イングリッシュ・ブレックファスト・ティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
缶入りのイングリッシュ・ブレックファスト・ティー

イングリッシュ・ブレックファスト・ティー(English breakfast tea)は紅茶の伝統的なブレンドである。そもそもはアッサム茶セイロン茶ケニア茶のブレンドとして誕生した[1]。イングリッシュ・ブレックファスト・ティーは英国の茶文化において非常に人気のあるブレンド・ティーであり、またもっとも一般的な茶である[要出典]

イングリッシュ・ブレックファスト・ティーは、風味や香りが強くこくのある紅茶で、ミルクや砂糖と合うようにブレンドされたものであり、たっぷりのフル・ブレックファストとともに供されるのが伝統であるとされることが多い。

一口にイングリッシュ・ブレックファスト・ティーといってもさまざまだが、アッサム茶、セイロン茶、ケニア茶を用いるものが大多数を占め、高級品にはキームン茶が含まれることがある。イングリッシュ・ブレックファスト・ティーの一般的なブランドには、トワイニングDilmahTaylors of HarrogateAhmad Tea、Qualitea、Darvilles of Windsor などがある。これらの他に、Yorkshire TeaPG Tips といった紅茶ブランドやスーパーの自社ブランドも、イングリッシュ・ブレックファスト・ティーと銘打ってはいないが、類似のブレンドを提供している[要出典]

起源[ソースを編集]

起源に関しては諸説が存在する。朝食にブレンドした紅茶を飲むことは実際に古くからの英国の習慣であるが、そのようなブレンドを「イングリッシュ・ブレックファスト・ティー」と呼ぶことは英国ではなく米国で始まったらしく、それも植民地時代に遡るようである[2]。補足として、米紙(Journal of Commerce)の古い記事を参照したウェブページによると、「イングリッシュ・ブレックファスト・ティー」は1843年、ニューヨーク市の茶商人リチャード・デイヴィーズ(Richard Davies)に遡るという。イングランドからの移民であったデイヴィーズは、工夫紅茶をベースにオレンジ・ペコPouchong を少量加えて事業を始め、茶の値段は1ポンド(約454g)あたり50セントであった。これが大当たりしたことから模倣品が出回り、結果として「イングリッシュ・ブレックファスト・ティー」の名前も広まっていった[3]。他にスコットランドに起源を求める説もあり、その説ではこのブレンドはもともと単に「ブレックファスト・ティー」と呼ばれていたこと、その普及にヴィクトリア女王もいくぶん与って力があったことが言及されている[4][5][6][7]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Jane Pettigrew and Bruce Richardson, The Tea Lover's Companion: A Guide to Teas Throughout the World, London, U.K.: The National Trust, p. 54 
  2. ^ ZoeAnn Holmes. “English breakfast tea - Food Resource - Oregon State University”. food.oregonstate.edu. 2013年3月26日閲覧。
  3. ^ History of the English Breakfast Tea”. Logoi.com. 2009年3月12日閲覧。
  4. ^ English Breakfast”. Marahtea.com. 2016年3月15日閲覧。
  5. ^ A history of breakfast”. Yorkshire Tea (2013年2月14日). 2016年3月15日閲覧。
  6. ^ What is English Breakfast Tea? What does it have to do with breakfast?”. MrBreakfast.com. 2016年3月15日閲覧。
  7. ^ A brief history of Brodie, Melrose, Drysdale & Co Ltd”. Brodies1867.co.uk. 2016年3月15日閲覧。

関連項目[ソースを編集]