大隅国分寺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大隅国分寺跡

大隅国分寺(おおすみこくぶんじ)は、大隅国(現在の鹿児島県霧島市国分中央)にあった寺院聖武天皇の命で全国に置かれた国分寺の一つであった。

歴史[編集]

発掘結果から、奈良時代末期から平安時代初期に建立されたと思われる。早くに衰微し、幾度か再建はされたものの元禄年間の再建が最後で、明治2年の廃仏毀釈で廃寺となった。

1921年(大正10年)3月3日に大隅国分寺のものとされる石塔など周辺が国の史跡となった。また、数回の発掘調査で創建当時の物と思われる奈良時代の形式を持つ瓦が出土した。だが、跡地は市街地となっているため薩摩国分寺と異なりまとまった発掘調査はいまだ為されておらず、規模や伽藍配置などの詳細は全く不明である。

現状[編集]

現在、旧国分市公民館分室の駐車場になっており、駐車場の真ん中に「康治元年(1142年)壬戍11月6日」銘をもつ石造六重塔と仁王像が建っている。これが大隅国分寺のほぼ唯一の遺構である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯31度44分28.2秒 東経130度46分16.9秒 / 北緯31.741167度 東経130.771361度 / 31.741167; 130.771361