ヘルシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘルシア
販売会社 花王
種類 清涼飲料水
販売開始年 2003年
日本での製造 あり
完成国 日本の旗 日本
外部リンク http://www.kao.co.jp/healthya/
テンプレートを表示
ヘルシアウォーター(グレープフルーツ味)

ヘルシア(healthya)は、花王が発売している特定保健用食品の飲料ブランドである。

概要[編集]

生活習慣病の増加などで体脂肪を気にする消費者が増加していることから開発された。コーヒー・紅茶・ノンアルコールビールテイスト飲料以外の製品はそれぞれの飲料部門で初となる「特定保健用食品」の指定を受けた飲料である。また、「特定保健用食品」に指定された飲料では唯一「エネルギーとして脂肪を消費しやすくする」の許可表示を受けた飲料でもある。2010年秋から「ヘルシア緑茶」が日本人間ドック健診協会の推薦を受けたのを皮切りに他の製品にも拡大され、現在は発売されている全製品で推薦を受けている。2015年4月のパッケージリニューアルでこれまで側面や裏面に表示されていた「日本人間ドック健診協会推薦」マークがパッケージ正面下に表記されるようになった。

2016年7月に「ヘルシア緑茶a」へのリニューアル時に、特定保健用食品で初めてとなる「脂肪を代謝する力を高め、体脂肪を減らすのを助ける」の許可表示を新たに取得し、同年10月のリニューアルで「ヘルシアあったか緑茶a」・「ヘルシア緑茶すっきりa」・「ヘルシア五穀めぐり茶a」・「ヘルシアスパークリング(全フレーバー)」・「ヘルシア紅茶a」にも新たな許可表示に変更。2017年4月発売の「ヘルシア緑茶うまみ贅沢仕立て」も新許可表示となっている。

発売当初は緑茶のみだったが、その後、スポーツドリンク、炭酸飲料、ブレンド茶、コーヒー、紅茶、ノンアルコールビールテイスト飲料とラインナップを広げており、綜合飲料ブランドとして発展している。かつては烏龍茶も発売されていた。

沿革[編集]

  • 2003年
    • 5月 - 高濃度カテキンを豊富に含む「ヘルシア緑茶」を発売。当初は350mlペットボトルのみの設定で、関東・甲信越地区のコンビニエンスストア限定販売だった。
    • 12月 - 「ヘルシア緑茶」の販売エリアを東海・北陸・近畿地方に拡大。
  • 2004年
    • 2月 - 「ヘルシア緑茶」の販売エリアを北海道・東北・中国・四国・九州・沖縄地方に拡大したことで全国発売となる(当初は同年1月にエリアを拡大する予定だったが、先行販売エリアで予測を上回る売り上げを記録したことで安定して商品を供給できる体制を整える必要が出てきたため、2週間延期となっていた)。
    • 6月 - 「ヘルシア緑茶」の新サイズとして、340g缶×6缶パックと1Lペットボトルを新設定し、関東・甲信越地区で発売。また、販売チャネルはこれまでのコンビニエンスストアではなく、スーパー・ホームセンタードラッグストアでの販売となる。
    • 10月 - 「ヘルシア緑茶」の340g×6缶パック、1Lペットボトルの販売エリアを全国に拡大。遅れて、ホット専用の「ヘルシアあたたかい緑茶」をコンビニエンスストア限定で全国発売。
  • 2005年3月 - 「ヘルシア烏龍茶」を発売。「ヘルシア緑茶」同様、350mlペットはコンビニエンスストア、340g缶×6缶パック・1Lペットボトルはスーパー・ホームセンター・ドラッグストアでそれぞれ販売される(2006年3月で販売終了)。
  • 2006年5月 - 高濃度茶カテキンを含有するスポーツドリンク「ヘルシアウォーター」を発売。
  • 2007年
    • 6月 - 「ヘルシアウォーター」に「マスカット味」を追加発売。これにあわせ、従来品は「グレープフルーツ味」に。
    • 10月 - 「ヘルシア緑茶まろやか」を発売。
  • 2008年
    • 4月 - 「ヘルシア緑茶まろやか」に1Lを追加発売。「ヘルシア緑茶」の1Lサイズも背丈を低くしたミディタイプにリニューアル。また、「ヘルシアウォーター マスカット味」以外の製品のパッケージをマイナーチェンジ(「ヘルシアウォーター グレープフルーツ味」は味わいを改良)。
    • 5月 - 「ヘルシアウォーター」に期間限定フレーバー「アセロラ味」を追加発売。
  • 2009年
    • 5月 - 高濃度茶カテキンを含有する炭酸飲料「ヘルシアスパークリング」を発売。
    • 6月 - 「ヘルシアウォーター」に期間限定フレーバー「ウメ味」を追加発売。
    • 10月 - 冬季限定製品「ヘルシアあったか緑茶」をコンビニエンスストア(以下CVS)限定で販売開始。2009年から花王の製品情報サイトにも掲載されるようになる。
  • 2010年
    • 4月 - 「ヘルシアウォーター グレープフルーツ味」に1Lを追加発売。同時に同製品の500mlもパッケージデザインを変更したほか、緑茶・緑茶まろやかもパッケージデザインを変更し、スパークリングはラベルのサイズを縮小。
    • 5月 - 「ヘルシアウォーター」の期間限定フレーバー「ウメ味」を再発売。
  • 2011年
    • 4月 - 「ヘルシアウォーター」・「ヘルシアスパークリング」の風味を改良。
    • 7月 - 「ヘルシアスパークリング」に数量限定フレーバー「クリアグレープ」を発売。
    • 9月 - 苦みを抑えて飲みやすくした「ヘルシア緑茶 すっきり」を発売。
    • 10月 - 「ヘルシアウォーター」に期間限定フレーバー「ゆず&ジンジャー」を追加発売。
  • 2012年
    • 4月 - 五穀発芽玄米大麦とうもろこしはと麦大豆)を配合したブレンド茶「ヘルシア五穀めぐみ茶」を発売。
    • 5月 - 「ヘルシアスパークリング」に春夏限定の「ブラッドオレンジフレーバー」を追加発売。
    • 9月 - 「ヘルシアスパークリング」に「クリアグレープ」を追加発売。
    • 10月 - 「ヘルシアウォーター」に期間限定フレーバー「ジンジャー&レモン」を発売。遅れてホット専用「ヘルシアあったか緑茶」の販売を再開。
  • 2013年
    • 4月 - 高濃度のコーヒーポリフェノールクロロゲン酸類)を含むシリーズ初の缶コーヒー「ヘルシアコーヒー」2種(無糖ブラック、微糖ミルク)を発売。
    • 6月 - 「ヘルシアスパークリング レモン」を改良。レモンの香りや味わいをアップした。
    • 9月 - 「ヘルシアスパークリング クリアグレープ」をパッケージリニューアル。
    • 10月 - 「ヘルシアウォーター グレープフルーツ味」をパッケージリニューアル。
  • 2014年
    • 3月 - 「ヘルシアコーヒー」を改良。味わいをブラッシュアップし、「無糖ブラック」は芳醇で深みのある豆を新たにブレンド、「微糖ミルク」は豆のブレンドを変更し、牛乳量をアップした。併せて、飲み口が大きくなった。
    • 4月 - 「ヘルシアスパークリング」に春夏限定の「白ぶどう」を発売。
    • 5月 - 「ヘルシアウォーター」に数量限定の「ウメ味」を発売。
    • 8月 - 「ヘルシアスパークリング クリアグレープ」をパッケージリニューアル。
    • 10月 - CVS限定のホット用「ヘルシアあったか緑茶」の販売を再開。
    • 11月 - 「ヘルシアスパークリング ブラッドオレンジフレーバー」をリニューアルの上、再発売。
  • 2015年
    • 4月 - 「ヘルシアスパークリング レモン」をパッケージリニューアルし、同時に「ヘルシアスパークリング」の季節限定フレーバー「バレンシアオレンジフレーバー」を発売。スパークリング以外の既存の「ヘルシア」シリーズ全製品も遅れてパッケージリニューアル。
    • 5月 - 「ヘルシアウォーター」の期間限定フレーバー「マスカット味」をリニューアルの上、約7年ぶりに再発売。
    • 7月 -
    • 10月 - 「ヘルシアスパークリング」の期間限定フレーバー「白ぶどう」をパッケージリニューアルの上、約1年2ヶ月ぶりに再発売。同時に、CVS限定のホット用「ヘルシアあったか緑茶」をパッケージリニューアルの上、販売を再開。
  • 2016年
    • 4月 - 「ヘルシアスパークリング」の期間限定フレーバー「ブラッドオレンジフレーバー」をパッケージリニューアルの上、再々発売。
    • 6月 -
      • 「ヘルシアスパークリング」に「ピンクグレープフルーツフレーバーa」を追加し、イオングループ(イオン、ダイエー、マックスバリュ)限定で発売[3]
      • 前年にイオングループ限定で発売されていた「ピーチフレーバー」を期間限定フレーバーとして全業態に拡大して発売。
    • 7月 -
    • 10月
      • CVS限定のホット用「ヘルシアあったか緑茶」を「ヘルシアあったか緑茶a」としてリニューアル。コールド用の「ヘルシア緑茶a」同様に新許可表示を取得し、パッケージをリニューアルした。
      • 「ヘルシア緑茶すっきり」・「ヘルシア五穀めぐり茶」・「ヘルシアスパークリングa レモン」を「ヘルシア緑茶すっきりa」・「ヘルシア五穀めぐり茶a」・「ヘルシアスパークリングv レモン」としてリニューアル。「ヘルシア五穀めぐり茶a」は中身も改良した。同時に、2015年4月に発売した「ヘルシアスパークリング バレンシアオレンジフレーバー」を「ヘルシアスパークリング バレンシアオレンジフレーバーa」としてリニューアルし再発売、イオングループ限定の「ヘルシアスパークリング ピンクグレープフルーツフレーバーa」とセブン&アイ・ホールディングス限定の「ヘルシア紅茶」も「ヘルシアスパークリング ピンクグレープフルーツフレーバー」・「ヘルシア紅茶a」としてリニューアルした。
  • 2017年
    • 4月 - 「ヘルシア緑茶 うまみ贅沢仕立て」を発売。
    • 5月 - セブン&アイ・ホールディングス限定で発売されていた「ヘルシア紅茶a」を本格発売。
    • 6月 - 「ヘルシアスパークリング」に「パッションフルーツフレーバー」を追加し、イオングループ限定で発売。
    • 7月 - イオングループ限定で発売されていた「ヘルシアモルトスタイル」をパッケージリニューアルの上、本格発売。

異物混入事件[編集]

2008年4月、除草剤の成分である「グリホサート」が検出される事件があった。それを飲んだ人の体調不良の訴えがあり、通報のち発覚。第三者による混入が疑われるものの、警察のこれまでの捜査において原因や犯人につながる証拠は見つかっていない。

本件の経緯[編集]

  • 3月26日:客が都内のスーパーにて『ヘルシア緑茶』(350ml・ペットボトル)を2本購入し、自宅の冷蔵庫に保管した。
  • 3月27日:そのうちの1本を飲用したが、商品に異状はなかった。
  • 3月31日:もう1本を飲もうとして、口に含んだところ味がおかしいことに気づいてすぐに吐き出し、夜間に花王緊急受付センターに連絡をした。
  • 4月1日:朝、花王から購入者に電話をし、購入者の指定の時間15:20に花王社員が購入者宅を訪問。状況を伺い現品の引取りを実施。
  • 4月2日:引取り商品を花王鹿島工場にて分析開始。
  • 4月3日:分析の結果、午後に異物混入が認められた。この結果を夕方に購入者に電話で連絡した際に、体調が回復した旨の報告を受ける。客が購入した店舗から当該商品を撤去。この経緯を、保健所に届けるとともに花王の管轄警察署に一報。
  • 4月4日:調査を進めるとともに、花王管轄警察署、スーパー、スーパー管轄警察署、保健所と協議のうえ、公表することを決定。

ラインナップ[編集]

ヘルシア緑茶・ヘルシア五穀めぐり茶・ヘルシア紅茶・ヘルシアウォーター・ヘルシアスパークリング・ヘルシアモルトスタイルは、1本(緑茶・緑茶すっきり・紅茶・モルトスタイルは350ml、あったか緑茶は345ml、五穀めぐり茶・ウォーター・スパークリングは500ml)あたり高濃度茶カテキン540mgを含有する。ヘルシアコーヒーは1本(185g)あたり高濃度コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸類)を270mg含有する。

カフェイン含有量は製品によって異なり、緑茶aは80mg/1本、あったか緑茶a・緑茶すっきりaは60mg/1本、五穀めぐり茶a・ウォーター・スパークリング・モルトスタイルは15mg/1本である。

現在[編集]

  • ヘルシア緑茶a(350ml,1L) - 緑茶飲料。350mlは2016年7月のリニューアルに伴い、新設のスリムボトルと従来からの角柱型の2種類となった。
  • ヘルシア緑茶すっきりa(350ml) - 緑茶飲料。以前発売されていた「ヘルシア緑茶まろやか」の後継商品。
  • ヘルシア緑茶うまみ贅沢仕立て(500ml) - 緑茶飲料。
  • ヘルシア五穀めぐみ茶a(500ml) - 五穀発芽玄米大麦とうもろこしはと麦大豆)入りのブレンド茶。なお、イオングループでは通常品とは異なるラベルデザインの「特別デザインボトル」が発売されている。
  • ヘルシア紅茶a(350ml) - ストレートティー。元々はセブン&アイグループ(セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマル、シェルガーデン、そごう・西武)限定で発売されていた。また、セブン&アイグループ限定で発売を開始した時よりスリムボトルを採用する。
  • ヘルシアウォーター - スポーツドリンク
    • グレープフルーツ味(500ml,1L) - 少量の果汁(0.5%)が使用されている(表記上は無果汁)。
  • ヘルシアスパークリング - 炭酸飲料。
    • v レモン(【無果汁】500ml) - 少量の果汁を使用。
  • ヘルシアコーヒー - 缶コーヒー。
    • 無糖ブラック(185g) - 原材料名はコーヒーのみで香料を配合していない。なお、豆を豊富に用いて濃く抽出しており、豆由来の炭水化物タンパク質の持ち込みが一般的なブラックコーヒーよりも多いため、熱量は1本当たり9kcalとなる。
    • 微糖ミルク(185g) - ミルク入り微糖タイプ。
  • ヘルシアモルトスタイル(350ml) - ノンアルコールビールテイスト飲料(炭酸飲料)で、20歳以上の方の飲用を想定して開発した製品のため、パッケージ正面下部に「20歳以上」・「この製品は20歳以上の方の飲用を想定して開発しました。」の記述がある。

販売店限定品[編集]

  • イオングループ限定
    • ヘルシアスパークリング パッションフルーツフレーバー(【無果汁】500ml)

過去[編集]

  • ヘルシア烏龍茶(350ml、1L、340g缶×6)- ウーロン茶飲料。2006年3月末をもって、生産および販売を終了。
  • ヘルシアあったか緑茶a(345ml) - 「ヘルシア緑茶a」のホット仕様。カフェインを「ヘルシア緑茶」に比べて、1本(345ml)あたり60mgに低減されている。季節限定ながら定番化している製品で、コンビニエンスストア限定販売。2017年3月製造終了。
  • ヘルシア緑茶まろやか(350ml,1L) - 「ヘルシア緑茶」に比べ、苦味を抑えている。また、茶由来のカフェインも1本(350ml)あたり60mgに抑えられている(通常のヘルシア緑茶は1本(350ml)あたり80mg)。「ヘルシア緑茶すっきり」へ継承のため、1Lは2011年5月製造終了、350mlも同年9月製造終了。
  • ヘルシアウォーター - 以下は全て期間・数量限定で発売されていたフレーバーである。
    • アセロラ味(500ml) - 2009年6月をもって生産・販売を終了。
    • ウメ味(500ml) - 少量のウメ果汁を使用(表記上は無果汁)。茶カテキン含有量はグレープフルーツ味と同様で、ウォーター グレープフルーツ味同様に、カフェイン含有量は1本(500ml)あたり15mgである。2009年6月に約3ヶ月間の期間限定で発売された後、2010年5月・2014年5月と2度再発売されていた。2014年7月製造終了。
    • ゆず&ジンジャー(500ml) - 2012年4月製造終了。
    • ジンジャー&レモン(【無果汁】500ml) - ビタミンCも配合している。2013年3月製造終了。
    • マスカット味(【無果汁】500ml) - 2007年6月~2008年5月の約1年間販売されていたが、約7年ぶりに再発売された。デザイン基調はグレープフルーツ味と同じだが、「WATER」が「water」となって手書き調になるなど多少の違いがある。また、ビタミンCも配合されている。2015年9月製造終了。
  • ヘルシアスパークリング - 以下は全て期間・数量・販売店限定で発売されていたフレーバーである。
    • クリアグレープ(500ml) - 少量のグレープ果汁を使用(表記上は無果汁)。2011年8月に一旦製造を終了したが、2012年9月、2013年9月、2014年8月と3度リニューアルによって販売を再開しており、季節限定ながら定番化しつつあるフレーバーとなっている。2015年3月製造終了。
    • 白ぶどう(【無果汁】500ml) - 少量の果汁を使用。期間限定フレーバー。2014年4月~8月までの約4ヶ月間と、2015年10月~2016年3月までの約半年間発売された。
    • ブラッドオレンジフレーバー(【無果汁】500ml) - 期間限定フレーバー。2012年9月に一旦製造を終了したが、2014年11月にリニューアルし、2016年4月~同年6月までの約2ヶ月間発売されていた。
    • ピーチフレーバー(【無果汁】500ml) - 元々はイオングループ(イオン・ダイエー・マックスバリュ)限定フレーバーとして発売されていたが、2016年6月に期間限定フレーバーとして、全業態に拡大した。2016年10月製造終了。
    • バレンシアオレンジフレーバーa(【無果汁】500ml) - 期間限定フレーバー。2015年4月から同年10月まで発売されており、約1年ぶりの再発売となる。2017年4月製造終了。
    • ヘルシアスパークリング ピンクグレープフルーツフレーバー(【無果汁】500ml) - イオングループ(イオン・ダイエー・マックスバリュ)限定フレーバー

イメージキャラクター[編集]

現在[編集]

過去[編集]

関連項目[編集]

注釈[編集]

外部リンク[編集]