ツェリンマ茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ツェリンマ茶 (つぇりんまちゃ)とは、ブータンで広く飲まれているハーブティーの一種。名称の「ツェリンマ」は、ブータンにおいて長寿や富、繁栄を司るとされている女神である「ツェリンマ」に由来する。

ブータンでは伝統的な薬として飲まれている。ツェリンマ茶は、紅花(ブータンではグルグムと呼称される)の花弁とタマラニッケイ(シンツハ)の根皮を主たる原料としており、これがツェリンマ茶の風味を形作っている[1]

参考文献[編集]

  1. ^ Tsheringma : A drink with a difference”. RAO online. 2020年2月19日閲覧。