レディグレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レディグレイティー
TwiningsLadyGrey low.jpg
トワイニングのレディグレイの葉
種類 飲料
主な材料
派生料理 ラベンダー入り
殆どなし kcal
テンプレートを表示

レディグレイ英語: Lady Grey)は有名なアールグレイのバリエーションの一つ。アールグレイのようにベルガモットの香りが付加されており(しかしその濃度はアールグレイよりも低い。)、さらにレモンピールオレンジピールオイルが加えられている。

レディグレイの名はアールグレイの語源となったチャールズ・グレイ (第2代グレイ伯爵)の妻マリー・エリザベス・グレイ(グレイ夫人)に因む。

レディグレイはトワイニング社の登録商標マークでもある[1]。トワイニングのブレンドは紅茶、ダイダイ、レモン、ベルガモット、それにヤグルマギクの花弁が加えられているが、他社のレディグレイはダイダイの代わりまたはダイダイに加えてラベンダーがブレンドされている。

レディグレイは現代の発明であり、1990年代初頭にトワイニングによって、アールグレイの刺激が強いとされたノルウェー市場にアピールするために作られた[2]。1994年にノルウェーで最初に販売され、イギリスでは1996年、日本では2001年に本格的に取扱いが開始された。

関連項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ Shapiro, Robert. “LADY GREY - Reviews and brand information”. 2012年8月29日閲覧。
  2. ^ Wallop, Harry. “Lady Grey tea: fact file”. 2012年10月18日閲覧。