2010年4月20日に運行開始した。愛称名は空(SORA)とハッピー(HAPPY)を合わせた「ソラッピー」(SORAPPY)。町木のクスノキと新北九州空港道路の連絡橋などを描いたデザインの専用車を使用する[1]
2015年4月1日より長期運休中[2]

行橋駅発着路線[編集]

以下は行橋駅を拠点に行橋市内または周辺の町との間を運行する路線である。

郡界線
ゆめタウン - 行橋駅東口 - 新田原駅 - 郡界 - 築城駅 - ルミエール
(長狭川→)行橋駅東口 - 新田原駅 - 郡界 - 工業団地
行橋駅東口 - 新田原駅 - 郡界 - 稲童漁港
主に国道10号を通り、行橋市と築上町を結ぶ路線。工業団地発着便は平日のみ運行(上りは行橋駅東口行き)。稲童漁港発着便は2013年4月15日より運行開始(平日のみ 早朝に行橋駅東口行き、夕方に稲童漁港行きを各1本運行)
蓑島線
ゆめタウン - 行橋駅 - 市役所前 - 蓑島
主に県道沓尾大橋線を通り、行橋市中心部と市北東端の海岸部の蓑島地区を結ぶ路線。
長井線
行橋駅 - 市役所前 - 長井 - 新田原駅
主に県道沓尾大橋線を通り、行橋市中心部と市東部の海岸部の長井地区を結ぶ路線。2013年4月15日より平日の一部の便を新田原駅まで延伸。
白川線
行橋駅 - 白川 - 谷
行橋駅と苅田町南端・南西端の各地区を結ぶ路線。平日のみ運行。
椿市線
行橋駅 - 椿市 - 下崎
行橋駅と市北西部の各地区を結ぶ路線。平日のみ運行。
前田ヶ丘線
行橋駅→前田ヶ丘→行橋駅
行橋駅と市西部の前田ヶ丘団地を結ぶ循環系統。平日のみ運行。
新町線
行橋駅 - 稗田 - 宮の杜 - 新町入口
行橋駅と市南西部およびみやこ町の旧勝山町を結ぶ路線。
矢留(コスタ)線
行橋駅 - 矢留
行橋駅と平成筑豊鉄道田川線沿線・市南端部を結ぶ路線。
豊津線・木井馬場便(下記参照)

豊津線[編集]

以下はみやこ町の旧豊津町町内および旧豊津町と周辺地域の間を運行する路線である。

木井馬場便
ゆめタウン - 行橋駅 - 豊津 - 節丸 - 木井馬場
行橋市中心部と旧豊津町を結ぶ路線。
築城駅便
築城駅 - 豊津役場
旧豊津町と築上町を結ぶ路線。平日のみ運行。
新豊津駅便
新豊津駅 - 豊津役場
途中ノンストップ。平日のみ運行。

香春線[編集]

ゆめタウン - 行橋駅 - 黒田 - 新町入口 - 呉 - 香春町役場
主に国道201号を経由して行橋市とみやこ町(旧勝山町)・香春町を結ぶ路線で、かつて西鉄が行橋駅 - 後藤寺バスセンター田川市)間で運行していた35番系統の代替である。同系統の行橋市・みやこ町内区間の行橋駅 - 呉間が廃止された際に「呉線」として同区間を運行開始し、2011年4月1日に西鉄(西鉄バス筑豊)が残る呉 - 後藤寺間も廃止した際に代替として呉 - 香春町役場間を延長し、路線名を変更した。

寒田線[編集]

築城駅 - 上本庄 - 上寒田
主に県道寒田下別府線を通り、築上町の旧築城町域の中心部と南部の山間部を結ぶ路線である。

自治体より運行を受託されている路線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ソラッピー」バス発車 北九州空港と苅田駅結ぶ 1日9往復運行 - 西日本新聞、2010年4月21日朝刊
  2. ^ 太陽交通バス事業課 北九州空港便|長期運休のお知らせ

外部リンク[編集]