緑茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
緑茶の一例
茶葉の一例(煎茶の茶葉)

緑茶(りょくちゃ、英語: green tea拼音: lǜchá)は、チャノキの葉から作った茶のうち、摘み取った茶葉を加熱処理して発酵を妨げたもの。もしくはそれに湯を注ぎ、成分を抽出した飲料のこと。

日本においては日本茶と同意に使われることが多い。日本茶(煎茶ほうじ茶抹茶など)はその多くが緑茶であり、日本でもっとも良く飲まれている茶である。中国茶ジャスミン茶として飲まれるものを含め緑茶に分類される物が主流で、中国台湾で最も飲まれているのも緑茶である。烏龍茶プーアル茶などは比較的特殊な部類に入り、産地を離れると余り飲まれず、日本人にとっての玉露や抹茶のような扱いになる。

日本では寿司菓子とともに、あるいは食後に熱い茶を飲むのが一般的だった。近年、ペットボトル入りの緑茶の普及と健康志向の高まりで、水やジュースなどと同じ感覚で屋外や運動中に冷えた茶を飲む例が増えている。飲料メーカーは「ノンカロリー」「カテキン効果」などを宣伝文句に販売し、欧米やアジア諸国でも緑茶ブームが起きている。

製法[ソースを編集]

茶畑
粗揉

日本式の緑茶の製造は以下の工程からなる。

生産(栽培、収穫) ⇒ 蒸熱粗揉揉捻中揉精捻乾燥篩分と切断木茎分離(⇒ 抽出

簡単に言うと、収穫した茶葉を蒸して揉み潰し、茶葉の型を整えつつ乾燥する、という工程の並びになる。

緑茶の製法は日本と中国では主流となっている方法がやや異なり、風味も異なる。日本では発酵を止めるため上記のように蒸すのに対し、中国では釜炒りを行うのが主流である。なお、日本国内でも佐賀県嬉野茶(うれしのちゃ)や宮崎県熊本県県境付近の青柳茶(あおやぎちゃ)の様に釜炒りの製法を取っているものがある。未選別の中間加工品、茎・芽・硬葉等を含んだ茶葉(生葉)を蒸熱、揉み操作、乾燥等の加工処理を経て製造され仕上げ茶として再製する以前の、いわゆる荒茶をそのまま販売する際に「青柳」と称する場合もあるので区別の必要なことがある。

緑茶のように茶葉収穫後に加熱処理を加え、茶葉自身に含まれる酵素による酸化発酵を極力抑えた物を不発酵茶という。この場合の加熱処理を殺青(さっせい、シャーチン、shāqīng)と呼び、また、これを蒸製により行なった場合を特に蒸青(じょうせい、チェンチン、zhēngqīng)と呼ぶ。日本においては蒸製により殺青を行なうものが主流だが、世界的に見るとこれはかなり特殊な部類に入り、現在では日本固有のものといえる。ただし、緑茶の消費は中国と日本が主であり、古来は中国においても殺青は盛んに行なわれていた。この他、炒製(釜炒り)、煮製(番茶類)、焼製、晒青(日光に曝す)などによる方法がある。

緑茶同様に茶葉を処理した後、微生物の作用をもって発酵させた後発酵茶黒茶)と呼ばれる一群の茶飲料が存在する。阿波番茶(あわばんちゃ)や碁石茶(ごいしちゃ)やプーアル茶がその例である。これらは特殊茶のなかの漬物茶に分類される。ジャスミン茶は、緑茶にジャスミンが開花する時に放出される香りを付けたもので、分類上は花茶、着香茶に入る。

医薬的効果[ソースを編集]

緑茶は成人が適切な量を飲む分には安全であるが、含まれるカフェインの作用により不眠、不安、いらだち、胃腸不良、吐き気などを起こしえる[1]。さらに少量のビタミンKを含むため、ワルファリン服用者は注意が必要である[1]

またある種のがんについて、緑茶はそれを予防し進行を遅らせる効果があるであろう(may help)とアメリカ国立補完統合衛生センターは述べている。

試験では、体重減量のエビデンスがあるとは確認できなかった[2]

種類[ソースを編集]

淹れた緑茶
100 gあたりの栄養価
エネルギー 4 kJ (0.96 kcal)
0 g
0 g
0.2 g
ビタミン
チアミン (B1)
(1%)
0.007 mg
リボフラビン (B2)
(5%)
0.06 mg
ナイアシン (B3)
(0%)
0.03 mg
ビタミンB6
(0%)
0.005 mg
ビタミンC
(0%)
0.3 mg
ミネラル
ナトリウム
(0%)
1 mg
カリウム
(0%)
8 mg
カルシウム
(0%)
0 mg
マグネシウム
(0%)
1 mg
鉄分
(0%)
0.02 mg
マンガン
(9%)
0.18 mg
他の成分
水分 99.9 g
カフェイン 12 mg

%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。

日本の緑茶[ソースを編集]

中国の緑茶[ソースを編集]

緑茶飲料の商品例[ソースを編集]

日本[ソースを編集]

日本では比較的人気のある飲み物で、多くの飲料メーカーが手がけており、紙パックペットボトル緑茶飲料も多く発売されている。

日本国外[ソースを編集]

  • 中国台湾でもペットボトル等に入れた緑茶飲料が販売されているが、蜂蜜砂糖を加えた商品が主流で、レモン果汁を加えたものもある[3]。このため、タイ向けの生茶は砂糖入りである。タイでは生茶のほかにも現地企業の Oishi Group Public Company Limited などのペットボトル緑茶も数多く売り出されているが、どれも砂糖入りである。日本でも、コカ・コーラリプトンなどから蜂蜜や砂糖を加えた緑茶飲料が発売されている。
  • オーストリアでも健康ブームの中で緑茶がクローズアップされているが、アジア諸国同様に砂糖などを加えた日本の紅茶飲料に近い形態で販売されている。
  • アメリカでは近年、健康ブームの一環で、緑茶が人気がある。その緑茶というのは、大半が日本の抹茶( Matcha[4] )である。このことは Amazon USA の人気順でわかる。
  • アメリカなどでは緑茶だけだと味が薄く感じられるということで、フレーバーを混ぜて楽しむこともある。一般的にはアリゾナ社が発売している 500ml 缶入りの砂糖入り緑茶 (Green Tea) が広く出回っており、ラベルには漢字で「緑茶」と記載されている。
  • 朝鮮半島では10世紀頃から茶の木が栽培されていたが、李氏朝鮮の時代に仏教を排斥したのに伴い茶の栽培は下火になり、極一部でしか栽培されなくなった。1989年になってようやく韓国政府が茶の栽培に補助金を出すようになった。その為、韓国で茶の木の栽培が本格的に行われるようになったのは1990年代以降である[5]。また、高麗茶道と称して茶をたしなむ文化も存在するが、これは京都の在日韓国人が戦後に起こした茶道であり、朝鮮半島古来の文化・作法ではない。

飲用以外の用途[ソースを編集]

料理[ソースを編集]

  • 茶漬け - 米飯に茶をかけたもの。
  • 茶飯 - 米を緑茶で炊いたもの。

食用[ソースを編集]

緑茶の茶葉を食べる料理がある。

  • 茶葉の天ぷら
  • 緑茶のかき揚げ
  • 緑茶のごま和え、お浸し。玉露や質の高い煎茶を用い、抽出後の茶葉に醤油とごま、またはポン酢と鰹節等で味付けをし食す
  • 龍井蝦仁 - 浙江省杭州市の料理で、川えびの殻を剥いて、龍井茶の若葉と炒めたもの
  • 航空元気食 - 日本陸軍で開発・採用された、航空勤務者向けの栄養補助食品。緑茶粉末・ビタミンB1等を米粉に練り込み、ゼリー菓子状に成形したもの。

調味用[ソースを編集]

抹茶蕎麦に加えて茶そばにしたり、塩と合わせて天麩羅の味付けに使われたりする。菓子にもよく使われ、代表的な洋菓子のほとんどに抹茶風味のものが存在する。

医薬品[ソースを編集]

茶葉に含まれる苦味成分テオフィリンキサンチン誘導体に分類されるアルカロイドの一種)は、気管支拡張剤の原料となる。

香料[ソースを編集]

緑茶はさっぱりとした香気を持っているため入浴剤制汗剤、石鹸など清涼感を求められる製品に使用される。

抗菌[ソースを編集]

緑茶に多く含まれるカテキン抗菌、抗ウィルス作用があるため石鹸、シャンプーなど洗剤類やタオル、寝具などに使用される。

脚注・注釈[ソースを編集]

  1. ^ a b Herbs at glance - Green Tea (Report). アメリカ国立補完統合衛生センター. (2016-07-21). https://nccih.nih.gov/health/greentea. 
  2. ^ “Green tea for weight loss and weight maintenance in overweight or obese adults”. Cochrane Database Syst Rev 12: CD008650. (2012). doi:10.1002/14651858.CD008650.pub2. PMID 23235664. 
  3. ^ ただし無糖のものがまったく売られていないわけではなく、台湾では「日式緑茶」と称された無糖の緑茶飲料が販売されている。
  4. ^ Matcha については、英語版 Wikipedia の green tea の項目を参照。
  5. ^ 毎日放送「ちちんぷいぷい」2012年6月27日16時30分頃放送

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]