製茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
乾燥工程

製茶(せいちゃ)とは、を製造・加工することである。

概要[編集]

日本茶の製茶[編集]

地場産の番茶などを除き、一般的な煎茶荒茶までの工程を茶農家が行い、各茶農家から買い集めた荒茶を茶商(製茶メーカー)が仕上げ茶に加工する[1]

煎茶の仕上げ茶を製造する工程は以下のようになる。

火入れ
荒茶を乾燥させ風味を向上させる。選別した後に火入れを行う場合もある。
ふるい分け、切断 
不揃いな茶葉を整形する。
選別、木茎分離 
茎や木を取り除き、粉茶茎茶などの出物と呼ばれる茶葉を選別する。
合組 
茶葉を商品の特性に合わせてブレンドし、梱包、出荷する。

ほうじ茶玄米茶は合組後に手を加えて作られる。

日本の主な製茶メーカー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公益社団法人日本茶葉中央会、NPO法人日本茶インストラクター協会監修『日本茶の図鑑』マイナビ、第2刷、2015年、ISBN 9784839948139、pp.8,166.