アマチャヅル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アマチャヅル
Jiaogulan.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: スミレ目 Violales
: ウリ科 Cucurbitaceae
: アマチャヅル属 Gynostemma
: アマチャヅル G. pentaphyllum
学名
Gynostemma pentaphyllum
和名
アマチャヅル
英名
five-leaf ginseng, poor man's ginseng他

アマチャヅル(甘茶蔓、Gynostemma pentaphyllum)とは、ウリ科アマチャヅル属に属する多年生もツル性の植物である。

特徴[編集]

日本朝鮮半島中国東南アジアインドに分布し、日本では北海道から、本州四国九州沖縄に自生する。山野や藪(やぶ)、林内などに多く見られる[1][2]

は、地中茎が土の中をはい、地上部はつるとなって長く伸び、葉腋から出た巻きひげで他の物に巻き付いてよじ登っていく[2]。若いつるは柔らかい淡色のうぶ毛が生えるが、すぐに無毛となる[1]

は互生で、鳥足状複葉(とりあしじょうふくよう)とよばれる手のひら状に広がった通常5枚の小葉に分かれ[2]、3枚から7枚に分かれることもある[3]。小葉の形は菱形から狭卵楕円形をしており、葉縁にぎざぎざがある[1]。葉面には細かい白毛が産生し、凹凸がある[3]。見かけはブドウ科ヤブガラシに似るが、ヤブガラシは巻きひげが葉腋の反対側の茎から出ることや、茎の節々が赤紫色で目立つため見分けがつき[3]、アマチャヅルのほうが柔らかい。

雌雄異株。開花期は夏から秋の8月 - 9月で、葉腋から房状の円錐花序を出し、径約5mmの黄緑色をした状の小さな花が咲く[1]花冠は5裂し、裂片の先は鋭くとがり長さ2mmほどある[1]

果実液果で、雌株には径7ミリ程度の球状の実がなり、熟すと黒緑色となって、上半分にや花冠が落ちた跡が鉢巻状の横スジとして現れる[1][2]

利用[編集]

茎と葉には、薬用人参(朝鮮人参高麗人参)に含まれるサポニンのジンセノサイド11種のうちの4種と同じ成分を含み[2][3]、このジンノセサイドは溶血作用が少なく組織細胞を若返らせる作用があるといわれ[3]、中国などでは古くから薬草として葉が使用されてきた。 滋養保険に、日干しした茎葉を煎じて服用するか、軽く炒ったものを煮立ててお茶代わりにする使い方がされるほか、乾いたものを焼酎に漬け込み薬用酒として利用される[3]

葉は噛むと甘味があることから、日本では「アマチャヅル茶」としてドラッグストアなどで売られて飲用され[1]、一時はブームにもなった[3][4]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]