静岡茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
静岡県島田市にある茶園

静岡茶しずおかちゃ)は、静岡県で生産されているお茶緑茶)であり、そのブランド名である。牧之原台地とその周辺地域がその最大の生産地であり、生産量は国内第一位である。

また、東海道新幹線東名高速道路などを利用して東京から名古屋大阪などに移動する場合、静岡県内の茶産地を通過することになり、周囲を茶畑に囲まれた光景に出会うことになる。首都圏に近い茶産地であることからも、関東地方に住む人にとっては静岡県といえばお茶、というイメージが強い。

宇治茶狭山茶と並んで『日本三大茶』といわれ、生産量の少ない狭山茶を省いて宇治茶とともに『日本二大茶』ともいわれている。

歴史[編集]

南北朝時代に記された中原家文書師守記にて貞治元年(1362年)に山名郡浅羽庄の柴重西、岡郷付近(現・袋井市)の茶が中原家に贈られたという記録が初出とされる。江戸時代に入ると慶長年間より、御用茶を駿河の足久保や大河内から江戸の将軍家へ届ける下命があった[1]。また東海道沿道では参勤交代の武士を始め多くの旅人が行き交い茶の消費や江戸への出荷も増えた。大政奉還の翌慶応4年、徳川慶喜は家督を田安亀之助改め徳川家達(いえさと)に譲ると家達は静岡藩70万石に移封され、6000人もの幕臣が駿府に移った。 その中の慶喜の護衛にあたった精鋭隊、静岡転出後は新番組と呼ばれた部隊の隊長中條金之助、副隊長大草太起次郎松岡万ら約300名が明治2年に版籍奉還を受け帰農を決意、牧之原台地で茶園の開墾に乗り出した[2]。 明治3年には彰義隊の残党数名も合流した[3]。また大井川川越人足も明治3年の渡船許可によって職を失ったが、関係者の尽力によって100名ほどの者が牧之原への入植を許された[4]。その後農民らによる牧之原はじめ静岡県各地での茶園の開墾も増えていった。

表示基準[編集]

社団法人静岡県茶業会議所と社団法人日本茶業中央会により、以下の厳格な表示基準が規定されている。基準を満たさないものは静岡茶の表示を行うことができない。

  • 静岡茶 - 静岡県内産茶葉を100%使用したもの。
  • 静岡茶ブレンド - 最終加工地が静岡県で、静岡県内産茶葉を50%以上100%未満使用したもの(配合比率を表示すること)。他県産、海外産の茶葉も使用される[5]

生産量[編集]

  • 仕上茶出荷額:197,625百万円(全国シェア63%、第一位)
  • 茶(生葉・荒茶)産出額:694億円(全国シェア46%、第一位)
  • 荒茶生産量:44,200トン(全国シェア45%、第一位)
  • 茶園面積:20,300ヘクタール(全国シェア41%、第一位)

出典:「平成16年産茶生産量統計」(農林水産省関東農政局静岡統計・情報センター)、「平成15年工業統計表 品目編」(経済産業省経済産業政策局調査統計部)

静岡茶に属するブランド[編集]

「静岡茶」として販売される以外に、一部ではさらに産地を限定した地域ブランドが存在する。

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大石貞男著作集2 静岡県茶産地史  農山漁村文化協会 ISBN 4-540-03163-5 p.410-411
  2. ^ 大石貞男著作集2 静岡県茶産地史  農山漁村文化協会 ISBN 4-540-03163-5 p.21-36
  3. ^ 大石貞男著作集2 静岡県茶産地史  農山漁村文化協会 ISBN 4-540-03163-5 p.36-37
  4. ^ 大石貞男著作集2 静岡県茶産地史  農山漁村文化協会 ISBN 4-540-03163-5 p.60-77
  5. ^ 静岡知事兼世界緑茶協会会長川勝平太の発言より。
  6. ^ 静岡茶発祥の地(足久保奥組)オクシズHP 2014年10月21日閲覧

外部リンク[編集]