ジャスミン茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
工芸茶3種の形状。いずれもジャスミン茶。
茉莉仙桃の茶葉。糸で巻いてこのような形状としている。
茉莉仙桃を淹れたところ。
ジャスミン茶
(白いものはジャスミンの花弁)

ジャスミン茶(ジャスミンちゃ、英語: jasmine tea)、中国語では茉莉花茶(モーリーフアチャー、拼音: mòlìhuāchá)」または香片茶(シャンピェンチャー、拼音: xiāngpiànchá)とは、中国茶のひとつ。

いわゆる六大茶とは別の花茶(フアチャー、拼音: huāchá)に分類され、ジャスミン茶はその代表的なものといえる。花茶を含めて中国茶を七大茶と分類する場合もある。フレーバーティーの一種。

概要[編集]

茶葉モクセイ科ソケイ属のマツリカ(茉莉花、アラビアジャスミン)の香り吸着させたもので、もっとも有名な花茶である。強い花の香りを持つが茶の味を妨げることはない。一般的には緑茶が用いられるが高級品には上質な白茶烏龍茶が用いられる。

もともとは品質の落ちた茶葉を無駄にせず美味しく飲む為にマツリカの花の香りを吸着させて飲んだのが始まりと言われており、中国でもよく飲まれるお茶のひとつとして挙げられる。特に北京など、華北で好まれる。

マツリカの香りを付けた茶葉を球状にしばったり、さらにセンニチコウ等の花をドライフラワーにしたものを包み込んだ工芸茶も作られている。これらは湯を注ぐことで、茶葉が開き、形の変化を見て楽しむことができるので、耐熱ガラス製のコップポットを用いるのが一般的である。

中国では福建省福州市が一大生産地として知られ、その生産地・生産工程および喫茶文化が「福州市のジャスミンと茶文化システム」として国連食糧農業機関世界重要農業遺産システムに登録されている。

製法[編集]

原料茶と生のマツリカの花冠を交互に何層か重ね合わせ花の香りを茶葉に吸着させた後、にかけて花冠を取り除き乾燥させる。高級品は、この工程を何度も繰り返し濃厚な香りを与えるが、花冠の持つ水分によって茶葉を変質させることにもなるので回数には限度がある。

高級品は茶葉に十分な香を吸着させてあるので完成段階で花冠をすべて取り除いてある。しかし中級品以下では香をおぎなうために乾燥したマツリカの花冠を混ぜ込んで出荷する。

飲み方[編集]

ジャスミン茶の茶葉は基本的に緑茶なので、80℃前後の若干ぬるめの湯で淹れるのが良いとされる。

さんぴん茶[編集]

泡盛のさんぴん茶割り(東京)

沖縄県では、ジャスミン茶の一種であるさんぴん茶(さんぴんちゃ)が飲まれている。一般のジャスミン茶が緑茶にマツリカ(ジャスミン)の香りを付けたものであるのに対して、さんぴん茶は半発酵茶にマツリカ(ジャスミン)の香りを付けたものである[1][2]。「さんぴん茶」という名称は、ジャスミン茶を指す中国語の「香片茶」(シャンピェンチャー)が転訛したものである[1]

また、さんぴん茶より発酵の度合いが高い半発酵茶を用いたものは、清明茶(シーミーちゃ)と呼ばれる[3]

さんぴん茶の茶葉は、沖縄県内では生産されておらず、福建省台湾北部で生産されたものが輸入されている[1]。近年では、茶葉だけでなく、紙パック入り、缶入り、ペットボトル入りのさんぴん茶飲料がスーパーマーケットコンビニエンスストアなどで販売されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 宮嶋 (2011) pp.126-127
  2. ^ 沖縄のお茶はさんぴん茶だけじゃない デイリーポータルZ:@nifty
  3. ^ 大槻暢子・岡本弘道・宮嶋純子「沖縄における茶文化調査の概要と今後の課題 (PDF) 」東アジア文化交渉研究 第2号、関西大学文化交渉学教育研究拠点編、2009年3月、pp.289-311

参考文献[編集]

宮嶋純子 「近現代の沖縄における茶業史と茶文化」『東アジアの茶飲文化と茶業』 西村昌也、関西大学文化交渉学教育研究拠点〈周縁の文化交渉学シリーズ1〉、2011年、119-128頁。

加工品[編集]

台湾にはジャスミン茶の味を付けたほの甘いゼリーがあり、粉末のインスタント商品も売られている。

外部リンク[編集]