シレット (紅茶)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シレット・ティー (英語:Sylhet tea) は、バングラデシュ北東部のシレット管区生産される紅茶の総称。

紅茶の名称は生産地域名を示すことが多く、例えばダージリンニルギリアッサムインドの、ウバヌワラエリヤディンブラスリランカの地域名である。

周辺諸国の紅茶と同じように、大半はCTC加工Crush Tear Curl)され、残りがブロークンやホールリーフになる。

STGFOPやTGFOPといった高級品種の一部は、しばしば高値で取引される。こうした高級品種は欧州メーカーによる独占状態が続いたため、一般市場には出回らなかったが、2003年には日本への輸出が開始された[1]

特徴[編集]

味や香りは、産地の近いアッサム紅茶に似ている。お湯とミルクで煮出したチャイにすると美味しい。

紅茶特有の渋みが少なく、また、最大の特徴として独特の上品な甘さがある。

タンニンの保有量が少ないことが特徴として挙げられるので、紅茶になじみがなくとも比較的飲みやすい。ストレートで飲んでも美味しい。

脚注[編集]

  1. ^ 「幻の紅茶」シレットティー シレット・インターナショナル